• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

神聖 ノンタマのブログ一覧

2018年11月29日 イイね!

20年目の結婚記念日♪

20年目の結婚記念日♪皆様、おはよう御座います。

今年は未だに市内では初雪が降っていません。

この調子だと12月に入って初雪は確実。

かつてない異常な冬になる予感が!

超暖冬なのか超大寒波が来るのか?

それともドカ雪が降るのか?

逆に例年通りでないから怖いですね。


そんなこの頃ですが。

神聖ノンタマ夫婦は、今日11月29日(イイ肉?イイ福?)の日に結婚しました。
奥様とタイタニックを見に行き、その後にプロポーズをしてOKを貰いました。
作戦勝ち( ^ω^ )

そして今年は結婚20年目になるんです。

子供も授かり山あり谷あり笑いありおとぼけ夫婦で過ごしてきました(笑)


あっという間に月日が過ぎたなと実感しました。

何はともあれ奥様のお陰です。

こんな糸の切れたタコ見たいにふらふら~と何処かに行ってしまう夫を、上手に糸を繋いで泳がしてくれる奥様に感謝です。

ありがとう

これからも上手に泳がしてね( ^ω^ )

でも、今日はお祝いをしている暇が無いのです。

実は子供が明日イタリアTV局とCBC局の取材を受けるのです。
イタリア女性キャスター2名 CBCからもキャスターが来るようです

今夜その打ち合わせがあり、バタバタなのです(;^ω^)

祭りの伝統芸能の一つ囃子と山車の取材で来て、その囃子組に子供が入っており数名の子供が取材を受けます。

観光課も関わっており、子供達は教育委員会から明日は学校を休むように手続きをしてもらっています。

イタリアまでTVを見にいかなきゃ(笑)


こっちがメイン?( ̄ー ̄)

Posted at 2018/11/29 07:57:24 | コメント(35) | トラックバック(0) | 感謝 | 日記
2018年11月27日 イイね!

ノートe-power nismo sが納車されて10日間乗ってみての感想!

ノートe-power nismo sが納車されて10日間乗ってみての感想!皆様、こんばんは。

今日もこの時期とすると異常に温かい日でしたね。
スタッドレスモニター期間内に雪が降るのでしょうか?
心配になってきた(;´∀`)


ところでノートe-power nismo sが15日に納車されて10日間が経ちました。

先ず最初は地元でプチオフ試乗会をしました。
この間に富山に仕事で行き、その後みん友さんとプチオフをして地元に帰り。

24日には第1回ノートe-POWERオーナズクラブ( NePOC )全国オフ会に行って来ました!
夜には名古屋のみん友さんと会い地元に帰宅しました。

この間の走行距離は669.5キロ
平均燃費は23.4km/L
タイヤはスタッドレス
走行状況は一切エコ走りなしでした。
パワーを知りたくて、兎に角踏みまくっていました(;´∀`)
暖房も使用していました。
あと200キロ近く走れる事になっているようです。
こう見ると燃費が良い様に感じます。


〇良い点は4つ
パワーは兎に角ハンパないです。
 一緒に試乗して頂いた皆様は良くお分かりだと思います。
ノンタマが大げさに言っているだけなのではと思っていたと思います。
ノンタマは嘘は言いません真面目です。
エロオヤジなのでエッチな事はします(笑)

・燃費もあれだけ踏みまくっていて、帰って来てこの燃費!


これもハンパないです。
・ニスモの足回りの仕上がりがベストマッチで、カーブなど段差など安定しています。
ガチガチに硬いわけではないのですが、安定しています。

・エンジンが掛からなければ静かです。


最初から低燃費走行で夏タイヤでエアコン無しだったら、軽く30キロは超えるのではないかと感じました。
もう少し車の特性を体で感じてから、本格的なアルミテープなどのチューンに取り掛かろうと思います。


〇悪い点 5つ
・ニスモの足の硬さが、長距離では少し疲れると感じました。

・走行中のエンジンの発電による唸りが気になりました。
 結構うるさく感じました。

・小物入れが少なく感じましたね。

・ドリンクホルダーから飲み物が取り出し難い。

・意外に走行中が静かなのでロードノイズが気になる。


ノートe-power nismo sが納車されてから、乗ってみて感想はこんな感じですかね。


そして気が付いた事が!

