• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2019年07月03日

アメリカの道路 (ノーフォーク・NYC旅行 3日目)

アメリカの道路 (ノーフォーク・NYC旅行 3日目) 書き忘れてたケド、前日の走行時間は6時間ぐらい。
これぐらいのドライブは日本でも結構やってたし、幸いにNYに入ったのもそんなに遅くなかったから、夜景だけ堪能してからしっかり寝て・しっかり朝ごはん食べたら身体も快調。

外に出たら曇ってはいるけど、気温もそれほど高くない観光日和なので、さっそく対岸のマンハッタン島にフェリーで向かうことに。

こっちでもNYCやワシントンDCみたいな都心部の駐車料金は基本高くて、都内と感覚的にそんなに変わらない。一日上限ありで$35とか。そんな額を毎回払うのもつらい。
パーキングチケット買って路駐すれば安くはあがるんだケド、治安も治安だから、レンタカーじゃない自分の車ではあまり試す気にもならないんだよね…

なので敢えて料金が安くて、駐車場併設のマンハッタン対岸のホテルを選んで、駐車場に車を放りっぱなしでマンハッタン島に移動してみる。 幸いマンハッタン島は通勤でそういうパターンも想定してるらしく、フェリーがけっこうあっちこっちにつながってるしね。

―――

で、フェリーからもこんな感じで見えてたけど、たどり着いたのがイントレピッド航空宇宙博物館!

やっぱりここも都心のど真ん中に空母が停泊してるっていう、個人的なツボばっちりなロケーション。 空母の周りを普通にみんなが散歩やジョギングしてたり、座ってお茶してたりする。 そんな雰囲気がホントに素敵で仕方がないの。

とはいえ眺めてるだけじゃ仕方がないので、さっそくチケットを買って中へ。
トレピ姉さんは大きく見えるけど、実際はエセックス級で世代的にはWW2の空母。
現役の原子力空母を比較するとこんな感じ。これでも小さいってほんとスケール感…


世代の中で常にアップデートを繰り返しきたから、最初と最後でえらく艦影が異なる船でもあるんだけれど、それでも中を歩いてると、当時の雰囲気があっちこっちに残ってたりして、そういうギャップも楽しい船だったりしてね。

―――

飛行甲板に上がれば、野ざらしだけどクフィルやF-14"B"みたいな珍しい機体がいたり、作り付けの建屋を置いてまで、スペースシャトルの一機、エンタープライズが展示されてたり、外に出ればBritish Airwaysのコンコルドが展示されてたり

…と、例によって書き出すと専用エントリになっちゃう勢いなので、例によって興味深かったトコロだけひとつ

軍艦なのにエスカレーター。しかもこれ、後付けでなく現役時代からの装備。
実はこのエスカレーター、パイロットが待機してるレディ・ルームと飛行甲板をつないでる。

パイロットのレディ・ルームって、当然仕事場たる飛行甲板のすぐ近くにあった方がありがたい。パラシュートだのいろいろな装備付けて、海軍式の急な階段上がるのは大変だからね。
だからトレピのレディ・ルームも就役当時は飛行甲板の直下にあったんだけど、飛行甲板は非装甲だから、WW2時代に攻撃で甲板が抜かれて、レディールームのパイロットが亡くなるっていうことがあった。

その戦訓でレディー・ルームを第2甲板まで下げることになったんだけど、そうなると、今度はパイロットがやれ大変。ジェット時代になってGスーツだのと荷物が増える中で、4デッキも階段上がるのは過酷だよね。

…ってことでエスカレーター。なるー。
もちろん当然軍隊なので、悪戯半分に電源落とされて、パイロットが途中から徒歩で登らされることもあったそう。

ということで開館すぐに入って、5時間近く回って、まだまだ足りない!ってなりながら歩いてたんだけど、残念ながら今日はここで時間切れ。この後に今回の道中で一番長い距離が待ってるからね。


―――

ということで、NYCから自宅までは休憩含めず大体9時間の道中。
基本は一本道だから悩むことはないんだけれど、代わりにナビがこういうこと言ったりする。


例によって休憩は2時間ほどで取るんだけど、こっちで悩むのがそのタイミング。
日本ほど頻繁にサービスエリアがないから、止まるチャンスが取りづらいのね。

なんでかといえば簡単で、アメリカの高速はほとんどがフリーウェイだから。
無料ということは出入りが自由にできるので、食事や給油のためにサービスエリアに寄る必要がない。近場のインターから出て、外で対応すれば良いからね。
 #逆にインターの近くには必ずガソスタや、ファーストフードの店がある

