• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

みやもっちゃんのブログ一覧

2005年11月17日 イイね!

筑波2000走行

筑波2000走行筑波コース2000
 秋晴れの中、レビューレーシングプロジェクトの走行会に参加してきました。
仕事が多忙で、とても休めるような状況では無かったのですが、健康診断をサボっての参加となりました(笑)
走行台数は、平日とあってちょっと少なめの各クラス20台。
走る側にとっては丁度良い台数ですね。

もちろん天気は「晴れ」だったので、相変わらず筑波2000限定晴れ男伝説は健在です。

よくよく考えてみるとFSWがオープン以来、筑波2000からは足が遠のいていましたね。
レース観戦や何やらで足を運んではいましたが、自分のエリーゼで走行するのは、今年2回目だったりします。
以前は、月に2回は当たり前だったのにね~!

前回、筑波2000を走行したのは4月で、その時はSタイヤを履いての走行でした。
皆さん、ご存知のように、今はネオバを履いているので、当然コース2000もネオバで走行です。

実は、筑波2000をネオバで走るのは、この日が初めてだったりします。
しかもPCRは、まだセッティング中という事もあり、ちょっと緊張モードでした(笑)


1本目走行
 とりあえずサスセッティングは、前回のFSWショートコースを走行した時のままです。
ちょっとリアが下がり過ぎな感じなんで、走行前に車高を調整しようかと思ったのですが、
何故か作業を始める気力がありませんでした。 最近、仕事が忙しいのが原因かな?
そんな怠けた理由で、セッティング変更をせずに走行開始です。

コースインして2周ほどペースカーについて走行しました。
2周しただけなんですけど、なんか緊張が解れた感じになりました。
そして「やっぱり私のホームコースは、筑波2000だよなぁ」と呟いたのでした。
何か、ココを走ると安心するしクルマの違いとかがいろいろ判る(ような気がするだけ?)のです。

さて話を走行に戻しましょう!
3周目からアタック開始しました。でも、どうも上手くリズムが掴めません。
走行台数は少なめなのですが、何か気持ち良く走れなかったのです。久しぶりだからかなぁ??

最後の方で、やっとリズムが掴めてきました。
やっぱりツキイチくらいで、走っておかないとダメみたいですね。

1本目のベストタイムは、1'08.439 でした。
まぁ久しぶりだから、こんなモンかな?


セッティング変更
 1本目のクルマの挙動ですが、FSWの時と基本的に同じ動きです。
進入が「アンダーステア」です。 ノーズの入りが悪いのです。
そして、クリップから先でアクセルを入れて行くと、途端に「オーバステア」が出てしまいます。

リアの減衰を締めこんで、FSWでは挙動が安定したのですが、
筑波2000では、まだ不足なんでしょうか?
でも、減衰不足という感じじゃないんですよね。
何かタイヤのグリップ力が少ないと云うか、不安定と云うか...
Sタイヤからネオバにスイッチしているので、そのグリップ力の違いなのでしょうか?

そこでセッティングを変更する事にしたのですが、どうすれば良いのか悩みました。
ノーズの入りが悪いのでリアの車高を上げたいのですが、
クリップから先のオーバステアの挙動が更に酷くなりそうな予感がします。

結局、フロントの減衰を1ノッチだけ締めこんで見ました。


2本目走行
 セッティング変更により、多少ノーズの入りは良くなりましたが、基本的な動きには変化なしです。
更にノーズが入りやすくなった分、オーバステアが酷くなってしまいました。(泣)

根本的に何かが違っているようですね。

タイムは、1'08.658 と逆に悪化です。


3本目走行
 3本目も、2本目の同じセッティングで走行ですが、走り方を少し変えてみました。
平均コーナリングスピードを上げるのでは無く、一気に向きを変えて立ち上がり重視のラインで走ってみました。
これはラジアルタイヤは、縦グリップを有効に使った方が良いというアドバイスを貰ったからです。
でも....ベストは、1'09.851 全然ダメじゃん(苦笑)

しかも、走行後半になると全くタイヤがグリップしなくなってしまいました。
ちょっとでもアクセルを入れると、リアが出てしまいます。
その時のタイムは、なんと12秒台まで落ち込みました(大泣)

