• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2020年07月20日

スムースインダクション解明出来た!

スムースインダクション解明出来た! 皆様、おはよう御座います。

本日も、良き一日でスタートし今日も元気に頑張って行きましょう。


さて、さっそく本題ですが。


先日タンタルに似たスムースインダクションと言う物を見つけましたが。

何かどこかで見た覚えがあるなと記憶をたっどて行きましたら。

除電ボルトの開発をした
株式会社エヌジーシージャパンと言う会社が開発したものであることが分かりました。

そして、なんか特許を調べているときに、このネットも特許の所にあった様な事を思い出し、特許を見てみましたら実用新案として登録してありました。

でも、料金未納で権利抹消されていました。

と言う事でこれを見ていったのですが、これって今こいんさんとかノンタマが考案しているアルミメッシュ静電気除去パネルとか銅メッシュネット静電気除去と理論が全く一緒だと言う事が分かりました。




スムースインダクションの実用新案の内容を公開!

(11)【登録番号】実用新案登録第3194675号(U3194675)
(24)【登録日】平成26年11月12日(2014.11.12)
(45)【発行日】平成26年12月4日(2014.12.4)
(54)【考案の名称】帯電除去装置

(57)【要約】 (修正有)
【課題】内燃機関に対し、十分な吸気透過性を備え、かつ、放電によるイオンにより、吸気を活性化させ、更に、吸気系に帯電した静電気を除去することで効率的な吸気をもたらす帯電除去装置を提供する。
【解決手段】エンジン吸気路に装着可能な形状に折曲げ変形が可能であり、吸気した空気が透過する透孔を多数有する制電部材を、少なくとも1以上前記エンジン吸気路の内部に設置する。
【選択図】図1



【実用新案登録請求の範囲】
【請求項1】
エンジン吸気路に装着可能な形状に折曲げ変形が可能であり、吸気した空気が透過する透孔を多数有する制電部材を、少なくとも1以上前記エンジン吸気路の内部に設置したことを特徴とする帯電除去装置。
【請求項2】
前記制電部材に、前記制電部材よりも表面抵抗値の小さい放電器を少なくとも1以上接合したことを特徴とする請求項1に記載の帯電除去装置。
【請求項3】
前記吸気路はエアクリーナーボックスであって、該エアクリーナーボックス内部に設置されるエアクリーナーエレメントの新気吸入面に密接させて設置することを特徴とする請求項1又は2に記載の帯電除去装置。
【請求項4】
前記帯電除去装置は、エアクリーナーエレメントの新気吸気面より浮かせて設置することを特徴とする請求項1乃至3に記載の帯電除去装置。

考案の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本考案は、エンジン(内燃機関)に空気を供給する吸気路の内部、又は外部に密接させて設置する静電気の帯電を除去する装置に関し、詳しくは、エアインテークパイプの内部や、エアクリーナーエレメント周囲に帯電除去装置を設置することで、該吸気路を通過するに伴い帯電した空気の除電と、放電によるイオンの働きにより空気中の酸素を活性化させることで、吸気を燃えやすく改善し、また、エアインテークパイプの外側に密接させて設置することで、エアインテークパイプ自体の帯電を除去し、吸気した空気の内燃機関への吸気効率を飛躍的に向上させることが可能な帯電除去装置に関する。
【背景技術】
【0002】
折り曲げ変形が可能なベースシート(金網)と、吸気に接触してその吸気を活性化する性質を備えた吸気活性化層(マイナスイオン効果を備えた炭素材やトルマリン剤)を帯状にし、これをベースシートに接着剤で接合し、更に端部でベースシートを折り曲げて接合することで、ベースシートと吸気活性化層の剥離を防止した、吸入空気を活性化し、吸気効率を高め、燃費を改善する技術がすでに開示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
【特許文献1】 特開2004-150423号公報

