• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

吹雪ちゃんのブログ一覧

2018年11月30日 イイね!

不完全燃焼に終わった90年代最後の挑戦 1999年ルマン24時間 日産R391

不完全燃焼に終わった90年代最後の挑戦 1999年ルマン24時間 日産R391こんにちは 最後に紹介するのは 1999年のルマン24時間に参戦した日産R391です。TWRとの関係を解消した日産 1999年のルマンに向けてイギリスのGフォースとマシンを開発 オープンプロトタイプとなり エンジンはターボエンジンから自然排気エンジンに変更 22号車 23号車の2台体制で参戦 しかし23号車は予備予選でクラッシュしてそのまま出走取り止め 22号車は一時4位になりますがレース8時間でリタイア この年のルマンはメルセデスが予選 決勝と2度も中を舞うトラブルでルマンを撤退 レースはBMWが優勝 トヨタTS020が2位 アウディが3位でした。日産R391はルマン3年計画でしたが日産本社の経営不振でこの年でルマンから撤退 2015年に参戦するまで表舞台に出て来ませんでした。

1999年の10月開催されたルマン 富士1000kmレースで優勝した日産R391です。E.コマス選手 本山哲選手 影山正美選手がドライブ トヨタTS020を破って優勝しました。
Posted at 2018/11/30 18:27:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | ミニカー | 日記
2018年11月29日 イイね!

日本人トリオで3位表彰台を獲得 1998年ルマン24時間 日産R390GT1

日本人トリオで3位表彰台を獲得 1998年ルマン24時間 日産R390GT1 こんにちは 今回は1998年のルマン24時間に参戦した日産R390GT1を紹介します。ルマン24時間ミニカーコレクションのミニカーになります。前年のルマン24時間に参戦した日産R390GT1 しかしマシンの熟成不足 ミッショントラブルが相次いで3台中2台がリタイア 残る1台が12位完走 1998年のルマン参戦に向けて日産R390GT1は改良されました。ボディをショートテールからロングテール化 ミッショントラブルが相次いだXトラック製から日産独自のミッションに エンジンは改良されませんでした。1998年のルマンに日産はワークス3台 サテライトチームの1台で参戦 この年のルマンに5年ぶりにトヨタが総合優勝を狙ってTS020が3台参戦 去年のFIA GTチャンピオンのメルセデスがAMGメルセデスCLKLM 2台で参戦 BMWワークスがマクラーレンF1GTRに代わりウィリアムズと共同開発したBMW V12が参戦 ポルシェAGは911GT1をロングテール化して参戦しました。レースはメルセデスが2時間足らずで2台ともリタイア BMWも謎のバイブレーションで早々にリタイア トヨタは28号車が夜間にクラッシュしてリタイア 29号車が残り50分足らずでミッショントラブルでリタイア 日産R390GT1は他のメーカーに比べてスピードが有りませんでしたが信頼性の高いマシンで順位を上げていき最終的には ポルシェワークスの911GT1がワンツーフィニッシュ 32号車の星野一義選手 鈴木亜久里選手 影山正彦選手が3位表彰台を獲得 30号車が5位 31号車が6位 33号車が10位 となり日産R390GT1は全車完走 1986年のルマン初参戦から遂に表彰台を獲得しました。
Posted at 2018/11/29 20:47:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | ミニカー | 日記
2018年11月28日 イイね!

TWRとジョイントでルマン制覇へ 1997年ルマン24時間 日産R390GT1

TWRとジョイントでルマン制覇へ 1997年ルマン24時間 日産R390GT1 こんにちは 今回は1997年のルマン24時間に参戦した 日産R390GT1 を紹介します。メーカーはタミヤ製ですね。前年までニスモGT-RLMで参戦していた日産 しかし市販車ベースのレーシングカーではポルシェ911GT1やマクラーレンF1GTRには敵わず 96年でGT-RLMによるルマン参戦を終了 1997年のルマン優勝に向けてニスモがジョイントしたのは 勝ってグループCの時代にジャガーをルマン制覇に導いたTWR ジャガーのルマン優勝マシンをデザインしたT.サウスゲート氏が開発したのがジャガーXJR15をベースにモデファイしたのが日産R390GT1 60年代に日本グランプリで優勝した日産R380以来です。 日産R390GT1は予備予選で21号車がトップタイムを記録 予選でも22号車がヨーストポルシェ7号車 ワークスポルシェ911GT1の25号車に続く3位を獲得 しかしTWRとのコミニュケーション不足から ギアボックス周りの違反を指摘され急遽応急処置して本番に臨みました。1997年のルマン24時間に参戦したのは 連覇を狙うヨーストポルシェ7号車 ポルシェワークスとして優勝を狙う25号車 26号車のポルシェ911GT1 前年より空力を見直してロングテール化を施して ガルフレーシング BMWワークスから参戦するマクラーレンF1GTR 3台体制で悲願のルマン制覇を目指す日産R390GT1 さらにパノスエスペラントGTR1 ロータスエリーゼGT1が参戦しました。スタート時から22号車の日産 ヨーストポルシェ7号車 25号車ワークスポルシェ911GT1が激しくトップ争い しかしマシンの熟成不足 ギアボックストラブルが相次ぎ日産R390GT1は 21号車 22号車がリタイア レースはトップ走行の26号車のポルシェ911GT1が炎上 さらにガルフレーシングの39号車のマクラーレンF1GTRも炎上するなど波乱の展開 ヨーストポルシェの7号車が優勝 41号車 43号車のマクラーレンF1GTRが2位と3位 日産R390GT1は23号車が12位でした。

1997年のルマン24時間レースに参戦した日産R390GT1です。星野一義選手 E.コマス選手 影山正彦選手がドライブ しました。エース番号の23号車かっこいいですね。
Posted at 2018/11/28 21:07:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | ミニカー | 日記
2018年11月27日 イイね!

