• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

BARAのブログ一覧

2019年02月27日 イイね!

買って乗れそうなクルマたち。(Nostalgic2days2019)

買って乗れそうなクルマたち。(Nostalgic2days2019)
先日のNostalgic2days2019では、数多くのクラシックカーを拝むことが出来ましたが、気になったのはその値付け。買いやすい車両もあるにはあったのですが、昨今の旧車人気車種の価格上昇を如実に感じることとなりました。ただし、仕入れて売り物にするには、それなりの費用がかかるのは事実ですし、お店の維持のためにもそこそこの利益確保が必要なのは理解できます。とは言え、アフォーダビリティを考えると、やはり100万円近辺、高くても200万円くらいで収まっていてほしいもの。もっとも、おのれの技術を磨くことで、もっと安く買うことは可能でしょうけど。
 そういう意味でベスト2を決めたうちの一台が、このSA22CサバンナRX-7です。お値段180万円。12Aロータリーエンジンの寿命が気になるところではありますが、それを差し引いても一度乗っておく価値はあると思います。今見てもシュッとしててスマートな1台だと思います。
alt
 20ソアラの7M-GTE搭載車、ベース車のコンディションが分かるように写真が飾ってありました。こういうの大事ですね、磨けば光る素材であったことの証明として有効と思います。
alt
 お値段150万円、エンジンとブレーキ系のオーバーホールが済んでいることを思えばリーズナブルと感じました。実際にエンジンの音とか聞いたわけではないので何とも言えない部分もありますけどね。1日目午後にはプライスタグが無くなっていましたから・・・あっさり売れたのかもしれませんね。
 しかし、F31レパードと違って、ソアラは入手しやすい、良心的な価格が光りますね。デザインは好き好きあれど、シャシーやドライブトレーンの新しさという意味では、ソアラを選ぶと思います。
alt
 GX71クレスタは73万円。ワンカムでしょうかね?きれいな一台でしたよ、エコカー減税時の嫌がらせに負けずによくぞ生き残ってくれていました。いろんな意味で、入門用には最適かも。まあ、探せばもっと安くて程度の良い、更に24バルブ車が見つかると思いますけどね。このイベント展示車の中では安い、というだけです。
alt
 GZG50センチュリー、228万円。10万キロ越えですが、問題はメンテナンス歴ですからね。あらゆる部分の信頼性が高い一台、このイベント的には微妙な立ち位置のクルマですが、インパクトという点では負けていませんね。ただし、ブラックだと磨き傷が目立ちますねえ・・・会場の照明の下だと、磨き傷が目立つ目立つ。仮に購入したら速攻で全体磨き直します。
alt
 カローラ2ドアバンは98万円。この外観の趣味は置いといて、単純に2ドアバンというのがいいですねえ。
alt
 クラウンの2ドアHTとルーチェのロータリーターボ車はご覧の価格。クラウンの方は相場がありませんからね、稀少すぎて。ルーチェもきれいでしたよ、初日で売約済みになってました。ロータリーサルーンはこれから先誕生しそうにないですからねえ、貴重だと思いますよ。
alt
 スバルヤングSSは219万円・・・本物としたら、割安に感じました。値付けの高い店の中にあると余計に。それもそのはず、いろんなところにダメージや手直しの痕跡が。シリンダーなども専用品なので、調子を崩すと高くつきますからね、飛びつくのは危険なような気がします。自分でスバルを整備できる人ならいいかと。
alt
 ホーマーは115万円。これ、いいですねえ。畑用に欲しいかも。
alt
 そして、今回の個人的ベストはこれ、ホンダS600です。お値段318万円、高いと言えば高いのですが、他の店で売っていたS800クーペが700万円オーバーだったことを考えればリーズナブルかと。S800とは違う、S600のシンプルさがいいんですよね。小ぎれいにされているものの、やりすぎてない、メッキもくすんでるし赤も少し褪せてるし、というところが逆に好印象。これなら普段ガンガン使えそう。
alt
 いいですねえ、このシンプルなリヤ。まあ、現行ロードスターが新車で買えるお値段ですからね、間違いなく怒られるでしょうね。でも、「S660新車とS600、どっちを選ぶ?」と言われたら、間違いなく後者です。名車だし、フルオープンだし。
 一部旧車は高額な相場を形成していますが、そういう車種から視点を移せば、いろいろと魅力的な選択肢があるものだと感じさせられました。まあ、このイベントで売られている値段が高いか安いかは何とも言えませんが、お金をためて買えない値段ではないなと感じました。それに、自身の技術を磨いて、もっと安い個体を入手して直す、なんて楽しみ方もあります。
 いずれにしても、いろいろな車種を知れば、旧車の入り口は決して狭き門ではないなと感じさせてくれる売り物が出てくれていたことがうれしかったですね。高級車だらけのイベントにならないことを願いたいです。
Posted at 2019/02/27 22:48:53 | コメント(2) | トラックバック(0) | 懐かしいクルマ | 日記
2019年02月26日 イイね!

