• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

隼77のブログ一覧

2017年07月30日 イイね!

テリオス走り!

真夏だが
早朝の激しい雨で
過ごしやすい
ガリガリ山の山中を
静々と進む4台の四輪駆動車。




峠に続く林道は
登るにつれ
徐々に荒れてくる。








第Ⅰステージは、
林道本線の岩のステアケース。
岩の段差が日を追うごとに
成長して、かなりの難所になってる。
雨で濡れた土と岩がトラクションを奪うのだ。
先頭のウーチャンの車の揺れが
今日のハードコンディションを物語る。




テリオスが飛んだ!
クローリングギアを持たないテリオスが
ここを自走するのに唯一の方法だ。
左前は、岩の壁
余程の車両感覚があるか
イラン車じゃないと笑
ここで、これだけ踏めない!
ジムニー乗り替えたら、どこでも行けそうな
腕前ちゃう!!、




第2ステージ
右の溝が深く、
モーグルになってる
失敗すると
木で屋根を凹ましてしまう。
掛けて行くルートもあるが
それはイラン車のルートだ(笑)






第3ステージ
急坂の岩ごろごろのロック。
岩が動いて
ダッシュが出来ないので
テリオスには一番厳しい地形だ。




ちょっと進んでは止まる。
シーソーのように前後進を繰り返す。
オートマには、メチャ悪い走り方だ(-_-;)




最大の難所




コペポチさん
前後デフロックして挑むが、
何度も跳ね返される。







ウインチング
もはや自走困難(-_-;)



いつの間にか
右の角が凹んでる(笑)



エスケープルートも
ドロドロ、ヌタヌタ
のなかなかの難所




本日の隊長のウーチャン。
ボディ3回、エンジン4回乗せ換えてるツワモノだ。
いつの間にか、フロントUボルトが折れていた。





まだまだ先は長い坂道。
ローレンジの無い
テリオスでは物理的に無理と判断。
引き返す。

下りも気が抜けない。
木と仲良くなってる(笑)




第4ステージ
延々と降りるヒルダウン。
やっと下まで到着。



最後のコーナーだが
ロングホイールベースには
ドア殺しの地形だ(笑)




第5ステージ
凸凹の斜面を下って、



また岩(笑)







これはアカン。
僕は手前でUターンしました。





久しぶりのクロカンツーリズム楽しかった!!
入山8時半
下山16時半
みんな大小のダメージは負ったが
満腹で山を降りた。
真夏のクロカンは、暑さで思考能力が低下して
危険なのだが。
林間、水の流れる森の中は、快適で良いですね。
参加の皆さんお疲れ様でした。





Posted at 2017/07/31 09:24:25 | コメント(16) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月24日 イイね!

虎の林道調査


築城の名人 藤堂高虎
ゆかりの兵庫県大屋町の
林道探索してきました。
若かりし日の
高虎が3000石の知行を得た
出世の足かがかりとした地だ。
林道には歴史ロマンは付き物だ(*^^)v




クネクネの舗装路を
標高350メートルまで
よじ登ると、
林道の入口がある。
中腹に沿って帯のように林道が
気持ち良く伸びている。
赤土と森の緑が良いコントラストを、えがく。





いつの間にか下っていく林道、
もうユピテルの地図でも道は切れている。
これは何処か抜けれそうな雰囲気だが
進むにつれ落石が多く道か荒れてきた。
長い間使われていないようだ。




がけ側が崩れていた。
土木すれば
進めそうだが、
この高さは、ソロでは危険と判断。
ここで引き返す。






広場の台で
オブジェ風撮影(*^^)v




その広場から登っていく
林道に入ってみた。
作業道で傾斜はかなりのものだが
良く整備されていた。




切り株のテーブルが
有ったよ! おーさん(笑)
次回は、ここでコーヒーします(*^^)v




標高730メートル付近で
プッツリと道が切れていた。
ユピテルの地図通り、流石だ(笑)
約3キロで、400メートル近く登ってきた。




今回はメインルートだけだったが
枝道が沢山、網の目のように根を張っていた。
再調査したくなるエエお山でした(*^^)v




大屋町には有名林道もある。
氷ノ山の林道へのアプローチに使えるルートだ。
林道加保坂線 約2キロ。
 





本来は見通しの良い
眺めだが、
中途半端な曇り空は
一番難しい(-_-;)




