• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

コッペパパのブログ一覧

2019年10月01日 イイね!

ピュアオーディオとは

ピュアオーディオとはこんばんは!ここ数日、トラブっていたみんカラ。皆さん、いかがですか?大丈夫ですか?
ようやく私も落ち着きました。
さて、今晩はカーオーディオについて少しお話させて頂きます。
家庭用オーディオでは、昔からこんな物を使ってより良い音を求めていました。





この業界では「インシュレーター」と呼びます。一般的にはインシュレーターと言うと「絶縁体」や「断熱材」という意味です。オーディオ用としては、外部からの振動やショックを遮断するものです!
それを機器の足に使ったり、スピーカーの足に使ったりというものです。これをひくと外的振動・ショックを断つので、音に濁り感、歪み感が減りクリアな本来の音源が再現出来るようになります。

中には

銅製


合金製


木製


砲金製


など、点で支える物もあります。また最近ではこれらの材質によって独特な振動特性を持っていますので音色が変わります。なので好みによって使い分ける事も出来るようになりました。

あとは、高い高級オーディオになると、本体のサイドに木製パネルが付いていたりしますが、単に見映えだけでなく木の振動吸収性を利用して、自然な感じの音を出す目的があったりします。



このようなパーツで、自分好みの音を作りましょうと言う事ですね。

最近これらの事を思い出し、振動の化け物である自動車のオーディオもちょっとした取付け方法を変えれば、現状のシステムを変えなくても、グレードアップ出来るのではと考えました。
カーオーディオでは、スピーカーのバッフルボードに始まりデッドニングという防振、制震加工で音造りをしたりしますが、元の材質を上手く利用して好みの音色を作り出せるのでは。。。と考えました。

近い内に、色々実験してみようと思いました。

それでは、今晩の話は以上です。最後まで読んで頂いた方には感謝致しますm(__)m
Posted at 2019/10/02 00:32:16 | コメント(28) | トラックバック(0) | カーオーディオ | クルマ
2019年09月26日 イイね!

カースピーカー

カースピーカーこんばんは!今日で9日目を迎えてしまいました親父のぼやきです。
今日は働き方改革の一環で定時退社しました。先週最寄りの駅前に大型電器店に寄った際、AVコーナーを覗くと立派なAVシステムがズラリと並んでいたので、気になっていました。そこで、今日はじっくり見てみようと思い行って見ました。そこには、老舗的メーカーの高級アンプやスピーカー等陳列されておりカタログもあったので、頂いて参りました。
家に帰り見てみると「はぁっ、なんじゃこれ?」という言葉がずらずら。。。
そうです。私の知っている時代は2000年の頃まで。
ドルビーアトモスって、11チャンネルって、という感じです。




ドルビーで知っているのは、デジタル5.1chまで。
思わず駄目だぁ、勉強せねばと思い知らされました。

そんな気分の中、昨日スピーカーのお話をさせて頂きましたが、それの補足的なお話をしたいと思います。

タイトル画像のスピーカーは、アフターメーカー品の標準的な価格帯の物(コアキシャルタイプ)です。同軸上に2つの帯域を受け持つスピーカーが一緒になっているので、バランスを取りやすいのが特徴です。ただこのタイプをドアパネルに付けた場合、レイアウト上、足元に近い場所になります。(フロントの場合)

するとどのような問題があるかと言うと、音の性質上、高音域は指向性が強いので、耳まで届きにくく切れ味・クリア感が出にくくなるんですね。そこでそのように感じる場合、対処法としては純正ツィーターを殺さず付け替えたスピーカーと並列接続します。すると高音域が聞こえやすくなり、音全体が明瞭になるはずです。もし、純正でツィーターが付いていない場合は
アフターメーカーの商品が販売されています。



これを使いドア内張りの上端でもいいし、ダッシュボードの上でもいいのでセッティングし、並列接続してみてください。

これで随分変わりますよ。



これは私の車のセンタースピーカーですが、フルレンジ(全帯域をカバーするタイプ)だけでは、クリア感が足りなかったので、ツィーターを並列接続して追加しました。これでセンターから出る音もバッチリでした。