買っても乗れないクルマたち。(Nostalgic2days2019)

買っても乗れないクルマたち。(Nostalgic2days2019)
先日のNostalgic2days2019では、数多くのクラシックカーを拝むことが出来ましたが、気になったのはその値付け。買いやすい車両もあるにはあったのですが、昨今の旧車人気車種の価格上昇を如実に感じることとなりました。
 先ずはAE86レビン2ドア、約350万円。この個体は昨年のノス2daysでも販売されていた車両で、お店の方と話をしながらしっかり観察させていただきました。今年は間近では見れないようになっていましたが・・・まだ売れてないんですねえ。車両のコンディションは非常に良いと思うのですが、このコンディションと価格では、買ったとしても普段使いは難しいかも。
alt
 個人的にはAE86はリフトバックが好きなので、こちらの個体に目をやると・・・お値段約450万円。そりゃあ、エンジンから始まって、内装に至るまでフルコンプリートと言っていい仕上がり。そもそもの車体自体が高価になってますから、このアレンジの趣味が合えば、お買い得なのかもしれません。
alt
 カルマンギアのカブリオレは598万円!そんなに高いんだ~カブリオレの希少性と、カスタムカラーの影響でしょうかね?横のジャガーマークⅡの350万円が安く見えます。
alt
 初代NSXは約1500万円!まあ、昨今の海外での日本車ブームの影響で、どんどん中古NSXが海外に旅立ってしまってますからねえ。一時期は買いやすかったんですが、もう無理ですね、程度の悪いAT車でも「うえっ」って値段になってしまいました。
alt
 フェラーリ308、約900万円。308とか328辺りは、結構入手しやすかったと思うのですが、ずいぶんと高くなりましたね。高くても500万円くらいかな~と思ってのぞいてみてのこの金額なので、ビックリしました。 
alt
 スカイラインジャパンのカスタム車は約400万円!こういうスタイルが好きな方にはいいんでしょうけど。
alt
 私が乗るならこっちですね、フルノーマル、お値段350万円。丸目がいい感じです。
alt
 希少なコスモは250万円。このコスモの場合、値段もそうですが、部品やら維持面で心配になって、ガンガン乗れないような気が・・・希少性ゆえのこの価格なんですかねえ。
alt
 とまあ、いろいろと挙げてきましたが、F31レパードの価格上昇っぷりは圧巻ですね。特に人気の高い前期モデルは500万円オーバーがざら。若干安い後期モデルでも300万円くらいします。専門店で、それなりに手を加えてアッテの価格には納得できないわけではありませんが、もう手を出そうとは思いませんね~。
alt
 最近、我が愛車のセリカXXにしても価格上昇が顕著になってきました。人気が上がってきたという面は誇らしくある半面、入手しにくい車種になりつつあるのは複雑な気分です。昔から乗り続けていて、これからも乗り続ける身としては関係ない話ではありますが、価格が上がるのであれば、一部車種に見られる異常なプレミア価格ではなく、ある程度妥当な価格レベルに落ち着いていてほしいと願わずにはいられません。
 じゃないと、誰もオーナーになれなくて、街中を走り回る姿を拝みにくくなっちゃいますから。高価できれい過ぎる、ガンガン使いにくい極上コンディションの旧車が苦手な、イチ旧車オーナーの独り言でした。
Posted at 2019/02/26 23:05:46 | コメント(6) | トラックバック(0) | 懐かしいクルマ | クルマ
2019年02月25日 イイね!

