• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

神聖 ノンタマのブログ一覧

2020年10月26日 イイね!

タイヤ本体にアルミテープを貼る②!

タイヤ本体にアルミテープを貼る②!皆様、こんばんは。

如何お過ごしでしょうか。

日に日に寒さが増してきましたね。

朝晩の冷え込みが増え、昼間の気温との気温差が激しく、体調に気を付けなければいけないと思います。

皆様も十分に気を付けてお過ごしください。

此方では平年であれば11月中旬には初雪が降る時期になります。

ちょうどその頃、今年は色々な事で忙しいので早めにタイヤをスタッドレスに交換してもらいました。

何時もなら自分でも交換できるのですが。

今年は時間が上手く取れなくて、日産Dラーに車ごと預けスタッドレスを交換してもらいました。


今年は2年前に買っていたバイキングコンチ7に履き替えました。



国産には無いパターンで冬道での効果が楽しみです。


しっかりとレビューしたいと思います。


それで外して頂いた夏タイヤですが


2シーズン履いたわりに片減りが非常に少ない様に感じました。
かなりカーブを攻めたり、ホイルスピンを何回もさせたりしましたが、予想以上に減っていません。

前輪


後輪



新品タイヤはこんな感じだったので、コンチネンタルのタイヤは片減りがかなり少ないと感じました。




そして外した夏タイヤのアルミテープの状況を見たのですが。
これが予想以上に貼り付いたままでした。





最初に貼ったときは、少し大きめで貼ったのですが
前輪




全部剥がれてしまっていました




そこで小さめに切り、数か所に分けて貼りました。




あれから1000キロ近く走り、更に高速も高速域で走ってみたりして剥がれるかの様子を見ていました。


そして今回スタッドレスと交換し見てみたら。
なんと剥がれずに残っていました。











これを見る限り、出来るだけ小さく切り何か所にも分けて貼る方が剥がれにくい事が分かりました。


そしてタイヤ本体にアルミテープを貼るの効果は、乗り心地と転がりが良くなる効果とノイズ低減とグリップアップの効果が有りました。

そしてスタッドレスにはその経験を活かし。
完成形で貼りました。

スタッドレスの100%の効果が発揮できるようになると嬉しいですね。

冬の間に夏タイヤのアルミテープを完成形に貼りかえようと思っています。

序にホイールのアルミテープも貼り替えします。

昔はよく足でナットを緩めたり締めたりしてた事を思い出します。

2020年06月14日 イイね!

エンジンオイルからの静電気除去を見直ししました!

エンジンオイルからの静電気除去を見直ししました!皆様、こんばんは。

週末は如何お過ごしでしたでしょうか。

此方は雨がジャージャー降っていました。

雨が降ると少し肌寒い感じがします。



さて、先日から新たなるアルミテープチューンをスタートさせましたが。

その過程で燃料給油口が、燃料の静電気の除電効果がとても高いことが分かり。

更にその効果が敵面に体感できることが判明しました。


そこで、トヨタの燃料と潤滑油の特許から、オイル関連のアルミテープ貼り付け位置を見直してみることにしました。


トヨタの特許ではアルミテープで
【課題】潤滑油又は燃料を除電して機関の運転応答性を向上させる。
と言う物です。

【発明の効果】
【0007】
上記自己放電式除電器により潤滑油又は燃料を除電し、それにより潤滑油又は燃料の粘度を低下させることによって機関の運転応答性を格段に向上させることができる。


そして、皆様が特許から燃料タンクにアルミテープを貼ったり、オイルパンに貼ったりしていますよね。

今回特許を改めて読んで、その位置に貼って除電の効果が有るか無いかは、トヨタでも除電できるのではないかと、推測でしかないと言う事が分かり。

エンジンオイルの帯電除去をアルミテープを貼って除電する位置を検討し直しました。

私の仮説なのですが、オイルパンに燃料タンクに外側から貼っても、殆ど除電が出来ていないのではないか?

燃料タンクにオイルパンにアルミテープを貼っていても、劇的に誰もが分かるほどの変化が有りませんでした。

先日は燃料の帯電の除電を燃料と繋がっている給油口に貼ってみたら、激的に体感できるほど変化が有りました。

もしかして、オイル関連も注入口と出口(ドレンボルト)付近から除電する方が、オイルの帯電を除去する効果が高いのではと仮説を立てました。

そこで、私なりの推測で貼る位置を見直してみました。


先ずはエンジンオイル注入口にアルミテープを貼ってみました。




こうすればオイルの帯電がアルミテープに伝わりやすいのではないか?



