• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年04月14日

SBW採用で成熟の域に(アフリカツインアドベンチャースポーツ)

SBW採用で成熟の域に(アフリカツインアドベンチャースポーツ)
レビュー情報
乗車形式マイカー
メーカー/モデル名ホンダ / CRF1000L アフリカツイン アドベンチャースポーツ(MT) (2018年)
乗車人数1人
使用目的レジャー
おすすめ度★★★★★
走行性能
まだ、オンロード中心にしか走っていませんが、旧モデルと比較してもフィーリングに大きく変わったところはありませんが、SBW採用で指先に神経尖らせなくても良くなった感じと、バランサーの軽量化とマフラーの触媒分割に伴うサイレンサーの小型化により排気音も爆音😁になり、吹け上がりが一段と鋭くなりました。クランクマスが減った割にはギクシャク感の減少と旧モデルに比べてサスペンションの突っ張り感と硬さが減って、全体的にしなやかで粗さが少なくなってとてもスムーズにライディングできるな~って第一印象です。これならロングツーリングも旧型にくらべて一層楽ちんになるでしょうね。ますます距離感欠乏症に拍車がかかりそうです
【6/7追記 オフロード】
GWに剣山スーパー林道を含む四国林道ツーリングへでかけてアフリカツインのオフ性能を堪能しました。ズバリ!サスペンションのアップデート進化は素晴らしいです。路面追従性能が向上し旧モデルと同じ感覚で走ってると2割くらい速度が乗ってる感じで走れます。プリセットのトラクションコントロール(GRAVELモード)[3][3][6]もダートをプッシュしない慎重な走りを望むならこれでOKですね。
トラコンいろいろ試したけど、ダートをプッシュしない走り方なら、
「2」「3」「4」 がバランス良いよ、まったり走りたいなら
「3」「3」「4」かな~
滑りやすい路面だとトラコン3以上に設定するとかなりスリリングです😁 個人的には、[2][3][4]位がバイク任せでハイペースで楽に走れていいと思います。
乗り心地
サスペンションストロークが伸びたこともあり、バネレートが若干下がったのかな?旧モデルよりソフトな乗り心地です。旧型に見られたギャップ飛んだときのリアサスがポヨンポヨン暴れるお釣りが解消され一発で収まるようになりました。サスの仕上がりはよりオフロードよりに変更されています。エンジン振動は以前のモデルにまして少なくなりましたが、エンジンの鼓動感はしっかり残してあってクルージングは旧モデル同様にとても楽しいです。
燃費
瞬間燃費計でモニターする限りでは、エンジンはリファインされたものの燃費に特別変化は無いようです。60km/hで定速走行するとだいたい28km/l位です。時には30km/l超えもあり、旧モデルと燃料消費のパターンは同じ感じですね。実燃費で20~22km/l 位になるでしょう。(首都高C2を夕方に流して走ってる時の燃費計の動画です

→リンク 燃費計撮影(首都高)Youtube
積載性
このアドベンチャースポーツは標準モデルと違ったリアキャリアと積載面がフラットになるリアシートを採用されリアキャリアに物が積みやすいように設計変更されていますが、タンデムで出かけるときなど、リアシートが薄くフラットになった影響で踏ん張らないと座ってられないリアシートはデザイン上はカッコいいですが、実用的には劣るところですね。タンデムしてる嫁の意見次第では標準モデルのシートに入れ替えるかもしれません😁
満足している点
アドベンチャースポーツは海外で熱望されていた航続距離ワンタンク500kmをめざしてビッグタンクが採用されたモデルです。スロットル・バイ・ワイヤ(SBW)採用で快適性能もアップ。エンジンも全域トルクアップしていて重量増を相殺してお釣りが来る動力性能。サスペンションも20mmちょいストロークアップで運動性能も若干向上し、アドベンチャースポーツの文字通り”スポーツ”感は満足出来る仕上がりになっています。(もしかしたら標準モデルのほうが軽い分、より一層スポーティーな仕上がりになっているんじゃないだろうかって思っちゃいますね😁)
不満な点

唯一不満点になったのは、インパネがちょっと見づらいかな。特に液晶画面の反射が酷くて、日中は自分の姿や景色が写り込んで、文字の小ささと相まって視認性が非常に悪いです