VW空冷フラット4ざんまい。(Nostalgic2days2019)

VW空冷フラット4ざんまい。(Nostalgic2days2019)先日のNostalgic2days2019では、数多くのクラシックカーを拝むことが出来ましたが、徐々に台数を増やしているように思えるのが、フォルクスワーゲン、それも空冷フラット4エンジン搭載車。タイプⅠやタイプⅡ、カルマンギア等に搭載されていたエンジンですね。そのシンプルさやタフさ、音などが好きで、関心があるエンジンです。ちなみに、水平対向エンジンと言えばスバルが思い浮かびますが、FF-1とSVXがいたくらいでした。
 先ずはカルマンギア、相変わらずいいデザインだなあと見入ってました。仕上げも素晴らしく、ENDLESSさんの展示車両らしく、ブレーキにもしっかり拘りが見えました。リヤブレーキのアルフィンドラムなんて最高。
alt
 そして、フラット4を拝みます。うーん、カッコいい。自分で組んでみたいなあ・・・。
alt
 遠くからタイプⅡが見えたので行ってみました。13窓仕様、シンプルなので飽きずに長く乗れそう。お値段的には、このタイプⅡとは正反対の強面なデリカD:5の最上級グレード以上。でも、どっち取る?と言われたら、タイプⅡを取ります。まあ、趣味に使う前提ですけどね。
alt
 驚いたのが、大昔のナンバーがそのまま残るタイプⅠ。ブラックのボデーカラーと言い、コンディションよく形状にも威厳を感じるメッキバンパーやトリムと言い、可愛いというよりも「カッコよすぎ」なビートルでした。とても手の出る価格ではありませんし、保管場所も立派でないといけないと思います。それだけ価値のある1台と思いました。
alt
 エンジンはご覧の通り。カスタム等無縁ですが、この無骨さというか質実剛健さと言うか、車体のコンディションも相まってえもいわれぬ迫力を感じます。うーん、カッコよすぎです。
alt
 そして、ポルシェ・・・911かな~と思ったら、まさかの912!そうです、空冷フラット4搭載車!
alt
 おお~やっぱりカッコいい。ボクサー6と違ってコンパクトで軽量ですし、リヤオーバーハングも軽くなりますので、運動性能、特にハンドリングに好影響と思います。じゃあ、914でもいいじゃないって?まあ、現実問題、買えるのは914なんでしょうねえ・・・欲しいのは912ですが。
alt
 お土産を買おうと三樹書房へ・・・あらま、面白そうな本が半額に。しかも展示パネルまで売ってる(100円)。せっかくなのでセットで購入、タイプⅠの歴史からニュービートルを経て、現行ザ・ビートルまで詳細に記されています。いや~面白い。これ読んでると、昔のタイプⅠが欲しくなるから危険です(^^;;;
alt
 我が家のニュービートルカブリオレ号にも通じる部分がありますからね、いいお土産になりました(^^
Posted at 2019/02/25 22:43:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | 懐かしいクルマ | クルマ
2019年02月24日 イイね!

