• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2011年08月06日

クラッチオイルの交換

クラッチオイルの交換 初めて行うメンテです。内容はクラッチオイル交換です (^^)

ブレーキオイルの交換はしたことがあるのですがクラッチオイルは…という人も少なくないはず。私もその一人です。そのため、クラッチのオイルはブレーキオイルでいいのか?オイルを抜くドレーンボルトはどこにあるのか?この2つの情報収集から行いました。そして頭の中でイメージを固め、初のクラッチオイル交換にチャレンジしました!

必要物品
オイル(ホンダ純正DOT4)
ネラトンチューブ+ドライバー10mmの工具
ペットボトル

まずはドレーンボルトが中にあると思われる場所のカバーをはずす。


カバーは6角が3つで止まっているだけなので簡単にはずせたのですが、シフトペダルが邪魔でカバーが抜けません。そのため、シフトペダルの前側だけをはずします。するとカバーも簡単にはずせました🎶


そして、出てきましたドレーンボルトです (^^)ブロ友さんの言う通り🎶アドバイスありがとうございました○┓ちなみに、ここはスレーブシリンダーと言うらしい。


スレーブシリンダーのドレーンボルトのキャップを外し、ネラトンチューブ+工具を取り付ける。


ブレーキオイルが入っている黒く四角い箱(マスターシリンダ・リザーバータンク)のネジを外し黒い蓋を 外す。白い中蓋&黒いダイヤフラム?(黒い蓋)も外す。さてオイルは汚れは・・・気になる人は下にスクロール (^^)


クラッチレバーを数回握りこむ(私は10回と決めている)

クラッチレバーを握りしめたまま、ドレーンボルトを緩める(工具を反時計回りに30度程回す)、するとチューブからオイルが出てきます(ブレーキレバーの場合はオイルが出てくると更にレバーが握れる様になりますが、クラッチの場合は初めからグリップに着くまで握れるのでオイルが出ている時も握りの変化はありません)しかし、ここで再再度注意!ドレーンボルトを緩めている時に、クラッチレバーを離すとairが入るらしい・・・チューブからオイルが出てこなくなったらドレーンボルトを締め、クラッチレバーを離す。


オイルが綺麗になるまで純正の作業を繰り返す。しかし、またまた注意!調子にのって上記の作業を繰り返しているとマスターシリンダ内のオイルが無くなりairが混入することになるため、オイルの残量を見ながら、適宜追加していきオイルが綺麗になればOK

外した物を戻して完成です

お約束の交換前


交換後


今回は写真でもはっきりわかります。こんなに汚れていたのに、すぐに気づかずにごめんね○┓

これからはもっともっとCBに注意をはらうからね。これからもよろしく、俺のCB1300SF (^^)
ブログ一覧 | CB1300SF
Posted at 2019/03/04 20:18:48

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

ブレーキオイルの交換(フロント)
maこさん

Replaced clutch ...
NanoPicoさん

ブレーキオイルの交換(リア)
maこさん

親バ〇整備か?昨日今日。。。。
トルクステアさん

油断大敵
よたよた111Sさん

働き方改革・・
よたよた111Sさん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

maこです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/7 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

MR-S ウインドウディフレクター 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/06/28 08:46:41
今更アルミテープ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/06/06 20:30:04
ACTIVE メタルステッカ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/05/10 20:20:26

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
2017.02.11、中古ではあるが念願のビート(92)を手にすることが出来ました。
ホンダ CB1300 SUPER FOUR (スーパーフォア) ホンダ CB1300 SUPER FOUR (スーパーフォア)
2011.04.24、中古ではあるが念願のCB1300SF(07)を手にすることが出来ま ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.