ツーリングマップルには
整備された走り易いダートと記載されてるが
荒れていた。




ガレた林道を
ドンドン下ると出口。
いつの間にか別の林道に名前が
変わっていた。
加保坂線と合わせて
約4.8キロのスカイラインダートだ。




しばらく舗装の山道を走ると
氷ノ山林道に接続する林道がある。
名前は忘れてしまったが、7から8キロの林道だ。




氷ノ山林道まで来て
今日はお腹いっぱいで、もう帰ろうかなと
停車して考えてたら、
隼さんですか?
と声を掛けられた。
D3タカさんお友達の、爽やかカップル♪
フォレスターで、この辺りの林道はしってはります(*^^)v
再度マインドアップし氷ノ山北側まで走ることにした♪






悪路も走りたくて
車高あげて
デコボコあればチャレンジ。
アンダガード当たって
280馬力でも進まない(-_-;)
僕から見ると勿体ないんですが(笑)




スーパーストレートで
ジムニーとフォレスター
いつも凹んで、ガサガサの車が
周りには多いんですが、
こんな絵も新鮮ですね(*^^)v



KYOさん、YUIさん お疲れさんでした。
声かけてくれてオオキニでした☆


Posted at 2017/07/25 08:52:34 | コメント(14) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月24日 イイね!

鉱山列車  一円電車に乗車

浜庫県の中央部に
かって日本一の生産量を
誇った錫鉱山があります。
建物は解体されケーブルの軌道が
斜面に残るだけになってる。




日曜日で
名物の一円電車
が動いてた(*^^)




明延鉱山の鉱石輸送用の電車

明延鉱山と神子畑の選鉱所を結んだ。




今は広場の僅かな距離しか乗れないが
乗車賃はホントに1円で乗れる。
この乗車券は、閉山時に使用してたものを
再版したものだ。





しかし、

横に募金箱が置いてあって、
みんな募金してしまうシステムだ(笑)
一度払えば、何回でも乗れる。
お子さんのいる方にはお勧めです(*^^)v





先頭の席に座ったが
見晴らしは(笑)




護送車に乗ってるような(笑)




新しめの機関車
立山から
やってきた。
2万円らしい(笑)





哀愁漂う、かってのメイン通り。




近代化遺産
の公衆浴場跡。




踏み切り跡。



平安時代から
1000年に渡り
社会発展に貢献してきた明延鉱山
プラザ合意による急激な円高で、
1987年閉山。
まだ多くの鉱脈が地下に残ってるそうです。


観光化されておらず、
当時のディーテールをそのまま残した坑道見学
ができます。
1200円という価格に悩んだ末、今回は見送った(笑)


ここはリンダーにも
お勧め
鉱山には長大な林道もあった(*^^)v
AKB林道だ(笑)     続く



Posted at 2017/07/24 10:16:28 | コメント(10) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月19日 イイね!

廃隧道の先の新設広域林道を走破!!

旧国道
にそれると
役目を終え眠る
隧道が現れる。






かって
国道162号線
周山街道の
難所だった深見トンネル。
2001年まで使用されており
何度か潜ってるはずなのに
まったく覚えていない。
たった15から16年で、この荒廃ぶり。




おにぎり発見!!
国道を示す名残が道のかたわらに
横たわっていた。
旧国道で
このような残存物は以外と少ない。




この
年老いた
隧道から
伸びる林道を
上がると、
2012年完成の
若き広域林道へ
接続する。
東西に約65キロ!!
西日本屈指の距離を誇る。




西側入口の着工記念碑。
29年の歳月と130億超を費やして
完成した。





広くて、フラット。
ダートと舗装の繰り返しだが
モンキーで走るには、丁度良い。
むしろ全部舗装でもええんやけど(笑)
ダート率3割くらいかな。




歴史のある峠をいくつも越えて
京都府の中央部を東西に横切る尾根沿いの林道だ。




高い切り通しが続く
難工事がうかがえる。




京丹波市側
西側入口付近にある多宝塔。
重要文化財だ。
足利尊氏ゆかりの地というのを
今回初めて知った。
林道走ると見聞が拡がるのだ(笑)





