• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

神聖 ノンタマのブログ一覧

2021年04月22日 イイね!

様々な激安チューンでe-power nismo sの加速Gが(笑)

様々な激安チューンでe-power nismo sの加速Gが(笑)皆様、こんばんは。

如何お過ごしですか?

新型コロナの変異株の猛威が凄く、感染が爆発的に広がって居ますね。

日本どうなるのでしょう?




昨年のGWは全国緊急事態宣言で休業を余儀なくされましたが、その分給付金が出たので良かったですが。

今年も部分的な地域でGWに緊急事態宣言がで休業とかどうなるのでしょうかね?

営業できたとしてもかなり観光客は少ないと感じて居ます。

ほんと今年も1年間辛抱強く我慢するしかないのですかね💪

それでも流石に伝家の宝刀を抜かなければいけなくなって来ました💦


さて、ノートe-power nismo sですが、購入して今年11月で3年になります。

その間にアルミテープチューンにセルフレッシュネットチューンにステンレスたわしチューンに最終段階平ワッシャーチューンにスロットルコントロール導入にと取り付けてきました。

ここで、ちょっと今の走行性能を走って調べて見ました。

ノートe-POWER NISMO S
出力を136ps最高出力100kW、最高トルク320Nm



購入してノーマル状態の時に加速Gに0-100 0-400 0-1000 加速Gを測定しました。
タイヤも純正装着「DNA S.drive」スポーツコンフォートタイヤ

マルチスピードメーターで計測しました。
こう言った物はコンマ何秒まで表示できないので正確ではないので目安として見るしかないですね。




直線のテストコースで往復で計測
正式計測で無いので正しいとは限りません。
メーターによって違ったりするので。


レンジはBレンジSモード
下り




登り



ノーマル状態平均
0-100km 0:08秒   0-400m 0:15.5秒   0-1000m 30.5秒
加速G 0.53G

この時はDNA S.drive」スポーツコンフォートタイヤと言う事もあり、ホイールスピンなどぜずグッとタイヤがこらえ踏ん張る感じでした。


色々調べスイスポとか他の車の加速度とか調べて見ました。


スイフトスポーツ(1.4L ターボ)

各メーカーによる改良で0-400m 15秒台
純正タイヤ コンチネンタル スポーツコンタクト5

ホンダ「シビック タイプR」ー6.3秒
トヨタ「86」ー7.4秒
スズキ「スイフト スポーツ」ー6.9秒
スズキ「アルト ワークス」ー11.3秒

スイフトスポーツ(ZC33S)の0-100加速力はおおよそ6秒後半~7秒台前後
スイフトスポーツ 103(140PS)/5,500 230(23.4kg・m) 6.9秒



そしてトヨタ GRヤリス0~100km/h加速5.5秒以下で最高速230km/h
GRヤリスには、新開発の小型軽量ハイパワーユニットの直噴1.6リットル直列3気筒ガソリンターボエンジンを積む。
スポーツ4WD「GR-FOUR」




加速度G

テスラモデルが1Gヤバい加速ですね💦
ノーマルe-powerとリーフは0.4G程度

こう見るとe-powerNISMO Sはノーマル状態でも0.1Gほど加速が良いようです。

更に最速はどれだ? フィット vs ヤリス vs ノート全開加速テストでは

ノートe-POWERフルテストで0→400m加速16.97秒をマーク

フィットe:HEVが最大となる約0.45G

NSX vs GT-R、両雄対決で判明! NSXの滑らか加速とGT-Rの制動力

GT-R3.8L V6ツインターボと6速DCT(ツインクラッチ)
通常モードで加速すると0.62G
ローンチコントロールで急発進すると0→100km/h加速は3.56秒 加速度は0.77G


