• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

aki017の"CCクン" [プジョー 206CC (カブリオレ)]

イグニッションコイル+プラグ交換①

カテゴリ : エンジン廻り > 点火系 > 取付・交換
目的修理・故障・メンテナンス
作業DIY
難易度
作業時間1時間以内

作業日 : 2019年06月09日
1
実は前回のタイミングベルト交換の時から、アイドリングの不調はあったんです。
しかし、たまたまトラブル箇所が重なって、タイミングベルト・テンショナーの異音が先に表に出てしまった・・・ということ。
こういうのは辛いですね。(+_+)

アイドリングの不調な状況はYoutubeにアップしておきました。
参考にされたい方はご覧ください。

イグニッションコイルということもあって、直ぐにでも替えたい為、悠長に海外へ発注している場合ではない。・・・で、北翔さん(Palca/パルカ)にて発注。
よくあるヒドイ価格ではなかったです。むしろ良心的で、\12,960-。
ドイツのBREMI製です。OEかな?
プジョーのパーツ#は"597099"です。

合わせてプラグも替えます。
ちょうど2年くらい使ったかな・・・前回はプジョーエンブレムの印刷された純正プラグを使用したのですが、今回は同程度のもの。同じくBOSCH製のFR8SC+を4本。

これだけの交換なので必要工具さえあればシロウトでも可能(私自身もw)です。
206も街で見かけることが少なくなってきましたが、まだまだ同志が居る!ってことで、出来る限り詳細に説明していきたいと思います。
ただし、やるからには自己責任で。<ここ重要
2
最初にエンジントップのカバー(ライオンエンブレムが付いた部分)をT20のドライバーで外します。ビスは6本。無くさないようにマグネットトレイにでも保管ください。

で、カバーを外した状態がコレ。
早速イグニッションコイル全体が見えてます。ロウ付けされていますよね。この部分が今回の交換品とは色が違います。
3
いきなり端折ってしまいましたw
イグニッションコイルの上に「ブローバイガスジョイント」という名のホースが付いてます。
コレを外しておいてください。それぞれ4箇所のイエロー部分を押せば外れます。
外した後は、内部がオイルにまみれているのでパーツクリーナーなどで綺麗にしておきましょう。
4
イグニッションコイルを外す際には4箇所のアルミボルト(T20)とこのコネクタを外す必要があります。
順序としては先にコネクタを外した方が無難です。
このタイプのコネクタ、勘違いされている方が多いのですが、針金で出来たコの字型のピンを抜いて分離させる訳ではなく、赤丸でくぼんでいる方向へ押して外します。
今回は押しながら下へ下げる感じで。
元々、そのような外し方のコネクタです。ピンを外すよりも断然楽ですし、本来の使い方ですので勘違いの無いように。いちいち外していると筐体もそんなに強くないので破損してしまいかねません。<特にかなり熱に晒されて固くなっているコネクタの場合には。
このタイプのコネクタはエンジンルームに多用されていますが、密閉タイプのコネクタでは無いので、一旦外して再接続する際には、接点復活剤を吹いておいた方が良いです。

問題無くコネクタを外したら、4本のイグニッションコイルを固定しているアルミボルトを外し、真上に引き抜いてください。<余計な負荷を掛けない様に。
5
イグニッションコイルを無事外すと、4つの穴と共にプラグの端子が見えるようになります。

ここからは出来るだけ無風の環境を作りましょう。
プラグの見える穴(プラグホール)へゴミを入れたくない為です。
屋外で作業される場合には、風の強い日は避けた方が良いかもしれません。
6
プラグを外していきます。T型のレンチに16mmのプラグ用ソケットを付けて外していくのが常套手段。

フツーによく使うラチェットにエクステンションバーを付けてやるのもOKですが、プラグソケット近くを保持して、垂直にプラグが持ち上がってくるように注意しましょう。

プラグ用ソケットには内部にゴムが入っていてプラグの端子部分を掴むことが出来るようになっています。
外す場合と取り付ける場合に、ソケットから落ちない様になっているソケットなので、プラグ交換には必需品です。
7
外したプラグ。
左から2番目が今一つ汚れていない・・・
8
新しいプラグを用意したところ。
3本しか見えませんが、既に1本取り付けた後の写真であるためですw
一応、電極部分のオープン側(コの字の空いている側)にマーキング。<インデクシングがどうなるかの確認のため

T型レンチでトルクを掛けるため、トルク設定には写真の様なアタッチメントを利用します。普通のトルクレンチでも構いませんし、角度締めでも問題ありません。

このプラグ(FR8SC+)の場合、BOSCHのWebサイトで調べると、28Nmか、90°(プラグワッシャーが着座してから)での締付値と記述されていましたので、28Nmに設定して取り付けます。

②へ続く・・・

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

タグ

関連整備ピックアップ

イグニッションコイル+プラグ交換②

難易度:

とりあえず全部HIDにしてみた。

難易度:

ポータブルナビ取り付け

難易度:

微妙なLEDテールランプ

難易度:

塗装失敗

難易度: ★★

運転席側ドアのオープンストッパーが壊れた

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

「DiagBoxの画面について。どなたか教えて下さい! http://cvw.jp/b/3121849/43059286/
何シテル?   07/15 17:41
自分のクルマが大好き。 いわゆる"クルマ好き"ではなく、興味のあるクルマしか好きではないという「クルマ好き」ですw プロフィール画像はウチの愛猫で、名前...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

愛車一覧

プジョー 206CC (カブリオレ) CCクン (プジョー 206CC (カブリオレ))
2004年にディーラー試乗車(約300km走行済)を新古車として購入。新車で購入するつも ...
ランドローバー レンジローバー レンジくん (ランドローバー レンジローバー)
1999 Autobiography
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.