スタートのスイッチを入れて、ボンネットを開けたままにすると。

エンジンがずっと掛かりっぱなしになる事が判明しました。

ボンネットを閉めると、エンジンがストップしました。

これはどんな意味が有るのでしょうかね?

全く理由が良く分りません。


ここで思いついた!

この状況ならエンジンの騒音が測れるのではないかと!

それでこんな感じで外と車内で計ってみた。






これ以外の画面キャプチャーでは、1番エンジンがうるさい時は74dB!


ボンネットを閉めてエンジンが停止して、車内では41dBでした。

エンジンが掛かると30dB近く騒音が大きくなる事が分りました。


エンジン系にアルミテープチューンを何もしていない状況での、正確なエンジンの騒音を測っておけばその後の変化があるのかの科学的に検証出来るのではないかと。

その他にもアルミテープチューン前のバッテリーの電圧もチェックして置いた。
スタートスイッチを押して直ぐの電圧!
14.3Vある。


アイドリングでエンジンが温まってからの電圧!
12.8Vです。
走行中も12.8Vでした。


これが純正の状態でアルミテープチューンをしていない電圧の状況です。

今後、何処にアルミテープを貼ると電圧が上がるのかチェックしながらチューンしていきます。

出来ればエンジンのうるさいのが改善出来たら最高だね。

電気で走るノートe-power nismo sがアルミテープでチューン出来るのだろうか?

神聖ノンタマの新たなる挑戦が始まった(爆)
 プロジェクトX〜挑戦者たち〜

地上の星が流れる~(笑)
Posted at 2018/11/27 23:34:04 | コメント(12) | トラックバック(0) | ノート e-POWER NISMO S | クルマ
2018年11月26日 イイね!

第1回ノートe-POWERオーナズクラブ( NePOC )全国オフ会に行って来ました!

第1回ノートe-POWERオーナズクラブ( NePOC )全国オフ会に行って来ました!皆様、こんにちは。

神聖ノンタマは先日の24日土曜に行われた、第1回ノートe-POWERオーナズクラブ( NePOC )全国オフ会に行って来ました!
会長さんにスタッフの皆様お疲れ様でした。
参加者の皆様もお疲れ様でした。
参加車両は大体120台程度。




なんとノンタマはプチオフ以外で正式なオフ会に参加したのは、実はこれが初めてなのです(笑)

ドキドキでした( ^ω^ )

先日納車されたばかりのe-power nismo sでオフ会に参上しました。


初と言う事もあり場所も分らないので、早朝午前4時30分に琉唯さんと待ち合わせしカルガモ走行で現地に向かいました。


朝はめっちゃ寒く暖房全開でエコ走り一切無しで、下道と高速を使い結構飛ばして現地に向かいました。
琉唯さんありがとう御座いました。

現地到着で写真を撮り忘れましたが、平均燃費がリッター24km/Lになっていました。
全くと言って良いほど燃費が落ちないのです。
e-power nismo sの底知れぬ力が有るのではないでしょうかね。


現地に8時ちょっと前に現地に到着しました。
そうしたらスタッフの方々がもう準備をされていました。




そして集合時間に近くなるにつれて続々と皆様が集合して来ました。


そして協賛の企業様も続々と到着されて準備をされました。









そして11時になり開催の挨拶がスタートしました。


そして解散になりぞれぞれの愛車見学に協賛企業様のブースで商品の説明会がスタートしました。


協賛品の抽選会用に色々皆様選んでいましたね。


自由行動で愛車見学

いきなりボケボケの画像(笑)


















名刺交換も少しの方としました。
加藤あいさんノートRさんモナリザパーキングさんおかぴんさんなのど等。
他にもみん友さんなど色々な方とお会い出来たこと嬉しく思いました。
ありがとう御座いました。



そして協賛品の抽選会スタート。
なんとノンタマ ニスモセンターの景品当りました。


更に更にハセプロさんの商品もゲットしちゃいました(笑)


そして参加者全員にシュアラスター様から協賛品としてゼロドロップをプレゼントして頂きました。
何時もながらシュアラスター様は太っ腹ですね。




本当はここで全員でゼロドロップを持って記念撮影をしたのですが(撮影者ノンタマ)
ノンタマは映っていません。
顔が映っているので個人的に全員の顔を消すのが面倒なので載せません。
ゴメンナサイ。
その画像をシュアラスター様に送って有ります。
実は納車したら参加することを事前にシュアラスタ-様には伝えて居たのです(笑)
それとプレゼントとは関係は無いとは思いますが?

