• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

神聖 ノンタマのブログ一覧

2019年09月08日 イイね!

インバーターの冷却効果の検証!その⑥

インバーターの冷却効果の検証!その⑥皆様、こんにちは。

昨夜は以上にみんカラが繋がり難かったですね。

何かプログラムの変更でもかけていたのですかね?

本当は昨夜にブログを更新しようかと考えていたのですが、繋がり難いのでブログ更新を止めました。

最近やっと秋晴れになり爽やかな?暑い日になりましたね。

この時期としては暑くないですか。

身体が悲鳴を上げています。

還暦を迎えるまでに体力を鍛えなければ(笑)


さて、インバーターの冷却対策の続編ですが、今まで時間のある時に検証してきていました。

バタバタとしていてブログに上げれていなくて、やっとまとめれる様になったのでまとめます。

インバーターの冷却効果の検証!その⑤
試乗車による検証をしました。

インバーターの冷却効果の検証!その④

ハイブリッド車のパワーアップの鍵は?

そしてe-power nismo sの検証をしました。

ノーマル車とe-power nismo sノーマル状態では、ほぼ温度には変わりはありませんでしたので画像は省きます。

そしてSEVをインバーターに貼ってテストしました。
外気温は下界は35度でどの検証とも近い気温でした。
頂上では28度でした。



車庫を出発時の温度
ラジエーター液27.4度




出発時28.2度





頂上到着
52.8度

試乗車より3度程度低い



49.6度

試乗車より2度高い



冷却液46.8度

試乗車より2度高い


46.3度

試乗車より2度程度高い



山を下り麓の停車場
42.3度

試乗車より0.4度高い(同じと考えて良いと思う)


40.2度

試乗車より0.4度高い(同じと考えて良いと思う)


38.0度

試乗車より1.9度低い


冷却液40.2度

試乗車より2度程度高い


日産Dラーに到着時
41.1度

試乗車より1.5度低い


39.9度

試乗車より1.5度低い


38度

試乗車より1.7度低い


39.9度

試乗車より1.1度低い

結果から判断してSEVではインバーターの冷却効果は誤差の範囲にあり、変化がありませんでした。

やはり、基本静電気放電だけの物かもですね。



インバーターにテラヘルツ鉱石粉末+アルミテープサンドイッチバージョン



下界外気温29度
試乗車とSEVの検証の時より5度程度低い気温です。
出発時28.9度



29.3度




山頂の駐車場に着き
外気温23度
44.5度

手で触ってもぬるいといった感じです。
試乗車より11度も低いです。
外気温が6度程度近く低いので、それを差し引いたとしてもかなり低いように感じます。



38.7度

これも9度近く低いです。



冷却液
40.2度

4度程度低いです。
何故か冷却液はそこまで温度低下がありませんでした。
この理由が冷却対策が効果があるのかを意味しているのかも?
SEVの時より6度も低いです。


38.0度

これも7度近く低いですね。


登りの高負荷時では、気温の差を差し引いて冷却されたとしても、明らかに温度が低くなっているように感じます。

インバーターの奥側の裏の風の影響を受けない場所でも、ぬるい感じで熱くなっていませんでした。

冷却液はエンジン水温から風の影響を殆ど受けていないように見えるので、インバーターの冷却液も単純にインバーターが熱くなっていないので、冷却液の温度が低くなっているのだと思えるのですが。
外気温を差し引くと難しいでですね。

