• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

anna9934のブログ一覧

2018年05月31日 イイね!

 「……あぁ、オレもだ」

 「……あぁ、オレもだ」ガイアの顔を思い浮かべたらしいレイトは、顔をあげ苦笑気味に笑って、そう呟いたのだった。──その後、少しの間唸りながらうずくまっていたレ植髮效果トであったが、数十秒で立ち直り、ゆっくりと重い腰をあげた。漸く立ち上がったレイトを連れて、サキカは森の中を進んでいく。「……いたよ」ダークウルフの大分手前でサキカは立ち止まり、レイトに耳打ちをした。それは、狼型の魔物であるダークウルフは、聴力や嗅覚に優れているためである。あまり近づいてしまうと、気がつかれてしまうのだ。「四体だから二体ずつね」「おう」小声で打合せて、目で合図をして飛び出した。サキカは一番奥にいたダークウルフに目標を定め、喚び出した純白の刀を抜刀し、降り下ろした。悲鳴をあげる間もあたえず、首を切り落とした。が──「サキカ!」レイトが叫ぶ。いわれなくとも気がついていた。背後から一体の魔物が迫ってきていることには。「“氷の盾”」水属性の派属性氷の初級魔法氷の盾”──ダークウルフが狙いを定めていたサキカの背側の首のあたりに、透明な氷の盾が形成される。ダークウルフはそれに追突したらしく、何か硬いものがぶつかる音と共に、ギャン、という悲鳴が聞こえた。「いだっ!」濁点付きの悲鳴が聞こえて振り返れば、レイトがしりもちをついていた。体当たりをされたのだろうか。再び向かってきたダークウルフの首をはねてから、慌てて助太刀にはいる。.
Posted at 2018/05/31 17:13:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年05月31日 イイね!

 「……マスター。ギルドマスターの

 「……マスター。ギルドマスターの仕事はどうなさるおつもりですか」どうにか驚きから立ち直ったサキカは、彼女に問いた。ギルドマスターの仕事は、帝の仕事を掛け持ちできるほど楽HKUE DSE 學生はない。特にステラがマスターをつとめる“月の光”は世界一の規模と強さを誇るギルドであり、他のギルドと比べても仕事は多いはずなのだ。ウフフ、と笑いながらサキカに近寄ってきたステラは、いつものように抱き着いてきた。「なっ……」誰かが声を漏らしたが、そのようなことをいちいち気にするほど、ステラの思考回路は繊細ではないのだ。「修学旅行から帰ってきてから、一度も顔を見せてくれていないじゃないの。冷たいわね。私、サキカが来るの待っているのに」「すみません。土産物も買ってきたのですが……」会いに行く暇はあった。しかし、ステラに会いに行くと、それだけではすまないことが多いのだ。何かしら、書類作業の手伝いをさせられたり、愚痴の相手をさせられたりと、一時間近く解放されないこともある。会いに行けず申し訳ないという気持ちはある。自然と眉尻が下がるのを感じた。「むぅ……」むくれて口を尖らせるステラ。むくれた表情でも綺麗である。彼女は、本当に一体何歳なのだろうか。「い、いい加減総帝から離れなさいっ! 」声がした方を見てみると、光帝であった。帝の中でも冷静な彼女が怒鳴ることなど珍しい。.
Posted at 2018/05/31 17:02:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年05月31日 イイね!

 「……マスター。ギルドマスターの

 「……マスター。ギルドマスターの仕事はどうなさるおつもりですか」どうにか驚きから立ち直ったサキカは、彼女に問いた。ギルドマスターの仕事は、帝の仕事を掛け持ちできるほど楽HKUE DSE 學生はない。特にステラがマスターをつとめる“月の光”は世界一の規模と強さを誇るギルドであり、他のギルドと比べても仕事は多いはずなのだ。ウフフ、と笑いながらサキカに近寄ってきたステラは、いつものように抱き着いてきた。「なっ……」誰かが声を漏らしたが、そのようなことをいちいち気にするほど、ステラの思考回路は繊細ではないのだ。「修学旅行から帰ってきてから、一度も顔を見せてくれていないじゃないの。冷たいわね。私、サキカが来るの待っているのに」「すみません。土産物も買ってきたのですが……」会いに行く暇はあった。しかし、ステラに会いに行くと、それだけではすまないことが多いのだ。何かしら、書類作業の手伝いをさせられたり、愚痴の相手をさせられたりと、一時間近く解放されないこともある。会いに行けず申し訳ないという気持ちはある。自然と眉尻が下がるのを感じた。「むぅ……」むくれて口を尖らせるステラ。むくれた表情でも綺麗である。彼女は、本当に一体何歳なのだろうか。「い、いい加減総帝から離れなさいっ! 」声がした方を見てみると、光帝であった。帝の中でも冷静な彼女が怒鳴ることなど珍しい。.
Posted at 2018/05/31 17:02:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年05月18日 イイね!