NSXのパワートレインは3.5L V6ツインターボ+モーター
ノーマルモードでは0.67G
ローンチコントロール使用時では0.77G


因みに日産GT-R(R35)NISMOがローンチコントロールを使って急発進すると、何とその最大加速Gは、1.5Gにもなるそうです。

ヤバい加速ですね💦




さて、ここでローンチコントロールと言う言葉が出てきました。


これは聞いたこともある人は居るし知らない人も居るかと思います。

スポーツの世界では知られた言葉です。

外国車には標準で付いているのも多いです。
BMW・ベッツ・アウディ等など
スポーツカーなど

①ポルシェ
②レクサス LFA
③ランボルギーニ
④日産 GT-R

国産ではGT-R NSX GRスープラ レクサスLFA 

ローンチコントロール搭載車 スバル レヴォーグ
レヴォーグの説明書にはローンチコントールに関する記述が無いのですが、2.0L車のみの裏技として、特定の動作をすることでローンチコントロールと同じことができるようになります。
それは、スバル独自のドライブアシストシステム「SI-DRIVE」を「S#」モードに入れて、アクセルとブレーキを同時に踏み込み、ブレーキだけを離すというものです。
こうすることで、最速のロケットスタートを決めることができるようになります。


で!
「ローンチコントロール」とは
クルマが停止している状態から、すばやく発進加速をさせる制御装置です。

たとえば、MT車ですばやくスタートダッシュするには、最適なエンジン回転数に、クラッチミートのタイミングを合わせるというテクニックが必要になります。

私には出来ないと思います💦

文字で説明すると簡単そうですが、実際にはタイヤの持つポテンシャルを最大限に引き出し、微妙なアクセルワークと、クラッチミートを必要とする高度なテクニックらしいです。ローンチコントロールは、コンピュータ制御によって、最高の発進加速を誰でも可能にします。



ノートe-power nismo sにはその機能はありません。

そしてモーター制御です。

アクセルとブレーキを同時に踏むとどうなるの?


そもそも現代の国産車ではアクセルとブレーキを同時に踏むと有る機能が作動するようになっているのです。

皆さん知って居ますか?

「ブレーキオーバーライドシステム」と言う物が備わって居ます。

アクセルとブレーキを同時に踏み込むとブレーキが優先的に作動

BOS(ブレーキオーバーライドシステム)は、アクセルとブレーキが同時に踏まれた際に、ブレーキの動作を優先するシステム


これを知って居れば、池袋の暴走事故は防げたのではとも言われている。
そもそも80歳で判断能力が落ちていたのだろう。
言い訳ばかりの年寄りには困ったものだ。



いよいよ激安チューンされたノートe-power nismo sの能力は?

現在私のe-power nismo sは燃費重視のコンチネンタル EcoContact 6 エコタイヤを履いている。

高性能、新時代のハイパフォーマンスエコタイヤ。

スポーツタイヤでないのでグリップ力は弱い。

あえてそれでもどこまで高性能化しているのか?


アクセルとブレーキを同時に踏むと、スロットルは全開に表示されて居ます。
エンジンの発電はしますが、パワーは伝達されていません。
これを見ると、e-powerなどの電動車はブレーキを踏んだままではパワーの伝達が無く、ブレーキの踏みかえ位のコンマ何秒の違い位ですね。








スロコンと平ワッシャーの効果は抜群なようで、病院に行く街乗りで(5キロ~6キロ)でリッター41キロ越えがでました。
一時的には50キロを超えました。
BレンジECOモード スロコン設定エコ5マックス
この設定でも十分走れるようになりました。







スロコン設定スポーツMax
DレンジECOモード

この設定でもヤバいくらい加速が凄いです💦。






スロコン設定スポーツMax
DレンジSモード

激ヤバな加速でびっくりするほどでした💦
普段通りにアクセルを踏むと意図も簡単にホイールスピンをしてしまい焦りました( ゚Д゚)

この感覚を体験された方が居ます。
カラ出張が得意の?とよはるなおさん

とよさんが運転した時の、あの時はヤバかったですね(笑)
あれより一段加速性が良くなっています(^.^)