と言う事で午後2時過ぎにお開きになり、残る人帰る人と解散になりました。

ノンタマも帰る組で現地を後にしました。

その後名古屋の親戚に寄り、夜まで居ました。


そして更にノンタマは名古屋のみん友さんとプチオフをする事になっていたのです(笑)
皆さんご都合を合わせて下さりありがとう御座います。

某コンビニの駐車場で待ち合わせをしました。

そうしたら待ち合わせ時間より早くとよはるなおさんが到着されました(笑)私も早めに到着してました。
とよさんとは私の地元で良く会うので、杯を交わした兄弟見たいなもの?
師弟関係?(爆)


雑談をしていたらBIG-SEA さんが到着されました。


3台並べてのスリーショット。



続いて真打ち登場?
はぜ釣り名人さん


全員揃った所でパシャリ!

セレナ白軍団に囲まれたe-power nismo s集団リンチを受けるのかな(笑)

エイ!
e-power nismo sに全員乗せてブチかましてやるんだ(爆)
最初は羊でいざスタートで狼に!
皆、おぉぉぉ~!!!

皆さんの反応が楽しかった(笑)

そして戻ってきて、少し雑談してあのトラッドホーンの音色を聞いてBIG-SEAさんが興味心身。
そりゃそうでしょね。
あれに敵うホーンは有りませんからね(笑)

そして帰る時間もありノンタマはお先に離脱させて頂きました。

とよさんコーヒーありがとう。

はぜさんまさかのお土産ありがとう御座います。

まだ食べていませんが夜食べてみます。

そして帰りも時間も遅いのと、途中で寝たので41号をちょっとだけ(1人なので行きより)ぶっ飛ばし3時間で帰宅しました(;´∀`)
そしてこの燃費!

名古屋出る時と殆んど変わっていない(笑)
0.6キロ下がっただけ。

あれだけ飛ばして帰ってきても燃費が殆んど下がらない!
e-power nismo sは豚でもない車なんでしょう(笑が止まらない)

皆様、本当にありがとう御座いました。

また、何時の日か何処かに出没しますので宜しくお願い致します( ^ω^ )


あっ!

名古屋のみん友さんに今まで1度も発表した事が無い、アルミテープチューンがばれてしまいました(;´∀`)
たぶんこの3人の中の誰かがいち早く発表するのではないでしょうかね(笑)
やっぱとよさんかな( ^ω^ )

私はまだe-power nismo sでは完成していないので、暫く後に発表します。









Posted at 2018/11/26 16:18:38 | コメント(11) | トラックバック(0) | ノート e-POWER NISMO S | クルマ
2018年11月22日 イイね!

みんカラ:週末モニターキャンペーン【シュアラスター・ゼロフィニッシュ】

Q1. 洗車の頻度はどのぐらいですか?
回答:付き

Q2. 普段お使いのコーティング剤の商品名を教えてください。
回答:ゼロプレミアム

この記事は みんカラ:週末モニターキャンペーン【シュアラスター・ゼロフィニッシュ】 について書いています。


※質問項目を変更、削除した場合、応募が無効となる可能性があります。
Posted at 2018/11/22 14:51:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | 応募 | タイアップ企画用
2018年11月22日 イイね!

アルミテープチューン総まとめその①

アルミテープチューン総まとめその①皆様、こんばんは。

急激に寒くなって来ましたね。

北海道の皆様に東北の皆様は雪が降っているので寒いでしょうね。

冬支度大変でしょうが頑張って下さい。


そんな冬となると乾燥してきて、静電気がバチバチ来るようになりますよね。

車に乗るときに降りる時に、バチと静電気放電の痛みが来ますね。

皆さんはなんとかならないかと思っていたと思います。

そんな中、トヨタがアルミテープで車の帯電を放電する事で、車の性能を限りなく100%出し切る方法を2年近く前に提案しました。

ここからアルミテープチューンが大流行し、色々な記事で取り上げられ話題騒然になりました。

ここで、効果が有る無いで賛否両論で皆様大実験されたと思います。
ネットの記事だけで、特許の内容をしっかりと理解していない人が、あーだこーだ持論を唱えて居る人も見えました。

特許も国際特許と国内特許で内容が少し違っているので、勘違いしている人も見えました。

私がブログを上げた時にも、ショックアブソーバーにも貼るようになっていますと上げると。
(その時は国内特許ではまだ公開されて居ませんでした)
金属に貼っても意味が無い!
とエンジニアの私のプライドに賭けて、金属で出来ている車に貼っても効果があるわけが無いと叩かれました。
ここで最初の炎上が有りました(笑)

この人は頭が固く、その先に何か有るのではないかと、考えようとしない進歩の無い人間だと感じました。

このエンジニアは、ここで神聖ノンタマに火を付けてしまいました(爆)

そんな程度のエンジニアのプライドなんか粉々に打ち砕いてやると!