あと、フレームが白なので汚れが目立ちますね~レプリカカラーだから仕方ないですけど😁



あとは、なぜSBWになったのにクルーズコントロールがついてないんだ?ってとこでしょう。世界中のレビューでクルコンのことに触れてない記事がないくらいダメ出しポイントになっています😁
総評
タンク周りがひとまわり大きくなったアドベンチャースポーツは、体格が大柄な人でないとかなりキツイモデルではありますが、標準モデルより劣るものの見た目よりずっと乗りやすくライダーに優しいバイクです。MTモデルでクイックシフターをオプションで取り付けたのですが、ミスファイアリングシステムがワインディングを走るとバォォ~~~~バフ!バフ!とアフタファイア(純正らしからぬかなりデカイ音)がスポーティーでその気にさせてくれます😁(本来の用途とは離れますがロンツーするには楽ちんですね)

→リンク アドベンチャー”スポーツ” とは

ブログ一覧 | HONDA AfricaTwin 1000 | クルマレビュー
Posted at 2018/04/14 14:17:39

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

スポーツモード
Wein.Weinさん

楽しいです
どらかずさん

パンパンいうのはなぜ?
せまるしかさん

久しぶりのドライブ♪
kkkazuさん

バリバリ
Protossさん

トヨタ、スバル専用純正交換タイプの ...
axispartsさん

この記事へのコメント

2018/04/14 18:54:19
ついに納車されたんですね!
イイなぁ。(^o^)

sbwでやっぱりかなりの進化をしてるようすですね。
乗り換えって選択は今のところ選択肢にありませんが今後の轍さんのレポはものすごくたのしみにしてます!!

(o^^o)
コメントへの返答
2018/04/14 19:03:03
ありがとうございます🙋
次期マイチェンで搭載されるであろうクルーズコントローラーでモデルとしての完成形になりそうですね😁 (サスまで電子化すると価格も200超えそうですが😅)

SBW化で距離乗ったときの疲労感は相当少ないです。巨大なカブですね今度のアフリカツインは🤣
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「ガソリン価格下がらんね~ でもね
◆国内石油元売り各社は過去最高益を上げてる
◆実は日本は精油したガソリンを海外に輸出するほど余ってる
◆原油価格は変化ない
これってまんま価格操作じゃん😁公取はなにやってんのかね」
何シテル?   11/15 17:42
2014年3月に息子が二輪免許を取得したのを機に数年ぶりにバイクリターンしました。休日に一緒にツーリングするなんて思ってもみませんでしたが良いもんですね。人生充...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

燃費記録 2018/06/21 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/27 23:27:18
 
劣化外装プラパーツの補修3 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/08 08:05:46
2017年の走り納め 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/27 09:18:12

お友達

メーカー・車種問わず気軽にぼちぼちやってます。宜しくお願いします。
最近は鉄馬ばかりの話題ですが、車ももちろん大好きです
最新情報はツイッタランドで上げてます
https://twitter.com/hiro_5
268 人のお友達がいます
プロト オリジナルパーツプロト オリジナルパーツ *みんカラ公認 フーテンの虎フーテンの虎 *
☆nishi☆nishi * きゃむろ。きゃむろ。 *
チーすけジャパンチーすけジャパン * ぷれR(旧・快適仕様)ぷれR(旧・快適仕様)

ファン

41 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ プレマシー マツダ プレマシー
両側電動スライドドアくっ付けてもこのGOODなスタイルにスポーツカー顔負けの抜群のリニア ...
ホンダ CRF1000L アフリカツイン ホンダ CRF1000L アフリカツイン
2016モデルも5万キロを超えてリペアパーツも増えたのを機に、2018年モデルに追加され ...
ホンダ CRF1000L アフリカツイン ホンダ CRF1000L アフリカツイン
YAMAHAさんに本当にオフ走って楽しいミドルのテネレのリリースの熱烈ラブコール送り続け ...
ホンダ CRM250R ホンダ CRM250R
HONDA CRM250R '91モデル 倒立サスでパワーアップ。モトクロッサーほどでは ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.