• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ライチュウ@滋賀のブログ一覧

2020年03月31日 イイね!

やはり・・・

やはり・・・『2020年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第3戦 オートポリス」 開催延期について』

3月31日、株式会社オートポリスは、新型コロナウィルスの感染拡大状況への対応として「2020年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第3戦 オートポリス」の開催延期を発表した。代替日程については決まり次第発表される予定。

なお、併催を予定していた「TCRジャパンシリーズ2020第4戦・第5戦」「2020年全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第6戦・第7戦・第8戦」についても同様に延期となった。

オートポリスの発表資料

「2020年全日本スーパーフォーミュラ選手権シリーズ 第3戦 オートポリス」 の開催延期について

株式会社オートポリス(大分県日田市)は、オートポリスインターナショナルレーシングコース(大分県日田市)にて、5月16日・17日に開催を予定いたしておりました「全日本スーパーフォーミュ ラ選手権シリーズ第3戦 オートポリス」につきまして、開催延期を決定いたしました。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、関係各所と共に、慎重に検討を重ねて参りました結果、お客様、レース参加者、ならびに大会関係者の皆様の安心・安全を最優先に考慮し、開催を延期する判断を いたしました。

ご観戦を楽しみにされていたファンの皆様ならびに関係者の皆様にはご理解をいただきますよう、お 願い申し上げます。

延期に伴います代替開催日に関しましては決定次第あらためてご案内いたします。

なお、併催を予定しておりました「TCRジャパンシリーズ2020 第4戦・第5戦」「2020 年全日スーパーフォーミュラ・ライツ選手権 第6戦・第7戦・第8戦」「2020 N-ONE OW NER’S CUP Rd.4」につきましても開催延期とさせていただきます。

まぁ、予想はしてやしたが、心の何処かで開催を願ってたので、残念ですよねぇ(o´_`o)ハァ・・・
Posted at 2020/03/31 19:56:21 | コメント(2) | トラックバック(0) | スーパーフォーミュラ | 日記
2020年03月31日 イイね!

さて、いくらで落札されるんやろ?

さて、いくらで落札されるんやろ?『最高にキュート!│「てんとう虫」とよばれた車のパトカーがオークションに』

1958年3月3日、大ヒットを果たす一台の日本車が登場した。その正体は小さな4人乗り乗用車 スバル360である。スバル(当時は富士重工業)が生み出したこの車は1970年まで12年間にもわたり生産され、その数は39万台以上にもなる。

全長2995mm×全幅1295mm×全高1335mmのボディサイズ、車重は約385kgという極めてコンパクトな一台で今もなお"キュートな車"として愛されている。乗用車の普及を目的として開発製作されたため4人乗り設計で、356ccの空冷2サイクル2気筒エンジンと後輪駆動を組み合わせ、最高速度は86km/hまで発揮した。前身に航空機設計の技術を持っていたメーカーであったからこそ、作り上げることができた一台といえよう。日本の自動車界において革命をもたらしたといっても過言ではない。

また、ころんとした見た目から「てんとう虫」というあだ名も付けられた。そんなてんとう虫がパトカーになった一台が、オークションへ出品されるようだ。これは、5月にRMサザビーズが開催するオークションで手にすることができるもので、ニュージーランド警察(運輸省管轄)のカラーリングが施されている。



しかし、実際にパトカーとして活躍していた一台なのか、そのような仕様にされただけのスバル360であるのかは不明だという。RMサザビーズは、公式サイトで「逃走犯を捕まえられそうにはない」とコメントしている。



フロントに残るダメージや、ストーンガード、無線、サイレン、ランプ等を備えておりその姿はパトカーそのもの。しかし、シートはホワイトブラックのツートンカラーでパトカーとして働く車というよりは、しっかりとデザインされたユニークなデイリーユースカーという印象も受ける。

推定落札額は未公表となっているが、コレクションにはぜひ加えたい一台だ。





フォルクスワーゲン・タイプ1のあだ名となっていた「かぶと虫」(ビートル)との対比から、また、そのコンパクトにまとめられた軽快なデザインから、「てんとう虫」の通称で庶民に広く親しまれたスバル360

それを更にキュートに仕上げてあるんすが、果たしていくらで落札されるんすかねぇ?(^^;
Posted at 2020/03/31 18:38:42 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2020年03月31日 イイね!

果たして誰が?

果たして誰が?『Ghiotto could miss F2 races if GT commitments clash』

イタリア人ドライバーのルカ・ギオットは今季、R-モータースポーツからGTワールドチャレンジ・ヨーロッパ(GTWCE)に、ハイテックからFIA F2に参戦する予定となっている。

GTレースとフォーミュラカーレースを掛け持ちすることとなったギオットだが、当初のスケジュールではGTWCEとFIA F2の日程がバッティングしている週末が5つあった。しかしながら、新型コロナウイルス流行によるスケジュール変更で、その数はさらに多くなる可能性がある。

GTWCEの主催者であるSRO(ステファン・ラテル・オーガニゼーション)は、何としても当初予定していた10ラウンド開催を維持したいと主張している。仮にGTWCEとFIA F2の日程がバッティングした場合、ギオットはFIA F2を欠場してGTWCEに参戦することになりそうだ。

ギオットは2月に行なわれたバサースト12時間にR-モータースポーツから参戦し、アストンマーチンのヴァンテージGT3を初ドライブした。

これまではフォーミュラカーレースを主戦場としていたギオットだが、彼はシングルシーターのレースよりもGT3のレースの方が楽しいと感じているようだ。

ギオットはバーレーンで行なわれたFIA F2プレシーズンテストで総合トップタイムを記録した。最終的にバーレーンでの開幕ラウンドは延期となったが、新規参戦のハイテックで幸先の良いスタートを切った。

2020年のFIA F2ではホイールリム径が18インチの新タイヤが導入される。それによりマシンのフィーリングが昨年と変わってしまったため、ベテランドライバーの経験は役に立たないとギオットは考えている。

今後、何戦がバッティングする事になるか分かりやせんが、空いたそのシートには、誰が座る事になるんすかねぇ?ゥ─σ(・´ω・`*)─ン…

新規参戦のハイテックのシートとは言え、ステップアップを狙っているドライバーや、シートを喪失したドライバーが狙っているでしょうから、誰になるのか楽しみですよね
Posted at 2020/03/31 07:07:16 | コメント(1) | トラックバック(0) | 海外フォーミュラ | 日記
2020年03月31日 イイね!

