• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

BARAのブログ一覧

2014年03月31日 イイね!

アプリリアで買い物とか沼津港とか。

アプリリアで買い物とか沼津港とか。今日はアプリリアを引っ張り出して桜と記念撮影したい!と思い、バッテリー交換をした後、バイク屋さんで窒素を補充しました。大きな店でも、私のような珍車ですと、一発で誰が来たかバレます(笑
 たまには気分転換にアプリリアで買い物に行こうと思い、向かった先は沼津港。沼津港に着く前に、あんぱん屋さん「恵比」さんに寄りました。さくらあんや芋あんの物などをお土産に買い、後で桜の下で食べました(^^
 
 その後、沼津港の商店の立ち並ぶ中へ行き、威勢のいいお店で干物を吟味しました。自分の家で食べる物の他、頂き物をしたお返しに干物をクールで送ったりしてました。
 
 今日はおなじみのアジの他、カマスがいいのがありました。あとは、キンキがありましたね、今晩早速頂きましたが、非常に美味しかったです。何と言うか、うま味が凝縮されていました。また買いに行きたいですね。
 
 ホームセンターでの買い物もアプリリアで済ませた後、朝洗浄して乾燥させておいたセリカXXのK&Nフィルターの装着や、汚れすぎたハイエースの洗車を行って今日が完了しました。
 本当は、スバルのエンジンを直そうと思っていた有給消化日だったのですが、スバルがあんなことになっているので他の乗り物に手をかけました。やっぱり、やることは山積みでした。スバルのクランクをOHに出そうと思っていますので、一か月以上はスバルで動くことはできません。しばらくは大人しく、他の乗り物のメンテに精を出したいですね。
Posted at 2014/03/31 22:40:37 | コメント(1) | トラックバック(0) | apriliaRST1000FUTURA | クルマ
2014年03月31日 イイね!

いい桜ですね。(今年はアプリリアと1枚)

いい桜ですね。(今年はアプリリアと1枚)今日はバイク復活の日としました。去年はスバル360と近所の桜で1枚撮ったのですが、今年はスバルがトラぶっており・・・でも、私にはアプリリアがありました。バッテリーを交換して、タイヤのエア点検する位で、調子よく走ってくれました。
 スバルは当分の間おあずけですが、今年はバイクに乗りまくろう!と思っていたので、スバルのクランクOHが仕上がるまでは、バイクを楽しもうと思います(^^
Posted at 2014/03/31 20:14:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | apriliaRST1000FUTURA | クルマ
2014年03月30日 イイね!

輸入車展示イベントに行ってきました。

輸入車展示イベントに行ってきました。今日は地元の輸入車展示イベントに行ってきました。ミニカが故障してからと言うもの、次の通勤車何にしようかな~などと考えることも増えました。まあ、ミニカが帰ってきたら、自然消滅する感情だとは思いますが・・・一番現実的と思っていた先代パンダマキシはあっさりと売約済みになってました(^^;
 4ケタ万円の高級車まで並ぶイベントの中で、個人的に思い入れがあったり、現実的だと思える物のみ絞って見てきました。
 先ずはこちら、ランドローバーディスカバリー2です。
 
 現行のディスカバリー3はレンジローバーの如く、クルマのフォルムも随分と洗練されて、あまり凹凸のないスッキリしたたたずまいになりました。が、私が好きなのは、ディスカバリー1やこの2のような、いかにも悪路に強そうに見えるタイプなんですよね。最近、このタイプのキレイな個体が少なくなっていますので、これは非常に貴重な個体だと思います。
 
 3列目は基本的にバックドアから乗りこみます。全席レザーシート、悪質業者によく見られる、変な薬剤使用による劣化などは見られず非常にキレイ。更に禁煙車。3列目は右画像のように、ルーフ付のヘッドレストや空調ダクトも備わります。
 非常に欲しいこの1台ですが、この車体を4リットルV8エンジンで走らすことで、街乗り5km/リットル、更にハイオクを要求する・・・BARA妻は険しい顔をしました(^^;
 
 2代目レンジローバーは豪華版の4.6HSEがありました。隣にはクラシックレンジのバンデンプラ。巷では、乗用ベースの巨大な街乗りSUVや北米仕様日本車、北米SUVが流行っていますが、私の好みはこの頃の英国製4WDです。サイズのでかさでは語れない、凝縮感、いい物感にあふれていると思うからです。
 
 フィアット現行パンダです。赤色は初めて見ました。ツインエアターボエンジンは、だいたい15km/リットルは走るようです。先代パンダ、特に前期型で散見されたセミATのトラブルも、先代後期、500となるにつれて克服されたとのことで、スタッフの方は自信たっぷりに勧めてくれました。
 ただ、私の好みは先代にあった4×4のMT仕様。本国仕様には新型としてラインアップされていまして、並行輸入車としては国内に入っていますね。正規国内導入の可能性もありそうなので、そちらが出るまで待ちかな~と思ってます。本当に出たら、有力候補になりえます。楽しみですね。
 
 もう1台の有力候補、カングーですが・・・これ1台、と言うかルノー車がこれ1台でした。樹脂バンパーモデル、現行最新顔では似合いませんが、先代なら似合います。程度は良さそうでしたが、残念ながらAT車。おまけに、犬でも載せていたのか、変なにおいがこびりついていました。カングーとしては正しい使い方ですが。
 
 次期愛車は、輸入車にも幅を広げて考えてます。いつ購入するのかはまだ分かりませんが、ミニカ&ハイエースが共に存続不可なコンディションになれば、必ず何かしら購入せざるをえませんので、今後もちょこちょこ情報収集を続けていきたいと思いますね。
Posted at 2014/03/30 21:35:51 | コメント(2) | トラックバック(0) | 懐かしいクルマ | クルマ
2014年03月30日 イイね!