ここから神聖ノンタマは多方面から研究と検証をする事を心に誓いました(笑)

その結果、ノンタマ=アルミテープの師匠と呼ばれるようになってしまいました(爆)



前置きが長々となってしまいましたが、ここから本題に入っていきます。


トヨタが発表した自己放電式除電器(アルミテープ)で車の色々なところに溜まる静電気の帯電を放電させ中和させる事を目的にし、車体が正の静電気を帯電することに起因して、正の電荷を帯びた空気流が、車体の外表面から剥離することを抑制することができる車両およびその製造方法を提供することを目的とする。


この様な事を公開特許として発表しました。
国際特許

発明の概要
[0007]
 本発明は、上記事実を考慮して、車体が正の静電気を帯電することに起因して、正の電荷を帯びた空気流が、車体の外表面から剥離することを抑制することができる車両およびその製造方法を提供することを目的とする。
[0008]
 本発明は、路面に対して絶縁状態に保持されている車体が、走行することを含む外部要因による静電気で正に帯電する車両において、走行時に前記車体の周囲に流れる正に帯電した空気流が、前記帯電した車体の表面に沿った流れから前記表面から離れた流れに変化し始める剥離形状の箇所のうちの少なくとも何れか一つの特定部位の正の電位を、該正の電位に応じて負の空気イオンを生じさせる自己放電により中和除電して低下させる自己放電式除電器を備えていることを特徴とするものである。

アルミテープの形状も特許には有ります。

【0032】
この導電性被膜12は、例えば長方形に形成され、導電性被膜12の電位に応じていわゆるコロナ放電するように、外縁部や外周壁面に鋭い角部12Aを有している。具体的には、鋭利もしくは尖っていて電荷が集中して自己放電を生じ易くなるように角部12Aが形成されており、図2(A)に示す例では、長方形状の導電性被膜12における四つの辺の鋭利なエッジや四つのコーナの尖った頂点部分あるいはその側壁面である。導電性被膜12の素材としては、金、銀、銅、アルミニウム等(すなわち導電性金属)を用いることができる。アルミニウムを用いる場合には、導電性被膜12に酸化防止加工を施すことが好ましい。これは、酸化による導電性の低下を抑制するためである。導電性被膜12は、導電性金属箔と導電性接着剤との層からなる接着テープであって、例えば、導電性アルミニウムホイールテープなどを、コロナ放電が生じるように外縁部や外周壁面に鋭利もしくは尖った角部12Aが形成されるように切断したものであってもよい。

なお、より多くのコロナ放電が生じるように、鋭い角部12Aの形状は四角形に限られず、図2(B)に示されるように、より多くの角部12Aを有する格子状であってもよい。また、図2(C)に示されるように、半円形であってもよい。更に、図2(D)に示されるように、外周部の円弧のエッジを鋭利な角部12Aとした円形であってもよい。なお、導電性被膜12は厚さがあるから、その周囲の切断面をギザギザにしてそのギザギザの切断面によって尖った角部12Aを形成してもよい。さらに、導電性被膜12の表面にローレット加工などによって鋭利もしくは尖った凹凸を形成し、その凸部を上記の角部12Aとしてもよい。


こんな貼り方をした有る有名な自動車評論家が居た。

全く本質を理解していないのではないかと思った。
特許にも有るが、帯電を放電するのは表面ではなく、サイドの胴面積からである。
表面積から放電は殆んどしないのである。
表面から放電させたいので有れば、表面に傷を付け鋭利もしくは尖った凹凸を形成しなければ意味がないのである。

特許にも有るが幅より長さが長い方が良いのである。
簡単に言えば細長いのが効果的と言う事なのです。
私が一番凄いと思った加工をしたかたが見えました。
ジムニーシエラちゃんさんの〇ナジー(笑)
物凄く器用で感心しました。

画像使用許可はジムニーシエラちゃんさんに許可は取ってあります。

アルミテープ、体感できるって言ってるじゃないですか。(小声で…)