そしてキャップにもアルミテープを貼りました。




次にオイルレベルゲージにもアルミテープを見直し貼りました。


オイルレベルゲージの本体とアルミテープが接触する様に貼りました。



次に車体下のオイルパンの貼り直しを、日産Dのピットを貸して頂き貼りました。

普通はDラーのピットなんか貸してもらえませんよね。

そこは神聖ノンタマの顔?人柄?で貸して貰っています(笑)






e-powerのオイルパンには、あまり効果が薄いと感じて居たので、一切アルミテープを貼っていませんでした。


このドレンボルトを中心にアルミテープを貼れば、最も効果的にオイルの帯電の除去が出来るのではないかと、仮設を立てました。

オイルパンで唯一エンジンオイルと直接触れているのは、このボルトですよね。
外とエンジンオイル内側と繋がっています。

磁力を使って鉄粉を吸い寄せるボルトもありますよね。

もし、燃料給油口と同じ科学的根拠が成り立つのであれば、オイルの除電も外と繋がっている場所に貼る方が体感出来る効果が有るのではないかと考えました。


そして、私なりの根拠で、この様に貼ってみました。
ドレンボルトと接触する様に、四方に囲むように貼りました。


見た目は単に四角いアルミテープに見えますが、超細かいギザギザが付くハサミで切っています。
なので、アルミテープに放電しやすい尖がりが沢山付いています。

更に、ボルト自体にもアルミテープを貼りました。



単にオイルパンに適当に貼るより、この方がオイルの除電を出来る可能性が高いのではと思いました。


皆様、この仮説はどうですか?

ただ、e-powerではシステム上体感は出来ないと思います。
もし、何かしらの効果が出るとすると燃費に影響するくらいなのではと思います。

ガソリン車にディーゼル車などの動力車なら、トルクとかの体感が出来るのかも知れません。

私は、今はオイルフィルターの検証中なので、その検証が出来ません。

皆様、検証をして頂けませんかね。


もし、この仮説が当たって居れば、新たなるアルミテープチューンの貼り付け位置の発見になるのではないかと?



アルミテープは面白い大人の遊び道具ですね。

あっちの方の大人の遊び道具ではないですよ(笑)
好きですが( ̄▽ ̄)


2020年06月12日 イイね!

e-powerの究極の燃費向上対策はエンジンの発電効率が鍵?

e-powerの究極の燃費向上対策はエンジンの発電効率が鍵?皆様、こんばんは。

梅雨に入ったと言う事で、今日は蒸しますね。

寝苦しい夜が(^▽^;)

何せ家にはエアコンが無い貧乏人なので(笑)

今年の夏も我慢大会で乗り切るぞ!

さて、最近流行になりつつある燃料給油口にアルミテープを貼ることですが。

e-powerにも効果があるのか貼って試してみました。


e-powerはエンジンで燃焼し発電します。

その発電した電力を動力として、車を動かします。
7
e-powerは発電の電力を増やすしか、燃費を上げる唯一の方法でしかないと思っています。

この流れから、e-powerはエンジンの燃焼効率が上がれば、自ずと発電効率も上がるのではないかと考えました。

今まで燃料添加剤などを入れたりして居ましたが、燃費が伸びるなどの効果は有りませんでした。

その他に色々試してみましたが、劇的な効果が有るものはこれと言ってありませんでした。

色々なサイトでも燃費対決検証をしています。
その中でもe-powerは燃費が伸びていません。
プリウスがダントツに燃費で勝っています。
何せ長年の研究と実績が有りますからね。


そこで、今新発見した燃料給油口にアルミテープを貼ってどうの様な効果が有るのか見てみました。


今回、昨年にヒューズチューンをした時に使用したコースで検証しました。

e-powerはガソリン車よりもともと燃費が良い方なので、長距離検証にしています。

昨年検証した時には下り片道平均燃費33.3キロを出すことが出来ました。

ノンタマの黄金の右足を持っても、峠もありアップダウンもある、このコースではこれが精一杯でした。

この燃費でもかなり改善してきたと実感していました。



その時の往復の燃費も28キロ台とかなり優秀な燃費でした。





そして今回燃料給油口にアルミテープを貼って、2回往復計測しました。

先ず夜中に次の日が休みと言うことで燃費アタックしたのですが、途中からかなりの大雨に合い往復ずっと雨でした。
この時は燃費計と距離をリセットせずに出発しました。
コールドスタートになります。
出発時



夜なのでヘッドライトONにワイパー作動に、大雨による路面水圧抵抗と最悪の条件が重なってしまい、燃費計測には不向きでした。


そして現地着で平均燃費を見てみたら!
なんと最悪の条件下で、昨年の昼間の好条件の燃費に近い記録が出ていました。

片道走行距離85.1キロ
好条件時と0.6キロしか差が有りませんでした。



復路

帰路も0.5キロしか差が有りませんでした。


最悪の条件下でこれだけ燃費が出ているとは驚きでした。
これはもしかして燃料給油口にアルミテープを貼ると、e-powerは激的に燃費が伸びるのではないか?