そして最強モード!
スロコン設定スポーツMax
BレンジSモード

もう激ヤバです💦
この車に慣れている私でもカクカクの運転になってしまうほど、レスポンスがヤバいです💦

街乗りで普段通りにゼロ発進はホイールスピンをしてしまいヤバいです。




そしてスロコン無しでもレスポンスが良くなっていて、以前より加速性がとてもいいです。

スロコン無し
DレンジECOモード

この設定でもかなり走る様になって居ました。
高速で有り余るほど十分に走れるようになって居ます。
街乗りでは加速が良くて、あっという間に前車に追いついてしまいます。
郊外を走るにちょうどいい感じです。





スロコン無し
BレンジECOモード

この設定でも街乗りで十分に走れるようになって居ました。

今までだとこのモードでは街乗りでもかなりかったるく、雪道専用と考えるべきと思うくらいでした。

それが街乗りで十分に走れるようになって居ます。
標準のノートe-powerのDレンジECOモードのレスポンスに近い感じです。
ほんの少し発進時のレスポンスが落ちる感じはします。





そしてノートe-power nismo sを購入してステンレスマフラーアースチューンにアルミテープチューンなど激安チューンをした後では。

この時もタイヤも純正装着の「DNA S.drive」スポーツコンフォートタイヤを装着していました。

下り





登り


この時もタイヤがDNA S.drive」スポーツコンフォートタイヤです。
0-100km 0:07.5秒   0-400m 0:15.5秒   0-1000m 29秒
加速G 0.62G

この時のゼロ発進では若干ではありますが、ホイールスピン気味に滑りました。

それでもこの加速は凄かったです。



それでも今回のセルフレッシュネットに平ワッシャーにスロコン導入は、比べ物にならないくらい体感はゼロは発進が凄くなっています。

e-powerはモーター駆動なので、インバーターに電池の能力アップが肝なのではと思います。




エンジンで発電もするので、エンジンの燃焼効率アップも肝なのではと思います。










今回の測定
タイヤはコンチネンタル EcoContact 6 エコタイヤ
VDCのシステムはON
トラクションコントロール機能:滑りやすい路面などで駆動輪が空転した場合、走行用モーターの出力を抑えることにより、駆動力およびハンドルの操作性を向上させる機能です。


下り




登り

ホイールスピンをしても登りで、今までで最高の加速Gが出ました。
加速0.63G


0-100km 0:07.5秒   0-400m 0:15.5秒   0-1000m 29秒
加速G 0.62G

エコタイヤと言う事もあり、超ホイールスピンをしてしまい前に進まない状況でした💦

時間にして1秒から2秒弱

タイヤが空転し出力を抑えトラクションコントロール機能が働いてこの値です。

トラクションコントロール機能をOFFにすると、ホイールスピンが凄くて前に進みません💦

それでも明らかにトルクが増している様で、スポーツタイヤでもホイールスピンをしてしまうのではないかと思えるほどです。

それでも、この値が出ましたΣ(・□・;)

それを考慮に入れると、明らかにトルクアップしているのではと感じます。

ここまで来るとGT-R3.8L V6ツインターボと6速DCT(ツインクラッチ)
通常モードで加速する0.62Gと変わらない!

出足はe-power nismo sは凄いと言う事ですね。

ノートe-power はガソリン車のGT-R3.8L V6ツインターボと違い、高速域の伸びが悪いので、その点が欠点ですね。

それにリミッターがあるので、それ以上伸びないので距離が延びれば頭打ちになります。

最新のノンタマのノートe-power nismo sはエコタイヤで、GT-R3.8L V6ツインターボの通常モードの加速と同等の加速が得られるほど進化していました(笑)

これでタイヤがスポーツタイヤに駆動方式が4WDだったら、どんな加速をするのだろうか?