ブラックのアルミテープでも静電気放電は出来るのです。
マイケル・ナイトさんにも許可を取ってあります。





そして実際に車に貼って販売されたのがこの形のモールディングテープ NO1


実はこの形より前のバージョンが有る事をご存知だろうか?
前期型ノア・ボクシーにこの形の四角い繋がったバージョンが貼り付けてあるのです。
それがテスト段階の最初のアルミテープなんです。

特許公開より前にプロボックスのハンドルコラムカバーの内側にも、四角いアルミテープが貼り付けてあります。

ここで特許内容を理解していない間違った認識の人たちが、プラスチック樹脂製品にしか効果が無い!
金属に貼るのはバカかキチガイかと炎上した。

特許にはこの様にかいてある。
通常、車輪はゴムなどの絶縁体(または、電気伝導率が小さい材料)によって構成されているので、上述したように生じた正(+)の静電気は、車体30に溜まる。帯電されるその電荷の一部が、車体30の外表面の局所に蓄積する。なお、帯電する静電気は、電気伝導率に応じて変化する。そのため、電気伝導率が比較的高い金属材料であっても、結合部位で少なからず電気抵抗があるため、条件に応じて金属パネルにも正(+)の静電気が帯電する場合がある。したがって、本発明における特定部位は、樹脂材料によって構成された部材の部位に限定されず、金属材料やガラス材料あるいはゴムもしくは塗料被膜などの他の材料によって構成された車体表面部位を含む。

【0054】
後に詳細に説明するように、金属箔76は導電性を有する任意の金属にて形成されてよいが、アルミニウム、金、銀、銅又はそれらの合金にて形成されることが好ましい。特に、後述の実施形態のように、除電器が金属部材に固定される場合には、除電器の金属箔は、金属部材を構成する金属材料よりも高い導電性を有することが好ましい。更に、金属箔76の側面が十分に放電面として機能するに足る厚さを有すると共に、曲面にも柔軟に対応するよう変形させて固定することができるよう、金属箔の厚さは約50~200μm程度であることが好ましい。
と書いてあるのです。

この内容を理解していない知識が無い人に言われたくないと思った。

なので皆さんが色々試している金属部位でも、効果が出る可能性は十分に有ると言う事なのです。

次に
【0007】
ところで、車両の操舵装置、制動装置などは、運転者によって操作されると、ステアリングホイールなどの操作装置の変位が変位伝達系を経て転舵装置などのアクチュエータへ伝達される。本願発明者が行った実験的研究により、車両に電荷が帯電することにより車両が受事がける悪影響は、ラジオノイズなどが生じ易くなることなどに留まらないことが判明した。即ち、車両に電荷が帯電すると、運転操作の変位の伝達が行われ難くなり、このことがアクチュエータの作動に影響することが解った。

アルミテープを貼って音楽の音がクリアーになったと良く聞いた事がが有った。
上文にも書いて有るように、帯電によってラジオノイズが発生していると書いてある。
帯電が中和されれば、ノイズが減少し音がクリアーになる。
皆様の感じていた音がクリアーに聞こえると言うのは正しいと思う。

そして、ハンドルコラムカバーに貼るのも、本来は内側の方が正しい。
その方が直接静電気を中和出来て効果が高い。
皆さんはこの画像にダマされて居るのです。



静電気の放電を確実にするには、帯電ポイントに貼るのが効果的なのである。
コラムカバーの表面に貼っても、裏側の本当の帯電ポイントの帯電は中和出来難いのです。
ここを理解していないとハンドルコラムに貼っての効果が得られ難い感じなのです。
一応表面でも全く効果が無いと言うわけでは有りません。
登録特許には、修正でコラムカバー表面でも効果が有ると記載が有ります。


【0064】
その結果、負の空気イオンと正の電荷との間において電気的中和が生じ、負の空気イオン及び正の電荷が消滅し、空気の電荷が0になる。以上の現象は繰り返し連続的に生じるので、ハウジング22に帯電する正の電荷が低減されることによりハウジング22が除電される。なお、空気がコロナ放電により正の空気イオンと負の空気イオンとに分離される事象などは、ハウジング22の帯電量が高いほど活発になり、よって、除電の作用は帯電量が高いほど活発になると推定される。また、除電器74による除電は、図7に示されているように、一方向に空気が流動する状況に限られない。

