• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ブラックサンダーショコラのブログ一覧

2019年04月18日 イイね!

デッドニングで少しだけ わかった気がすること

デッドニングで少しだけ わかった気がすることデッドニングで少しだけ わかった気がすること


ついつい面白くてデッドニングばかり素人DIYでコチョコチョやってきましたが
ホント素人弄りなので大したことは出来てません。大したことは出来てないんですが面白さから文献読んだり色々と調べるきっかけになり勉強にもなりました。

おかげ様で素人DIYでも我ながらそれなりには静かにはなったんですよね~

そんな中 少しだけわかった気がする事があるんです。
わかったと言うより勘違いしていたことに幾つか気付きました。

これは比較的早くに気付いたことなのですが


『共振ポイントは移動する』です。


デッドニングて 
音を吸収することで音の反射を防ぎ反響と透過を抑える『吸音』
空気中で伝わってくる音を遮断して音が透過しないようにする『遮音』
共振する金属板の不要な振動を熱エネルギーにして散らし固体音の低減させる『制振』



こんなとこだと思うんです。

alt

alt

alt


この中で言うところの『制振』


共振するであろう金属板部分を一部分だけ全面貼りなどでガチガチに制振させてしまうと制振出来なかった場所が共振をするようになってしまう。

共振ポイントは移動させないように出来るだけ高性能なレアルシルトなどの制振材を適量使い 逃がさずその場で仕事してもらうようにするのが一番いいのだと感じました。

alt

もちろん例外もあり共振が移動しにくく物量戦術で塞ぎ切ってしまうほうが効果的な場所もあります。
僕のRC4でいうとバルクヘッドや運転席、助手席の足元などがそれになると思います。

alt
alt



あとこれは最近になって感じたことなのですが


『エンジン音などが小さくなると他のロードノイズなどが大きく聞こえる デッドニング沼』


これは全てが錯覚ではなく事実としてあり得る部分もあるのではないか と思うようになったのです。




alt
alt
alt
alt



静かになった車内空間を満喫しようとオーディオのボリュームをゼロにして走ってみると 当然 ロードノイズ、エンジン音などが先ほどより大きく聞こえます。

これはオーディオの音が消えたことでロードノイズがはっきり認識できるようになった 所謂錯覚だと思っていたのですが

ボリューム 2~3くらいの本当に小さな音でオーディオを流しているときのほうがボリューム0の時より総合的に静かに感じる時があり
オーディオを消して無音にしたときに初めて発生する周波音がある気がしてきたのです。

alt


もちろんこれすら錯覚である可能性もあるのですが 特定の周波数の音が同じ周波数の音を相殺してるんじゃないのかな?と思うようになりました。

私自身は電気工事士やCATV技術者の資格を持っているのですが 電気言うところの三相交流みたいに同じ波形が打ち消し合うように音波も もちろん同じ周波帯の音は相殺し合います。

alt
alt


つまりは ロードノイズ、エンジン音、風切音 これらの音の中には 毒になる周波帯の音と他のノイズに対して薬(打ち消す役割)になる周波帯の音が双方に存在して全てが足し算ではないのではなく 

『3歩進んで1歩下がる』

これがデッドニングだったんだな という話です。

alt

もちろんその割合は非常に小さなものでいずれも『なんとなく』のレベルですし基本的に物量戦術は有効です。





でも『制振』と違い『遮音』『吸音』はやればやるほど良いと思っていたことが絶対ではないとも言えちゃいます。

大事なのは制振と遮音と吸音のバランスかな・・・・う~ん奥深くて面白いw

先日手に入れたアイテム
タイヤ内の反響音を同じ音波で相殺するノイズリデューシングホイールでこの辺りがどのように作用するか非常に楽しみです。

将来的には逆位相制御音装置とかが自動車に標準搭載されるようになるんでしょうね~


て雑談でした。
Posted at 2019/04/18 16:29:05 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記
2019年04月13日 イイね!

今日フッと思ったのですが

今日フッと思ったのですが

この写真は前輪助手席側のタイヤハウスをデッドニングした時のものなのですが
(コート前)

ずっと気になってました。

このボコボコした形状なんの為なの?

強度増加の為?もしくは共振防止?

とか思っていたのですが

もしかしたらコレ

よく聞く整流板の効果を狙ってなのかな?



