• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年12月25日

トルクの起承転結と気持ちよさ

トルクの起承転結と気持ちよさ 最近の実感というか、下駄クルマをフィエスタからクラウンに乗り換えてからというもの、改めて意識するようになったのがこの話。

乗り換えて初めて知った2GRの良いところと、自分の思ってた事が綺麗に繋がってたのが嬉しくて、これを書いてたりもして。

―――

もともとフィエスタを手放してクラウンに乗り換えた理由は、一度ちゃんとしたV6に乗ってみたかったから。

だからそんな中であえて選んだのが、2GRの3.5L V6。
世の中じゃトヨタのエンジンっていうだけで 「ぶー」 っていう風潮もあるんだけど、この子に関して言えば
そんなトヨタらしい真面目なところが、良い方向に出てそうって感じるトコロがあってね。

このGRシリーズ、ゼロクラでもロイヤルとか前期アスリートに載ってる3.0Lとかは
中低回転でもしっかりトルクが出るようなエンジンだけど、レクサス向けの3.5Lだけはちょっと雰囲気が違う。

直噴を使って、高い圧縮比でもきっちり点火を攻められるようにしてるのは一緒なんだけど
大きくなった排気量は綺麗なショートストロークに仕立ててるし、組み合わせるポートもきっちり高流試型。
載せるインマニも、ちゃんと空気が吸えるような、流量優先の可変機構なしショートインマニだったりする。
ふつうの大型車なら欲しがる低回転のトルクは 「排気量が3.5Lもあるんだから」 って感じで誤魔化して
回していくと、上の方で綺麗に空気がシリンダーに入っていく、そんな素直なエンジンに見えたのね。


これって今みたいなクロスオーバー全盛期だと、低速トルクが足りない!って言われそうな仕立て。
逆に言えば、あの頃の「レクサスセダンに積むためだから」って言い訳があったからできたセットアップ。

そんなエンジンって、今となっては殆どないし、乗るとしても今が最後のチャンスかな、って。

―――

しかもいざ乗ってみたら、そんな感覚がちゃんとストレートに出てたりするんだよね。

排気量がこれだけあるのに、発進でちょっとアクセルを多めに開けると、すぐにトルコンがずるっと滑る。
そのまま滑りつつアップシフトするから、ショックは無いけどアクセルと1-1な感覚は希薄なまま。
そのまま速度がスルスルと上がって、気が付いたら定速でロックアップして巡航してる。

エンジンの吸気音もこの領域だと綺麗に消されてて、V6特有のクォーって音もほとんどしない。
だから安楽なんだけど、あーやっぱりクラウンなのかな、ってなるんだよね。

でもね、そんなクラウンの世界が、回すと色合いを一気に変えるのだ。
今までは黒子だったエンジンが、3000rpmを境にゆっくり主張を始めるの。

始まりはチェーンの音。
静かだったトーボードからシューンって音がなり始めたら、景色が変わる合図。
吸気脈動の谷間に入って、トルクの波が少しの間だけ、すーって引いていくのが背中でわかる。
クルマ全体が腰を落として、大地を蹴る準備をしてるみたいに。


そして次の瞬間、まるで舞台が転換するかのように、エンジン音が変わるのだ。
空気の流れが慣性と脈動の勢いに乗って、一気にシリンダーに入りだすのが、音で伝わってくる。
今までなってたチェーンの音が、内燃機が目一杯仕事をしているあの快音に取って代わる瞬間。

そして音が変わった…と思った瞬間、一気に増す加速度に背中を蹴飛ばされる。
トルクピーク4800rpmに向かって、右肩上がりで増えるトルクと、大きくなるエンジン音。

黒子だったはずのエンジンが生き返って、300馬力っていう数字が一気に説得力を増す。
さっきまでの繊細な感覚が、一気に咆哮と共に内燃機の存在感に変わる。
ダンパーが弱いクラウンが一気に鼻先を上げて、突進していくような感覚に囚われるぐらい。


そしてそのトルクの波と咆哮を味わっていると、やはり変化を最初に伝えてくるのが音。
あの咆哮がゆっくりと消えて、いつの間にか排気音とメカ音に入れ替わってるのに気付く。
気が付くと身体で感じている加速度変化も収まってて 「ああ舞台転換の時間なんだな」 って感覚で悟る。