本願発明者が行った実験的研究の結果によれば、除電器74の金属箔76(厚さ200μmのアルミ箔)が前述の寸法の長方形又はこれと同程度の大きさの他の形状である場合には、上記除電の効果が及ぶ面方向の範囲は、金属箔76の中央Pcから半径50mm程度の範囲である。また、上記除電の効果が及ぶ厚さ方向の範囲は、上記平面方向の除電の効果が及ぶ範囲内にて金属箔76の貼着面から数mm~十数mm程度の範囲である。なお、除電の効果が及ぶ範囲は、正の電荷の帯電量などの状況に応じて変化する。


【0022】
ところで、自己放電式除電器10の電圧は自己放電式除電器10の周りの薄肉壁9の表面の電圧とほぼ等しくなっており、従って自己放電式除電器10の電圧はかなり高くなっている。一方、前述したように、空気は正に帯電する傾向があり、従って空気の一部は正の空気イオン(丸内に+で表示)となっている。この場合、空気イオンの電位と自己放電式除電器10の電位とを比べると、自己放電式除電器10の電位の方が空気イオンの電位に比べてかなり高くなっている。従って、空気イオンが図9Bに示されるように、例えば自己放電式除電器10の角部13に近づくと、空気イオンと自己放電式除電器10の角部13間の電界強度が高くなり、その結果、空気イオンと自己放電式除電器10の角部13間で放電が生ずることになる。
【0023】
空気イオンと自己放電式除電器10の角部13間で放電が生ずると、図9Bに示されるように、空気イオンの電子の一部が自己放電式除電器10内に移動するため、空気イオンの正の帯電量が増大し(丸内に++で表示)、自己放電式除電器10内に移動した電子によって自己放電式除電器10に帯電している正の電荷が中和される。一旦、放電が行われると放電が生じやすくなり、別の空気イオンが自己放電式除電器10の角部13に近づくと空気イオンと自己放電式除電器10の角部13間でただちに放電が生ずることになる。即ち、自己放電式除電器10の周りの空気が移動していると、空気イオンが次から次へと自己放電式除電器10の角部13に近づき、従って空気イオンと自己放電式除電器10の角部13との間で継続的に放電が生ずることになる。


【0025】
一方、前述したように、空気イオンと自己放電式除電器10の角部13間で放電が生ずると、図9Bに示される如く、正の帯電量の増大した空気イオン(丸内に++で表示)が生成され、この正の帯電量の増大した空気イオンは周囲の空気中に飛散する。この正の帯電量の増大した空気イオンの量は、自己放電式除電器10の周囲を流動する空気の量に比べれば極めて少量である。なお、自己放電式除電器10の周りの空気が停滞しており、空気イオンが移動しない場合には、継続して放電が生じず、薄肉壁9の表面の電圧は低下しない。即ち、薄肉壁9の表面の電圧を低下させるには、自己放電式除電器10の周りの空気を流動させることが必要となる。

【0026】
空気イオンと自己放電式除電器10間の放電は、空気イオンと自己放電式除電器10の角部13との間、或いは空気イオンと自己放電式除電器10の周辺部の尖端部14との間で生ずる。従って、空気イオンと自己放電式除電器10との間で放電を生じさせ易くずるには、自己放電式除電器10の周辺部に角部13に加え、多数の尖端部14を形成しておくことが好ましいといえる。従って、自己放電式除電器10を作成する際には、大きな寸法の金属箔を切断することによって金属箔11を作成する際に、切断面に尖端部14のようなバリが生ずるように、金属箔を切断することが好ましいことになる。

[0043]
 通常、車輪はゴムなどの絶縁体(または、電気伝導率が小さい材料)によって構成されているので、上述したように生じた正(+)の静電気は、車体30に溜まる。帯電されるその電荷の一部が、車体30の外表面の局所に蓄積する。なお、帯電する静電気は、電気伝導率に応じて変化する。そのため、電気伝導率が比較的高い金属材料であっても、結合部位で少なからず電気抵抗があるため、条件に応じて金属パネルにも正(+)の静電気が帯電する場合がある。したがって、本発明における特定部位は、樹脂材料によって構成された部材の部位に限定されず、金属材料やガラス材料あるいはゴムもしくは塗料被膜などの他の材料によって構成された車体表面部位を含む。