次にタイヤを買い替える時には考えないと、雨天時のグリップ力が心配かもですね。

候補はコンチネンタルのMaxContact MC6

新たなスポーティコンフォートタイヤ。

アクティブにドライビングを楽しみながら静粛性、耐摩耗性も妥協しない、アジアのユーザー向けに専用開発


日本をはじめとするアジア地域の走行環境とドライバーの要求に応えるために開発された、コストパフォーマンスの高いスポーティタイヤ。
スポーティな走行性能に加え、静かで快適な乗り心地とロングライフを追求。
スポーツカー、セダン、コンパクトカー、ミニバンなど幅広い車種にマッチ。




「スイフト スポーツ」のストリートスポーツ「ContiSportContact 5」タイヤと同等レベルなのではと。


それかコンチネンタル UltraContact UC6

快適な乗り心地とオールラウンドな性能を実現する方向付けになる。主張される特徴はウェットとグリップ、そして静粛性の3点。コンパクトカーからプレミアム、ミニバンまでをターゲットにする。

走行性・快適性・経済性をすべて重視するアジアのユーザー向けに開発された、SUVに求められるパフォーマンスのバランスに優れたタイヤ。

確かな品質を求めるドライバーの要求に応えた、コストパフォーマンスの高いコンフォートタイヤ。
車高が高く重量のあるSUVでも、乗用車と変わらない自然なハンドリングを実現。
快適性・静粛性・安全性・スポーツ性などを、トータルにバランスよく向上。

何と!
MaxContact MC6のサイズが無かった💦
タイヤサイズ
195/55 R16
ノートe-power nismo sのサイズ

レースコースを走る訳ではないので、快適性とスポーツ性とグリップ力を重視!
ヨコハマ S.drive より性能が上なのではと思っています。

どっちが良いですかね?

スポーツコンフォートタイヤ ラインアップ
ブリヂストン Playz PXⅡ
ヨコハマ S.drive(ADVAN FLEVA V701)にバージョンアップ
ピレリ Cinturato P1
コンチネンタル MaxContact MC6
コンチネンタル UltraContact UC6


ノートe-powerに乗って見える方は、平ワッシャーチューンに吸気の静電気除去セルフレッシュネットによる効率アップはおススメです。

更に余裕があればスロコン導入はアリです。




Posted at 2021/04/22 19:33:23 | コメント(3) | トラックバック(0) | ノート e-POWER NISMO S | クルマ
2020年11月11日 イイね!

e-POWER・リーフ・電気自動車専用BLITZ e-ThroCon効果が凄い!

e-POWER・リーフ・電気自動車専用BLITZ  e-ThroCon効果が凄い!皆様、こんばんは。

ご無沙汰しております。

GOTOの効果のお陰で忙しく、父親の事でバタバタと忙しく他にも忙しくみんカラを毎日出来ていません。

日に日に気温低下と近くの山付近では初雪の知らせがきているので、軽トラも近くタイヤ交換を考えなくてはと思っています。



さて、先日e-POWER NISMO Sに電気自動車・e-power・ハイブリッド車専用スロットルコントローラーを見つけて、e-POWER NISMO Sに電気自動車・e-power・ハイブリッド車専用スロットルコントローラーを取り付けて貰いましたが。

その後のレビューをしたいと思います。

取り付けは日産Dでお願い致しました。

先ずおさらいですが。
ノートe-power用のスロコンはBLITZ e-ThroCon BTEB1になります。

e THRO CON - イースロコン
アクセルレスポンスを自在に制御可能な「Thro Con」の電気自動車、日産e-POWER、プラグインハイブリッド車専用モデル。
電気自動車の「エコモードはよりエコに」、「スポーツモードはよりスポーツに」制御比率を調整するものです。

設定は
電気の消費を抑える「EVエコモード」5種類、モーターの発生トルクを最大限に体感できる「EVスポーツモード」10種類、
アクセル開度と経過時間を基にブリッツ独自でプログラムした「オートモード」5種類、電源オフのノーマルモードの

合計4モード20種類の制御プログラムを搭載し、お好みに合わせたフィーリングを選択可能。
20種類中から、よく利用するお好みの5種類だけを表示させる「シンプルモード機能」を搭載しモードセレクト時の手間を軽減。



そしてスクランブルモード(ニトロスイッチ)と言っても良いかも(笑)