【考案が解決しようとする課題】
【0005】
内燃機関は、キャブレーターやインジェクション等の気化器により、燃料(ガソリン、ディーゼル、天然ガス等)と空気を混合し、その混合気を燃焼させることで動力を取り出し
ている。
燃料は燃料ポンプによりインジェクション等の気化器へ圧送され、気化器から噴射される。
一方、空気はエアインテークパイプ等の吸気路を通り、内燃機関の内部へ供給される。
この吸気路の内壁は、吸気した空気との摩擦によって静電気を帯びる。つまり、吸気路自体が帯電している。
この帯電した吸気路により静電誘導が起き、吸気した空気も帯電する。帯電した空気は帯電した吸気路の内壁に吸い寄せられて、空気が流れにくい「層」を形成する。(以下低速流動層という。)この「低速流動層」があるために、吸気路内部での空気の流れが悪くなり、吸気効率の悪化を招いていた。
更に帯電した物質が他の物質に衝突すると電磁波を発生させるので、各種センサー等のデバイスの正確な計測ができないという課題があった。
【課題を解決するための手段】
【0006】
そこで、上記課題を解決するために本考案にかかる帯電除去装置は、エンジン吸気路に装着可能な形状に折曲げ変形が可能であり、吸気した空気が透過する透孔を多数有する制電部材を、前記エンジン吸気路の内部に設置したことを特徴とする。
【0007】
本考案のこのような構成により、吸気路内部を通過する際に帯電した空気が、制電部材に接触すると、該制電部材が帯電した空気の静電気を吸着し、かつ新たな静電気の発生を防止する。このような構成により低速流動層の発生を防止し、エンジンへの空気吸入量を上げることができる。
【0008】
また、本考案の他の特徴は、エアクリーナーボックス内部に設置されるエアクリーナーエレメントの新気吸入面に少なくとも1以上の制電部材を、前記エアクリーナーエレメントに密接させ、または浮かせて設置することを特徴とする。

【0009】
本考案のこのような構成により、エアインテークパイプを通過中に帯電した空気がエアクリーナーエレメント通過時に除電される。これにより低速流動層の発生を防止し、効率的に吸気することが可能となる。又、エアクリーナーエレメント自体の帯電も除去することができるので、効率的に吸気することが可能となる。
更に、エアクリーナーエレメントに密着させて設置することで、エアクリーナーボックス内に不要な乱流を生じさせることが無く、エアクリーナーボックス内の空気流入の設計を害することもない。
また、エアクリーナーエレメントから浮かせて設置することで、エアクリーナーエレメントの開口率を阻害せずに吸気の除電ができる。
更に、静電誘導によりエアクリーナーエレメント6自体の帯電も除去することができるので、更に吸気効率を上げる事ができる。

【0011】
本考案のこのような構成により、制電部材が吸着した静電気を、電位の小さい放電器へと移動させ、該放電器がコロナ放電するので、静電気を更に効果的に除電することができる。これにより、より効果的に低速流動層の発生を防止することができるので、エンジンへの吸気効率を更に向上させることが可能となる。また、放電の際のイオンの働きにより空気中の酸素を活性化させ、吸気を燃えやすく改善し燃焼効率を高めることができる。
更に、吸気路自体の帯電も除電できるので、内壁へのダストの付着も防止することができる。

上記実施例の変形例として、以下の例が考えられる。
制電部材1が吸気抵抗の低い略半円状の形状であっても、エアクリーナーエレメント6に密着している以上、エアクリーナーエレメント6の開口率は低くなる。そこで、更なる吸気抵抗を低減するために、エアクリーナーエレメント6の表面から1mm以上30mm以下程度浮かせて設置しても良い。
1mm以下では、密着している状態と同じなので、エアクリーナーエレメント6の開口率を下げてしまう。一方、30mm以上離れるとエアクリーナーエレメント6自体の帯電を効率的に除去することができないからである。