と言うことで昼間に再度燃費計測しました。


今回は、燃費計をリセットし距離もリセットし、コールドスタートで出発しました。

出発時




出発時気温





現地到着


なんと!
平均燃費40.1km/L

走行距離84.9キロ
以前の好条件の時の33.3km/Lよりリッター7キロも向上しているではないですか。
誤差の範囲を超えていると思う。


現地気温24度





復路

途中で雨が降ってきて窓が曇ってしまったので、デフロスターを作動させました。
往復平均燃費32.7km/L
往復走行距離170キロ


現在の走行距離
357.6キロ

残り走行可能距離
860キロ

大体平均する現在の平均燃費は30km/L程度かと



マルチメーターのトータル燃費計では

トータル平均燃費がリッター30km/Lはe-powerニスモでは至難の領域


以上が燃費報告になります。


検証結果から推測すると、e-powerの燃料給油口にアルミテープを貼ると劇的に燃費が伸びる可能性があるようです。
記録が出ているのですから、疑う余地が無い様に感じます。


そんな物効果が有る訳ないとかいう人が居るだろうけど
通常走行で連続85キロ走って、この燃費出せる物なら出して見ろと(笑)
平均燃費40.1km/L
プリウスなら可能だと思うが、e-powerに乗って見える方なら分かると思うが、この燃費がどれほどの物か分かると思う。


カタログ値
Sグレードのいわゆる燃費スペシャルモデルですらリッター37.2km/L
スタンダードモデルで34.0km/L

そして私が乗っているのはニスモスペシャルモデル
e-powerニスモS
車体構成にボディー形状が、燃費重視ではない。
ダウンフォースが利いた、走り重視のセッテイングの車
燃費カタログ値が無いのが怖いくらい(^▽^;)

e-powerは満タン法でカタログ値を超えることは、不可能と言われている。

もしかしたら、スタンドーモデルに乗っている方ならカタログ値を超える可能性もあるかもですね。

このニスモでこの燃費を叩き出したのだから、文句のつけようが無い。


結果はe-powerは、走行感覚に変化は有りませんでした。
モーター制御で動いているので走行に変化が無くて当然かと

燃費には誤差の範囲を超えた結果がでました。

この結果から、燃料は帯電してい居ると言うのは本当のようですね。

トヨタの特許から
アルミテープで燃料の除電をすると、燃料の粘度が低下し、それにより機関運転時には燃料が必要とする箇所まで応答性よく供給されるようになるので、機関の運転応答性が向上する。

この事から燃料から静電気を除去すると、燃料の燃焼が改善され燃焼効率が良くなると考えるのが、理にかなっている可能性が高いのではと感じます。


ヤバいアルミテープチューン貼り付け場所を発見してしまったのかも(笑)

プリウスなら、もしかしてワンタンク2000キロを達成できるかも?
リッター50km/Lも夢では無いかも(^.^)

マジ追いつけない(^▽^;)



もし、前方にこの様な姿でバイクを運転していたら、猛スピードでお尻に付けちゃうな( ̄▽ ̄)
バイクでもあおり運転になるのかな~(^▽^;)



2019年03月28日 イイね!

タイヤハウスのフェンダーにアルミテープチューン公開!

タイヤハウスのフェンダーにアルミテープチューン公開!皆様、こんばんは。

今日は少し寒の戻りで寒い感じでしたね。

こう寒暖差が激しいとじじいは身体が付いていきません(;´∀`)



ところでやっとタイヤハウスのアルミテープチューンを公開出来ます。

中々暇が無いのと、此方にみん友さんが来るまで、公開するつもりが無かったのです。

みん友のとよさんに伝授いたしたので公開します。

このタイヤハウスにアルミテープチューンは、1月に大阪に行く時に仕込んで行ったのです。

大阪のみん友さんが集まってくださり、プチオフをした際に伝授したのです。



皆さん、お寒い中ありがとう御座いました。

norisachの施工ブログです。
アルミテープブラックチューン追加してみました!