これだけの細かい設定が可能でより自分好みな設定が出来ます。




では、e THRO CON - イースロコンをつけてのレビューをさせて頂きます。

本体の取り付け場所はハンドルコラムの上に取り付けました。






スクランブルモードスイッチ(ニトロスイッチ)
スクランブルモードスイッチは右側ハンドル横のスイッチの一角に設置して貰いました。






車の設定を様々なパターンで試して見ました。
オートモードの1


車の純正設定をDモードECO・ノーマル・S BモードECO・ノーマル・Sと試しました。

オートモード1で各モードを試しましたが、純正設定より出足が若干良くなっていますが、緩やかな感じで発進し加速も緩やかでした。




オートモード4


これは超やばい加速をしました(;^_^A
この設定でDモードECOでも加速が凄いです。
更にDモードSで発進加速をしようとすると、今までの感じでアクセルを踏むと簡単にホイルスピンをしてしまいヤバい加速をしました。
全開に踏むとキーと音を鳴らしホイルスピンしてしまい怖くなりました(;^_^A
純正設定で走行中にこのオートモード4に切り替えると、爆裂な瞬発力を出しヤバい加速をしていき怖かったです(笑)





エコモード設定
エコ5


もうこれは純正より超かったるい位緩やかな加速です。
BレンジECOモードは超緩やかな発進で雪道発進に凍結路発進にはベストな感じです。

この設定なら雪国で上り坂を4WD無しで登れるのではと思ってしまいました。
今年の冬検証して見ます。



スポーツモード
スポーツMAX

これは本当にヤバい加速をします(;^_^A

純正設定のSモードからスロコンのスポーツMAXに切り替えると、チーター的な瞬発力な爆加速をしました(笑)

本当に笑うしかないほどの加速をしました。

今までの様に少し強めにアクセルを踏むと簡単にホイルスピンをしちゃいました(笑)

GTRとか超スポーツカー・テスラーの電気自動車の並みの瞬発的な爆裂な加速をしました。
もうここまでの加速をするとe-power nismo sにはローンチコントロールが必要ですね。

今度ローンチコントロール特集する予定で居ます。



最終は
スクランブルモード(ニトロスイッチ)


スクランブルスイッチ(ニトロスイッチ)を押すと、瞬時にハイパワーバージョンに切り替わります。

スロコンが起動している場合は、どの設定からでもスクランブルスイッチを押すと切り替わります。
カウントダウンが始まり、設定した時間だけスクランブルモードで走ります。
スクランブルモードが終わると元の設定した有った、設定に戻ります。

追い越しに高速の合流時に活躍しそうです。

もうニトロスイッチと呼んでも良いくらい、爆裂な加速をします(;^_^A

この電気自動車・e-power・ハイブリッド車専用e THRO CON - イースロコン超面白いです。

e-power nismo sにはスポリセ必要無いと感じたくらいです。
このe THRO CONを付けたなら本当に必要ないと思います。


「エコモードはよりエコに」、「スポーツモードはよりスポーツに」


この謡い文句に嘘偽り無しです(笑)



電気自動車・e-power・ハイブリッド・PHV・PHEV車にお乗りの方には超おススメです。

実際に使用して見てプリウスハイブリッドとか他社の普通のハイブリッドでも対応出来るのではと感じました。


ニトロ燃料か?ロケット燃料?を注入したんじゃないかと思ってしまうくらいの爆裂な加速を体験できます(笑)



Posted at 2020/11/11 23:03:34 | コメント(1) | トラックバック(0) | ノート e-POWER NISMO S | クルマ
2020年10月24日 イイね!

e-POWER・リーフ・PHV専用 電気自動車専用スロコンは凄いらしい?

