• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

851ぴんの愛車 [シトロエン C3]

整備手帳

作業日:2021年7月3日

4CHアンプ配線とスピーカー結線

他の整備手帳を見る 他の整備手帳を見る

目的 チューニング・カスタム
作業 DIY
難易度 ★★
作業時間 30分以内
1
今週は4CHアンプへの入力配線と出力配線を実施しました。接続上の作業はここまでで完成。この後は再度、各種パラメーターの調整作業です。
2
緑破線の部分が今週の作業です。まずは4CHアンプからのスピーカー出力を接続し、車両配線につないでいきます。
3
白い保護チューブがスピーカー出力用の配線です。4CHアンプから右TW、右MD、左TW、左MDと8本出力します。車両の配線にそれぞれ接続iできるようギボシを付けます。
黒い保護チューブの方は、車両アンプからプロセッサーへの入力線(スピーカー出力)です。今回プロセッサーのアンプを使わなくなるので、入力線はセンターコンソールからコネクタに入れずプロセッサーへの延長コードを撤去して、入力線をプロセッサー近くまで伸ばす方法としました。
4
延長配線等を撤去したおかげで電源線などがなくなりアンプからのスピーカー出力→スピーカー配線(左側)と車両からの音声出力をプロセッサーに送る入力用スピーカー線だけになり、スッキリしました。
5
アンプ入力側の端子はこんな位置関係です。
配線の配置は、プロセッサー側(運転席膝前)からサイドシルを通って運転席下のアンプ右側から信号入力され、アンプ左側からスピーカー出力されます。
出力されたスピーカー駆動電力は、センターコンソールを通って車両配線につながり、ドアのミッドバスを駆動します。ツイーター配線は直接引き直してあるのでセンターコンソール内で直接接続です。
6
取り敢えず、全部の配線を繋いだ状態です。機材の重さもまあまあありますが、配線は基本銅線で構成されているので、被覆材も含めると相当の重さです。
7
配線を整理した状態の分電盤とプロセッサーです。プロセッサー内臓アンプを使わなくなるので、アイドルストップの影響を受けなくなるといいのですが、しばらく走って様子を見ます。
次は、システム全体が大きく構成を変えたので、ソースキャリブレーションから始まり、タイムアライメント等の再調整を行います。
ハードウエア的にはこれが現状の最高到達点ですね。それぞれの機材の入れ替えなども可能ではありますが、まずはこの機材でチューニングしていきます。楽しみです。

イイね!0件




関連整備ピックアップ

車検時に足回りリフレッシュしました。

難易度: ★★

C3Ⅲ車検

難易度:

リアスペーサー取付

難易度:

ワイパーゴムを入れ替えてみよう。

難易度: ★★

アイドリングストップ対策 その3(最終回)とアプリ再接続手順について

難易度:

センターコンソール取り外し その2

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

「[整備] #C3 ユーザー車検 その2 書類作成と持ち物準備 https://minkara.carview.co.jp/userid/3088615/car/2706384/6539600/note.aspx
何シテル?   09/11 20:29
851ぴんです。皆様の情報を拝見して 自分でできそうなことをDIYしています。 よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

リンク・クリップ

glaco 専用替えゴム 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/04/01 12:51:10
iPod 2?! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/03/07 13:37:36
自作ダッシュボードマット 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/01/27 12:26:20

愛車一覧

シトロエン C3 シトロエン C3
シトロエン C3を楽しんでます。この車が走ってたら、車に興味を持ってくれる人が増えればい ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.