ソレっぽい記事を読んでみました。

タイヤハウス内の空気の動きはタイヤの回転に導かれて後方からハウス内上部に巻き上げられ形状に添うように前方に
そして路面に叩きつけられ行き場を失いサイドに噴き出すような流れになるそうです。

このサイドに噴き出された空気が気流を乱して走行中の車体への圧力増加させるそうです。



フロントタイヤでも同じ事が起こって
タイヤの前方設置面に大きな圧力を生んで車体のダウンホースを奪ってる。

それをさせないようにハウス前方に流れた空気を内側車体下へ導けば
気流を乱す事なく車体中央に空気の流れが出来上がり
車両後方に発生している乱気流による引っ張り効果を抑制出来るとか。


ハウス内で空気がそんな動きをしていたとか
みんカラ見識者の方々なら当たり前にご存知だった事だったかもですが。

知らなかったです うーん面白い。
(・ω・)


てことは




こんな感じにモールかなにかで凹凸を作ってまた上からアンダーコートして
そんなことで直進性や燃費が向上して風きり音が軽減されたら・・・


純正フォルムのままの見えないエアロパーツ←



て妄想を今日楽しんでおりました。


うん 

いつか試してやろう
(*´ω`*)







Posted at 2019/04/13 21:20:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2019年04月01日 イイね!

遮熱板とカーボンウールに関する思い込み見解

遮熱板とカーボンウールに関する思い込み見解昨日の施工 【マフラー遮熱板に断熱兼ねての吸音処理】に対する補足

https://minkara.carview.co.jp/userid/3048157/car/2659222/5239888/note.aspx

自分なりに文献漁って勉強した遮熱板とカーボンウールに関する私の思い込み見解です。



■遮熱板の役割:マフラー排熱をボディに伝えることなく途中で遮熱すること。
■アルミが使われている理由:熱伝導率が高く軽量で錆にくいこと。
■熱伝導率の高さ順 空気>カーボン>アルミ>鉄

となるとカーボンはアルミよりも熱伝導率が高い為にマフラーからの排熱をボディに伝えやすくなってしまうのでは?

とも考え色々と調べた結果、熱伝導率が極端に高いカーボンがウール状になることでカーボンより熱伝導率が高い空気に触れる面積を増やすことになり 結果的に熱を素早く冷ます効果を生む・・・

らしいです←これは書いてた

つまり
アルミ遮熱板では空気に触れる板の面積だけでしか排熱処理できなかったですがカーボンウールが高い熱伝導率でマフラー排熱をアルミ遮熱板がら奪いウール状の利点である空気に触れる面積の豊富さで遮熱板だけの時より素早く排熱処理ができる。

また
カーボンウールがボディ(金属)に触れていても 金属より熱伝導率の高い空気が先にカーボンから熱を奪うのでボディには排熱が伝わることなく 回り込んでボディに伝わった排熱をも逆に奪うラジエーターの役割になる・・・

かもしんない←これは思い込み


まあ元々の目的は遮熱板の共振を防いでさらに吸音 その上 まぐれで排熱効率まで良いくなる(かもしんない)なら御の字。

ちなみな範馬勇次郎は炭素を握り締めてダイヤモンドに変えるらしいです。←全然関係ない


Posted at 2019/04/01 14:38:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「[整備] #オデッセイハイブリッド 凹んだ時でも今後のために整備手帳 https://minkara.carview.co.jp/userid/3048157/car/2659222/6373848/note.aspx
何シテル?   05/15 22:02
ブラックサンダーショコラです(愛犬チワワの名前です) 今から25年前 給料の半分を32Zに貢ぎ 同じところばかりグルグル走り回ってた頃 いつも帰り...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/4 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

RCオデッセイ ケーブルリール交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/01/05 13:56:33
フロントバンパー後期化に伴うダミーセンサー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/12/28 12:52:26
ダミーソナー装着 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/12/28 12:51:17

愛車一覧

ホンダ オデッセイハイブリッド ショコラ号 (ホンダ オデッセイハイブリッド)
愛車ニックネームは愛犬チワワの名前です。 ご近所受けのいいようノーマル純正フォルムを維持 ...
日産 フェアレディZ 愛しのマイフェアレディ (日産 フェアレディZ)
平成3年 20才で購入 バブル景気の車です。 給料の大半をこいつに突っ込みました。 オ ...
トヨタ カローラレビン 不死身のレビン君 (トヨタ カローラレビン)
ひとつ年下だった妻の高校の卒業式にはこの車で迎えに行きました。 免許取り立て人生初マイ ...
トヨタ エスティマ トヨタ エスティマ
三人目に長男が生まれチャイルドシート3個を積むことになり購入。 結果的に一番家族全員が ...

過去のブログ

2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.