• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

BARAのブログ一覧

2014年05月29日 イイね!

そーじゃないんだよな・・・②(V37スカイラインに思う)

そーじゃないんだよな・・・②(V37スカイラインに思う) 「ダウンサイジングターボ!」と言うことで、メルセデスEクラスのエンジンを拝借して堂々と出てきたV37スカイライン200GT-t。
 そのダウンサイジングエンジンを持ってしても、環境性能を図る上で重要な車重は1650kg(200GT-tベース車)。そもそも、スカイラインが2リッターターボエンジンを持ってきて「ダウンサイジング」なんて言うこと自体に違和感。V35、V36と進化するうちに、排気量も車体もでかくなっていったんですねえ。カタログ燃費13.6km/L(恐らく実燃費は10㎞/L弱位)程で、ハイオクを要求します。環境性能は「?」、減量要。
 「R32以来の4気筒スカイライン!」とアピール。R32の4発・・・GXiですねえ。軽くてシュアなハンドリングのいいクルマでした、リヤブレーキはドラムでしたが。

 日産XVL、このクルマが出た時「おお、ローレルの新型だな!いい車だなあ」と直感的に思った私。
 
 まさか、これがスカイライン(V35)だとは思ってませんでした。なので、いまだにローレルっぽく思えてしまいます。それからこのXVL路線で、更にはインフィニティ的進化を続けるスカイライン。V36で排気量3700ccまで増大。どうもついていけないようです。それもそのはず、マイベストスカイラインはR32GTS-tタイプMですから。

 インフィニティ名で売ればいいのに、スカイラインじゃ無くて、グリルにインフィニティバッジが付いてるんだし。新型V37スカイラインに対する思いはそれだけです。
Posted at 2014/05/29 22:19:14 | コメント(4) | トラックバック(0) | ニューモデル | クルマ
2014年05月26日 イイね!

久々にバイクざんまい。

久々にバイクざんまい。3月31日にバッテリーを交換して以来、一度も乗っていなかったバイク。一番の理由はスバルのエンジン修理が忙しかったからなのですが・・・何だかんだで時間が取れず・・・そんな昨日、久々に時間が出来たので、バイクを乗り回していました。
 久々に乗ると・・・やっぱり速いですね。富士スピードウェイまで行って戻ってきましたが、あまりにも久々過ぎて、ニーグリップに関わる筋肉がすっかり痛くなってしまいました。もっとバイクに乗って、鍛えないといけませんね(^^;
Posted at 2014/05/26 23:20:22 | コメント(2) | トラックバック(0) | apriliaRST1000FUTURA | クルマ
2014年05月25日 イイね!

新型ルノーカングーゼン6MTに試乗してきました。

新型ルノーカングーゼン6MTに試乗してきました。先日、突然追加されたルノーカングーの1200ccターボエンジン+6MT仕様、「ルノーカングーゼン6MT」。以前、カングーMTを試乗させて頂いたルノー販社さんからお招きいただいたこともあり、見に行くことにしました。ついでがあったとは言え、何故かスバル360で。これにはスタッフの方も驚いてました。そりゃそうだ、私はハイエースしか持ってないことになってますから(笑
  
 おお~6MTですよ。基本的には豪華版の“ゼン”がベースなだけあって、オートACやクルコン、ブルートゥース付きオーディオ等、装備が充実しています。何より、座り心地の良いシートがいいですね。クッションが厚く、しっかりと腰をホールドしてくれる感じがしました。
 エンジンも、これまでの1600ccNAガソリンから1200ccターボ、いわゆるダウンサイジングターボとなりました。ハイオクを要求するのは仕方ないとしても、もともと1.5トン近い車重に対しては非力と感じていたエンジンでしたから、スペック上トルク3割増しかつ2000rpmで最大トルク発生と言う新エンジンには、期待が膨らみます。もちろん、燃費も向上するはずです。じゃなきゃ小排気量にしたメリットがありませんからね。(税金は安くなりますが)
 