なのでこっちのサービスエリアはRest Areaっていうトイレと自販機だけの場所がほとんどで、それも100kmごとにあるかないか、って感じ。 だから一回逃すと、止まるタイミングが取れなくなるのだ。
ちょっとした休息に高速降りてファーストフード…っていうのも違うしね…

―――

なおそんな道中の中で気づくのが、州をまたぐ毎に流れの速度がえらく動いたりすること。

前提条件としてアメリカは州ごとの自治が強いから、高速の制限速度ですら州によってバラバラ。70mph (113km/h)の州もあれば、65mph (105km/h)の州もあったりする。
…なんだけど、この制限速度の中でも、流れの速度が全然違うのね。

例えば今回でいうと、バージニアやメリーランドは流れがえらく速い。
制限速度は65mphのはずなのに、みんな普通に75mphとかで走ってたりする。部分的にある70mph制限の道路だと、普通に80mphで煽られたりもする。でも制限が速いからペースも早いかっていうとそうでもなくて、例えば途中のオハイオは70mphなんだけど、ペースは75mphを絶対に超えない。

これは単純に取り締まりの厳しさらしくてね、実際にバージニア走ってる時は捕まってる車なんて見なかったんだけど、オハイオでは75mphの流れなのに、普通に何度か捕まってる車がいたり。

ここら辺の厳しさとかは完全に経験測で、周りの地元民のペースを見ながら安全行きを探るしかないので、たとえ長距離運転でも気が抜けないのだ。
特にオハイオ州なんて、州境超えた一番最初の中央分離帯でポリスカーがスピードガン構えてたからね。殺る気まんまん(笑

こんな感じで、中央分離台で車を止めて、サイドウィンドウからスピードガンで直接速度計測するのがこっち流

―――

とはいえ、道中眺めるのも道路眺めるのも、さすがに5時間を超えると飽きてくる。
だからそういうときは、空の変わり方を眺めながら走ってた。


東部のあまり高い山がないトコロって、逆に言うと周りも遮るものがないから
空が広いっていうのも、今回見つけた発見だったりする。



ただ一度日が落ちると、街灯がゼロだから真っ暗なんだよね。
都市間高速で対向が来てれば良いけど、ちょっと地方でソロになると、何とも言えない気持ちになる。

―――

そんな感じで、延々9時間に及ぶ変化のない道を走ってきて、最終的に日付が変わったぐらいに家に帰着。さすがにつかれたー。

今回の旅はトータル2600kmの道中、運転時間は28時間弱ぐらい。
NYCで渋滞に15分ほどハマったんだけど、それでも平均速度は93km/hっていうのが、こっちの車旅の在り方を示してる感じがするよね。

それでも、初めての遠出ってことで、到着した先での体験だけじゃなくて
いろいろとアメリカの道路事情も交通事情も学ぶ機会になったのが興味深い旅行になった。

ウィスやトレピみたいな到着した先のことは、別エントリで書くのか、もうちょっと考えてから、かな。どっちも最高に楽しい場所だったから、これも上手く、手間かからずにまとめるやり方を考えたいな。
ブログ一覧 | 日記
Posted at 2020/09/21 06:23:17

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

中も外も非常事態ですね。
他力本願さん

映画「空母いぶき」を観て…
jan-u1997さん

- 腸活 -
KeePer技研株式会社さん

ヴァージン
avot-kunさん

この記事へのコメント

コメントはありません。

おすすめアイテム

プロフィール

物事すべてがノリと勢い
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2022/1 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

愛車一覧

テスラ モデル3 テスラ モデル3
21MY Long Range AWD LHD 下駄グルマとしてBEVを乗ってみたくて ...
フォード マスタング クーペ フォード マスタング クーペ
12MY Boss302
フォード フィエスタ フォード フィエスタ
18MY ST LHD 5door いや好みを追ったら結果的にこうなってるだけで、フォ ...
トヨタ クラウンアスリート トヨタ クラウンアスリート
06MY 3.5L Athlete

過去のブログ

2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Carview Corporation All Rights Reserved.