同時期に検証が出来なかったのが悔いですね。
来年同時期の同気温の時にもう一度挑戦してみます。


因みにエンジン水温は気温に左右されていないようです。





山頂から下りて停車場にて
36.9度

試乗車より5度低いです。



35.0度

6度程度低い



冷却液36.5度

これも5度近く低いです。



33.5度

試乗車より6.5度低いです。

下りはエンジンが殆ど作動しない事と、充電が満タンになるのでインバーターにも負荷が掛かりにくいので、気温が低い分-5度を差し引くと殆ど同じになる感じです。


検証は以上になります。


総合判断すると、高負荷が掛かればインバーターは熱くなると言うのは間違いない事実だという事が分かりました。

ただ、極限の登りで急加速急減速で初めて熱を持つようです。

しかし普段の走り方では、高速道路を走っても殆ど負荷が掛からない事も分かりました。


そしてインバーターの冷却対策ですが。
SEVでは冷却は出来ませんでした、更にその他のパワーとか走りとか燃費にも全く影響がありませんでした。

やはり高額な値段に見合う性能が無いのではと感じました。


そしてテラヘルツ鉱石と銅箔とアルミテープのよるインバーター冷却対策ですが。

同時期に検証出来なかったので、気温低下が影響はしたとは考えられます。

それでも気温低下を差し引いたとしても、効果があったのではと考えられます。

テラヘルツ鉱石とアルミテープの冷却対策は、理論的な根拠から考えると道理が通るのかも?

来年同時期の同じ気温時に検証してみようかと思っています。


未知なる世界に挑戦で、車が進化するとイイな~











Posted at 2019/09/08 13:41:26 | コメント(3) | トラックバック(0) | インバーター冷却対策 | クルマ
2019年07月27日 イイね!

インバーターの冷却効果の検証!その⑤

インバーターの冷却効果の検証!その⑤皆様、こんにちは。

今日は台風が接近してこれから雨がやってくるようです。
今年は台風が本土に早く来ますね。
台風の当たり年?になるのかな。
作物が育たないのでやだな~
それに今年の冬は大雪になるのか?
何故かと言うと、今年はカメムシが畑に沢山いるのです。

カメムシが多い年は大雪になると言われています。
昨年へカメムシが少なかったのですが、やはり超暖冬で雪が極端に少なかったです。

雨でも雪でも晴れでも、何でも適度が良いですね。


話は本題になりますが。

インバーターが熱を持つのかの検証を昨日、日産Dラーの試乗車でもう一度再検証させて頂きました。

ホントにノンタマの何時ものワガママを聞いて頂き感謝しております。
また、今度色々お土産を持っていかなきゃね。

今回はインバーターの金属の部分の温度も、接触温度計で測って見ました。
完璧ではないですけど、ある程度の目安にはなるかと思います。


先ず、日産Dラーを出発する時に温度を測って見ました。
外気温30度
オートエアコン25度設定
冷却液の温度33度



インバーター横配線のカバー温度33度




山頂の駐車場に到着
冷却液温度44.8度




インバーター横の配線カバー温度55.7度




インバーター左端の2番目に熱いと感じたところ。
47.3度




インバーター上部の3番目に熱いと感じた所。
44.8度




下段の温度
42.7度



ここまでが登板時の高負荷の時の試乗車のインバーター関連の温度になります。


山を下り麓の待避場に着いての温度計測
38.4度
やはり下りはインバーターに負荷が掛かかりにくく冷却液の温度がかなり下がっていました。




インバーター横のカバー温度
41.9度
14度近く下がっていました。



インバーター左端
40.6度
少しは下がっているようですが、コネクター部分よりは温度下降が少ないように感じます。
余熱が残っているのかもです。





インバーター上部
39.9度




インバーター下段
36.5度



この結果から高負荷がかかればインバーターは熱くなるようです。
そして、場所によって温度が違うと言う事が分かりました。

下段は風の抵抗も受けるので、その風による冷却もあるかとは思います。
全体的にエンジンによるエンジン熱も篭るので、100%インバーターだけの負荷による熱とはなりませんが。
ある程度の目安にはなるのかなと思います。

