• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2019年06月08日

エココンタクト6タイヤはハイパフォーマンスエコと言うのは伊達ではなかった!

エココンタクト6タイヤはハイパフォーマンスエコと言うのは伊達ではなかった! 皆様、こんにちは。

いよいよ梅雨に入りましたね。
少し蒸し蒸しする感じですね。
出来るなら災害にならないように、適度に雨が降って欲しいです。

この様に梅雨時になると、車のタイヤのウエットのグリップ力が問われます。

エコタイヤは転がり抵抗が少ない分、ウエットのグリップ力が弱くウエット性能を重視するなら、ある程度のライトスポーツ系タイヤにすべきなのでしょうが。

それでも低燃費な車なら、低燃費タイヤを履いた方が燃費向上には有利に働きます。


そうなると転がり抵抗が少なく、ウエット性能が良いタイヤを選択筋に入れるべきなのかなと思います。

現在各メーカーからオールAの低燃費タイヤが出てきています。
国内のメーカーは195/65R15しかサイズが有りませんでした。
ところがコンチネンタルから。エココンタクト6と言う。
第6世代のハイパフォーマンスエコタイヤが発売になりました。

欧州ラべリング制度で「転がり抵抗係数」と安全性を示す「ウェットグリップ性能」のグレーディングで、ともに最高評価のA/Aを2019年1月現在40アイテムで獲得しています。日本での発売サイズ31サイズ中13サイズがA/Aグレードです。


このサイズの豊富さは流石コンチネンタルと思いました。
しかし、ニスモ用の195/55R16が13サイズに入っていませんでした。
でも、ウエット性能は低いかも知れませんが、転がり抵抗はハイレベルなのではないかと期待していました。

コンチネンタルエココンタクト6着弾!

実際に購入して履いて、暫くの間色々タイヤの性能をチェックしていました。




ノートe-power nismo sの純正タイヤはDNA S.drive(エコスポーツ)です。


ノートe-power nismo sの性能をフルに発揮するなら、DNA S.driveのスポーツタイヤが良いのでしょうけど。
このタイヤは14年前の性能のタイヤなので、グリップはあるのですが低燃費性能が低いのですよね。

そこで、タイヤを最新の低燃費タイヤに変更してみようかと考えて見ました。


ラベリング「AAA-a」相当のハイパフォーマンスエコタイヤ、コンチネンタル「エココンタクト6」発売


“エコタイヤ”を“サーキット”で試す!? ハイパフォーマンス・エコタイヤ「EcoContact 6 (エコ・コンタクト 6)」の実力はいかに…


ノンタマはDNA S.driveとエココンタクト6と履き比べをして見ました。

先ずはDNA S.driveを履き、色々体感に計測してみました。
85キロの同じコースを走り、区間燃費を計測して見ました。
DNA S.drive

34.1キロ

エココンタクト6

37.8キロ

やはりスポーツタイヤより燃費がイイと感じました。
しかし、乗り心地が超ソフトで?何か空気圧が少なくないか?と感じたのです。
そこでガソリンスタンドで空気圧を測ってみたら。

なんと!

4輪全部空気圧が規定値より10kPa少なかったのです。
走行後に低いとなると、タイヤが冷えた時には更に低くなる筈です。
前輪


後輪

日産のノートe-powerの資料に、走行後だと1割程度空気圧が上がると記載があります。
ノートe-powerタイヤの点検項目

その点を考慮して、区間燃費が37.8キロはこのエココンタクト6低燃費タイヤの性能はハイレベルなのではないかと感じた。

ノートe-power nismo sの空気圧規定値は。
前輪は230kPa 後輪210kPaになっています。
意外に規定値が低いですね。
車体が軽いからなのでしょうけど。


走行後にガソリンスタンドで空気圧を調整するなら、1割増しで入れたほうがベストではないかと考え。
そこで空気圧をガソリンスタンドで規定値より+20kPa上げて前輪250kPa・後輪230kPaにして、再挑戦してみました。

