• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ライチュウ@滋賀のブログ一覧

2020年01月13日 イイね!

2019/2020 Asian Le Mans 4 Hours of The Bend

2019/2020 Asian Le Mans 4 Hours of The Bend2019/2020 Asian Le Mans 4 Hours of The Bend

アジアン・ル・マン・シリーズの2019-2020シーズン第2戦は1月12日、オーストラリアのベンド・モータースポーツパークで4時間の決勝レースが行われ、LMP2クラスはロマン・ルシノフ/ジェームス・フレンチ/レオナルド・フーゲンブーム組Gドライブ・レーシング・バイ・アルガルベの26号車アウルス01が優勝

GTクラスではCarGuy Racingの木村武史/ケイ・コッツォリーノ/コム・レドガー組7号車フェラーリ488 GT3が優勝を飾った

開幕戦ウイナーであるD’station Racingの星野敏/藤井誠暢/ロス・ガン組77号車アストンマーティン・バンテージGT3は、序盤2番手まで順位を上げたものの、先述のようにLMP2車両にヒットされてしまい、車両修復のために遅れたが、クラス6位でフィニッシュ

JLOCのアンドレ・クート/元嶋佑弥/柴田優作組88号車ランボルギーニ・ウラカンGT3も、LMP3車両に接触され遅れてしまい、クラス7位でフィニッシュした

4H of The Bend Qualifying Highlights


RACE RESULTS
1 LMP2 26 G-Drive Racing By Algarve Aurus 01 78 laps
2 LMP2 36 Eurasia Motorsport Ligier JS P217
3 LMP2 45 Thunderhead Carlin Racing Dallara P217
4 LMP2 33 Inter Europol Endurance Ligier JS P217
5 LMP2 AM 52 Rick Ware Racing Ligier JS P2
6 LMP2 AM 25 Rick Ware Racing Ligier JS P2
7 LMP2 AM 4 Arc Bratislava Ligier JS P2
8 LMP3 2 Nielsen Racing Norma M30
9 LMP3 13 Inter Europol Competition Ligier JS P3
10 LMP3 12 ACE1 Villorba Corse Ligier JS P3
11 GT 7 Car Guy Ferrari 488 GT3
  ・
  ・
  ・
17 GT 77 D'station Racing Aston Martin Vantage AMR GT3
18 GT 88 JLOC Lamborghini Huracan GT3 Evo

4H of The Bend - LIVE - Round 2 -2019/20 Asian Le Mans Series


4H of The Bend Short Highlights
Posted at 2020/01/13 20:22:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | 海外耐久レース | 日記
2020年01月13日 イイね!

Let's try (笑)

Let's try (笑)何を試してみたかと言うと・・・

『日清麺なしどん兵衛 肉だし豆腐スープ』

あのどん兵衛が、"麺なし" に!

あのどん兵衛が、"麺なし" に! 麺の代わりにとろける絶品豆腐が入り、肉の旨みが染みわたるカップスープです。

ってな謳い文句のモンなんすが・・・

泊りの時何時もは、コンビニ弁当とカップラーメンなんすが、今回はコレを



カップを開けると、中にはこれだけのモノが


左から「かやく」「スープ」「豆腐」

で、全部投入して、お湯を線まで注いで、待つ事3分・・・



確かに、白い物体は生の豆腐かと思うくらいで、味的には「どん兵衛肉うどん」の残り汁に、豆腐を入れたってな感じなんすが・・・

如何せん、麺が無いと腹の足しになりやせん(笑)

まぁ、二度と買う事は無いっすね
Posted at 2020/01/13 19:44:38 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2020年01月13日 イイね!

このまま上手くいけば・・・

このまま上手くいけば・・・『Robert Kubica sends first message to fans from Hinwil』

アルファロメオ・レーシングの2020年リザーブドライバーに就任したロバート・クビサが、ファクトリーを訪れ、そこからファンに対してメッセージを発信した。
 
2019年、ウイリアムズと契約してF1に復帰したクビサだが、1年で同チームを離れることとなった。クビサはレギュラーシートを失ったものの、2020年に向けてアルファロメオとリザーブドライバー契約を結んだ。クビサがアンバサダーを務める、ポーランドの石油会社PKNオーレンが、2020年から複数年にわたりチームの共同タイトルスポンサーになることも決まっている。
 
クビサの技術フィードバックにおける能力は高く評価されており、ハースやレーシングポイントも彼と開発ドライバーとして契約することを望み、交渉を行っていたといわれている。
 
クビサはBMWザウバーで2006年にF1デビューを果たし、2008年カナダでは優勝しており、ザウバーの後身アルファロメオは彼にとって古巣といっていい。
 
ヒンウィルのファクトリーを訪れたクビサは、11日、ファンに対し動画でメッセージを送った。

「今ヒンウィルにいる。ある意味、2006年にF1キャリアをスタートした場所に戻って来たようなものだ」とクビサ。

「ここに戻れてとてもうれしい。昔一緒に働いた人たちが大勢いた」

「今回、新車のシート合わせをした。このマシンで走り、チームと協力し合って作業をするのが楽しみだよ」



クビサも今年は36歳に

もう後が無いんすが、このまま上手くいけば、ライコネンの後釜としてシートに収まる事が出来るかも知れないので、今年が正念場でしょうね
Posted at 2020/01/13 18:23:10 | コメント(1) | トラックバック(0) | 海外フォーミュラ | 日記
2020年01月13日 イイね!