この結果をもとに冷却対策を考えても良いのかもですね。


そして、山を降りて麓からDラーに帰ってきました。
山の麓からDラーまでの距離は大体15キロ
41度




インバーター横カバー
42.6度




インバーター端
41.4度




インバーター上部
39.7度




インバーター下段
37.8度



今回の検証でインバーターはかなりの高負荷でも、それほど高温になる事は無い事が分かりました。

しかし、街中等平坦な道での走行では若干負荷がかかるのか?温度が上がっていました。

この結果から冷却対策として何処に冷却対策をすれば良いのか、分かってきたように感じます。


そして、今回の検証で分かった事がありました。
ノートe-powerは電池に完全なフル充電されると、坂を下っている最中に回生ブレーキが解除される事が分かりました。
ギアーが抜けニュートラルになったかな様な感じで、下りで速度が上がっていきました。

これは気をつけておかないとワンペダル走行が出来ないので、事故を起こす危険性があるので、知って置いた方が良いですよ。


そして完全なフル充電されると、結構な距離をガソリン一滴も使わず電気だけで走れるようです。

山を降り麓の測定場所からDラーまで帰ってくる途中まで、若干の下り坂と平坦な道で10キロを電気だけで走って来れました< ;`∀´>マジっすヵ!!



ノートe-powerは如何に発進時に満充電させて置くかが、燃費を上げる鍵のようです。
どうすれば無駄に燃料を使わずに満充電にさせておく事が出来るのか?
そこを解決出来ればとんでもない燃費が出せそうですね。

PHVみたいに充電出来ればいいのでしょうけどね(笑)

Posted at 2019/07/27 16:06:56 | コメント(2) | トラックバック(0) | インバーター冷却対策 | クルマ
2019年07月23日 イイね!

インバーターの冷却効果の検証!その④

インバーターの冷却効果の検証!その④皆様、こんばんは。

今日はやっと天気が晴れやかな日になりましたね。
朝方は少し雨が降りましたが、日中は良い天気です。
このまま梅雨明けになりそうですね。



昔から、梅雨明け10日は快晴が続くと言われています。

この時期に洗車に洗濯にと色々やった方が良いでしょうね。

お墓掃除も良いかもです。
仕事が忙しくなる前に、お墓掃除に行かなければ。


さて、本日お仕事お休みして、例のインバーターが私のe-power nismo sでは熱くなりにくいと言う現象が本当なのか?
それとも気のせいなのか?

試乗車と私のe-power nismo sで検証して見ました。

今回、日産Dラーの社長様の快いお言葉で試乗車をお借りできまして、試乗車で検証させて頂きました。
懐が大きいなと思いました。
有難う御座います。







先ずは試乗車からの検証を開始しました。
Dラーを出発時のインバーターの冷却液の温度になります。
冷却液温度29.2度


検証方法は、前回のブログでインバーターの冷却効果の検証!その③ で述べていますが。
山間部の山道での検証をしました。

走行パターンはこんな感じで急加速・急減速を登りで検証しました。
急加速・登坂時
電力フル供給で走行(エンジンON)

電池の充電メモリーが最低2メモリーまで落ちました。
それ以上は落ちなかったので、電力をフル供給で発電しているようでした。
更に燃費がリッター3キロを示していました(笑)
こんな燃費も出るんですね。

今回、この山道で検証しましたが、車が居なかったので良かったですが、この走行は街中でやったら完全にあおり運転になるような感じでした。


走行ーモードはDレンジのSモードで統一して検証をしました。
e-powerにはこのような走行モードが備わっています。




日産メーカーの説明会時



e-power nismo のモード
専用チューニングコンピューター(VCM)



e-power nismo sのモード
専用チューニングコンピューター(VCM)


発電強化チューニングのBレンジがかなり強化されているようです。
この表を見る限り、ノーマル車もそれ以外のDレンジは差ほど変わってないのかなと言った感じに見てとれます。


この様なところも統一して正確性を取り検証しました。



頂上に着き計測してみました。
では、インバーター自体の温度はどなのか?