そして先日検証してみました。

区間燃費47.5キロ

驚きの結果が出ました。

やはり空気圧が少なく燃費が悪化していたようです。

この燃費からするとエココンタクト6は、確実にハイレベルな低燃費タイヤには間違いないですね

そして、乗り心地ですが。

本当にエコタイヤなのか?
と感じるほど、走行時の衝撃がマイルドになっていました。
ゴツゴツ感が少なく大げさに言えば、道路にペルシャ絨毯を一枚敷いた様に感じました。

そして、ロードノイズですが。
これもエコタイヤなのか?
と思えるほど意外に静かでした。

これは騒音計アプリで計測していました。
DNA S.drive



エココンタクト6


最大値で4db少なくなってます。
平均で1db少なくなってます。

線グラフを見ていただければ、若干ですがエココンタクト6の方が80dbより低いように見えます。

体感的には凄く静かに感じました。
これはもしかしたら、サスペンションのロードノイズ対策が効いているのかも知れませんね。
サスペンションにアルミテープとロードノイズ対策施工!

そして、グリップ性能ですが。

ノートe-power nismo sは3.5ℓ並のハイパワーなトルクを出し
最大加速度+0.62G を発揮します。

普通のノートe-powerは最大加速度0.4Gになります。

それだけのハイパワーのトルクをどれだけタイヤが受け止められるか。

何時もの山奥の直線道路で0発進をやってみました。

ノートe-power nismo sにはVDC機能が備わっており。
トラクションコントロール機能:滑りやすい路面などで駆動輪が空転した場合、走行用モーターの出力を抑えることにより、駆動力およびハンドルの操作性を向上させる機能です。
VDCスイッチがあります。
この機能をOFFにしてテストしないと、タイヤのグリップ性能がハッキリと分かりません。

でも、幾らドライ路面と言えどもこれだけのハイパワートルクの車の、これをOFFにするのは勇気が要ります。

DNA S.drive
発進時一瞬ガッとスリップしました。

エココンタクト6
発進時ガガッーとスリップしました。

因みにVDCをONでは
DNA S.driveはグッとギリギリグリップしました。

エココンタクト6はガッとスリップしました。

この結果から、エココンタクト6はDNA S.driveより限界のグリップ性能は落ちています。
しかし、エコタイヤと考えるとハンドリング性能は抜群に良いです。
通常走行でのカーブでのグリップは、エコタイヤとは思えないほど腰砕け感も無く、安定しています。
直進安定性も非常に良く運転が快適です。

ウエット性能は
通常走行では、エココンタクト6はエコタイヤのレベルの域を超えています。
少しハイスピードでカーブを曲がっても安定していて、横に振られる事も無かったです。
この点は、やはりコンチネンタルタイヤのウエット性能がハイレベルにあると評判があるように、実際の乗ってみて関心させられました。

流石にレース見たいな究極のハイスピードならグリップは追いつかないと思います。

しかし日本国内の通常走行では、そのようなハイスピードを出す事はありません。
もし一般道でその様な速度を出したなら、危険ですし法令違反になります。

総合判断は。
・DNA S.drive
グリップ性能はライトスポーツタイヤとして十分備わっています。
ただ、ノートe-power nismo sのフルパワーではギリギリな感じでした。
グリップが良い分直進でハンドルが取られます。

燃費性能はスポーツタイヤなので悪いです。
それに14年前のモデルと言う事もあり、燃費にたいして古臭い様に感じました。

乗り心地はスポーツタイヤなのでゴツゴツ感が結構ありました。

これを純正で履き続けるのであれば、燃費なんか関係ないと考えグリップだけを追い求めた方が良いと思います。


・エココンタクト6
グリップ性能はDNA S.driveより落ちます。
しかし通常走行ではウエットも含め、何も不安に感じる事は一つも有りませんでした。
ハンドリングも直進安定性が抜群で、非常に快適に運転出来ていました。
コーナーもレールの上を走っているかの様に、思ったレーンで走れました。

グリップ性能は問題ないレベルだと思います。

燃費性能はエコタイヤとしてはハイレベルに有ると感じました。
記録にある様に、国内の低燃費タイヤ並みのレベルにあるのではと感じました。
それより上かも?