0066】
また、本実施例ではエアインテークパイプの外側に巻き付ける構成について説明したが、他にも、静電気の発生する部分である、ラジエーター上部又は下部、ラジエーターホース、燃料系パイプ、オイルクーラー、オルタネーター、インバーターやバッテリー、モーター、エアコンコンプレッサー、HIDのバラスト、オイルフィルター等の外側に巻き付けても良い。これらに装着した場合には吸気の改善とはならないが、静電気を除去することでセンサー類が正しく作動し、また、車全体で発生する静電気の総量を下げることになるため、結果的に燃焼効率を上げることができる。
【0067】
本考案の帯電除去装置は、実施例1~5又はその変形例の全部又はいずれかを組み合わせることで、吸気路全体の帯電を除去することができる。このような構成にすると、内燃機関の吸気効率を更に向上させることができる。
尚、これらを単独あるいはいずれかの組み合わせを施工した所、自動車の燃費が10%から20%の向上が見られた。


【0071】
放電器の一例として、金網やパンチングを挙げたが、他にも、突起を有するものであればよい。例えば、鋸の歯等が挙げられる。


以上が実用新案の内容になります。


簡潔に言えば、要は制電素材で吸気される空気の静電気を除去し、フィルターの帯電も除去すると言う製品。


そして重要なのがフィルターより3センチ以上離すとフィルターの静電気除去は出来ないと言う事。



こいんさん考案のアルミメッシュでも同じ効果が有ると言う事。



ノンタマ考案銅メッシュシートにセルフレッシュネットでも同じ効果が有ると言う事。



いやアルミメッシュとセルフレッシュネットはそれ以上の可能性があると思う。
それは何故かと言うと。

どんなにフィルター前で静電気の除去をしても、吸気される空気はフィルターを通過し、必ず摩擦帯電され静電気を浴びた状態で吸入される事になる。

そうなるとフィルターよりエンジン側で静電気の除去をしないと完ぺきとは言えないのではないか?

その観点から考えるとアルミメッシュパネルにセルフレッシュネットは理に適っていると思える。

この実用新案の内容から、スムースインダクションなど買わずともスムースインダクションより性能が良い物が十分自作可能だと言えます。


それよりびっくりしたことがあったのです

この実用新案の所に先行技術特許文献の紹介があるのですが、これノンタマが開発アドバイザーとして絡んでいたものでした(笑)

11)【公開番号】特開2004-150423(P2004-150423A)
(43)【公開日】平成16年5月27日(2004.5.27)
(54)【発明の名称】エンジン吸気用活性化器

71)【出願人】
【識別番号】399110214
【氏名又は名称】アウアウコム有限会社

(72)【発明者】
【氏名】中平 基

(57)【要約】
【課題】エンジン吸気用活性化器において、エアクリーナボックス内などのエンジン吸気路に装着する際の手間を簡単にする。
【解決手段】折曲げ変形が可能なベースシート30と、吸気に接触してその吸気を活性化する性質を備えた吸気活性化層40とを組み合わせる。軟質の吸気活性化層40をベースシート30に面状、帯状又は線状に付着させてなり、かつ、前記吸気を通過させる通気性を備えている。ベースシート30は編み目又は打抜き孔でなる通気孔を備えた金属製の通気シートでなる。吸気活性化層40を、粘着材を介する接合又は塗布によってベースシート30に付着させる。ベースシート30が、軟質層を付着させた金属線材31を編成したものであってもよい。


【特許請求の範囲】
【請求項1】
軟質材からなりエンジンへの吸気と反応してその吸気を活性化する吸気活性化具と、金属線で構成した前記吸気活性化具を抱持するための網シートとの組み合わせからなることを特徴とするエンジン吸気用活性化器。

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は、自動車等のエンジンへの吸気を活性化してエンジンの燃費を向上させるエンジン吸気用活性化器に関する。


このアウアウコム有限会社の名前皆さん聞いた事あるのではないでしょうか?
燃費一番で良く出てきたと思います。

そして商品名にMP-3000シリーズが良く出てきたと思います。
炭パワーなるものを販売していましたね、

この製品の開発に中平さんによく相談されていました。

大阪にもよく行き中平んさんのセルシオでどの辺りが改善出来る効果の物が作れるか?
色々試行錯誤していましたね。

中平んさんはご病気で亡くなられたので今はありません。
ご冥福をお祈りいたします。

なので特許はトンん座しているのです。

ノンタマ自身もいくつか特許を出しています。
ホイールの特許に携帯電話(スマホの電磁波防止)特許にと
詳しい事は言えませんが出願してます。

ここでアウアウコムの事が出てくるとはびっくりでした。


この様に商品を開発するには必ず科学的根拠を説明できる内容が有ると言う事です。


理論に科学的根拠が成り立たないものはオカルトと言われるだけです。


よ~く分かったかな~(^.^)


