• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

おどまるの愛車 [日産 プリメーラ]

整備手帳

作業日:2020年7月18日

エアコン修理①(コンプレッサー交換)【HP10】

他の整備手帳を見る 他の整備手帳を見る

目的 修理・故障・メンテナンス
作業 DIY
難易度 ★★
作業時間 3時間以内
1
いよいよ夏本番!というタイミングでエアコン故障!
黒という車体色も相まって、暑すぎて到底乗れない車になりました…
フルCOLDにしてもヌルい風しか出ません。


前々から、エアコンのコンプレッサーからオイルが滴っていたのを思い出しました。
このまま使い続ければ、(パルサーのように)コンプレッサーが焼き付く未来が見えました。


新品のコンプレッサーはあっても高額。
電装屋さんから、リビルトのコンプレッサーを購入しました。


画像左が、新しいコンプレッサーです。
初期型のプリメーラには、可変容量型のコンプレッサーが採用されています。


◆純正部品番号
クーラーコンプレッサーASSY
92600-65J00
92600-65J01

2
まずは、補機ベルトを外します。
コンプレッサー側のベルトは、オルタネーターで張り調整をしています。


エンジンルーム上からの作業です。
オルタネーター取付部(矢印)を1回転ほど緩め、
張り調整の長いボルト(○印)を緩めていきます。


調整ボルトの遊びを作ってから、オルタネーターを下に押し下げて、ベルトの張りを緩めます。
力一杯押しても動かない場合は、オルタネーター下の取り付けナットを緩めます。

3
オルタネーター下のナットの画像です(○印)
コンプレッサーとオルタネーターを下から撮影したところです。
このエンジンルーム下側から、メガネレンチでアプローチすると、緩めやすくなります。


今回は補機ベルトが古かったので、この際に取り替えることにしました。
同じサイズで、リーズナブルなものを選びました。


◆サイズ: 6PK1035 (6山1035mm長)
◆参考部品番号: AY140-61035

4
続いて、コンプレッサーの配管を縁切りします。
画像は、コンプレッサーをエンジンルーム上から、覗くように撮影したものです。

※エアコンガスが入っています。今回は事前に、整備工場さんに回収を依頼しておきました。
大気解放は厳禁です。


◆低圧側と高圧側の配管を外します。
14mmボルト(○印)1本ずつで止まっています。

◆マグネットクラッチ作動用のコネクタ(矢印)を外します。爪は1箇所です。


ロングのソケットと、エクステンションを活用して取り外します。
全て上からアプローチして外せるところが、プリメーラの良いところです。

5
いよいよ、コンプレッサー本体を摘出します。
アンダーカバーは事前に外しておきます。


14mmボルト4本(○印)で止まっています。
ボルトの長さが異なっているので、どこについていたか管理しておきます。


コンプレッサーは、エンジン側のブラケットに引っかかる構造をしています。
片手で押さえておけば、いきなり脱落することはなさそうです。

6
【ご注意(追記)】
以下の作業を行うと、故障や不具合を起こす可能性があります。当方の検証が不充分につき、あくまで参考としてご覧ください。


リビルト品コンプレッサーの下準備をしておきます。
もとはフロンガス(R12)が採用されているため、今回は代替フロン(R134a)に切り替えることにします。


R134a化には、コンプレッサーオイルの入れ替えが必要です。
リビルト品をひっくり返して、同じ量だけオイルを注入します。


画像は、ひっくり返して出てきたオイルを撮影したものです。
コンプレッサーのラベルには、240cm立方の記載がありますが…出てきたのは40ccほど。
新しいオイルを入れ、マグネットクラッチを手で回してウガイしても、やっぱり出てくるのは40cc。

240ccまで入れようとしても、140cc位で溢れてしまいました。
今回は、40cc入れることにしました。
もう少し多めに入れても良かったかもしれません…
(エアコン修理後、添加剤を注入しています)


オイル入れ替えを済ませて、コンプレッサーは逆の手順で取り付けます。


新しいオイルには、
「zmart FJC 2443 DYESTERCOOL エステルオイル」
を使いました。

http://minkara.carview.co.jp/userid/2986655/car/2818095/10748710/parts.aspx

★このオイルは相性が悪い可能性があります。
★より粘度が大きいオイルが必要と思われます。

関連パーツレビュー

イイね!0件




タグ

関連整備ピックアップ

ロッカーカバーパッキン交換

難易度:

WAKO`s 4CR 5w-40 (178,774km

難易度:

R35コイル取り付け その2

難易度:

下回り点検&サードリンクベアリング交換

難易度: ★★★

ミッションオイル HALOC 80w-140 (178,774km

難易度:

O2センサーカプラー交換

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

「「思い通りに走る愉しさ」まさに 技術の日産 http://cvw.jp/b/2986655/44891033/
何シテル?   02/28 23:21
マイカー購入にあたって、みんカラ始めました。 何かと故障の多い車に乗っているので、苦労したこと、修理作業の手順などをUPするようにしています。みんカラを通...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

愛車一覧

日産 プリメーラ 日産 プリメーラ
コンフォート・パッケージ・セダン 901運動と日産の薫りが漂う 平成2年式 日産プリメ ...
日産 パルサー 日産 パルサー
人生初のマイカーは年上の3ドアハッチ。 小さいボディーでよく走り、 ガソリン代はお構いな ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.