DIYたかさんのブログです。
DAS!とフェライトと黒アルミテープ

シェルパンさんのブログです。
タイヤハウスにもっ♪



タイヤハウスのフェンダーとサイドミラーに、アルミテープを貼ってあります。
フェンダーはタイヤハウス内から出る空気の乱れの、空気抵抗低減で貼って有ります。
不思議ですが、フェンダーにアルミテープを貼ると、泥はねの仕方が変わるのです。
あるみん友さんから泥跳ねで困っているのですが、何か良い対策ないですかと昨年メッセージが来たことが有るのです。

そこでフェンダーにアルミテープを貼ると泥はねが変わり、少しは軽減すると思いますよと返事をしたのです。

施工されて実際に泥跳ねが変わったらしいです。
全く無くなる訳では有りませんが、少しは軽減すると思います。

先ずフェンダーの淵に5箇所均等に貼ります。
アルミテふープサンドイッチバージョンを先に貼りました。


目立つのが嫌なので、その上にブラックアルミテープを貼ります。

殆んど目立たなくなります。

後輪も同じように5箇所均等に貼ります。


その上にブラックアルミテープを貼ります。

ほんと目立たなくなります。

サイドミラーは風切音対策と空気の乱れ低減の為に貼りました。
サンドイッチバージョンを貼り。


その上にブラックアルミテープを貼りました。

全く目立ちません。

サイドミラーの内側に


その上にブラックアルミテープを貼りました。


サイドミラー下側にサンドイッチバージョン


その上にブラックアルミテープを貼りました。

ほんと目立たなくなります。

更にガラスにも施工して行きました。


ブラックアルミテープを上から貼りました。


バイザーにも貼りました。


上からブラックアルミテープを貼りました。



更にボディー左右4隅に貼りました。
フロント下左右


リア左右

忘れて画像を撮っていないのですが。
リアのガラスにも貼って有ります。
それとリアスポイラーに貼って有ります。

この様にボディー外側に数箇所も貼って有ります。

このボディーの貼り付け場所に関しては、ある資料を基に施工しています。

先ず、タイヤハウスフェンダーとサイドミラーとフロントガラスに施工したのは。
この空気抵抗の画像可視化の画像が参考になっています。


動画で

この様に一番空気の乱れが起きる場所は、どの様な場所なのか見て取れるのです。
これを参考に貼ったしだいです。


更にの空力性能を煮詰めるにあたって、マツダCX9の開発資料も参考にしました。

新型CX-9の空力性能開発

新型CX-9の静粛性開発について

この様に開発があり、どんな場所が原因で空気抵抗を低減できるか、空気の抵抗の風切音を如何に低減できるかが資料としてあります。
まだ全部の箇所を施工出来ていませんが、この場所を何かしら対策したなら効果が有るのではないかと思います。


更にこんな資料がありました。
ロードノイズ対策!
新型CX-9のシャシーダイナミクス性能

(2) ロードノイズ性能
新型CX-9のロードノイズ性能は,今までにない「突き
抜けた静粛性」をお客様に提供することを目指し,高いレ
ベルを目標として設定した(別稿“新型CX-9の静粛性開
発について”を参照)。
その達成に向け,開発の初期段階でCAE技術を駆使し,
各サスペンション部品の共振周波数を適切に管理し,車室
内空洞共鳴とも離間すること(=モーダルアライメント)
によりロードノイズを低減した。モーダルアライメント管
理にあたっては,CX-5以降の商品開発で確立した寄与の
高い主要モードの管理に加え,新たに複数のモードを管理
指標として追加することにより,CAE解析によるサスペ
ンション部品構造の最適化をより精度高く行うことができ
た。
また,経路寄与が高く変位量も大きいフロントロアアー
ム後側ブッシュについて,走行時には走行抵抗による変位
発生とそれに伴う動特性上昇が起きることに着目し,走行
時の動特性が最適な値になるように,ブッシュメーカーと
協働で特性計測方法を新規に設定した。これにより,走行
時のブッシュ動特性を最適化することでロードノイズ性能
を改善した。
また,他性能とのバランスや重量効率を考慮し,サスペ
ンション共振と車室内空洞共鳴の離間が困難と判断した箇
所については,重量対効果で効果が最大となるアイテムと
してダイナミックダンパーを設定した。このダイナミック
ダンパーは,共振を二方向で管理することにより,異なる
二つのサスペンション共振を一つのダイナミックダンパー
で低減するように設定し,重量効率を最大化した。

ロードノイズの元凶はサスペンションフレームからの共鳴振動が原因で、ゴムブッシュが硬いとロードノイズが伝わりやすいと言う物。
ここにアルミテープチューンと制振材が有効ではないかと感じた。

時間が出来たら少しずつ施工して行こうと考えています。

しかし車の弄りは奥が深い!