そしてそんな加速度のお辞儀を感じた瞬間に、ミッションがすっとアップシフトする。

一連の演出が、まるで舞台のような起承転結を描くのだ。

―――

これをね、些細な狡い演出って切って捨てる気持ちもわかるんだ。
だってこの一連の所作は、トルクバンドがフラットじゃないエンジン特性が生むものだから。

でもね、自分はこの音と加速度の起承転結が、ホントに大事な事に思えるの。

回して回して、回しきる。アクセルを最後まで、ちゃんと踏み続ける意味がある。

それって単に右肩上がりの加速度特性だけじゃできないこと。
それだけじゃ、どこでアクセル抜いたって一緒の話だから。

ただ単調に変化するだけじゃなくて、それが段階を追って、舞台として転換していく。起承転結がある。
だからこそ、最後まで踏み切る意味が生まれるだと思うのだ。

トルクアクチュエーターとだけ考えたら、内燃機なんて本来モーターには絶対に敵わない物体。
相手は静かで、ラグも無くて、どんな特性だってアクセルに割り付けられる。

でもそんな中で、内燃機っていう生き物みたいな物体と一緒に生きるんであれば
やっぱりこういうトコロこそ、好きでいたいなぁ、って思うんだ。



ブログ一覧 | 日記
Posted at 2018/12/26 23:16:15

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

支那そばや カップ麺
RS_梅千代さん

日が変わったら新しい1年が始まる。
なぉなぉちゃんver.2さん

峠の力餅 in 碓氷峠
ASRADAさん

着弾❗️❗️。
タワー43さん

180SXの日常メンテナンス
ラッシュモータースポーツさん

今日までですね✨
sa-msさん

この記事へのコメント

2018年12月27日 0:52
僕は昔B16BオーナーでK20が出でパワーの谷が無くて速い!!と思ったと同時にB型の不完全故の楽しさを再確認した事がありました。完璧が必ずしも満足出来るとは限らないですよね!時代はモーターですが内燃機関も無くならないですからね!買えるうちに楽しい車乗らないとですよね!
コメントへの返答
2018年12月28日 20:16
自分も若い頃は「トルクの谷があるエンジンなんて」みたいに解ったふうな事言ってましたが、何だかんだ言って楽しいのが正義だよな!と年食って考えが変わってきましたw
モーターはいつか絶対乗らされる気もするので、今のうちにちゃんと遊んでおかないとですよね。
2018年12月27日 21:14
昨今の「台形トルクエンジンが正義」
効率に全振りしたエンジンは回す楽しさは無いですよね
新車で購入出来る「回して楽しいエンジン」は
あまりにハイパフォーマンス仕様で気楽にブン回せませんし
あまりにも高価格だと思います、

トルク➡パワーへのドラマティックなフィールを楽しませてくれる
ベストバランス スモールシックスのM50 2500cc
とハイパフォーマンス仕様のS50 3000ccを細々と維持して楽しんでいます。

もし次の車に乗り換えるなら、、、
キャブ車を狙うしか無さそうです(笑)
コメントへの返答
2018年12月28日 20:25
そうなんですよね、フィエスタ所有して再実感しました。誤解を承知でざっくり言えば、こりゃモーターの劣化版だと。

で、そうなんですよ!
最近だとE92 M3とかジュリア・クアドリフォリオとか乗りましたが、気持ちいい領域だと免許も命も危ないw
かといって4気筒だと、普段乗り時の特別感ってイマイチ薄いし。

その点タイラップさんの2台の愛車、すごく絶妙なバランスだと思います。ここ10年でそういう車、無くなっちゃいましたよね。
自分も悩んでます、キャブ車は自分は整備レベル技能的にちょっと怖いですがw
2018年12月30日 0:58
ご無沙汰しております!(笑)

2GRの3.5にビビっと来るのが流石ですね♪

僕は所有したわけでは無いんですが、みん友さんがファインチューンしたIS350の横に乗せて貰った時、このエンジンの気持ち良さに感動したクチですw
コレは日産のVQに全く劣らないイカしたエンジンだと思いまして、機会を見ては狙ってはいるんですが、数年乗るとなるとメイン車両との自動車税Wパンチでヤラレる事確実なんで………自粛です
(≧∇≦)

前にもチョコっと話したかもですが、フラットトルクのエンジンって事で、例えばディーゼル+MTみたいな組み合わせになると、とてもつまらないってのと同じ感覚かと思いました。

やはり、エンジンは回してドラマチックな所が良いワケで、そこをより楽しむ為に、MTを組み合わせるんだよ!

って、モーターみたいなクルマしか知らない連中に熱く語ってやりたいヲッサンですw
コメントへの返答
2019年1月4日 23:59
返事が遅れまして、あけましておめでとうございます、になってしまいました(汗

このエンジン、いい仕事するんですよね。
3GRとか4GRにない、このエンジンだけの良いトコロで、高い自動車税を払うだけの価値ありますよ、と悪魔のささやきをしておきますw

あー、そうでした。お会いした時にその話もしましたよね。ターボでも上まで垂れないとイケてるんだケド、加速度の変化率がタレるとダメだって。
そういう意味では真逆なんですよねこのエンジン。上まで回すと逆に伸びるというw K20Aもそうですけど、それが良いんですよ。
86のFA20みたいに一定の伸びでもそれなりには楽しめるんですが、やっぱり起承転結って意味だと、伸びてくれないと綺麗に締まらないんですよねw

で、確かにこれがMTだったらもっと楽しんだろうなぁ、と思うコトしきり…
無いんですよねー、2GR+MTの車って。
2019年1月5日 0:44
明けましておめでとうございます♪
そして連コメ失礼させて頂きます(笑)

今、FRデビューに向けて色々思案中なんですが、IS350の安いのを買って、SARDのMT(既に売り切れ廃止のようです)キットという漢気も考えましたけど、上記のように自動車税で終わるんで諦めましたよ………トホホ……orz

や、スミマセン……
あちらでもレス付けたんですが、やはりおめでたい挨拶なんで、こちらでも……とw

今年も宜しくお願い致します♪
コメントへの返答
2019年1月16日 21:11
改めてあけましておめでとうございます…とか言ってる時期じゃなくなっちゃいました(汗
すみませんーちょっと色々とありまして。

あーそういえばありましたねIS350のMTキット、あの欧州向けディーゼル用MTを使うやつ。既に廃盤でしたか…
あれこそ車両のサイズ感的にも最高の組み合わせなんですが、まぁMTの需要は…ですよね…

こちらこそ本年も変わらぬお付き合いのほど、よろしくお願いしますです。

おすすめアイテム

プロフィール

物事すべてがノリと勢い
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2022/1 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

愛車一覧

テスラ モデル3 テスラ モデル3
21MY Long Range AWD LHD 下駄グルマとしてBEVを乗ってみたくて ...
フォード マスタング クーペ フォード マスタング クーペ
12MY Boss302
フォード フィエスタ フォード フィエスタ
18MY ST LHD 5door いや好みを追ったら結果的にこうなってるだけで、フォ ...
トヨタ クラウンアスリート トヨタ クラウンアスリート
06MY 3.5L Athlete

過去のブログ

2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Carview Corporation All Rights Reserved.