• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

uncertaintyの"普通のビート" [ホンダ ビート]

整備手帳

作業日:2021年2月8日

点火タイミング調整

他の整備手帳を見る 他の整備手帳を見る

目的 修理・故障・メンテナンス
作業 DIY
難易度
作業時間 30分以内
1
2021年2月7日に行った作業。
何年も前に性能の悪い自作タイミングライトを使って、いい加減なタイミング調整をした。その後、市販の安いタイミングライトを買ったが、発光するのを確認しただけで、ちゃんと調整をしていなかった。そこで今日はまじめに調整を行った。
写真は使用したタイミングライト。確か3,000円くらいだったか。
2
しばらく走り回ってエンジンを十分に暖めた。メンテナンスリッドを開けたら、点検窓のゴム蓋を外す(赤丸)。
3
まずフライホイールの点火マークを確認した。フライホイールが錆びたりしてマークが見にくくなっていることがあるので、確認しておくと後で迷わないで済む。

クランクプーリボルトにレンチを掛けて反時計回りに回転させる。左後輪を外してレンチを差し込むのが正しいやり方だと思うが、ジャッキアップするのが面倒なので、プーリーのプラスティックカバーを外してレンチを掛けた。
4
回転が重くなって来たら上死点付近なので、点検窓を覗きながら少しずつ回していく(デスビキャップを外してローターの位置を見ながらやる方が確実)。

点火マークが見えた。本来ならば赤い線のはずだが、色が落ちて錆びた線だけが残っている。
5
サービスチェックカプラを短絡したら(赤丸)、エンジンを始動してタイミングライトで照らしながら点検窓を覗く。合わせマークが上死点と点火マークの中間辺りを指していた。
6
ディストリビュータの固定ボルト(赤丸)を緩め、合わせマークが点火マークを指すようにデスビハウジングを回して調整する。ピタリと合わせたら、固定ボルトを締め付けて終了。
7
調整前と調整後の差。

さっそく近場をひとっ走りしてきた。体感変化なし…

イイね!0件




関連整備ピックアップ

このボルトが外れん😅

難易度:

エンジンマウント交換

難易度:

エンジンブロー☠️

難易度: ★★★

カムホルダーパッキン交換*\(^o^)/*

難易度: ★★

クラッチが切れない! 交換修理【前編】

難易度:

クラッチが切れない! 交換修理【後編】

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

uncertaintyです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

愛車一覧

ホンダ ビート 普通のビート (ホンダ ビート)
ビートでドライブに行ったりしないです。毎日通勤で乗るだけ。 改造とかもしないです。修理す ...
日産 その他 日産サニー (日産 その他)
日本名はたぶんパルサー。5速マニュアル、パワステ無し、エアコン無し、パワーウインドウ無し ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.