• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

soracioの愛車 [ケータハム セブン160]

整備手帳

作業日:2021年11月30日

インチダウン

他の整備手帳を見る 他の整備手帳を見る

目的 チューニング・カスタム
作業 ショップ作業
難易度

初級

作業時間 1時間以内
1
定番中の定番に落ち着きましたが、ホイールがワタナベの13インチになりました。詳細は以下の通りです。
【ホイール】
RSワタナベ アルミ エイトスポーク タイプCV 13×5.0j +40
【タイヤ】
ヨコハマ GTスペシャル クラシック 155/80R13

BBSの13インチでは干渉してしまったキャリパーも、ワタナベはウェイトのクリアランスまでしっかり確保できています。

注文はファルコンのキャンペーンを利用しました。キャンペーンでセットになっていたシルバー塗装のおかげで、狙い通り純正装着のような雰囲気です。納期は8月末に注文して11月中頃に到着と、当初連絡があった通りほぼ3ヶ月かかりました。

センターキャップは汎用品を購入したのですが、フロントのみハブナットと干渉があったためキャップ内側を一部削って取り付けました。
2
ホイールと併せて選んだタイヤは本来クラシックカー向けの銘柄ですが、160のキャラクターにもピッタリだと思います。
サーキットを走らせる機会もありましたが、必要十分なグリップと穏やかな挙動で楽しく走ることができました。

純正サイズの155/65R14と比べると外径が約20mmアップしますが、ハイギヤード化や地上高の確保など、自分には嬉しい効果の方が多そうです。GPSの速度とスピードメーターの誤差も少なくなりました。
3
ちなみに純正状態との重量比較ですが、タイヤとホイール合計で
純正:11.8kg
交換後:10.6kg
ということで、1本あたり1.2kgの軽量化になったようです。

イイね!0件




関連整備ピックアップ

セブン160のタービンを取り替えよう♪(その3 完成編)

難易度: ★★

なぜ鳴く?(情報乞う)

難易度:

セブン160のタービンを取り替えよう♪(その2)

難易度: ★★

セブン160のタービンを取り替えよう♪(その1)

難易度: ★★

例に漏れずw(リアコンビランプ)

難易度:

アルミホイール装着 フロントフェンダー調整

難易度: ★★

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

「ソラシオ」ただのクルマ好き。 ロマンと癒しを求めています。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

愛車一覧

アルファロメオ 147 アルファロメオ 147
2004年式 アルファロメオ 147 ti 2.0 twinspark 2017/06購 ...
ケータハム セブン160 ケータハム セブン160
セヴンは憧れのクルマでしたが、ついにお迎えしてしまいました。 ラッキーなことにリアサスが ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Carview Corporation All Rights Reserved.