スカイラインGT-R ルマンの地に降り立つ 1996年 ルマン24時間 ニスモGT-RLM

スカイラインGT-R ルマンの地に降り立つ 1996年 ルマン24時間 ニスモGT-RLMこんにちは 今回は1996年のルマン24時間に参戦したニスモGT-RLMを紹介します。メーカーはタミヤ製ですね。グループCの時代が終わり新たなカテゴリーGT1 市販車ベースのレーシングカーが主役となりました。1994年のルマン24時間のGT1カテゴリーにアメリカのカニンガムレーシングチームからZ32が参戦 総合5位に 日産は1995年に5年ぶりのルマンに復帰 GT1クラスに2台のGT-RLMが参戦しました。 結果は22号車が10位 23号車がリタイア 1996年にも参戦 この年は1988年のルマン24時間以来ポルシェがワークス体制で開発したポルシェ911GT1でルマン復帰 さらに前年優勝のマクラーレンF1GTR フェラーリは333SP F40で参戦 トヨタチームサードのMC8R スープラLMが参戦しました。 いくら国内レースで強いGT-Rも相手がポルシェ911GT1 マクラーレンF1GTR では勝ち目がありません。レース スタート時からワークスチームのポルシェ911GT1の2台 マクラーレンF1GTR ヨーストチームのヨーストポルシェが激しくトップ争い ニスモGT-RLMの2台はトップ争い加われず結果は 22号車がリタイア 23号車が15位でした。当初は3年計画だったGT-RLMでのルマン参戦もこの年で終了 次にGT-Rの名前でルマン24時間参戦したのは2015年の日産GT-RLMニスモです。

1996年のルマン24時間レースに参戦したクラリオンニスモGT-RLMです。長谷見昌弘選手 星野一義選手 鈴木利男選手がドライブしました。スカイラインGT-Rで唯一のルマン参戦したR33GT-R やっぱりGT-Rはかっこいいですね。
Posted at 2018/11/27 21:02:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | ミニカー | 日記
2018年11月26日 イイね!

ワークス5台体制でルマン制覇へ 1990年ルマン24時間 日産R90CP 90CK

ワークス5台体制でルマン制覇へ 1990年ルマン24時間 日産R90CP  90CKこんにちは 今週末には富士スピードウェイで平成最後のニスモフェスティバルが開催されます。今回から90年代のルマン24時間に参戦した日産のミニカーを紹介します。最初は日産R90CP 90CKです。メーカーはQモデルですね。1990年のルマン24時間に日産は5台のワークスマシンで参戦 23号車が日本のニスモ 24号車 25号車がNME 83号車 84号車がNPTIから参戦 サテライトチームから前年のR89Cが2台参戦 前年優勝のザウバーメルセデスがこの年のルマンを欠場 ライバルは 前年の雪辱に燃えるジャガー トヨタ マツダ ヨースト ブルンチームのポルシェ962Cです。ポールはNMEの24号車が獲得 しかしこの時使用した 予選用スペシャルエンジンのおかげでNMEとNPTIの関係が悪化 本来なら情報交換をするのを一切しなくなりました。その結果 決勝ではNMEの25号車がいきなりフォーメーションラップでリタイア NPTIの84号車は中々ペースが上がらず NMEの24号車はトップ走行中にトヨタの37号車と接触 夜中にミッショントラブルでリタイア NPTIの83号車はジャガーと熾烈なトップ争いの中ガソリン漏れでリタイア 結局日本のニスモチームの23号車の5位が最上位 NPTIの84号車が16位でした。この年は3号車のジャガーが優勝 16号車のブルンポルシェが2位でしたが残り15分でエンジンブローでリタイア 2位も2号車ジャガーが獲得 3位はアルファレーシングチームのポルシェが獲得しました 。日産のグループCでのルマン24時間参戦はこれが最後になりました。
Posted at 2018/11/26 22:00:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | ミニカー | 日記

プロフィール

「蒸気機関車から新幹線そしてリニアの時代に リニア鉄道館に訪問 http://cvw.jp/b/2978352/43159048/
何シテル?   08/16 16:02
中学3年の時に漫画イニシャルDの影響 車好きの親父の影響で車好きになった吹雪ちゃんです。 車好きなってからアイドル的存在(例えばAKB48とか)である黒いR3...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

【開封】ここ最近入手したトミカあれこれ。🚘 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/12/16 22:12:59
86-ismさんの日産 スカイラインGT‐R 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/12 10:33:12

愛車一覧

ホンダ フィット(RS) RedBull HONDA RB25 (ホンダ フィット(RS))
マクラーレンホンダとしてホンダが2008年以来F1復帰を果たした翌年に購入しました。前に ...
ホンダ フィット Ferrari F248 (ホンダ フィット)
2009年当時に我が家に在籍した歴代スカイラインの中で史上最悪を誇ったER34スカイライ ...
トヨタ 86 TOYOTA86 TGR rally仕様 (トヨタ 86)
弟君の専用機であるトヨタ86 そして彼の人生を180度変えた車ですね。 彼は今 ラリー ...
日産 スカイラインGT‐R MCR R33スカイラインGT-R (日産 スカイラインGT‐R)
父親の愛車です。本当に父親の車?と思われますが この車は本当に私の父親の車です。本人いわ ...

過去のブログ

2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.