触ってみた感じ結構熱くなっていました。
冷却液のリザーバータンクを触って比べてみましたが、それよりかなり温度が高いように感じました。

頂上の冷却液温度

冷却液の温度39.7度
出発時より10度近く高くなっていました。
思ったより冷却液の温度が上がっていませんでした。


そして、インバーターは場所によって温度が違う事が分かりました。
インバーター横の配線が接続をされている蓋の場所がもっとも熱く、エンジン冷却液温度とインバーターの冷却液温度と比べてみて、60度から80度位はあるのではないかと感じました。


配線には触れないように十分注意しました


その次に熱くなっていた所がすぐ横の縦についている金属の所でした。
その次にインバーター本体の上部が熱く、その次が下段手前が熱くなっていました。
ただ、インバーター自体の温度は冷却液の温度と比べて、そこまで熱いと思うほど熱くはなかったです。
大体の手の感覚で、50度から65度の間ではないかと感じました。
仕事柄手で温度を確かめる事があるので、冷却液のリザーバータンクの温度と比べるとこんな感じに感じます。

こんな感じで温度差がありました。



頂上のエンジンの冷却液の温度

熱い時に蓋を開けるのはとても危険なので、吹きこぼれない様に慎重に開けました。
エンジン冷却液の温度は84.1度有りました。

やはり極限の負荷を掛けるとノーマル車のインバーターは熱を持ちある程度熱くなるようです。

メーカーと色々な資料の情報は正しいと言う事が分かりました。


そして山を下り麓で温度を測ってみました。

冷却液の温度は35.6度に下がっていました。
下りはどんなに負荷を掛けるような走行をしても、殆ど負荷がかからないようでインバーターのこの部分の温度も下がっていました。
それでも少し熱をまだ持っていました。
インバーター自体の温度もそれなりに下がっていて、40度~55度位なのではと感じました。


そして日産Dラーへ戻ってきて測定してみました。
インバーターの冷却液温度

冷却液の温度35.6度
山を降りた麓の冷却液の温度と全く変わっていませんでした。
インバーター本体の温度は下がっていて、冷却液の温度よりちょっと高いかな?40度~50度程度に感じました。

この温度から平坦な一般道では殆ど負荷がかからないのではと感じました。

エンジンの冷却液温度

エンジンの冷却温度75.3度



少しDラーで休憩を取り、私のe-power nismo sの検証を開始しました。
先ず出発時のインバーターの冷却液の温度になります。

冷却液の温度31.5度



頂上に着いた時の温度

冷却液の温度41度
意外に温度が高くなっていました。
しかしノーマル車で一番熱かった、この場所の温度が明らかに低い様に感じました。
20℃近くは低いのではと感じました。

それでも、冷たくは無くある程度は熱くなっていました。
どの部分もノーマル車より温度が明らかに低くなっていました。

ノンタマのインバーター本体には、今は何も付けていません。

冷却液の温度が高くなっているのに、インバーター自体の温度が下がっているのはどう言う事なのだ?

冷却液の循環性能が良いから、インバーター自体の負荷が少なく熱を持ちにくいのか?

エンジンの冷却液の温度は

冷却液の温度88.6度
ノーマル車より4度近く高くなっています。
日中の温度もノーマル車の時より何度か高くなっているので、その影響もあるのですかね?

それでもインバーターの横の蓋の所が、ノーマル車の時より明らかに分かるほど何十℃も温度が下がっていました。

私のe-power nismo sは負荷があまり掛かっていないように感じました。
インバーター以外にしている色々なチューンが影響しているのか?
何が影響しているのだ?

それともVCMコンピューターチューンがしてあるかからなのか?
それともインバーターの性能が上がっているからかなのか?