強敵現る!

強敵現る!『ROOKIE RACING、2020年はGRスープラ&GRヤリスの“豪華2台体制”』

2019年のスーパー耐久ST-4クラスに参戦したROOKIE RACING。『MORIZO』ことトヨタ自動車の豊田章男社長もドライバーとしてエントリーするなど話題の多いチームだったが、2020年は体制を強化しGRスープラとGRヤリスの2台体制で参戦することが明らかとなった。
 
1月10日にTGRブースで行なわれたプレスカンファレンスでアンヴェールされた2台のROOKIE RACINGのマシン。昨年参戦していたトヨタ86(ST-4クラス)の車両と比べると黄色と青がメインとなったカラーリングが印象的だ。
 
GRスープラは3501cc以上のマシンがエントリーできるST-1クラス用の車両で、GRヤリスは2001cc~3500ccまでの4輪駆動・前輪駆動の車両が参戦できるST-2クラスにエントリーするとのことだ。



スーパー耐久のST-2クラスと言えば、ワテが応援する大橋選手の乗るシンリョウレーシングチームの6号車 新菱オート☆DIXCELエボⅩとTOWAINTECの59号車 Racing DAMD MOTUL ED WRX STI のほぼ一騎打ち状態で、そこにルーキーレーシングのGRヤリスが参戦して来ると、WRX STI以上の強敵となりそうですよねぇ(o´_`o)ハァ・・・

また、このクラスには、密かに応援しているTEAM NOPROの17号車 DXLアラゴスタNOPROアクセラSKY-Dも出場してるんすが、燃費の良さを武器に戦っているんすが、この点でも強敵になりそうな・・・
Posted at 2020/01/13 09:08:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | スーパー耐久 | 日記
2020年01月13日 イイね!

素直に言えばエエのにねぇ

素直に言えばエエのにねぇ『Alonso close to Andretti deal for Indy 500』

アンドレティ・オートスポーツは、2度のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソと2020年のインディ500で再タッグを組むために熱心に取り組んでおり、契約は締結に近づいているようだ

「まだ完了はしていないが、かなりいい感じだ」とマイケル・アンドレッティは RACER にコメント。

「我々はそれを実現させたいと思っている。私は資金を調達する方法を考え出しているところだ。我々はスポンサーを見つけることができると思っているが、サイコロを振って、彼と契約し、そのあとで資金を調達しようと思うだろうか? アロンソと仕事をするのは本当に楽しいことだし、実現させたいと思っている」

2か月前、マイケル・アンドレッティは、フェルナンド・アロンソをインディ500で走らせたいと考えているが、大きなハードルはホンダの承認を得られるかどうかだと語っていた

マクラーレンとフェルナンド・アロンソは、F1でホンダのパフォーマンス不足を批判した後、決別している

まだF1でマクラーレン・ホンダが稼働していた2017年は、マクラーレン・ホンダ・アンドレッティのエントリーでインディ500でホンダのエンジンを走らせたフェルナンド・アロンソだったが、昨年にマクラーレン単独による参戦をした際にはシボレーのエンジンで走らなければならなかった。エンジンのせいではないが、結果としてマクラーレンとアロンソは予選落ちを喫している

フェルナンド・アロンソが、今年の5月に通算3度目のインディ500挑戦を行うにあたっては「望み得る最高のチーム」と組みたいと語ったているのだが、素直に「優勝経験があり、勝てるホンダエンジンを搭載するマシンを有するチーム」と言えば、ホンダ側の態度も軟化するかと思うんすが、プライドの高いアロンソじゃ、無理かも知れやせんねぇ(苦笑)
Posted at 2020/01/13 08:21:48 | コメント(2) | トラックバック(0) | 海外フォーミュラ | 日記

プロフィール

「電車が客と接触って⋅⋅⋅お陰で、1時間も待たされる事に( T∀T)」
何シテル?   02/14 19:04
ライチュウ@滋賀です。 何故か利用規定違反とかで突如IDを削除されたので再々々々(?)登録を このHNにピン!と来たら・・・(笑)
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/1 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

愛車一覧

フォルクスワーゲン ポロ フォルクスワーゲン ポロ
初の外車オーナーに(^^; みんカラのポロ乗りの先輩方の弄りを参考にさせて頂きたいと思 ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
マツダ デミオに乗っています。

過去のブログ

2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.