2019年01月13日 イイね!

エンジンルームの保温対策に吸気にアルミテープチューン!

エンジンルームの保温対策に吸気にアルミテープチューン!皆様、こんにちは。


昨夜は名古屋のセレナの集まりのセレクションに検証がてら突撃参加させて頂きました。

皆様温かく迎えてくださりありがとう御座いました。

今回わざわざ名古屋までの長距離での検証をしないとハッキリとした効果の確認が取れないので、突然参加させて頂きたいとお願いした訳です。

どの様な検証かと言うと、エンジンルーム保温効果の確認と走行中のエンジン音の検証です。

ノートe-power はプリウスと仕組みは違いますが、一応ハイブリッドには違いありません。

なので、エンジンが温まりにくく走行中には走行風の影響でエンジン温度が下がり燃費が落ちるのです。

そこでエンジンルームの保温対策を考え、安全な方法で何か無いか検討した結果。

エーモンの静音計画が効果があるのではないかと考えました。

これはデイズルークスで検証済みです。
これを貼るとボンネットの雪が解けないのでそこが難点です(笑)



ボンネットにエーモンの静音計画を貼ってエンジンルームの保温が出来るか?


それとプリウスでは有名なグリル塞ぎは効果があるか?
ブラックアルミテープでグリル下にテスト的に貼って走行中のエンジン水温の確認の検証!

とよはるなおさんに撮って頂いた画像をお借りしました。
意外に目立たないですね( ^ω^ )



そして吸気系にアルミテープ施工
サンドイッチバージョン


フィルターに


吸気ボックス内に(外気側に)



吸気系アルミテープチューン施工完成集大成
インマニも貼ってあります。

全く目立たない(笑)

吸気にアルミテープ施工!

そして検証結果!


エーモン静音計画シートでエンジンルームの保温は出来ました!

セレクションの集合場所に到着して、ボンネットを外側から触って見ても全くエンジンルームの熱が伝わって居ませんでした。
冷たかったです。

皆さんにも触ってもらい確認してもらいました。

そしてエンジンルームを開けてエーモンのシートを触ると温かくなって居ました。

この時のエンジン水温は80度台でした。

集合場所までの走行中の温度は85度~75度台を維持して居ました。

以前と比べるとかなり温度が高く維持できて居ました。

保温対策効果抜群でした!

グリル塞ぎとボンネット断熱対策は効果が有ります!



そして吸気系にアルミテープの効果ですが、走行中の発電時のエンジン音が一番大きな音でもかなり小さくなっており、ロードノイズばかり聞こえエンジン音が殆んど気になりませんでした(驚)

燃費ですが、行きに区間燃費を計って見ましたが走行距離100キロで寒いので暖房使用で31.5km/Lを示していました。

このノートe-powerは寒さにはかなり弱く燃費がガタ落ちします。

この時期に暖房使用でスタッドレスでこの燃費ならまずまずなのかも?

他の方の長期的な記録ではどうなのでしょうか?


と言う事で検証結果は良好な好結果が出ました!




筋肉が熱いぜ( ̄ー ̄)


プロフィール

「@日々輝 さん、おはようございます。
飛騨も1ヶ月遅れで節句を祝う風習が有ります😊
まさか風流も同じだとはびっくり😲
何かしら地域の関係が有るのかも😊」
何シテル?   05/04 08:17
神聖!ノンタマになりました。よろしくお願いします。 燃費オカルトグッズ系を試すのが好きで、実験検証をやるのが好きです。 永遠に車馬鹿だと思います。 ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/5 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

皆様のアーシングの仕方の知識は本当に正しいのか? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/03/03 20:43:06
貼り増ししながら検討しました 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/01/26 19:33:01
冷却系は静電気も洗い流す 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/01/26 19:32:13

愛車一覧

日産 ルークス ルージュのルークス (日産 ルークス)
6年間乗ったデイズルークスから新型ルークスに乗り換えました。 サイズが変わってないのに ...
スバル サンバートラック スバル サンバートラック
農道のポルシェ! 軽トラ界の王者は無冠の帝王。 もう手に入らないので、大切に乗っていきた ...
日産 ノート eパワー ブラックチーター (日産 ノート eパワー)
2018年11月15日大安e-power nismo s納車! ついに納車されました。 ...
マツダ プレマシー マツダ プレマシー
マイナーチェンジでスカイアクティブを積んだので、試しに購入しました。 ただ、4WDがなく ...

過去のブログ

2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.