e-POWER・リーフ・PHV専用 電気自動車専用スロコンは凄いらしい?皆様、こんにちは。

大変ご無沙汰しております。

父親が入院し、更には大変な病気が発覚し(肺がん、肺気腫)更に足が痛い原因が見つかったりとバタバタして下りました。

足が痛い原因がやっと分かりました。

どうしても足首から上が痛がるので、更なる検査をして頂き。

レントゲンには異常が無くて、CTを撮ったらスネノ後ろの骨が骨折していました。

転んだわけでも無くぶったわけでも無い場所が骨折していたので、見つけるのが時間が掛かってしまっていました。

担当医からも早くに見つけられなくて申し訳ありませんでしたと謝罪の言葉が有りました。

これも時間が経たないと治らないので、来月に退院してからの自宅介護の準備に追われて居ました。

手すりを増設したり、呼び出しブザーの設置に訪問看護の打ち合わせ等バタバタしていました。

自宅に帰ってからの看護がどうなるのか?自宅に戻って来てからバタバタですかね(;^_^A

さて、車関係の投稿を暫くしていませんでしたが、これから徐々に復帰していきます。

その第一弾で面白いもを見つけ、取り付ける予定でいます。

その商品をご紹介します。

今回取り付ける予定の物はスロコンです。
ただ、電気自動車専用スロコンになります。


今回これを取り付ける事にしたのは、e-POWER NISMO S用のNISMOスポーツリセッティング TYPE-2が出たからなのです。


最初スポリセを取り付けを考えたのですが、まだ2年しか経っていない事で、スポリセを交換するとメーカー5年保証が切れてしまう事。
近くにニスモセンターが無い。(名古屋の吹上か富山か松本にある)
と言う事で、今は断念をし何か無いか探していたら
電気自動車・e-power・ハイブリッド車専用スロットルコントローラーを見つけました。



BLITZ ブリッツ e-ThroCon BTEB1

e THRO CON - イースロコン
アクセルレスポンスを自在に制御可能な「Thro Con」の電気自動車、日産e-POWER、プラグインハイブリッド車専用モデル。
従来品よりも「エコモードはよりエコに」、「スポーツモードはよりスポーツに」制御比率を調整。
電気の消費を抑える「EVエコモード」5種類、モーターの発生トルクを最大限に体感できる「EVスポーツモード」10種類、
アクセル開度と経過時間を基にブリッツ独自でプログラムした「オートモード」5種類、電源オフのノーマルモードの
合計4モード20種類の制御プログラムを搭載し、お好みに合わせたフィーリングを選択可能。
20種類中から、よく利用するお好みの5種類だけを表示させる「シンプルモード機能」を搭載しモードセレクト時の手間を軽減。
あらかじめ設定しておくだけでモードセレクト時の手間が省けます。
VA液晶を採用し抜群の視認性を実現。バーグラフに加え、出力側のアクセル開度をデジタルで表示。
取り付けに必要な物は全て揃った車種別専用パッケージ。
エンジン始動時に設定モードにするかノーマルモードにするかを選べるメモリー機能搭載。
電源配線にトラブルが発生した場合は、直ちにノーマル回路に復帰するセーフティ機能を搭載。
同梱のリバースキャンセルハーネスを接続することで、リバース時にノーマル状態へ移行する機能を搭載(接続しなくても使用可能です。)
別売のスクランブルスイッチを装着することで、比率を最大限に引き上げる「スクランブル機能」を搭載。
別売のSCSハーネスを接続することで「スタートコントロールシステム(SCS)」機能を使用可能。
エンジン始動時からスポーツモードへの切り替えが可能となり、煩わしいスイッチ操作が不要。


適合を見たら本当に電動車専用の比率になって居るようです。


日産


みんカラでレビューが無いか探して見たら僅かですが有りました。
色々さがしましたが10件ほどしかレビューが有りませんでした。
あまり取り付けて居ない方が多い様です。
ピボットが多かったです。
そのレビューを見るとかなり良さそうなので、これを取り付けすることにしました。

