• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年02月25日

真ん中の車(MG-F登場編)

我が家で管理している車は、今まで8台であった。
ここには、自走不可なヤツは含んでいない。
レストアベースのヤツやスペアエンジンなんかもあるのだが、
それはまあ、それ!?である。

国産車が4台
はちろっきゅ(トヨタスプリンタートレノ AE86改)
びーたるん(スバル BRZ R)
ぴよっち(スバル R2 R)
ぴよたん(スバル R1 S)

この連中は、国産車の中でも部品の流通が良く、オプションパーツや互換性のある車種が多い。
トヨタ車であるAE86は、走行に必要な部品の欠品は滅多に無いし、流用できるパーツも多い。
それに、流行った車のため、海外からの逆輸入パーツや、チューニングパーツも多い。
フルオリジナルにこだわらなければ、いくらでも維持補修ができる車である。
スバル車は、基本的に車種間の共通パーツが多い、そのため、R1、R2ともにプレオ、ヴィヴィオからのパーツ流用も効くし、
サンバー、はてはBRZとの共通パーツなんかもある。
中古パーツも豊富に出回っているので、これまた新品パーツにこだわらなければ、維持は楽である。
BRZは、現行車種なうえ、チューンドベースに使われるので、これも困らない。

対する輸入車も4台
ぷりこ(ロータスエスプリS1)
ぢのこ(フェラーリディノ208GT4)
じぇこたむ(ロータスエリーゼフェーズ1)
たぼちん(ロータスターボエスプリ)

この連中も、実はパーツに困らない。
ロータスは、パーツ供給が非常に良く、シャシからして新品パーツが購入できるし、社外品のシャシなんかもあるくらいだ。
ディノは、フェラーリゆえ、そのブランドが邪魔をして、パーツの価格があがってしまう傾向があるものの、
共通パーツが多い車種である。
同族の308GTB、246GTだけでなく、ウラッコ、ストラトス、ランチア、フィアットあたりともパーツを共有している。
イタリア仕様特有のパーツがあるにはあるが、それにこだわらなければ、維持はしやすいと思う。
だいたい、丈夫なんで、壊れないんである。

それでも、気構え無く乗れる国産車に対して、ウチの輸入車連中は、特殊なカテゴリに属する車ばかりである。
だから、パーツ供給が良いからといって、一般的に維持がしやすい部類の車では無いだろう。
どうにも二極分化しているのである。

そこにどちらにも属さないニューフェイスがやってきた。
MG-Fである。
やってきたと書いたが、某所から350km自走である。
正直、ロードスターあたりとあまり変わらないのでは?
と思っていたのだが、運転した感じでは、まさに英国車のフィーリング。
骨太なところと、繊細なところが同居して、これはこれでなかなかに悪くない。
シートが厚く座った感じがふかふかで、、ホールド性ではいまひとつだが、思ったよりも疲れない。
長く寝ていた個体ゆえ、ヒンジなどが、固着しかかっている。
たいしたことではないのだが、少しメンテナンスしてやろうと思った。
えーと、5-56は?と探したが、見つからない。
仕方ないなぁ、買ってくるか?
でも、待てよ、どうせ買うならば、かつて使っていたプロ御用達のアレだな・・・
というわけで、トヨタ部品共販に行って、ドライブジョイのハイルーセンとハイルーブを買ってきた。
要するに、浸透性潤滑剤と鳴き止めである。
ハイルーセンのほうは、ハイルーセンevoという新製品が出ていたので、それを購入した。

ギコギコいっているヒンジにハイルーセンをプシュとやってやると、すぐにおとなしくなる。
まあ、これで当分は大丈夫だろう。
トヨタ部品共販に行ったついでに、ウチのハチロク用にボンネットステイキャッチクリップを買ってきた。
ボンネット開時に支える棒を、格納するためのプラスチックの部品なのだが、
20年余り前に、ぱきっと割れてしまって、ずっとそのままになっていたのだ。
210円也。
こんな細かいパーツでも、すぐに入手できるのはありがたい。
メーターの照明が半分死んでいるし、4個ある室内灯のうち1個が切れているようだ。
水温計も表示がおかしい、タイヤは硬化してひび割れがはじまっているし、冷却水ももうちょっと足したほうが・・・である。
メーターは、ユニットを取り外して、各部を清掃してやった。
電球は切れていなかったので、組み付けると、見事全部復活した。
室内灯は、1個ダメになっていたので、輸入車用のタマを取り寄せて交換した。
冷却水は、LLCを買ってきて500ccほど足した。
バッテリーを交換して、室内を清掃して、天気の良い日に幌を開いて天日干ししてやった。
気がつくと、水温計がちゃんと動くようになった。
きっと、走りたかったのだろうな、MG-F。
簡単なメンテだけだが、だいぶかなり良くなった。
運転席側のドアを開けても室内灯が点灯しないこと、タイヤが硬化しているので、リアに荷重をかけると若干振動がでること、
リモコンで動作するはずのフロントフォグランプが、何故か点灯しないことを除けば、おおむねOKである。
あとは、オイルを交換して、少しずつ走らせてやれば、もっと元気になるだろう。

ウチの国産車の感覚は、いわゆる「通勤」のようなものだ。
あたりまえの日常。
その中で何を考えか?というのが走りの部分と言える。
対して、ウチの輸入車連中は、「試合」とか「決闘」のような感じ。
気を抜いたらやられる。
しくじったら大怪我だ。
そういう緊張感を抱えて、毎日走るわけにはいかないし、「通勤」車大多数の公道では、場違いといわざるを得ない。
MG-Fは、どうだろう?
「趣味」というか、「散歩」みたいな感じ?

