• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

赤エリのクマクマのブログ一覧

2020年10月30日 イイね!

快晴予想、富士山を撮りに行こう!

快晴予想、富士山を撮りに行こう!天気予報で、快晴予想。

これは、「富士山撮りに行かなきゃ。」

早寝して、未明に、出発。

新東名を、定速走行。

日曜日の、早朝は、トラックが少ないので、走りやすい。

本栖湖で、日の出を撮ろうかと思ったが、時間が早かったので、
山中湖からスタートすることに変更して、駐車場を探すと、殆ど埋まっており、、、なんとか車を止めて、カメラを三脚をセット。
湖面に靄がかかっていたが、西側に流れて行った。ラッキー!


山中湖の夜明け直前
15秒バルブで、ISO800ぐらい。
ピンボケ気味。


山中湖の夜明け
富士山の山頂付近だけ、赤く染まり、朝日が当たっている。


山中湖のモヤ
場所を西側に移動して、もやだけ撮って、河口湖に向かう。


河口湖
富士山の形が綺麗。


西湖
小学校の教科書に、西湖、青木ヶ原樹海、富士山の写真が載っていたが、
初めて来た。何年越し???



精進湖
ここも、初めて来た。小さな湖。
富士山がが見えるポイントも、ほとんどない。


本栖湖
本栖湖を一周して、撮影ポイントを探した。
キャンプサイトが、10箇所以上あり、数100張以上のテントがあった。

これで、富士五湖制覇

これに田貫湖を行くと、、、完璧だけど、
高ボッチ高原から富士山を撮りたいので、
岡谷インターに、直行。
甲府→南アルプス→茅野→諏訪→岡谷JNT→岡谷IC→高ボッチ高原で、160km


高ボッチ高原から、
エリーゼ、諏訪湖、諏訪、茅野、、、富士山


高ボッチ展望台から、
諏訪湖、諏訪、、、富士山
雲がかかってない
12月ぐらいになったら、ジムニー君で、夜明けを撮りに来よう。


623kmの道のりでした。
Posted at 2020/10/30 12:20:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2020年10月30日 イイね!

三段紅葉を見るために立山に突撃

三段紅葉を見るために立山に突撃ジムで話していたら、立山で雪が降ったとのこと。

標高で、雪、紅葉、青葉が同時に見える三段紅葉が見えるかもしれない。

「立山行かなきゃ!」


夜明け前の立山。
エリーゼは、真っ暗黒助です。


夜明け
背景は、立山


夜明け


立山の駐車場
結構、車が来ています。


立山の樹齢2000年ぐらいの杉


日本一の称名滝
3段350mぐらいです。


地獄谷の噴煙


室堂直前に見える剣岳

左側の早月尾根、手前が前剣と登山道


立山の雄山

雪が溶けてます。


富山市と富山湾
手前は、氷河が運んだ花崗岩

紅葉は、終わってます。

三段紅葉は、不発でした。


室堂のミクリが池
リフレクションが綺麗


美女平まで降りました。


富山湾しを食べました。


白川郷まで来ました。


合掌造りですが、民家です。
軒先には。


合掌造り3連発


横三連発


修理中です。


帰りのダムです。



Posted at 2020/10/30 09:24:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2020年10月30日 イイね!

最澄のライバルの空海が開いた高野山遠征

最澄のライバルの空海が開いた高野山遠征京都に帰ったばかりの息子から、
SOS(sugoku onakaga suita)入電。
そこで、給餌に行くことにしたが、
19時まで、大学ということで、どうしよう?

明日は、天気。
そうだ、この前の琵琶湖キャンプで最澄が開いた比叡山に行ったから、
ライバルの空海が開いた高野山に行こう!


高野山の参道です。
少し、紅葉してます。


中門


壇上伽藍
幅50mぐらいの、でかい建物です。


根本大塔
50m以上の大きな塔です。
5回ぐらい焼けて、6代目だそうです。


奥の院参道

ここから、奥の院まで、墓だらけです。

戦国の敵同士の武将の墓も多く、
織田信長、明智光秀、豊臣秀吉と秀頼、武田信玄と勝頼、上杉謙信、石田三成などの墓もあるはずです。

見つけたのは、豊臣家だけでした。
(怖くて、探せない)

滅亡した明智家、豊臣家、武田家、石田家は、誰が建てたんだろうか?

また、浄土宗の開祖の法然、浄土真宗の開祖の親鸞の墓がありました。
延暦寺にも、坐像が祀られて居ました。訳がわからん。


奥の院は、聖地ですから、
ここから、写真禁止です。

奥の院では、お坊さんが、読経しており、
「ハンニャハラミタ」は聞こえますが、
それ以外はさっぱり。
般若経の類なので、不思議ではないが。

裏の、空海の御廟前では、念仏を唱える人が居ました。

空海信仰では、空海は、奥の院で永遠の修行中で、
56億7千万年後に復活するそうです。
それに、四国八十八ヶ所巡りもしないといけないので、大変。


高野山から下山して、キトラ古墳に行きました。
半円形のもっこりの下に石室があるそうです。
古墳は、1400年ぐらい昔の飛鳥時代の物で、
内部の壁画は、修復中だそうです。