「エコモードはよりエコに」、
「スポーツモードはよりスポーツに」


EVエコモード・EVスポーツモード
eスロコンのEVエコモード・EVスポーツモードは、モード毎に比率を固定してアクセルレスポンスを変化させます。

「EVスポーツモード」は、ES1~ES10の10モードを用意。
モード数が大きくなるにつれレスポンスの制御比率を引き上げ、10が最高比率となります。

「EVエコモード」は、EE1~EE5の5モードを用意。
純正よりも意図的にレスポンスをマイルドにすることで、エコドライブを実現し消費電力の節約に貢献します。




オートモード
オートモードは、開度や時間などのアクセルの操作状況をもとに、コンピュータが自動で制御比率を調整するモードです。
比率の変化特性は5つのモードで異なり、ドライバーの好みに合ったモードを選択できます。

たとえば「発進時はレスポンスを良くしたい。ただ、速度が乗った後はアクセルをあまり踏まずに運転したい」という場合や、「発進時は急激な加速にならないように、少しずつレスポンスを良くしたい」場合など、ドライバー自らモードを切り替える事なく、アクセルの操作状況をもとに7段階で自動的に変化させます。

アクセル入力がなくなった(アクセルを離した)場合は、入力とは反対側に比率を変化させます。
制御比率が変化する際は、モニターのバーグラフがスライドしてお知らせします。



スクランブルモード(オプション)
別売の「スクランブルスイッチ」(本体価格 ¥2,500)を本体ユニットに接続するだけで、通常では選択できない「スクランブルモード」が利用可能になります。
スイッチはアダプター装着か非装着の2パターンをお好みで選んでいただくことが可能です。

スイッチを押すと使用中のモードに関係なく、設定した時間だけ最大の制御比率となります。
制御比率は通常モードで最も高い「ES10」モードよりも高い比率となり、すぐに素早い加速を必要とするシチュエーションなどで効果を発揮します。

スクランブル作動中は、表示部がカウントダウン表示に切り替わります。
スクランブル時間は、30秒・180秒・常時(スクランブルスイッチをOFFするまで常に起動)の3種類から選択できます。



みんカラのレビューで
・神レスポンスなモーター駆動車がさらにウルトラ強烈かつ猛烈になった。とか

・加速がダルいecoモードにSモードの加速力を合体させたように設定できるので、かなり良いですね〜ちなみにSモードでMAX設定にすると・・・
ハイ、やばやばです。とか

・ecoでも劇的に変化しますね。特に高速道路での走行が楽になりました。とか

・Mが最も高比率なモード、車体SモードのスロコンMAXは・・・・ヤバいです。とか

・元々アクセルレスポンスが良いクルマですが、さらに良くなります。
普通に走る場合は、アクセルに足を乗せる程度で十分に加速するので、足が楽です。とか

・PIVOTには無いオートモードがあり加速だけよくして、その後はなだらかにできるのがいいです。

評価が高い様に感じました。

と言う訳でBLITZ ブリッツ e-ThroCon BTEB1注文しました。

プリウスPHVにアウトランダーPHEVにも対応したスロコンなので良いかもですよね。
一応みんカラ内ではe-power以外の車で取りつけて居る車はリーフが2台アウトランダーPHEVが2台しかありませんでした。
プリウスPHVは有りませんでした。


ある意味ヤバい車になるのかな( ´艸`)


Posted at 2020/10/24 15:38:18 | コメント(3) | トラックバック(0) | ノート e-POWER NISMO S | クルマ
2020年08月27日 イイね!

e-power nismo s緊急入院する事に

皆様、こんにちは。

毎日暑い日が続いていますが如何お過ごしでしょうか?
これだけ残暑が厳しいと体が悲鳴を上げますね。

同じように車も負荷がかかりすぎると不具合が出たりしますが。

e-power nismo sの走行時何か変な違和感の音がここ最近していて。

どうも不快に感じ見てもらいましたが、やはり何か変な音がすると言う事で
来週緊急入院し精密検査を受けることになりました。

詳しく言うと40キロ以上の速度になると何か変なゴロゴロ音がするのです。

40キロ以下になると音がしません。

最初タイヤかと思って耳を澄まし聞き比べましたが、明らかにロードノイズでもなく路面が滑らかな所でも音がするので回転時の何かしらの音ではないかと。

ベアリングなのかモーターなのか?