乗り心地は非常にソフトに感じました。
走行時の衝撃を吸収しているかのようにマイルドに感じました。
ロードノイズもこれがエコタイヤのレベルなのか?と思うほど静かに感じました。
記録にあるように、DNA S.driveより静かになっています。

エココンタクト6はハイパフォーマンスタイヤと謳っているのは伊達ではないようです。

私の感想は低燃費タイヤとしては、国内低燃費タイヤより安定性が良いように感じました。

エココンタクト6が発表された時、国内のタイヤメーカがざわついたと言うのはまんざら嘘ではない様に思いました。

神聖ノンタマのセンスに合うタイヤに出会えました。


ブログ一覧 | タイヤ関連 | クルマ
Posted at 2019/06/08 16:19:42

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

エコタイヤはミシュランタイヤよりコ ...
神聖 ノンタマさん

ノート e-POWER NISMO ...
神聖 ノンタマさん

コンチネンタルエココンタクト6着弾!
神聖 ノンタマさん

6Rポロに履いた『TOYO ナノエ ...
onimasaさん

味見してみてもイイデスカ?
アーモンドカステラさん

この記事へのコメント

2019/06/09 07:22:30
おはようございますヽ( ・∀・)ノ
私はBRIDGESTONEのPlayz PX(セダン、クーペ用)の195/65 R15 91Hを履かせてます🎵
燃費性能も申し分なく、ウェット性能もかなりのものです✨
前に履いてたENASAVE EC204に比べて減りは少し早いように感じます
今までの最良燃費はPlayzで出しているので、もっと相性の良いタイヤに出会えばまだ伸びるかもですヽ( ・∀・)ノ
コメントへの返答
2019/06/09 10:58:29
こんにちは。

ブリジストンのタイヤも結構良いですよね。

今回コンチネンタルが発売したエココンタクト6はハイレベルな低燃費なのに、サイズが豊富な事が国内のタイヤメーカーを驚かせたようなのです。
今後国内のタイヤメーカーも追従し、オールAのタイヤのサイズバリエーションが増えると思います。

2019/06/09 19:41:26
こんばんは^o^

タイヤ情報並びにオプミ情報ありがとうございます
今年はなしで来年なんですね!
奥伊吹なら1回行ったことあるし行けそうです⤴︎
コメントへの返答
2019/06/09 21:12:45
こんばんは。

今年はオプミはありませんが、来年日本の真ん中で行われるのは、中部に関西の方にとっては朗報ですね。

私も奥伊吹ならなんとか行けると思います。

現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「@やた。 おはようございます。ありがとう御座います。ハチミッツで末広がりで甘い誘惑のハニートラップに気お付けます(笑)」
何シテル?   02/24 08:20
神聖!ノンタマになりました。よろしくお願いします。 燃費オカルトグッズ系を試すのが好きで、実験検証をやるのが好きです。 永遠に車馬鹿だと思います。 ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/2 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

リンク・クリップ

除電ボルト解明! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/02/17 05:47:32
ジュークのモデルチェンジが来年4月に発売になる? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/10/30 03:51:13
皆様のアーシングの仕方の知識は本当に正しいのか?その③ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/10/25 23:42:11

愛車一覧

スバル サンバートラック スバル サンバートラック
農道のポルシェ! 軽トラ界の王者は無冠の帝王。 もう手に入らないので、大切に乗っていきた ...
日産 デイズルークス 日産 デイズルークス
神聖 ノンタマになりました(笑) 心機一転?励んで参りますので、宜しくお願い致します。 ...
日産 ノート eパワー ブラックチーター (日産 ノート eパワー)
2018年11月15日大安e-power nismo s納車! ついに納車されました。 ...
マツダ プレマシー マツダ プレマシー
マイナーチェンジでスカイアクティブを積んだので、試しに購入しました。 ただ、4WDがなく ...

過去のブログ

2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.