• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2019年12月24日

【訂正版】マツダ3スカイアクティブGとX乗り比べてみました。

【訂正版】マツダ3スカイアクティブGとX乗り比べてみました。
【お詫び】本日一度アップした内容を一部訂正して、別記事として再度アップします。

 先日、通勤快速ロードスターRF号の12か月点検+ニュービートルカブリオレ号のエンジンオイル交換のため、行きつけのマツダ店舗へ行ってました。待ってる間はのんびりと、ロードスターRFの展示車(新色、6MT)を眺めたりしてました。
 その時、担当営業さんの計らいで、試乗を勧められましたので、ひとっ走りすることにしました。マツダ3のスカイアクティブX仕様(6AT)でした。
alt
 雨天が残念でしたが。日曜日夕方だったので、幹線道路を快走したりは出来ませんでしたが、それなりに走り回って帰ってきました。(奥に見えるシルバーのマツダ3が、この後試乗するスカイアクティブG搭載車両です)
alt
 我が家の初代アクセラ(BKEP)と比べると、その仕上がりと、操作ボタンの多さに圧倒されます。ただ、今回はこの辺はどうでも良くて、興味があるのは動的性能のみ。alt  
 走り出して感じたのは、滑らかにスルスルと、かつ程よく太らせたトルク感です。踏み込んでも即座にいい反応をしてくれるパワーユニットには完成度の高さを感じました。マナーも良いですしね。
 逆に言うと、特徴に乏しい、とも言えます。過給機(スーパーチャージャー)は装着されていますが、パワーアップ目的ではなく、SPCCI燃焼に理想的な条件を整えるために使う強制送風機と言った方が良いでしょう。
 今回の市街地主体の試乗で存在感を感じたのはスカイアクティブXのエンジンではなく、同時搭載されたマイルドハイブリッド機構だったような気がします。走り出しから、エンジン回転数を大きく上昇させることなく、スルスルと速度が出るのですが、何となく感じられるのは、エンジンというよりもモーターによるアシスト効果。
 あと、よく出来た6ATで気になったのは、低速域での走行でたまに粗さが見えたこと。要はシフトショックです。距離乗ったらマシになる?個体差なのか?何だったやら。
alt
 SPCCI燃焼を行う時にはこのモニター右上のピストンの画が変化します(画像は停止中なので、スパークプラグを用いた火花着火燃焼状態)。この画の変化で喜ぶのはきっと、いわゆる「メカマニア」さんでしょうねえ。私がこの画が変化した時に何が起こっているのか説明しましたが、助手席のBARA妻は全く興味無さそうでした。
 それよりも、増えた車重(20Sより100㎏重い)により悪化した乗心地の方が気になりました。先代BMアクセラの時も、20Sに比べて22XDの車重がフロントで100㎏程度増えたので、乗心地が悪化し、ハンドリングも決して楽しいとは思えませんでした。もっとも、今回の重量増の一部を占めるバッテリーは後席付近に設置されていますから、まだマシなのかもしれませんけどね。
alt
 エンジン周辺の保温のためか、エンジンに隔壁を追加し、更に画像の通り、開閉式のエンジンカバーが備わります。聞くと、スパークプラグの装着や冷却水等、必ずマツダディーラーで行うように指定されている項目がたくさん。私のようにDIYを楽しむユーザーはもちろん、メカニックにも負担をかけることになりますね。まあ、ハイブリッドや電気自動車に対する特殊作業よりは、はるかにマシですが。
alt
 ただ、問題は価格。国内仕様だと、20SとスカイアクティブXで約70万円の開きがあります。新技術なのはわかりますが、本当にこんな価格差で海外で勝負できるのか疑問になったので、ちょっと調べてみました。開いたのはマツダUKのホームページ。
 5ドアのGT SPORTグレード6ATで比較してみました。スカイアクティブGが27,295ポンド、スカイアクティブXが28,895ポンド。その差額、1600ポンド、本日時点での為替レート約141円として、225,600円。うん?国内ほど価格差がない?
 上記、やっぱり腑に落ちなくてさらに調べてみたら、UK仕様は2.0スカイアクティブGにもマイルドハイブリッドが標準搭載されていました。スカイアクティブXにもマイルドハイブリッドが搭載されていますので、エンジンの仕様差で225,600円はまあ妥当なのでしょうか。というか、マイルドハイブリッドが高価。。。あと、スカイアクティブG+マイルドハイブリッド仕様に興味がわきました。国内にない仕様なので乗れませんが。
alt
 この後、20Sにも試乗、同じ6AT仕様。街乗りでは、ガソリンエンジンらしく拭け上がりますが、エンジンが嫌いな人は別として、不快ではありません。パワーも十分、ひょっとしたら高速道路での走りでスカイXとスカイGの差が出てくるのかもしれませんが、乗心地も20Sの方が好ましく、私的には、現時点では、スカイアクティブXを買う理由が思い浮かびませんでした。スカイXについては「新しいもの好きな方、どうぞ!」が結論かな、と。下取り額が大きく下がりそうな予感がしますし。
 ちなみに、私がマツダ3を買うなら、15Sツーリングの6MTです。マツダ3、結局は1500㏄が主役になるんじゃないかな、そのうち1500㏄ガソリンで装備充実のグレードが出るんじゃないかなと、勝手に思ってますが、果たして。
alt
 そんな試乗を終えて、通勤快速ロードスターRF号に戻ります。うん、運転しやすい。こんなクルマを量産できるメーカーが作ったCセグメント車であるマツダ3、正直言ってどのグレードを買っても、楽しく走らせることが出来るのは確かです。
 ただし、消費者目線となったときに、お値打ちな選択を考えるとなると、上記の様な文章になってしまいました。熱心なマツダファンの方には違う意見もおありかと思いますが、甘受いただけますと幸甚です。
ブログ一覧 | ニューモデル | クルマ
Posted at 2019/12/24 21:33:05