とにかく入院し精密検査を受けることになりました。
e-power に乗っている方でこの様な現象の出た方は見えますか?

大事にならなければ良いのですが(;^_^A

弄り過ぎ?(笑)

Posted at 2020/08/27 16:06:30 | コメント(6) | トラックバック(0) | ノート e-POWER NISMO S | クルマ
2019年11月13日 イイね!

愛車と出会って1年!になるそうです

愛車と出会って1年!になるそうです皆様、こんばんは。

本日は午前中は天気が良かったですが、午後から曇って来ましたね。

今日午後から眼科で目に注射を打ってきました。

昨年から数えると注射は4回目なので、少しは慣れた感はありますが。
やっぱり注射するときは怖いです。
どうしても手のひらを握り締めてしまいます。
早く完全に直って、もう注射打たなくても良いようになりたいです。


ところで昨年ノートe-power nismo sの9月の発売日に、たまたま日産に遊びに行ったときに、買わないと薦められ。
何を思った方?即サインしちゃったノンタマでしたが。




納車してからあれから1年が経つそうです。


この一年で沢山の皆様にお会いしてオフ会にも参加さて頂いたりと、楽しい一年を過ごさせていただきました。

私は見た目はかまわない方なので、純正の格好いいニスモ仕様に拘っています。

下手にメーカーチューンの見た目をかまってしまうと、買取値段価値が下がってしまうので、ニスモカラーは純正が一番です。

でも、中身はアルミテープチューンにヒューズチューンにステンレスたわしチューンにと、脱いだら凄いのよという感じでチューンしています。
どれもシステムの改造などはしていなく、お手軽改良といった感じです。
更なるチューンが無いか?模索中です。

11月15日で愛車と出会って1年になります!
この1年の愛車との思い出を振り返ります!

■この1年でこんなパーツを付けました!
アルミテープ・銅箔テープ・テラヘルツ・ヒューズ・ステンレスたわしチューン・フェライトコア・あまり物SEV
端子部分に鉛筆コーティング

■この一年で走行距離10000キロを超えちゃいました(笑)
結構走ったようですね。


■愛車のイイね!数(2019年11月13日時点)
1056イイね!

1年で1000(・∀・)イイネ!!超えを頂き有難う御座います。
これからもボチボチやっていきます。


■これからいじりたいところは・・・
更なる燃費を上げる秘策が無いか?模索中・・・

■愛車に一言
これからも安全第一で事故のないように共に歩もう。



これからもブラックチーター共々宜しくお願い致します。
>>愛車プロフィールはこちら


Posted at 2019/11/13 18:13:43 | コメント(24) | トラックバック(0) | ノート e-POWER NISMO S | クルマ

プロフィール

「@日々輝 さん、おはようございます。
飛騨も1ヶ月遅れで節句を祝う風習が有ります😊
まさか風流も同じだとはびっくり😲
何かしら地域の関係が有るのかも😊」
何シテル?   05/04 08:17
神聖!ノンタマになりました。よろしくお願いします。 燃費オカルトグッズ系を試すのが好きで、実験検証をやるのが好きです。 永遠に車馬鹿だと思います。 ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/5 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

皆様のアーシングの仕方の知識は本当に正しいのか? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/03/03 20:43:06
貼り増ししながら検討しました 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/01/26 19:33:01
冷却系は静電気も洗い流す 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/01/26 19:32:13

愛車一覧

日産 ルークス ルージュのルークス (日産 ルークス)
6年間乗ったデイズルークスから新型ルークスに乗り換えました。 サイズが変わってないのに ...
スバル サンバートラック スバル サンバートラック
農道のポルシェ! 軽トラ界の王者は無冠の帝王。 もう手に入らないので、大切に乗っていきた ...
日産 ノート eパワー ブラックチーター (日産 ノート eパワー)
2018年11月15日大安e-power nismo s納車! ついに納車されました。 ...
マツダ プレマシー マツダ プレマシー
マイナーチェンジでスカイアクティブを積んだので、試しに購入しました。 ただ、4WDがなく ...

過去のブログ

2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.