 試乗OKと言うことで、もう暗くなり始めていましたが、出かけることに。スバルはお店のルノーフルラインアップのど真ん中でお留守番。ルーテシアやメガーヌ、キャプチャーと言った強面を背後に回して、何だか心細そう?
 走り始めてすぐ感じたのは、出足で1200ccを意識することが無いこと。エンジンノイズが抑えられていて、非常に静かです。気がつくとエンジンを回し過ぎ、トルクバンドを超えてしまい、メーター内のインジケータからシフトアップを催促されます。だいたい1500~2500rpmの間でシフトアップを繰り返していくのが燃費に良いようです。あまり高回転まで回すのは、フィーリング的にも燃費的にも良くない感じを受けました。高回転回すのが好きな方は、1600cc(アクティフ5MT)の方がいいかもしれません。
 また、シフトフィーリングが良くなっていました。個体差かどうか分かりませんが、新規導入の6速MTの出来は上々と感じました。
 そうそう、信号待ちでエンジン止まりました。何と、アイドルストップするようになってました。今までカングーをエコカーと思ったことはありませんが、エコカーみたく感じました。でも、いわゆるエコカーではありません。カタログ見ても、JC08モードなどのカタログ燃費がありません。国交省に対してその辺の届け出をしていないのか、現状ではエコカー減税等の恩恵にはあずかれません。何とかエコカー認定してもらって、諸費用が安く済むようになればいいのですが・・・。
 
 この1200ccターボエンジン、従来の1600ccと違い、タイミングチェーン化されました。1600cc時代は6万キロ位でタイベル交換推奨と聞きましたが、チェーン化された為、お財布に優しくなった感じがします。ただし、チェーン化されて、切れることはありませんが、オイルメンテをサボるとチェーンが伸びます(カングーに限った話ではありませんが)。ノイズや燃焼タイミング狂いの原因になりますので、この点は注意が必要でしょうね。
 フード開けて気付いたのがこれ、何とフードダンパがついてました。これはうれしいですね。カングーらしくない心配りです(笑
 
 新しいカングー、荷物は載るし、走りは楽しいし、乗り心地はいいしで非常に魅力的。何しろ、最新エンジン+6MTと言う、何ともにやけてしまいそうな組み合わせが最高です。燃費は未知数ですが、個人的には13~15㎞/リットルは走ってほしいですね。車重が重いので、15km/リットル以上は難しいと予想してます(高速走行なら伸びるでしょうけど)。
 カングーとスバル、こんな組み合わせは素敵だなあと考えるも、ウチにはこの分野で、更にはタフさにかけては最強の100系ハイエースがいます。カングーを気にかけているのは、100系ハイエースの代替候補としているからですが、なかなか我が家のハイエースは壊れそうにありません。ただ、ハイエースの代替候補が世に出てくれたことが非常にうれしかったです。国産から出ないのは寂しい限りですが。
 カングーに関しては、BARA妻も認めるところ(お金貯めるようにと、プレッシャーはありますが)ですので、この点でもいい選択なのかなと思ってます。いつか、我家でも、カングーのある生活が始まるのでしょうか。今回のゼン6MTの追加で、余計に、こういう選択もいいかなと思ったりしてます(^^

 最後に・・・未だに最新のカングーの顔に馴染めてません。私が好きなのは、マイナーチェンジ前の顔(右上の中古車の顔)なんですよね。2年もすれば慣れるのかもしれませんけど(^^;
Posted at 2014/05/25 23:11:58 | コメント(2) | トラックバック(0) | ニューモデル | クルマ
2014年05月24日 イイね!

“スバル360のエンジンオーバーホールの記録”まとめてみました。

“スバル360のエンジンオーバーホールの記録”まとめてみました。2014年1月初めに故障(MTオイル異常燃焼)を発症し、寒い間はスバルのエンジンの構造等の勉強等の座学、春先に暖かくなったら虫のように這い出てエンジン分解、クランクベアリングの想定外のぶっ壊れ方に驚きつつも、プロフェッショナルによるクランクオーバーホール、予備に持っていたエンジン部品の助けもあって、無事に公道を走れるようになりました。
 これまで、素人ながら作業してみた記録を、備忘録としてまとめてみました。