スーパー耐久 第2戦SUGOも

スーパー耐久 第2戦SUGOも『「ピレリスーパー耐久シリーズ2020 第2戦SUGO大会」開催延期につきまして』

いつもスーパー耐久を応援いただき、ありがとうございます。

株式会社菅生は、2020 年 4 月 25 日(土)、26 日(日)に、スポーツランド SUGO で開催予定でありました「ピレリスーパー耐久シリーズ 2020 第2 戦SUGO スーパー耐久 3 時間レース」を延期させていただくことを決定いたしました。延期日は、2020 年 10 月 3 日(土)、4 日(日)の予定です。

ご観戦を楽しみにしてくださっていたファンの皆様、関係者様におかれましては、何卒、ご理解をいただけますようお願い申し上げます。

新型コロナウイルスの影響から社会が落ち着きを取り戻し、1 日も早くモータースポーツを再開するためには、我々運営陣はもちろんのこと、チーム、ドライバー、関係者、そしてファンの皆様、お一人おひとりの日々の意識や心がけもとても重要です。皆さまに強くご協力をお願い申し上げます。

※延期日程は、モータースポーツ界全体の日程調整のため、再変更される場合もございますことをご了承ください。

スーパー耐久は、5月にラウンドは予定されてないんすが、今の流れからすると、国内モータースポーツの開幕は、6月となりそうな感じですよねぇ(o´_`o)ハァ・・・
Posted at 2020/03/31 06:42:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | スーパー耐久 | 日記
2020年03月30日 イイね!

最初から、狙ってた?

最初から、狙ってた?『Toyota Hopeful of LMH in IMSA; Rolex 24 Prospects』

TOYOTA GAZOO Racing WECチームのディレクターを務めるロブ・ルーペンは、LMHル・マン・ハイパーカーがIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の出場資格を得て、トヨタがデイトナ24時間やプチ・ル・マンなどの主要耐久レースのグリッドに着くことができるようになることを期待している。

WEC世界耐久選手権に参戦している日本メーカーは現在、新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的大流行に関連してさまざまな部品の供給が滞っているなかで、GRスーパースポーツをモデルベースとしたLMHプロトタイプカーの開発を進めている。そして、そのクルマを用いてIMSAのレースに参加すること除外していない。

IMSAと、ル・マン24時間を主催するACOフランス西部自動車クラブが今年1月に共同発表したLMDhプラットフォームは、2021/2022年シーズンからLMHとともにWECの最高峰カテゴリーでレースを行うことになる。一方、WECの次世代プラットフォームであるLMHが北米のIMSAシリーズで、現行のDPiに置き換わるLMDhと競争する資格を得るかどうかは未確定だ。

ルーペンはSportscar365のインタビューに対し、トヨタのファクトリーではデイトナやプチ・ル・マンへの参戦に関心が抱かれているが、主要なプログラムはWECのままであると強調した。

ルーペンは、ふたつのシリーズで共通の規則があればチームとメーカーが相互に影響を及ぼし、(その交流は)必ずしも主要な耐久レースだけには留まらないと考えている。

この問題については、開催がキャンセルされた3月の“スーパーセブリング”で発表される予定だったLMDhの技術規定が大きく関わってくる。

新しい技術的ルールはかなりの進展があったと理解されているが、ACOとIMSAの両団体は、今年後半にデビューする予定のLMHと適切なバランス調整を可能にするLMDhパワートレインの仕様について完全な合意に達していない。

ルーペンは「パフォーマンスの違いが唯一の理由だ」と、IMSAがLMHカーの認可をためらう可能性について述べ、「レース組織やその他のことは彼らにとって問題ではないはずだ」と続けた。



トヨタはル・マン24時間レースだけで飽き足らず、デイトナ24時間制覇も狙っているようですねぇ

これで、小林可夢偉がWTR(ウェイン・テイラー・レーシング)が運営するコニカミノルタ・キャデラックDPi-V.Rで連続参戦していた理由が明らかになりやしたよねぇ(嘘爆)
Posted at 2020/03/30 20:28:56 | コメント(1) | トラックバック(0) | 海外耐久レース | 日記

プロフィール

「ついに、バレやしたか(笑)@トクホン」
何シテル?   03/23 11:12
ライチュウ@滋賀です。 何故か利用規定違反とかで突如IDを削除されたので再々々々(?)登録を このHNにピン!と来たら・・・(笑)
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/3 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

愛車一覧

フォルクスワーゲン ポロ フォルクスワーゲン ポロ
初の外車オーナーに(^^; みんカラのポロ乗りの先輩方の弄りを参考にさせて頂きたいと思 ...
スズキ スペーシア スズキ スペーシア
ホンマは義母のクルマなんすが、鈴鹿でのレース観戦時に借りて、車中泊してやす(^^;
マツダ デミオ マツダ デミオ
マツダ デミオに乗ってました

過去のブログ

2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.