MTの火を自ら消すとは。(三菱ランエボX生産中止報道に思う)

MTの火を自ら消すとは。(三菱ランエボX生産中止報道に思う)昨日のニュース、ついに来たかと思って見ました。ランエボX、生産中止。スバルWRXと違って、大した改良などのテコ入れも行われずにほったらかし状態、噂すら聞こえない状態だったので、不思議感はありませんでした。
 80年代~ハイパワーなエンジンを誇り、パリダカやWRCだけでなく草の根のモータースポーツにも熱心で、世界でも常に存在感、ありがたみを示してきてくれました。その上で、i-Miev等のEV群を世に出してくれたことに、三菱の頼もしさを感じさせてくれました。リコール騒動で無くなりかけたメーカーだったのに。

 10年前、三菱車からMT車が無くなるなんて、全く想像できませんでした。エボX以外ではOEMのミニキャブトラックとデリカD:3バンに残るだけ。いつの間にかパジェロからもMTが消えていました。

 経営資源のEV・PHEVへの集中は理解できます。そして、それが現在の三菱自動車の現状と実力、キャパシティを証明していると思います。スポーツカーやMTにかまっている暇はないのでしょう。

 しかし、いくら現実を理解しようとしても、スタリオンやランタボ、ギャランVR-4、GTO、FTO、ミニカダンガン、パジェロミニターボ、ミラージュサイボーグ、レグナムVR-4、三菱ジープ、ランエボ、コルトラリーアートバージョンR・・・MTが似合う三菱車がたくさん思いだされ、どうしても心中複雑になってしまいます。

 何だかんだ言っても、「最後のランエボ」であり、「三菱最後のMT」を手にできる時間は限られてしまいました。悩んでいる方は、すぐに決断した方が良いでしょう。きっと後悔はしないと思いますので。
Posted at 2014/03/30 10:13:18 | コメント(5) | トラックバック(0) | 懐かしいクルマ | クルマ
2014年03月29日 イイね!

原因判明。(スバルのミッションオイル異常燃焼)

原因判明。(スバルのミッションオイル異常燃焼)スバルが不動(ミッションオイルが燃焼する状態)になってから3カ月近く経過した今日、春の陽気に誘われて、絶好のスバルのエンジン車上分解日和となりました(^^;
 昨年の今頃は、桜並木の下にスバルを置いて、写真を撮っていました。今年は出だしからつまづきました。。。で、何とかご覧の状態までばらし終えました。
 恐らく、クランクシールの破れだろうなあと予想をしつつ、クランクカバーを外したら・・・それまでの想像を超えた、見たくもない物が目に飛び込んでまいりました。
 
 クランクのクラッチ側、こんな状態でした。ベアリングが内部で砕け散っていました。。。まさか、こんな壊れ方をしようとは。中央の黒い物がクランクオイルシールなのですが、シールのスプリングも砕けて飛び散っていました。恐らく、先に何らかの原因でベアリングが壊れ、クランクシールを破壊して、ミッションオイルが燃焼室に混入するようになったものと考えます。そして、一番クラッチ側のベアリングの玉の状態を見ると、ご覧の通り傷だらけ、手でベアリング回してもゴロゴロざらざら。
 恐らく、クランクシャフト自体に傷が入っているでしょうから、シールを交換するだけムダでしょう。別途クランクまたはエンジンを調達する必要が出てきました。うーん、一筋縄では終わりません。まだまだ先は長そうです。

 まあ、原因がわかってホッとしたと言う気分もあります。初めは、オイルポンプなのか何なのか、よく分かりませんでしたから。やるべきことがはっきりしたのは、収穫と言えば収穫です。
 部品取りクランクをベースとしたオーバーホールも視野に、スバルの復活に向けて、今後の計画を練るとします。
Posted at 2014/03/29 22:39:27 | コメント(6) | トラックバック(0) | スバル360 | クルマ

プロフィール

「私的にお勧めの一台。プレミオ。 http://cvw.jp/b/309077/42436590/
何シテル?   01/22 22:53
2019年1月19日更新 半世紀前のスバル360から、現行NDERCロードスターRFまで、 旧いクルマも新しいクルマも、それぞれ楽しんでます。 「どん...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/3 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

先日紹介した2色LEDバルブの実装画像をば♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/29 09:09:07
トライしちゃいました…(^^ゞ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/04/23 23:35:18
ヘッドライト黄ばみ除去&コーティング 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/03/14 19:41:54

愛車一覧

スバル スバル360 スバル スバル360
長年の憧れがついに現実になりました。引き続き、このクルマの維持の為に猛勉強しなければなり ...
マツダ ロードスターRF マツダ ロードスターRF
学生時代にNA6CEを借りて初めてロードスターの世界を知って以来、親友のNB8Cを借りて ...
トヨタ セリカXX トヨタ セリカXX
就職してから、長いこと苦楽を共にしています。私の車歴の中で、ダントツで付き合いの長い愛車 ...
アプリリア RST1000  FUTURA (フューチュラ) アプリリア RST1000 FUTURA (フューチュラ)
人生初の新車、思い出深いです。購入時にローンを組み、それまで乗っていたCBR250RRを ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.