後は次のステップとして、お薦めするのがスーバーウーハー。


これもアフターメーカーから沢山出ていますね。
これを追加する事で、音楽のダイナミック感・ボリューム感がしっかり出るようになります。大体2~3万位で購入出来るので、ちょっと低音域に不満がある場合のお薦めですね。

勿論ドアスピーカーを高級なセパレート型(フルレンジとツィーターが別になっているタイプ)にすれば、よりクオリティの高い音を楽しめるのですが、この場合も安定した低音域が出しずらいので、追加した方が良いですね。

普通に良い音で楽しめればいいという方には、最初のパターンで十分だと思います。

高級セパレート型を考えるのであれば、普及価格帯の物+スーバーウーハーの方が、私は満足出来ると考えます。

以上、スピーカーのお話の続きでした。最後まで読んで頂いた方には感謝致しますm(__)m

お休みなさい(* ̄▽ ̄)ノ~~ ♪

Posted at 2019/09/26 01:42:39 | コメント(14) | トラックバック(0) | カーオーディオ | クルマ
2019年09月24日 イイね!

カースピーカーのお話

カースピーカーのお話こんばんは!
今日も、親父のぼやきをさせて頂きます。

おっと、その前に今日あった感動もののお話をさせて頂きます。
昨日の整備手帳に見慣れない方からイイねを付けて頂きました。早速お礼のメールを送ったのですが、速攻で返信が来ました。その方は私の住んでいる町出身の方で、現在は私の実家がある県に住んでいらっしゃるそうです。まるっきり入れ替わり状態でした。その方も「出身地の情報を見れて嬉しいです」とおっしゃってました。私も思わず嬉しくなってしまいました。こんな事があるんですね。改めてみんカラやって良かったなと思いました☺️

さて本題です。冒頭にスピーカーを載せてありますが、車のオーディオの中で、重要なウエイトを占めるスピーカーについてぼやきます。

最近余りないと思いますが、昔はテレビが日本中に普及した後、ステレオが普及していきました。よく応接間にドーンと構えたレコードプレーヤー・FMチューナー・アンプ・スピーカーがセットになって置かれているご家庭があったと思います。それからオーディオという趣味の文化が始まり一般ではセットになっていますが、各々拘りを持った物を決めてシステムを組む方もいらっしゃいました。
スピーカーの中では
先日のぼやきでお話したJBLのコンシューマーモデルの最高峰「パラゴン」


これは名器と呼ばれるに相応しい奥行きのある音場再生が良かったですね。

あと現在もTVの番組のバックのオブジェで飾られているビクターの「SX-3」

たしか「さんまのまんま」か「嵐にしやがれ」のバックに出てますね。これは庶民的な価格で安定した聞きやすい音で人気がありました。

もうひとつ、ここ数日ぼやきに出て来るヤマハの超名器「NS-1000M」

このスピーカーは、一般家庭のみならず放送局や、録音スタジオのスタジオモニターとして大活躍してました。

これらをご覧になってお分かりだと思いますが、スピーカーユニットが木製の箱(エンクロージャー)に収まっています。やはりより良い音を出すには、共振が少なく加工がしやすい天然の木を使った物が殆んどでした。勿論安いものだと、プラスチックなんかもありました。

そこで、車のオーディオについてお話します。
本来であれば、このような木製BOXに収まったスピーカーを車内にセットすれば楽に良い音が聞けます。
しかしながら限られた空間ですからスペースがない。ましてや最近の車は色々な機能を増やしてますから、それらのユニット等をダッシュポード裏側に収納しています。従って残る場所はドア内部。それが基本になってしまいました。
最近、デッドニングという音を良くする為の施工がメジャーになってきましたが、それについて少しお話させて頂きます。
家庭用スピーカーは、ユニットの全面から出る音と裏側(箱の内部)を交わること無く遮断しています。そうしないと表裏で干渉しあってちゃんと正確な音が出ません。特に中低音が出なくなります。これを密閉型と言います。
それ以外では、箱に小さい筒状の穴が付いてある「バスレフ型」や箱内部に迷路のようなラッパ型の開口部を持つ「バックロード型」などもあります。この2つの方式は低音を効率良く出そうという狙いがありまして、クラシック以外のポップス系やジャズに適していました。