ひょっとしてオイルでも出ているのか? と思った程です。


タイヤがグリップしない訳
 3本目の走行後、一緒に参加したエリーゼ仲間に路面状況を聞いてみましたが、特にコンディションが悪化したと云う事はないようです。

やはり、私のエリーゼだけが極端に遅くなったのです。
とりあえずエア圧だけでも調べようと、タイヤを触ったら...
原因が判りました。

リアタイヤの外側が発熱しておらず、代わりに内側は異常な発熱でした。
フロントタイヤは、全体的に温度が上がっておらず、これもちょっと問題ありです。

バネレートを上げた事とタイヤのグリップが減った事でロール量が減ったので、
現状のキャンバー角では大き過ぎるという結論です。
しかも3本目の走行時は、走り方を変えたのでロール量が更に減り、
全くリアタイヤ外側が発熱しなくなったと思われます。

現在のアライメント値は、以前の柔らかいバネレートとSタイヤに合わせた値なので、変更する必要があるようですね。

つづく
Posted at 2007/09/19 06:00:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | エリーゼ | 日記
2005年11月03日 イイね!

PCR シェイクダウン

PCR シェイクダウンFSWは遠い??
 FSWショートコースに行ってきました。
目的は、もちろんOH+仕様変更を実施したPCRサスのシェイクダウンとセッティング出しです。

この日のスポーツ走行枠は、9:00からだったのですが余裕を持って家を6:30位に出発しました。
途中で朝食を取りコースに到着してから若干のセッティング変更を実施するつもりだったのです。

でも、やはり休日の高速道路は何が起きるか判りません。
高速に乗ると、渋滞表示版に「御殿場~沼津 通行止め」の表示です。
「うーん、御殿場で降りるからそれ程影響無いかな?」 と思いましたがやはり上手く事は運びませんでした。
どうやら御殿場出口で渋滞しているようです。

それならば...と大井松田で降りて国道246号でFSWに向かう事としたのですが、
これが大失敗! ここも大渋滞でした。しかも、国道246号も渋滞でした。

あー、これじゃ朝食が取れないどころか、9:00からの走行に間に合うか判らないなぁ~
と1人でボヤいてしまいました(笑)



コース到着
 結局、コースに到着したのは、8:55でした。 つまり走行開始まで5分しか残っていません。
慌てて走行チケットを買いに行き、走行準備を始めました。
工具、エアポンプ、トルクレンチ、ヘルメット...を車内より取り出します。

セッティングを変更して走るつもりだったのですが、
そんな時間は無いのでとりあえず現状のセットで走行する事にしました。
それと、もうレーシングスーツに着替えている時間も当然無いので、
そのままの服装で走行する事にしました。

良し! これで準備万端整った! いさ出撃!!
ん? でも何か忘れていないかい? あっナンバープレート外してないや! でも、まぁ良いか!
ん? 何かもっと重要な事を忘れているような気が...
でも時間が無いからそのまま走行開始しました。

しかし、やっぱり重大な事を忘れていたのでした!



1本目走行
 1本目の走行は、休日という事にも関わらず走行台数が私を含めて3台という素晴らしい状況でした。

これなら、限界を超えた走りをしてスピンしても、まず問題にならないでしょう。

サスセッティングを実施するには、限界を超えた走りをした方が判り易いので絶好の条件ですね。

今回、「OH+仕様変更」を実施したPCRサスには多大な期待がありました。

基本的にサスの変更だけで大幅なタイムアップは望むべきものではないのですが、個人的にかなり期待してしまっています。

実は先週の111CUPを観戦に行った帰りに首都高を走った時の走行フィールが素晴らしかったので、今回の走行では簡単に34秒台に突入するのではないかという淡い期待があったのでした。

でも、その期待も走り出して直ぐに消えてしまう事になりました(笑)
もの凄いオーバステアなんです。
すべてのコーナでリアが出てしまいます。

うーんやっぱり普通に流して走る時と限界走行では、セッティングが全然違いますね。
明かにリアの減衰が不足しているフィールです。

早めにピットインして減衰調整をしようかと思いましたが、そうなると、走行台数3台と云うこの走行枠を無駄にしてしまう事になるので、そのまま走行を続けました。

その後の走行は、オーバーステアな挙動を楽しむようにしました。
進入でリアを出して、素早くカウンターを当ててコーナを脱出!
ミッドシップでコレをやるのは難しいですね。最後まで上手く出来ませんでした。

そんな事を続けてくうちにリアタイヤがタレタレになってほとんどグリップしなくなりました。
そんな訳で、この回は何回スピンした覚えていない位でした。



大きな忘れ物
 1本目の走行後、セッティングを変更する事にしました。

とりあえずリアの減衰を上げる事にし、いつも持ってきているフロアジャッキを探しました。

しかし見つかりません。 アレッ、何で無いんだろう。

持ってくるの忘れたかな?
いや昨日の夜、確かにエリーゼ積んだよな。 

どこに積んだっけ!
そうだ、トランクに積んだな。 うん、確かに積んだ!