ブロ友さんの行かれた関戸峠の五平餅は、定休日でした。残念。
また来よう。


昼御飯にあぶれたので、針テラスに行きました。


宇治の平等院近くの市の施設には、
「響けユーフォニアム」のポスターが。
また、アニメを見ずに、宇治に来てしまった。


宇治川を見ました。
中洲の遊歩道がいいです。


平等院は、1053年創建の、オリジナルの、国宝で、7年前に塗り替えられて、東向きの建物なので、朝来ないと、綺麗な写真が撮れません。

中の、阿弥陀如来は、寄木細工のオリジナルで、周りの楽器を奏でる52体の像と共に、国宝だそうです。もちろん、屋根の上の鳳凰も国宝。


伊藤久右衛門の平等院店は、閉まっていたので、
宇治橋の先の店舗で、ブロ友さんお勧めの抹茶大福を買う。

しかし、胡蝶しのぶさんのような声で、
「もしもーし、抹茶大福は、3時間しか持ちませんよ。」と、
凄いことを、ニコニコして言われたので、
「ガーン!名古屋まで保たない。」
息子にあげることに。


息子を、大学のキャンパスに迎えに行って、
いつもの焼肉屋に行った。


名古屋→高野山→キトラ古墳→関戸峠の五平餅→針テラス→宇治平等院→伊藤久右衛門→大学→焼肉天壇→名古屋


失われた抹茶大福の食レポ(息子)

かわいらしいサイズの抹茶大福
普通の大福と比べると表皮が薄く、抹茶餡の割合が多いからか、見た目よりも確かな食べ応え
抹茶餡はムース状(?)で、舌触りが良く滑らか
食べてすぐ、抹茶の仄かな苦味と芳潤(or爽やか)な香りがして、噛むうちに抹茶餡の控えめな甘さが出てくる
おいしい



Posted at 2020/10/30 08:54:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2020年10月30日 イイね!

群馬から、渋峠、志賀高原経由で帰る。

群馬から、渋峠、志賀高原経由で帰る。前橋のビジネスホテルを出て、
秋名山(榛名山)で朝練をしました。


榛名山の日の出。


八ッ場ダムに行く途中。


万座温泉ハイウェーを走り、
万座温泉、白根山を抜けて、
日本最高度の渋峠に到達。


横手山
背景は、北アルプス


志賀高原で、オープンに。
背景は、焼額山。


岡谷まで戻り、高ボッチ高原で、写真一枚。
富士山が、肉眼では見えますが。


高ボッチ第二駐車場にて、
背景は、北アルプス。


前橋→榛名山→伊香保温泉→八ッ場ダム→万座温泉→白根山→渋峠→志賀高原→岡谷→高ボッチ高原→名古屋

488kmでした。





Posted at 2020/10/30 07:39:13 | コメント(0) | トラックバック(0)
2020年10月30日 イイね!

イニシャルDの聖地巡礼

イニシャルDの聖地巡礼エリーゼが退院したので、
イニシャルDの聖地巡礼。

名古屋から、軽井沢を抜けて、
碓氷峠から、ビジーなコーナーを2速、3速をシフトしまくって、眼鏡橋を越えて、


おぎのやの前の「まこちゃんのシルエイティ」発見。


6月に来た時に、朝早くて食べられなかった「おぎのやの峠の釜飯」を食べました。


それから、古代の火山の妙義山を登り、下仁田まで走りましたが、
道が狭く、ゼブラもあって、もういいかな。


イニシャルDの聖地、秋名山(榛名山)に登り、
ロープウェイに登りました。


榛名湖は、火山のカルデラ湖です。
人は、まばらです。

イニシャルDで、なんども出てくる伊香保温泉までの下りを堪能しました。
爆音で走る車が、いっぱい居ました。


それから、赤城山に登りました。
アプローチが長く、ストレートが長く飽きました。
スピードを抑える凸凹舗装が、沢山あります。


赤城の大沼は、綺麗な湖でした。


反対側です。


展望台側から。

そのあと、超タイトな16号線で、狭い道で、100個以上のコーナーを曲がって、下まで降りて、前橋駅のビジネスホテルに宿泊。
GOTOで、格安でした。


宿泊費が安かったので、晩ご飯は、チョット贅沢。
牡蠣のアヒージョ。
牡蠣がギリギリ火が通った感じで、生より旨い。
それに、塩、鷹の爪、ニンニクのオリーブ・オイルが旨くて、
こんがりバゲットで、吸い尽くしました。


群馬豚のコンフィを食べました。
ギリギリ火が通った豚肉に、ビネガーベースのソースが、
美味しかっか。


Posted at 2020/10/30 07:19:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「@パイン6 さん、
電気ロックは、キーで解除できないので、電気ロックして、バッテリーが上がると、ドアも、エンジンフードも開けられず、大変なことになるので、使わな方が良いと、ディーラーから言われました。
電気ロックして、バッテリーが上がり、ドナドナした人いました。」
何シテル?   10/31 17:19
クマクマです、よろしくお願いします。エリーゼ1年の初心者です。 プリウスで、エコ運転ばかりしていましたが、スポーツカーに一度だけ乗りたくて、 トヨタ86のM...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/10 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728 29 3031

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

ステアリングダンパー取り付け 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/12/03 18:53:37
保護フィルム貼り替え 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/07/03 20:48:11
琵琶湖、京都巡りで、夜撮影 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/04/07 07:50:42

愛車一覧

スズキ ジムニー スズキ ジムニー
4WDターボで、スタッドレスも履いて、雪道も走れるはずですが、行った事ない、街乗りの下駄 ...
ロータス エリーゼ ロータス エリーゼ
エリーゼ スプリント220の最も気に入っている点は、 (1)超カッコ良く、 遠くから見る ...
トヨタ 86 トヨタ 86
通勤車でした。 低速トルクがないので、ブンブン回してました。 ヒール&トーを覚えました。 ...

過去のブログ

2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.