ハイ!先生理解出来ました。

こいんさん考案アルミメッシュパネルは理論的には文句なしです



セルフレッシュネットも同様です
ブログ一覧 | セルフレッシュネット・タンタルta37 | クルマ
Posted at 2020/07/20 08:25:26

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

0017
Aruga-Kさん

こいんの、おバカな工作⑩...エア ...
こいんさん

1年振りのお約束…エアクリーナーエ ...
RANちゃんさん

吸気からの静電気を徹底除去作戦!② ...
神聖 ノンタマさん

ホンダの設計
acrnoriさん

エアクリーナーボックス
八トタさん

この記事へのコメント

2020年7月20日 8:36
セルフレッシュネット気になります🧐

こいん、おだてられて木に登ります🤣
コメントへの返答
2020年7月20日 10:24
こんにちは(^-^)/
木から落ちない様に(^◇^)
セルフレッシュネットは関東電撃倶楽部の皆さんで、共同購入すれば安く済みますよ(^-^)/
2020年7月20日 15:28
コレで自信を持って
セルフレオススメ出来ます!
(^~^♪
コメントへの返答
2020年7月20日 16:28
こんにちは。

セルフレッシュネットが効果が出る理論に科学的根拠が見つかりましたね。

私も自信をもっておススメ出来ます。
2020年7月20日 15:49
はっはっは(*^^*)すげぇ☆

オカルトを根拠のある理論で説明出来ればノンタマさんやこいんさんの領域に行ける訳ですね\(^o^)/

オカルトをオカルトっぽくは言えるんですけどね(笑)
コメントへの返答
2020年7月20日 16:34
こんにちは。

オカルトがノンタマの手に掛かると、科学的根拠のある製品に変わるのです(笑)

そして本当のオカルト製品はオカルトとして暴いてしまう事も出来るのです(爆)

でも、こいんさんの考案のアルミメッシュとセルフレッシュネットは効果が実際にありますよ。

2020年7月20日 18:55
こんばんは♪

料金未納とは…(;・ω・)
権利放棄みたいな感じなのでしょうか…?

…やはり、ノンタマさんはその道のプロの方だったんですね(^ー^;A

コメントへの返答
2020年7月20日 21:41
こんばんは。

理由は分かりませんが、未納としてあり権利抹消とありましたので。

この商品は売れないと思って放棄したのかも知れませんね。

プロでもないですよ。
ただの好きこそ物の上手なれと言う事ですかね(^.^)

でも、少しだけは知識がある程度かも知れません。

おすすめアイテム

プロフィール

「[整備] #サンバートラック プレッシャーレギュレータにアルミテープを貼る! https://minkara.carview.co.jp/userid/3018543/car/2631180/6097089/note.aspx
何シテル?   11/19 23:05
神聖!ノンタマになりました。よろしくお願いします。 燃費オカルトグッズ系を試すのが好きで、実験検証をやるのが好きです。 永遠に車馬鹿だと思います。 ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/12 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

険道 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/08/14 06:16:54
IPF Rev.3 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/06/29 07:44:24
100均で新型コロナウイルス飛沫対策試作完成? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/05/08 23:32:26

愛車一覧

日産 ルークス ルージュのルークス (日産 ルークス)
6年間乗ったデイズルークスから新型ルークスに乗り換えました。 サイズが変わってないのに ...
スバル サンバートラック スバル サンバートラック
農道のポルシェ! 軽トラ界の王者は無冠の帝王。 もう手に入らないので、大切に乗っていきた ...
日産 ノート eパワー ブラックチーター (日産 ノート eパワー)
2018年11月15日大安e-power nismo s納車! ついに納車されました。 ...
マツダ プレマシー マツダ プレマシー
マイナーチェンジでスカイアクティブを積んだので、試しに購入しました。 ただ、4WDがなく ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.