でも~、コースに来てから降ろした記憶がないなぁ!

そうなんです、あまりに慌てて走行準備をしたので、
トランクに積んだ荷物を降ろすのを完全に忘れていたのでした。

重いフロアジャッキを車体の一番後ろのトランクに積んだまま走行してしまったのでした。
そうなると、1本目の走行中に経験したオーバステアも、それが原因かも知れません。

あーっ、バカですねぇ~!
やはりコースを走行する時は余裕を持ってコースに到着するようにしないとダメだなぁと深く反省したのでした。

反省しながらも、とりあえずトランクからフロアジャッキを取り出し、減衰調整はしっかり実施しましたよ。


2本目走行
 2本目の走行台数は6台です。
1本目のようにガラガラではありませんが、この台数であれば全く気になりませんね。

走行を開始し早速エリーゼの挙動をチェックします。

1本目に強く感じたオーバステアが出なくなっており、リアの動きが落ち着いた感じです。

その代わりターンイン時にノーズの入りが悪い感じがします。
フロントの減衰ももう少し締めこんだ方が良いようですね。

他に気になる点がありました。
それは、2コーナから先の上り区間です。
以前にも日記に書いたかも知れませんが、この区間は上手く?トラクションが抜けるようになっているのです。

LSD無しのエリーゼだと、ちょっと不用意なアクセルワークをすると直ぐに内側のタイヤが空転してしまいます。

今回仕様変更したPCRサスは、バネレートが以前のモノと比べてかなり上がっているという事もあり、以前よりもアクセルコントロールがシビアになっているように感じました。
しかし、トラクションが抜けても挙動が大きく乱れるような事はありませんでした。

話はちょっと外れますが、2本目の走行は、エリーゼ仲間のNさんが一緒でした。
NさんのエリーゼにはLSDが組み込まれているので、私はその走りには興味がありました。

ストレート区間では、VVCパワーを活かし引き離す事ができるのですが、
上り区間では、どんどん車間を詰められてしまいます。
やはりLSDの威力は絶大のようですね。

走行後に聞いた話では、
この上り区間ではLSD効果でエリーゼがどんどん前に進んでくれるとの事でした。
その代わり、エリーゼ特有のヒラヒラ感は薄れてしまったり、リアの動きがかなりシビアになったとの事でした。
LSD装着も、一長一短があるという事のようですね。

さて、私のこの日のタイムですが、
ベストラップは、35.22 でした。
前回よりもタイムアップし、とりあえずベスト更新できました。

もっとセッティングを煮詰め、このサスに慣れてくればタイヤがタレる前にタイムを出す事が出来るでしょうから、34秒中盤くらいまでは行けそうです。


エンジン絶好調!
 車検の時に、スロポジセンサ修理、オイル交換、プラグ交換を実施した結果だと思うのですが
エンジンは絶好調です。

兎に角、回転の上がり方がスムーズになりましたね。


Posted at 2007/09/19 05:57:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | エリーゼ | 日記

プロフィール

「いまさら感はあるけど...ふるさと納税してみた! http://cvw.jp/b/305531/43519132/
何シテル?   12/06 00:00
この世に生を受けて半世紀が経過しました。 依然として精神年齢は低いままではありますが、歳を重ねてくると... ”それはそれで良いのかな?”  と思えるよう...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2005/11 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

リンク・クリップ

ポルシェセンター青山 
カテゴリ:ポルシェ ケイマン
2014/03/30 10:14:42
 
オーセンティックカーズ 
カテゴリ:ロータスエリーゼ
2012/02/12 23:32:50
 

愛車一覧

ポルシェ ケイマン ポルシェ ケイマン
2014年3月~  2014年3月28日に無事に納車となりました。    今後10年間を ...
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
2011年2月~  2011年2月5日に無事に納車となりました。 ファミリーカーとして使 ...
ロータス エリーゼ ロータス エリーゼ
2002年~2013年 10年8ヶ月間所有しましたが、現役引退となりました。 私の車歴で ...
マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)
2008年~2011年 2011年2月5日に現役引退となりました。 走りと実用性を兼ね備 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.