理由は分からないが、明らかにインバーター入力による負荷の熱が、極端に少ないのは間違いない様です。


そして山を下り麓の待避場での温度になります。

冷却液の温度36.7度
やはり下りは負荷がかからないようで、この部分の温度がかなり低くなっていました。

他の部分の温度もそれなりに下がっていました。


そしてDらへ戻ってきて

冷却液の温度34.1度
この部分の温度がほとんど下がっていて、常温の様に感じました。


この部分もかなり温度が下がっていて、ぬるいと言った感じの熱を感じました。



やはり一般道ではe-power のインバーターには負荷が、掛かり難いと言えるようです。

検証結果は!
ノーマル車では極限の負荷をかけると、インバーターは熱を持つと言う事が分かりました。

そしてその冷却液の温度はエンジンの冷却液の温度と比べて見て、インバーターの冷却液はかなり低いと言う結果が出ました。

それでもインバーターが熱くなると言うのは事実の様です。

そしてノンタマのe-power nismo sはかなりの負荷が掛かるような走りをしても、あまり熱を持たないと言う事も分かりました。

こんなにも熱の差があるとは驚きでした。

何が影響しているのかがさっぱり分かりません。

ノーマル車との違いはメーカーによるVCMチューンにインバーター強化しかありません。

それが影響して負荷が掛からに難く熱を持ちにくいのか?

それともエンジンルームの色々なチューンのお陰で、インバーターに負荷が掛かり難くなっているのか?

兎に角ノーマル車はインバーターが熱を持ちます。

ノンタマのe-power nismo sはあまり熱を持たないと言う結果が出ました。


ここで思ったのだけど、この温度計で鉄の部分の熱が測れるのか?
もし、可能なら次のSEVの実験で測って見ようかな。

次はSEV単体での検証をe-power nismo sだけで行う予定で居ます。



そして、ノーマル車のDレンジSモードが遅いと感じました。
ノンタマのe-power nismo sのDレンジECOモードの方が明らかに速い様に感じます。
色々なチューンのお陰で、こんなにも速くなっているのか?

それにしてもこんな走行をするのに、ブレーキを殆ど踏まなくていいのは驚きでした。
とてもアクセルワークが楽しい車ですね。



Posted at 2019/07/24 00:13:50 | コメント(2) | トラックバック(0) | インバーター冷却対策 | クルマ
2019年07月22日 イイね!

インバーターの冷却効果の検証!その③

インバーターの冷却効果の検証!その③皆様、こんにちは。

いよいよ今週末位に梅雨明けしそうですね。

でも今日は雨!

今年の暑い夏は短いですね

夏らしい天気になると人間も野菜も元気になりますね。

でも、今年はおコメが心配です。

あまり高くならないと良いのだけどな。


話は本題に

私のe-power nismo sのインバーターが最近色々なチューンをしたせいか?
熱くならないと言う現象が出ていました。

アルミテープとかでそんな事が起きるのか?

いや起きないだろう?

でも、実際に熱くなっていない!

何がどうなっているのか?

超難解な物に手をつけてしましました。

そこで、気のせいも含め1から徹底的に調べてみる事にしました。

先ず日産お客様相談室に聞き、インバーターは負荷が掛からなければ熱くならないという事が分かりました。

では、どんな走行をしたら負荷が掛かるのか?

お客様相談室ではハッキリとした回答はありませんでした。

しかしみんカラの方から 職業(技術・開発)貴重なアドバイスを頂きました。

ノンタマのページを見て頂いている方にみん友さんの職業が、技術・開発に役員・管理職が意外に多い感じがします。

そのお方のお話ですと、インバーターに負荷が掛かる走行パターンは、低速時の急加速・急減速に急勾配の上り坂で急加速に急減速のような、加減速が多い走行パターンでないとインバーターに負荷が掛かりにくいとのお話でした。
想像したら、まるであおり運転のような感じですかね?

目から鱗の様な大変貴重なアドバイス本当に有難う御座いました。

それまで国道の様な一般道で検証を考えていましたが、アドバイスのお陰で検証するコースが選定出来ました。

検証コースは地元では有名なスキー場に通じる道で、頂上には乗鞍青年の家がある山道で検証することにしました。
この山道は下の麓から頂上まで800メートルの標高差があります。
その道を15分で登ってしまう急勾配な山道です。

でも、ここからが問題なのです。

私の車のe-power nismo sはエンジンルームに排気にと、様々なアルミテープチューンにステンレスたわしチューンにラジエーターホースにテラヘルツチューンと施工しています。

なので、完全なノーマル状態ではないのです。

こんな状態ではインバーターの正確な検証が出来ないと感じました。

剥がしてしまえば良いのでしょうけど、至る所貼っていますので無理だと思いました。

そこで、そうだDラーで試乗車を貸して貰えないか?