今回も五輪駆動でした。
入口付近まで約80キロ。
行くのは楽なんやけど
走行後、戻らなければならないのが難点。
林道の西側40キロの往復で
80キロの林道走行は
モンキーでは修行レペル(笑)
しかも雷雨で大変でした。



帰りに
気になってた
七福神!!
国道477沿いに立つ
妙に完成度の高い
宝船(笑)



東側は以前ジムニーで
出口まで走破しており
これで全線制覇完了!
プアさんより先に
全線走破したと思ってたが
多分1日違いで先をこされてた(笑)





Posted at 2017/07/19 20:26:28 | コメント(9) | トラックバック(0) | 癒し系林道 | 日記
2017年07月17日 イイね!

彼の新しい車は、三菱JEEP♪

DANさん
が新しい相棒を見せびらかしに来た(笑)
快適装備は皆無の
悪路を走るためだけの
機能しか持たない
四輪駆動車の原点だ。





2.7リッターの
ディーゼルターボ
は、1.4トンの車重をものともせず
力強く加速する。
このノスタルジックのボディからは
想像できない俊敏さを持つ。




J55
どの角度から見ても
いい!!




特に、土の道の置いたJEEP
は、景色と美しく調和する♪






緑一色の林道には、
僕たちの四輪駆動車しかいない。
さすがに郊外とはいえ
梅雨本番の湿気たっぷりの空気だが、
都会のジメジメ感とは違う空間が存在する♪




湖畔に佇む四輪駆動車♪








薄暗い林間を走る。






僕たちには
珍しく、外飯(*^^)v
人気点で30分待ち、12時半には、蕎麦品切れでした。







試乗させてもらったが
今まで、
乗ったジープで一番乗り心地が良かった。
そして一番ブレーキが効かなかった(-_-;)
効かないというよりブレーキが無い感じだったので点検。


フロントのブレーキオイルが空でした。
アンクルで整備したら普通に止まるように
なりました(笑)
よー高速乗ってきたなあ(笑)




Posted at 2017/07/18 08:18:42 | コメント(13) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「ハイドラ起動したけど
誰もいない笑笑」
何シテル?   12/12 11:13
四駆にはまって20年、 ランドクルーザにはまって15年。 家族にも相手にされません。誰か遊んでください。 車は四駆リジッド車ばかり3台体制  一号車...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

3度目の正直‼︎ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/27 19:47:48
【ジムニー】関西クロカンの聖地ダイジェスト リー君が・・・ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/11 21:37:44
2018GWの旅1・2日目(淡路~室戸) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/10 23:57:53

お友達

休日は何があっても四駆優先の気さくな?四駆バカです。志向の合う方々と交流できたら嬉しいです。

お誘いは基本的にお受けしますが、
コメントオフの方はリアルのお友だちを除きお受けしません。

なお、
全く放置の方、からみの無い方、薄い方は、
定期的に整理させていただきます。悪しからず。
423 人のお友達がいます
サダサダ * tenserenatenserena *
doranosukedoranosuke * 二人の子持ちくん二人の子持ちくん *
Yu WIDEYu WIDE * りんご(*&#180;Д`)ハァハァりんご(*´Д`)ハァハァ *

ファン

530 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ ランドクルーザー80 鴉号(カラス) (トヨタ ランドクルーザー80)
2009年5月1日購入。 エンジン2UZ  V8ツインカム 4700ccに換装してありま ...
スズキ ジムニーシエラ 隼幌銀 (スズキ ジムニーシエラ)
2009年8月購入 平成9年式 以前から気になっていた、クルマだったが近くの四駆専門 ...
スズキ ジムニー 隼NEO銀 (スズキ ジムニー)
程度極上の11最終の5型です。 こんな車が回ってくるのは、ミンカラやってたおかげです( ...
ホンダ タクト 隼通勤Ⅱ (ホンダ タクト)
通勤用。 静か 出足もマズマズ スクーターとしては 驚異的燃費です! 新開発のエンジ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.