[0034]
 本実施形態に係る車両10では、導電性被膜12がバンパカバー14の車両内側に設けられているので、バンパカバー14の表面の帯電が抑制される。その帯電の抑制は、以下のようにして行われるものと考えられる。車両10が走行すると、車体の周りを正に帯電した空気が流れ、またタイヤの外周面が、繰り返し路面に対して接触しかつ離隔する。このような内的要因あるいは他の外的要因によって車体が次第に正の静電気に帯電する。車体の前述した特定部位に取り付けられた導電性被膜12は車体と同様に正の静電気に帯電する。そして、その角部12Aには、鋭利もしくは尖っていることにより、電荷が集中する。それに伴って導電性被膜12の周囲に負の空気イオン(マイナスイオン)を引き寄せ、ついにはコロナ放電が生じる。すなわち、バッテリなどの電気機器によって電荷を与えることなく、導電性被膜12の自ら帯電した電荷によって自己放電を生じる。これと同時に導電性被膜12を設けてある箇所の電荷が中和除電されてその電位が低下し、空気流との間の斥力が低減する。このようなコロナ放電を伴う空気イオンの引き寄せや斥力の低下などによって、前述した特定部位(剥離箇所)やその周囲(特定部位を中心として直径約150~200mmの範囲)の特定部位における車体表面からの空気流の剥離が抑制される。空気流の車体表面からの剥離が抑制されることにより、前述した車体表面における特定部位やその周囲での空気の乱流や空圧の変動などが抑制される。具体的には、気流は、矢印B方向に乱れることなく、バンパカバー14の表面に沿って矢印A方向に円滑に流れる。その結果、想定したとおり、もしくは想定に近い空力特性が得られ、極低速走行時から高速走行時までにおける動力性能や操縦安定性もしくは制動性能あるいは乗り心地などの走行特性が向上する。また、車体の帯電は、主に、車両10が走行することにより生じるから、高速走行するほど帯電量が多くなって自己放電が生じやすくなる。そのため、中高速走行時の走行特性が、より向上する。

ここで特許を読んで皆さんが勘違いしていると思う事がある。

それは空気は+に帯電していると言う文。

科学的に空気は摩擦が無ければプラスマイナス0である。

空気と何かが摩擦し有って初めて空気がプラスに帯電するのです。
ここがかなり最初勘違いで議論されましたね。
でも、じゃあ何故樹脂製品が+に帯電するかと言うと、たぶん静電誘導が起きているのではないかと思う。

そして、殆んどの方が思い込み違いをしていると思う事がある。
それはアルミテープを貼っただけでは帯電は自己放電器では放電しにくいと言う事。
特許画像にもあるが。

この図を見れば分ると思うが、アルミテープ自身も帯電をしてしまうと言う事。
そして空気中の流動性マイナスの電子との間で中和放電が起きるのです。
そこで初めて放電され帯電していた物が中和されてと言う事です。
この連動が連続して起きて、次から次と帯電しても放電されていくと言う事になるのです。

ここまでがアルミテープ理論の原点であります。

これさえ理解していれば応用が効くと思います。



次回はアルミテープはどんな物が良いのか?の記事にしたいと思います。




Posted at 2018/11/22 01:30:01 | コメント(13) | トラックバック(0) | アルミテープチューン | クルマ

プロフィール

「@YuuデリX さん、おはようございます。ありがとう御座います。此方こそ宜しくお願いいたします。」
何シテル?   02/26 05:55
神聖!ノンタマになりました。よろしくお願いします。 燃費オカルトグッズ系を試すのが好きで、実験検証をやるのが好きです。 永遠に車馬鹿だと思います。 ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

除電ボルト解明! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/02/17 05:47:32
ジュークのモデルチェンジが来年4月に発売になる? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/10/30 03:51:13
皆様のアーシングの仕方の知識は本当に正しいのか?その③ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/10/25 23:42:11

愛車一覧

スバル サンバートラック スバル サンバートラック
農道のポルシェ! 軽トラ界の王者は無冠の帝王。 もう手に入らないので、大切に乗っていきた ...
日産 デイズルークス 日産 デイズルークス
神聖 ノンタマになりました(笑) 心機一転?励んで参りますので、宜しくお願い致します。 ...
日産 ノート eパワー ブラックチーター (日産 ノート eパワー)
2018年11月15日大安e-power nismo s納車! ついに納車されました。 ...
マツダ プレマシー マツダ プレマシー
マイナーチェンジでスカイアクティブを積んだので、試しに購入しました。 ただ、4WDがなく ...

過去のブログ

2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.