でも、何時間も危険な走行が伴う検証に試乗車を貸して貰えるか?

あたって砕けろ!

と言う事で、昨日夕方Dラーの社長さんに相談してみました。

そして、いいよと突破できました。

それも1人で行って来て良いよと!


普段からお花とかお野菜とかのワイロ?を渡しておいて良かった(笑)

と言う事で、試乗車のe-power Xと私のe-power nismo sで比較検証が出来る事になりました。

これならノーマルの車でどんな結果が出るのかハッキリと分かると思います。

明日、検証を決行します。

v(´∀`*v)ピース






Posted at 2019/07/22 12:37:11 | コメント(6) | トラックバック(0) | インバーター冷却対策 | クルマ
2019年07月19日 イイね!

インバーターの冷却効果の検証!その②

インバーターの冷却効果の検証!その②皆様、こんにちは。

京アニの放火殺人はとても悲しい悲惨な事件ですね。
何か逆恨み見たいな話のようですが、どうしてそこまでするのか?
気が狂ったのかとしか思えないですね。
亡くなれたかのご冥福をお祈りいたします。



話は本題になりますが。

インバーターの冷却効果が話題になってきているようです。

色々な皆様が検証して頂いているようで、ノートe-パワーのインバーターは
短距離ではあまり熱くならないと言う結果が出てきているようです。


私の勘違いだったのかな?とも思えてきたのですが、アルミテープチューンを始める前の以前は、長距離を走った後にインバーターの冷却液は熱くなっていたのを記憶しているのです。

でも、今はかなりの長距離を走って負荷が掛かるような走行をしても、全く冷却液が熱くなっていないのです。

そこで、何がどうなっているのか色々調べる事にしました。
その中でこれを使用し冷却液の温度を計る事にしました。
この使い道はこれだったのです(笑)

そうすれば、確実に正しい結果が出るのではと考えました。



車庫に入った状態の完全な冷却時の温度になります。

端数は省きます。
冷却時温度は23度でした。

これが負荷が掛かるようなある程度の距離を走って何度になるのか?
検証していきます。

ただ、最近は雨ばかりで中々時間が取れないので、走行が出来なく検証出来ません。


その中で昨日姉の会社のパソコンがシステムエラーで緊急要請で修理に行きました。

色々調べ原因を探って検索を掛けている時間が長くなりそうだったので、途中で

日産お客様相談室に電話をし色々聞きました。

これだけしょっちゅう電話しているとブラックリストに載っているのかな?(笑)
分からなければメーカーか詳しい人に聞くのが一番です。

ノンタマからの質問はこんな内容!
・インバーターの熱に関して教えて頂きたいのですが。

ノートe-パワーでかなりの長距離を走ってもインバーターに冷却液が全く熱を持たなく熱くならないのですが、故障か異常なのでしょうか?
インジケーターには異常を知らせるチェッククランプ等は付きません。
それ以外に何も異常はありません。
以前は長距離を走った後は、冷却液が熱くなっていたと思うのですが何も問題は無いのでしょうか?
そんな事はあるのでしょうか?
お忙しいと思いますが教えて頂けますか。

このように質問しちゃいました(笑)

暫くして
日産お客様相談室の回答はこんな感じです。

・お問い合わせ有難う御座います。
お客様のお問い合わせの件ですが。
開発資料によりますと、インバーターは負荷が掛かると熱を持ち熱くなり、その熱を冷却する為に冷却液で冷却しています。
そのために冷却システムが備わっています。
負荷が掛からなければ熱を持ちませんので、冷却液も熱くはまりません。