第11回Nostalgic2daysにセリカXX号で。

第11回Nostalgic2daysにセリカXX号で。
今年で第11回を数えるNostalgic2daysに行ってきました。会場は伝統のパシフィコ横浜、会場に着いてみると何だか長蛇の列。何とかクラブ会員は30分早く入場できるそうで、物販のノスヒロ特別表紙号が狙いなのかもしれませんね。私は、特別表紙号どころかノスヒロを買わなくなったので関係ありませんが。(ハチマルヒーローは創刊からコンプリート)
 元々は雨予報だったので、通勤快速ロードスターRF号で行こうと思っていましたが、いつの間にか天気予報が雨天ではなくなっていました。よって、例年通りセリカXX号で行くことにしました。この時期に雨の中走ると、花粉汚れだらけになるので・・・
alt
 パシフィコ地下駐車場(1日1850円)に駐車すべくちょいと早めに到着していました。昨年よりも混んでいたような気がしましたね。他のイベントもあったからでしょう。でも、私の駐車したエリアはご覧の通り、F31レパードXS-ⅡにDR30前期、そしてSW20MR2・・・と言うかMRスパイダー、しかも5型でした。やっぱ濃いですね。
 F31レパード、一時欲しかった時期があったんですよねえ・・・高校生の時でしたが。高校近所の日産Uカーセンターに前期XS-Ⅱグランドセレクションの白2トーン車が売られていて・・・もう20年近く前の話ですけどね。
alt
 イベントでは、いろいろな興味深い車両を見ることが出来ました。その辺は追っていろいろとご紹介できたらと思っています。一番はこのクルマ・・・すげーナンバーついてる。
alt
 一番見たかったのがこれ、THサービスさんのブース内にあったアミスタッドカーズさんのコーナー。最近、セリカXX関係の部品を熱心にリリースして頂けて、大変心強い限りです。
alt
 微力ながら協力させていただいたラジエータホースの上下セットも売られていましたね。今回は特別にホースバンド付属でした。今後も入手に困りそうな部品がいろいろと発生するでしょうから、困る前に手を打てるようにしていきたいですね、まだまだセリカXX号に乗っていたいですから。
alt
 しっかりと歩き回って満足した後は、弾丸的に帰宅。いろいろ収穫だとか、目の保養をさせていただくことが出来て、大変楽しいイベントでした。また来年が楽しみですね。
 ちなみに・・・たくさん撮った写真を眺めつつ、紹介の仕方を考え中です。
Posted at 2019/02/24 22:28:42 | コメント(1) | トラックバック(0) | セリカXX | クルマ
2019年02月19日 イイね!

今年もノス2デイズに出かけます。

今年もノス2デイズに出かけます。2019年で第11回を数えるイベント、ノスタルジック2デイズ。初回から毎年出掛けてますね、皆勤賞です。第1回イベントには愛車(セリカXX)を展示させていただきましたが、展示スペースや客の入りもまばらで、この先どうなっちゃうんだろう?と本気で心配したものですが・・・立派なイベントに成長しましたね、イベントの成長と共に車両単価が上がりすぎているところが気がかりですが。
 もちろん今年も行きますよ、私が出かける唯一の旧車イベントですから。土曜日に行くつもりですが、雨予報・・・XX号で行くべきか、通勤快速ロードスターRF号で行くべきか・・・。
Posted at 2019/02/19 22:38:14 | コメント(4) | トラックバック(0) | 懐かしいクルマ | 日記

プロフィール

「300hだったことにガッカリしてしまうのは何でだろう。」
何シテル?   04/01 12:44
2019年1月19日更新 半世紀前のスバル360から、現行NDERCロードスターRFまで、 旧いクルマも新しいクルマも、それぞれ楽しんでます。 「どん...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/2 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

リンク・クリップ

[トヨタ ハイエースバン]トヨタ(純正) 100系ハイエース純正電動スライドドア 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/03/21 16:18:38
純正流用リフトアップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/02/23 23:13:54
いすゞ ジェミニ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/02/13 09:50:36

愛車一覧

マツダ ロードスターRF マツダ ロードスターRF
学生時代にNA6CEを借りて初めてロードスターの世界を知って以来、親友のNB8Cを借りて ...
スバル スバル360 スバル スバル360
長年の憧れがついに現実になりました。引き続き、このクルマの維持の為に猛勉強しなければなり ...
アプリリア RST1000  FUTURA (フューチュラ) アプリリア RST1000 FUTURA (フューチュラ)
人生初の新車、思い出深いです。購入時にローンを組み、それまで乗っていたCBR250RRを ...
トヨタ セリカXX トヨタ セリカXX
就職してから、長いこと苦楽を共にしています。私の車歴の中で、ダントツで付き合いの長い愛車 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.