 「さて、始めましょうか……」

 「さて、始めましょうか……」総帝――サキカは、自分以外に誰もいない広い訓練所の中で、ぽつりと呟いたのだった。――――どこからか聞き付けたのか、とある人物HKUE 傳銷 DSE訓練所の扉を叩いた。結界魔法を解いて扉を開けてみれば、紅のマントを身に纏う人物が立っていた。外の喧騒が、僅かに聞こえてくる。この訓練所は、外から完全に隔離された場所であり、サキカといえども外にいる人物の気配や魔力を感知することはできない。……魔法を使えば別であろうが。「……炎帝」立っていた人物は炎帝――ガイア・レントリア・ゼノス。サキカの親友であり、実は南の国王子である少年だ。「ご一緒させてはいただけませんか?」炎帝として総帝に話しかけるガイアは、敬語である。ガイアが炎帝になったばかりの頃、それに対しての違和感をとてつもなく感じていたことを、今でも覚えている。「えぇ、良いですよ。お入りください」断る理由などない。サキカはドアの前から退いて、ガイアを訓練所内へと通した。ガイアはうやうやしく頭を下げて礼を口にして、訓練所に足を踏み入れ、ドアを閉めた。再び訓練所は外から隔離され、静寂に包まれる。サキカは解いてしまった魔法を再び詠唱したのだった。――――魔法の訓練に熱中し過ぎて、時間を忘れていたようだ。訓練が一段落ついたサキカが腕時計を覗き込むと、なんと時間は七時少し前。依頼やら魔物の調査やらから帰ってきてここで訓練を始めたのは三時過ぎであった。つまりは約四時間もここにいたらしかった。.
Posted at 2018/05/18 16:11:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年04月14日 イイね!

我們都知道「防曬」是美白的一大重點,沒做好防曬就遑論美白,六

"我們都知道「防曬」是美白的一大重點,沒做好防曬就遑論美白,六月的台灣開始炙熱難耐,甚至每年的太陽越發毒辣,許多上班族只是通個勤就曬的滿頭大汗。想要今年夏天不曬黑、曬老,先打破妳對防曬的誤區吧。


旅行社層,所以囉,陰天也需要防曬的。

  誤區二:陰天就不用防曬

前一點說到UVA 會穿透雲層,就算太陽被雲擋住了,UVA依然會進入我們的真皮層,使肌膚曬黑、曬老,所以即便陰天也要做好防曬功課,才能全面防堵紫外線的傷害。

  誤區三:出門前20分鐘擦才有效

  如果防曬品是化學性防曬,最好在20分鐘前擦,讓肌膚吸收,如果是物理性防曬,則不用提早擦。值得一提的是,現在的防曬品不斷改良,從過去的濃稠變成現在的清爽水潤,目前大部分的化學性防曬品都能快速的附著在肌膚上,所以也不用提前太久擦。

  誤區四:去年的防曬產品今年就沒效了

  各位,放心大膽的擦吧!只要產品在保存期限內,防曬效果不會降低的。

  誤區五:擦SPF15的隔離霜,在上SPF35的粉底,就有SPF50的防曬力

  臉上的防曬係數無法用加法來算,而是取最大值,如果擦了 SPF15 的隔離霜,在上 SPF35 的粉底,那麼臉上只會有 SPF35 的防曬力。"
Posted at 2018/04/14 01:56:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「 「……あぁ、オレもだ」 http://cvw.jp/b/2959849/41546953/
何シテル?   05/31 17:13
anna9934です。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

お友達

1 人のお友達がいます
REVOLTREVOLT *みんカラ公認

愛車一覧

三菱 500 三菱 500
Mitsubishi 500 に乗っています。

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.