【整備手帳リンク一覧】
スバル360のエンジンオーバーホールの記録その①~分解開始~
スバル360のエンジンオーバーホールの記録その②~分解中~
スバル360のエンジンオーバーホールの記録その③~シリンダ外し~
スバル360のエンジンオーバーホールの記録その④~ピストン確認~
スバル360のエンジンオーバーホールの記録その⑤~ファン外しに四苦八苦~
スバル360のエンジンオーバーホールの記録その⑥~クラッチ外しにも四苦八苦~
スバル360のエンジンオーバーホールの記録その⑦~クランクキャップ外しまで~
スバル360のエンジンオーバーホールの記録その⑧~クランク摘出~
スバル360のエンジンオーバーホールの記録その⑨~ガスケット外しとか~
スバル360のエンジンオーバーホールの記録その⑩~クランクOHから組み立てへ~
スバル360のエンジンオーバーホールの記録その⑪~クランクケースカバー~
スバル360のエンジンオーバーホールの記録その⑫~クランクキャップとクラッチ側ハウジング~
スバル360のエンジンオーバーホールの記録その⑬~エンジン左右を合体~
スバル360のエンジンオーバーホールの記録その⑭~オイルポンプとかセルモータとか~
スバル360のエンジンオーバーホールの記録その⑮~シリンダ装着へ~
スバル360のエンジンオーバーホールの記録その⑯~シリンダ位置出しと始動~
スバル360のエンジンオーバーホールの記録その⑰~そして復活へ~

 伝えたいことは・・・やる気があれば、何とかなると言うことでしょうか。まあ、クラッチや電装系に不具合が無かったのが幸いでしたが。また、いずれMTもオーバーホールしなければいけない日が来るでしょう。
 このような作業、プロに依頼したらそれなりの費用を覚悟しなくてはいけません。更に、年式によっては半世紀を超えた個体もあるスバル360、最近のクルマに馴染んだドライバーが最近のクルマのように扱えば、あっという間に壊してしまうこともあり得ます。それでも、自分でやれば、安く直すことが出来ます。もちろん、作業内容によっては、誰にでもできる作業では無いと思いますが。
 私のこの記事が「よし、自分でやってみよう」と思った方の、何かしら手助けになれば幸いです。スバル360のある生活は、決してお金持ちの方だけのものではないと思いますので(^^
Posted at 2014/05/24 22:15:38 | コメント(4) | トラックバック(0) | スバル360 | クルマ
2014年05月21日 イイね!

100系ハイエースに100イイね!頂きました。

100系ハイエースに100イイね!頂きました。私の愛車、100系ハイエースが100イイね!を頂きました。いやあ、長かったですね。旧車たち(セリカXXとスバル360)は既に300イイね!を突破していますから。私のメインカーですので、何だかうれしくなりました。
 旧車趣味をやっていられるのも、故障知らずで走り回ってくれるハイエースのおかげ。もう少しで走行20万キロに届きますので、いろいろリフレッシュしたいところです(^^
Posted at 2014/05/21 23:28:21 | コメント(1) | トラックバック(0) | ハイエース | クルマ

プロフィール

「今日はスバルで沼津港とか。最後にRF。 http://cvw.jp/b/309077/42280170/
何シテル?   12/09 22:39
クルマ・バイク共に好きで楽しんでます。メーカー不問、車種不問なスタンスです。今はのんびりと、旧車趣味人してますが・・・新しい物にも興味深々です(^^
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/5 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

先日紹介した2色LEDバルブの実装画像をば♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/29 09:09:07
バルブキャップ、腐食にご用心。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/24 05:39:30
トライしちゃいました…(^^ゞ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/04/23 23:35:18

お友達

基本的に来る人拒まずの姿勢ですので、コンタクト取ってみてください。必ず反応しますので。良いご縁があることを楽しみにしております。
158 人のお友達がいます
花人☆うなぎパイ花人☆うなぎパイ * VS-ONEVS-ONE *みんカラ公認
YOURSYOURS *みんカラ公認 TDI Tuning/m-flowTDI Tuning/m-flow *みんカラ公認
バツマル下関バツマル下関 * ブレイクストームブレイクストーム *

ファン

205 人のファンがいます

愛車一覧

スバル スバル360 スバル スバル360
長年の憧れがついに現実になりました。引き続き、このクルマの維持の為に猛勉強しなければなり ...
マツダ ロードスターRF マツダ ロードスターRF
学生時代にNA6CEを借りて初めてロードスターの世界を知って以来、親友のNB8Cを借りて ...
トヨタ セリカXX トヨタ セリカXX
就職してから、長いこと苦楽を共にしています。私の車歴の中で、ダントツで付き合いの長い愛車 ...
アプリリア RST1000  FUTURA (フューチュラ) アプリリア RST1000 FUTURA (フューチュラ)
人生初の新車、思い出深いです。購入時にローンを組み、それまで乗っていたCBR250RRを ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.