• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

70式の"70式小型トラック" [スズキ ジムニー]

バンパーグリルのアルミメッシュ化

カテゴリ : 外装 > グリル・エンブレム > 自作・加工
目的チューニング・カスタム
作業DIY
難易度
作業時間6時間以内
作業日 : 2018年11月17日
1
フロントグリルのハニカムメッシュをアルミメッシュに交換したことで、同じデザインになっている、バンパーのグリルを同じアルミメッシュに加工する必要が生じました。
そのままだと、見た目がチグハグになるからです。

こちらのサイトで出会ったお友達や、様々なネット上の情報からバンパーグリルが別部品であることが判明しましたので、早速車を注文しているディーラーに取り寄せをお願いしました。価格は6千円弱だったと思います。

まず、届いたグリルの材質を確認しましたが、最も厄介なPP(ポリプロピレン)で成形されていました。切削や研磨が困難、接着不可、エポキシパテも使用出来ないと言う「お手上げ材質」です。

(詳細写真はフォトアルバム参照)
2
しかし、材料を取り寄せたのですから、なんとしても加工をしなければと思い、まずはハニカムメッシュを切除することに。

切断にはオルファの鋸を使いました。先端が細くなっているため、曲がらないように慎重に切断してゆくのですが、枠側に傷をつけないように作業しなければなりません。

粘り気のある材質なのでなかなか切れませんでしたが、時間をかけてなんとか切除することが出来ました。

枠部分にメッシュが取りついている部分が一段高く(3~4㎜)なっているのですが、枠の内側で切断すると、枠に穴が開いてしまい強度的に不安があると思いましたので、その部分は残して切断しました。
※その方法があとで功を奏することになります。

切断箇所は上下と左右も合わせて22か所ありましたが、均一な切削には出来ませんでした。歪な切断面となりましたので、手じかにあった木工やすりで整えようとしましたが、普通の樹脂のようには行きませんでしたので、いわゆるバリ取りだけを行い、多少の形状を整えただけで、「第一段階」の枠加工は終了しました。

(詳細写真はフォトアルバム参照)
3
次はアルミメッシュの加工ですが、前回のフロントグリルで使用した残りが丁度良いサイズでした。

枠内に収めるため、箱状に加工する必要があるのですが、ピッタリサイズにしなければ取り付けが出来なくなりますので、採寸し展開図を描いて切断。

4隅はカーブしていることを考慮して左右を多めに切断しましたが、思い違いで1センチほど多めに切り取ってしまいましたので、残りの3か所も併せて切断しました。

難関の「曲げ加工」はメッシュの材質が比較的柔らかだったこともあって、板で挟んで百均の万力で締め付けて固定して思ったより簡単に90度折り曲げが出来ました。

曲げる位置は何度も確認しました。
板を仮置きしている画像は位置が誤っています。(上下のみ)

次に、枠の上下左右にあるハニカムメッシュが取り付いていた部分(出っ張り)の切り取りを行う必要があるのですが、枠の縁から2~3㎜下がっているだけなので、メッシュを切断するとメッシュ自体の強度が落ち、変形に繋がる可能性がありましたので、色々と考えた挙句に、出っ張り部分に溝を切って貫通させてそこにメッシュを差し込むことにしました。

これも切断位置とサイズが枠とピッタリ合わないと、取り付けられてもメッシュの「面」に歪が生じてしまいますので、慎重に寸法を合わせて切断しました。上下は切断切り取りですが、左右は「開孔」にしました。

メッシュなので出っ張りに当たる部分のワイヤーを必要最小限切断しました。

(詳細写真はフォトアルバム参照)
4
メッシュを差し込むための枠の出っ張り部分の加工です。

幅が狭いため、そのままカッターを当てることが出来ないため、まずは両端にピンバイスで穴を開けて大まかに切断し、その後に枠に傷をつけないように溝の幅を削って行き溝幅を広げて行きました。

通常の材質の樹脂なら難しい加工ではありませんが、8か所ある4cm程度の加工には相当の時間が掛かりました。

溝幅はアルミメッシュの厚みを超えている必要がありましたが枠の材質に柔軟性がありますので、寸法の精度はあまり気にしませんでした。

8か所の「溝切加工」が終わり「第二段階」の枠加工が終了しました。

(詳細写真はフォトアルバム参照)
5
いよいよ最終段階のメッシュ取り付けですが、寸法は誤りがないように加工しているためあとはメッシュを枠の溝にスムーズに差し込むことが出来るかに掛かっています。

全体で8か所あるため、すべての位置を少しづつ差し込んで行かないと、無理をすれば、即メッシュの変形に繋がって取り返しのつかないことになりますので、慎重に進めて行きました。

枠とメッシュの面の高さが概ね均一になっていることを確認して差し込み完了。

差し込んだ部分と、以外の部分(のりしろ)を枠側に曲げて押し込むことで、メッシュを固定。

枠の全周を固定することが出来、強度的な不安は無くなりました。

(詳細写真はフォトアルバム参照)
6
書き忘れましたが、最初の計画では枠内に面一(ツライチ)で収める予定でしたが、メッシュを差し込んだことで曲げ加工部分を緩やかにしたことから枠の高さよりメッシュが5~7ミリ程度高くなっています。
画像では判りませんが、中央部が高く端部が低くなっています。
見た目的にはバンパーの奥に取り付くので、特に問題はなく、メッシュのワイヤーの耐久性も良くなったのではないかと思っています。

(詳細写真はフォトアルバム参照)

後は、先にアルミメッシュ化し、ZZC色を塗装したフロントグリルと共に、車への取り付けを行うだけとなりましたが・・・

7月中旬に注文し、およそ5か月待ちでしたが、先日ディーラから連絡があり、納車が12月中旬頃となりました。

取付状況もアップしたいと思っていますが、時期的(年末年始)なものもありますので、若干遅くなるかもしれません。

追記
メッシュ化することでグリル中央にあったナンバープレートについては、助手席側にオフセットして取り付ける予定です。

既製品のアルミ製のステーを用意しています。取付にはバンパーにネジ穴2か所を開孔しなければならないですが、確実な固定が必要ですので仕方がないですね。

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

関連整備ピックアップ

黒く塗りつぶせ

難易度:

アウトクラスカーズ製 復刻版 4-WHEEL DRIVE ステッカー

難易度:

エンブレムを艶消しブラックに交換

難易度:

フロントグリル取り付け

難易度:

未塗装樹脂コート施工

難易度:

マットブラックグリル取り付け

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

「[整備] #ジムニー バンパーグリルのアルミメッシュ化 https://minkara.carview.co.jp/userid/3036053/car/2647630/5059454/note.aspx
何シテル?   11/25 04:47
70式です。 四駆は「軍用車」と信じて疑わないおっさんです。 ジムニーを人生最後のクルマとして、目いっぱい遊んでやろうと考えています。様々な情報を交換出来た...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

愛車一覧

スズキ ジムニー 70式小型トラック (スズキ ジムニー)
スズキ ジムニー納車待ちです。 年末年始とのことで、3か月先・・・ グレードはXL、カラ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.