さて、車のドアの構造を考えるとウインドウガラスが付いているので、密閉型は無理。従って先程話した2番目の「バスレフ型」か大きいスピーカーボード(それなりの大きさの一枚板にセットすると低音も出る)をイメージしてください。


ドア内張りを外すとドアインナーパネルに防水用のビニールが付いてますね。これが音楽の音でビビって音を濁すし、インナーパネル自体も鉄板ですから、共振しまくります。
そこでビニールを剥がしデッドニング材(吸音材、防振材)を使って振動を止めようとするわけです。

ドアのアウターパネルはほどほど(色々貼り付けるとウインドウの動きに干渉したりする)にして、インナーパネルをしっかりした状態にする。そうすることにより、1メートル角のスピーカーボードになるわけですね。
予算が無ければ100均で売っているMDFボード(木屑を固めた板)を使ってインナーパネルの穴をふさいで接着しても、充分な効果が出ますよ。ただウインドウガラスから滴る水滴に耐えられる工夫が必要ですが。それ以外でも出来るだけ振動しない物であれば同じです。
あとは、ユニット固定部にオーディオメーカーからバッフルボードが発売されていますが、これも買う予算がという方は
元々付いている純正の枠(大体樹脂製)の裏側に粘土を貼り付けると、これまた効果があります!(スピーカーユニットの振動板に当たらないように貼り付け)
要するに、インナー側は出来るだけ振動しないようにする事が大事ですね。
よくアフターメーカーの高いスピーカーを付けたけどイマイチという方のお話を聞いた事もあります。取り付け状態を少し工夫することで、グレードアップします。

あとは、これを鳴らす為のオーディオユニットですが、オクターブ毎の周波数を調整するイコライザーがあれば、それの調整次第で、音質を良くする事が可能ですよ。現在は大体の物に付いていると思います。



あらかじめプリセットされているパターンもありますが、各々の周波数を思いっきりアップダウンしてみてくださいね。例であげると125ヘルツは+5だけどオクターブ上の250ヘルツは-8にするとこもり音が減ってボーカルがはっきり聞こえるようになる場合もあります。是非挑戦してみてください。こればっかりはその車に使用しているシステムでどう鳴るかは、付けてみないとわからないのです。

グダグタ長くなりましたが、ポイントをまとめると以下の通り。

①イコライザーを色々変えてみる
②ドアのインナーパネルの振動を抑える

これだけで、随分音質アップ可能ですよ。今の状態に不満がある方は、先ずお試しを。。。

以上今晩の親父さんぼやきでした。最後まで読んで頂いた方には感謝致しますm(__)m





Posted at 2019/09/25 01:54:38 | コメント(4) | トラックバック(0) | カーオーディオ | クルマ

プロフィール

「@ルナたか さん!お疲れ様でした🤗
あともう1日ですか~😅
ファイト一発💪
よろしくお願いしまーす(⌒∇⌒)ノ""」
何シテル?   03/04 23:20
コッペパパです。車歴40年越えの親父です。 車が大好きで、若い頃はドライブが日課になって日々走り回ってました。 現在は「関東感電倶楽部」というメンバ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/3 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

魁磨き塾 ヘッドライトガチコート、インプレッションしてみませんか? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/02/26 18:37:16
春の新商品、ドドンと200名!モニター募集 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/02/19 18:58:59
4000回転から上がハンパありません。VVT-iの強化バルブ「クァンタムソレノイド」。  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/02/18 20:59:01

愛車一覧

トヨタ ノア 黒の方舟 (トヨタ ノア)
前車(トヨタ エスティマ ACR30前期)が突然の故障の為、急遽購入となりました。 中 ...
トヨタ エスティマL ボロティマ (トヨタ エスティマL)
トヨタ エスティマLに乗っています。以前からみんカラに登録しようしようと思っていましたが ...
トヨタ RAV4 ラボフォー (トヨタ RAV4)
長男の車。 メンテしないので、私が代行を😅 仕様はどノーマル‼️

過去のブログ

2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.