汎用性、実用性に優れた国産車と、尖った性能で特化した輸入車、そんな極端なウチの車の中で、
たぶんMG-Fは、ちょうど中庸の車なのである。
あれこれチューンしてやろうと思うほど手軽ではないし、かと言って、走ることそのものが、真剣勝負というカンジでもない。
パーツは汎用部品でできているし、何より、運転を適度に楽しめる構成になっている。
ミッドシップの緊張感、トルクのあるエンジン、絶対スピードは高くなくても、トラクションがそれを補ってくれる。
そうだそうだ、それと、これがあったな。
幌を開いて、風を感じて走る。
ヒーターは効くが、さすがにアタマが涼しい。
ちゃんと着込まないと、風邪引くな・・・
こういう感覚は、クーペばっかりのウチの車には無いものだ。
「乗ること走ること、それそのものがイベント」という車は、それは機械的な性能のせいであって、
MG-Fのように、「英国製オープンスポーツカーで流す」感覚とは全く違うものだ。
隣で嫁が言う、「足元暖かいけど、空が見えて何か不思議だね。」
嫁のじぇこたむ(ロータスエリーゼ)は幌を開いたことが無いが、たぶんエリーゼで幌外して走っても、
MG-Fの感覚とはだいぶ違うだろう。
「決闘」のようなぷりこ(エスプリS1)ほどの緊張感は必要としないが、じぇこたむ(エリーゼ)の走りは、少なくとも「試合」である。

コンビニで暖かい缶コーヒーを買って、駐車場のMG-Fを振り返ると、MG-Fがほんの少し二カッと笑ったように感じた。
こういう楽しみ方ってのもあったんだよな・・・
いつの間にか、「通勤」のように、移動することに慣れてしまい、「試合」に疲れてしまった中年の「走り屋」にとって、
MG-Fは、そういう存在となったのである。


350km自走で納車前のMG-F、後ろにいるのは、私がかつて乗っていたアルファ155である。


そしてやってきた「真ん中のクルマ」、嫁は運転して「結構骨太なカンジ、嫌いじゃないけど意外」とのこと。


久々に見たウチのぷりこ(エスプリS1)。MG-Fをとりに行くと同時に、ぷりこの塗装打ち合わせも兼ねていたのだ。


はちろきゅ(AE86改)のボンネットステイキャッチクリップ。20年間割れたままだったが、新品となった。
こういう細かいパーツって忘れてしまうので。
ブログ一覧 | クルマ
Posted at 2018/02/25 13:10:11

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

タミヤフェアへ
さとる@さん

脚とパワーとミッション。
まっぴ@さん

夕森公園まで紅葉ドライブとか
ゆう@さん

2号機 廃車‼
@兄貴さん

MGエンジン載せ替え(前編)
MasaGotoさん

煽ったんじゃないよ~。
mgoolongさん

この記事へのコメント

2018/02/25 19:30:18
MG-Fですか、
かつて新車で売ってた時、近くにディーラーが在ったので良く見に行きました。
駆動方式こそミッドシップですが、
やっぱりMG-AやB等のFRオープンカーに通ずる物が有ると思いますよ。
オープンドライブをゆったり楽しむ車だと思います。
エリーゼはほんの一部だけのオープンなので解放感は少ないですからね。

オープンドライブ、足元が冷えるから
奥様用に膝掛けも御用意した方が宜しいかと。
これから楽しみが増えましたね!
(^^)v
コメントへの返答
2018/02/25 22:12:01
コメントありがとうございます。
MG-Fに乗ることになるとは思いませんでしたし、自分で選ぶならば、真ん中の車は選ばなかったかも知れません。
嫁さんは、運転したいらしく、MG、MGとしきりに気にするので、先週ハンドル握らせました。
案の定、結構トバします。
待て待て!気持ちは分かるが、まだ慣らしだからな!とブレーキをかけました(笑)
嫁さん曰く、エンジン同じなせいか、エリーゼと共通点あるね~!!とのこと。
次は、毛糸の帽子かぶって運転する、と言っております。
2018/03/09 17:33:33
こんにちは。

「試合」に疲れてしまった中年の「走り屋」です(^^)
MG-Fの感じ…
まさに言い得て妙ですね(^_-)

何だか、無性にMG-Fに乗りたくなりました(’-’*)♪
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「真ん中の車(MG-F登場編) http://cvw.jp/b/303167/41148551/
何シテル?   02/25 13:10
esprits1です。免許取って以来、乗った車全部まだ乗っています。 ウチに来て、10年目になったなぁ・・・は、ウチではまだ新参者です。 何台あっても、エア...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

ファン

18 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ スプリンタートレノ はちろっきゅ (トヨタ スプリンタートレノ)
ハチロクとは何か知らずに、カローラ(仮)として購入。 免許取って初めての愛車で、以来28 ...
スバル BRZ びーたるん (スバル BRZ)
アルファロメオ155からスイッチした、私のニューアシ車。 エアコンが効き、パワーがあり、 ...
ロータス エスプリ ぷりこ (ロータス エスプリ)
免許取って2番目の愛車。以来24年以上のつきあい。 根性でUSAから個人輸入した。 彫刻 ...
フェラーリ ディノ208GT4 ぢのこ (フェラーリ ディノ208GT4)
免許取って3番目の愛車。 ブルーメタリックの外装とアイボリーの内装のコントラストが美しい ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.