実際に冷却液の温度が何度かになると言う記載がないので、分かりませんが。
インバーターの熱を冷却するので、ある程度の温度にかはなるかと思います。

どの程度の走りをすると負荷がかかるかも記載がないので分かりません。

この状況から、お客様の問い合わせの内容と照らし合わせると、お客様のインバーターには負荷が掛かっていないのではと思われます。

その為インバーターに冷却液が熱を持たなく、熱くなっていないのではないかと思われます。

チェックランプ等が表示されていないとの事なので、故障でもなく異常でも無いと思われます。

どうしてもご心配なら販売店にご相談され見て頂いて下さい。

この様な回答が来ました。


この内容から、やはり負荷が掛かればインバーターは熱を持ち熱くなり、冷却液もそれなりに熱くなると解釈できるようですね。

その他の資料でもインバーターは負荷が掛かると記載が有ります。
インバータの熱が持つ原因!

インバーターが故障しやすい原因
ハイブリッドシステムの3部品の中でインバーターが比較的故障しやすいのは、インバーターにかかる負荷が非常に大きいことが原因です。

インバーターの中核であるスイッチング回路には常に200V近い電圧が流れているだけでなく、直流と交流の変換のために電子回路には常に負荷がかかっています。

さらにはスイッチング回路は作動時に非常に高い熱を発しており、熱による回路の経年劣化もインバーターが故障しやすくなる原因です。

インバーターはこの熱を冷却するために性能の高い水冷システムも備えているのですが、それでも負荷が高いことは間違いなく、長い期間使用していればその負荷は溜まっていくのです。

この内容からやはり私のe-power nismo sのインバーターには、負荷が掛かっていないと考えられます。

何がどうなっているのか?
さっぱり分かりません???
至る所に静電気対策をしているのが効果を出しているのか?

これから超難解な長い戦いの検証が始まるのか?

めっちゃヤバイ物に手を染めてしまったのか(^◇^;)


それから昨日姉の会社から帰る時にかなり雨が降っていたので、撥水検証の経過を見てみました。


フロントガラス最強撥水コーティング VS Surluster ゼロウィンドウ コート1年耐久

流石に2ヶ月では耐久性はどちらも全く変化が有りませんでした。

撥水性もどちらも変わらず維持しています。

コロコロで滑り落ちる撥水性能ではSurluster ゼロウィンドウ コート1年耐久の方が上だと感じました。

検証が来年終わったら、最強撥水コーティングのコーティング剤をSurluster ゼロウィンドウ コート1年耐久に変えます。


熱い時は水遊びしましょうね♪




Posted at 2019/07/19 13:59:15 | コメント(3) | トラックバック(0) | インバーター冷却対策 | クルマ

プロフィール

「@P-. さん、変な変換でミスってしまいました。すいません。確かに撥水剤を塗っておくと取れやすくなりますね。今回は一切撥水剤とか物は使いません。ビックリ発見です。」
何シテル?   01/16 11:25
神聖!ノンタマになりました。よろしくお願いします。 燃費オカルトグッズ系を試すのが好きで、実験検証をやるのが好きです。 永遠に車馬鹿だと思います。 ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/1 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

ジュークのモデルチェンジが来年4月に発売になる? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/10/30 03:51:13
皆様のアーシングの仕方の知識は本当に正しいのか?その③ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/10/25 23:42:11
AUG 極限キズ取りシャンプー / PR-015・016 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/07/28 14:02:25

愛車一覧

日産 デイズルークス 日産 デイズルークス
神聖 ノンタマになりました(笑) 心機一転?励んで参りますので、宜しくお願い致します。 ...
スバル サンバートラック スバル サンバートラック
農道のポルシェ! 軽トラ界の王者は無冠の帝王。 もう手に入らないので、大切に乗っていきた ...
日産 ノート eパワー ブラックチーター (日産 ノート eパワー)
2018年11月15日大安e-power nismo s納車! ついに納車されました。 ...
日産 エクストレイル 日産 エクストレイル
とても良い車でした。 私の目の病気のせいで手放す事に。

過去のブログ

2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.