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

クルマに搭載されているとギッチリ感 ...
ウッkeyさん

インプレッサSPORTに試乗
kick-ton@SSパークがホームさん

マツダ3の見積もり取得。新エンジン ...
intensive911(JUN)さん

なんか物足りないなぁ・・・・・
ごり@福岡さん

1日試乗モニター『マツダ3セダン ...
てつインプ~さん

音を指摘しているジャーナリストもい ...
散らない枯葉さん

この記事へのコメント

2019/12/27 00:03:37
楽しく読ませていただきました。スカイX、どうみてもスカイG2.0との価格差が大きくてそれに見合った「何か」がないと商品としては辛いものがありますね。ガソリン並みのふけ上がりとディーゼル並みの燃費というなら、180psでありながら、リッター25kmくらい走ってくれるイメージを持っていました・・・欲しがり過ぎましたねwww

90年代、環境エンジンとか技術者の夢という言葉が並んだGDIも、後年乗ってみると劇的な違いが感じられなかった記憶があります。スカイXがそんな時代の仇花で終わって欲しくないのですが、、、、。
コメントへの返答
2019/12/27 21:36:18
ありがとうございます。
国内のスカイGとXでこれくらいの差であれば、欧州のスカイGとX(ともにHV搭載)だと余計に違いが分かりにくいでしょうねえ。
市場によっての事情、HEVを一定数売らなければならなかったりするのかもしれませんが、逆に欧州仕様の乗り比べの方が、Xの良さがわかるのかも?とか思ったりします。
まあ、燃費は悪くはないでしょうけど、極端に良いわけでは無さそうです。

GDIは決して悪いわけではなかったんですが、いかんせん三菱の技術力と品質力が良くなかったですね。。。後年、DI技術は当たり前になりましたし。
ただ一つ、ハイブリッドとは思えないくらいドライブングが楽しいクルマに仕上がっていると、スカイX仕様車を称賛することはできます。MTも選べますし。
次の一手に期待したいと思います。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「新型フィット。いい車なんだろうけど、結局軽が売れるんだろうなー。」
何シテル?   02/21 12:38
2019年1月19日更新 半世紀前のスバル360から、現行NDERCロードスターRFまで、 旧いクルマも新しいクルマも、それぞれ楽しんでます。 「どん...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/2 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

リンク・クリップ

いすゞ ジェミニ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/02/13 09:50:36
排水作業 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/09/10 03:50:20
くみたてこうは魔法の円盤を手に入れた!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/02/11 21:02:19

愛車一覧

マツダ ロードスターRF マツダ ロードスターRF
学生時代にNA6CEを借りて初めてロードスターの世界を知って以来、親友のNB8Cを借りて ...
スバル スバル360 スバル スバル360
長年の憧れがついに現実になりました。引き続き、このクルマの維持の為に猛勉強しなければなり ...
アプリリア RST1000  FUTURA (フューチュラ) アプリリア RST1000 FUTURA (フューチュラ)
人生初の新車、思い出深いです。購入時にローンを組み、それまで乗っていたCBR250RRを ...
トヨタ セリカXX トヨタ セリカXX
就職してから、長いこと苦楽を共にしています。私の車歴の中で、ダントツで付き合いの長い愛車 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.