• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

leazes terraceのブログ一覧

2017年07月31日 イイね!

エンジンチェックランプ点灯

週末にエンジン警告灯が点灯しました。

DPF微粒子除去フィルターか何か、と思いましたが、エンジンの吹けが悪く、シャットオフモーターあたりではないかと推測しています。


Posted at 2017/07/31 09:19:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | W211 CDI | 日記
2017年07月25日 イイね!

自動車人気色

世界自動車販売人気色(2016/3/4)

米国自動車用塗料メーカー、アクサルタ・コーティング・システムズの「2015年版自動車人気色調査報告書」を見ると、

1位:ホワイト系
2位:ブラック系
3位:シルバー系
4位:グレー系
5位:レッド系
6位:ブルー系
7位:ブラウン系
8位:その他
9位:イエロー系
10位グリーン系

日本での順位は、

1位:ホワイト系(33%)
2位:ブラック系(20%)
3位:シルバー系(14%)

だいたい同じ傾向、英国は赤の人気があるとか、フランスは、シルバーとか汚れが目立たない色が好まれるとか、そういう話は聞いたことがありましたが、世界って十把一絡げに順位つけても、驚くところのない結果ですね。

それで調べてみたら、過去60年における人気のボディーカラーが判明車の人気色の世界的な推移 の方が興味深いものでした。

世界的に 「有彩色から無彩色へシフトしている」

・北米では緑・青・茶などの有彩色から、白・銀・グレー・黒などの無彩色へ人気がシフト
・欧州では86年まで赤が1位だったが、それ以降は北米同様に無彩色が台頭
・アジア太平洋、南米は元々無彩色が強いが、近年はそれがより顕著に

景気要因とか、昔はいろいろ言われていたけど、そういうのは関係ないのか。
Posted at 2017/07/25 10:23:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月24日 イイね!

メルセデス お前もか

「メルセデス お前もか」で検索すると、たくさん引っかかりますね。

ディフィートデバイス(Defeat device)とは、だまし装置のことで、日本では3.5t以上のディーゼル自動車のみ違法、アメリカおよびEUでは全て違法、ということで、当初日本では対象外といっていましたが、対策するようです。


VWがあれ以降どうなったか、和解金などをいろいろ払って収束したあと、日本でもシェアは回復しています。値引きのせいもあるんでしょうけど。

2016年暦年輸入車トップ10(2017/1/12)では、第3位:フォルクスワーゲン 47,234台(前年比マイナス13.8%)でした。4位:アウディも28,502台(同マイナス3.1%)

輸入車1~6月販売台数(2017/7/10)では、2017年上半期実績は、2位につけています。ディーゼルは未導入のままですが。

1位:メルセデス・ベンツ  32,699(+1.4)
2位:フォルクスワーゲン 25,596(+2.1)
3位:BMW           25,429(+3.2)
4位:アウディ 13,458(-4.8)
5位:BMW MINI 24,548(+16.4)

世界では、16年の車世界販売、VWが初の首位 トヨタ陥落 によると、フォルクスワーゲン(VW)の販売台数は3.8%増の1031万2400台。中国で小型車を対象とした減税の追い風を受け、年間では初の世界首位に立った、と。
Posted at 2017/07/24 07:09:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月23日 イイね!

ホンダ・ヴェゼルの特需

■ホンダ・ヴェゼルの特需、あるいは、ヴェゼル祭り

http://car-uratalk.com/resalerank-of-vezel/
によると、2014年後半から輸出需要が旺盛だったそうで、トヨタ車以外でこういう現象は珍しい感じがします。

ヴェゼルを輸出で高く売る!!を読むと、当初はスリランカ向けで、海外への正規輸出がなかったこともあり、ヴェゼル高騰続く (2014/5/22)は、スリランカやバングラデシュ向けだと言っています。

ヴェゼル第二の春(2016/3/25)によると、中古車でも関税がやたらと高いシンガポール向けに、ヴェゼルHVは新車より10~20万近く高くなりました。しかも色目はバラバラで。

そうこうしているうちに、ヴェゼル祭り終焉の匂い(2016/8/3)になると、

・当初はスリランカ向け「ヴェゼルHV」
・そのあと、シンガポール向け「ヴェゼルHV&ガソリン」

とふたつの波があり、2015年のスリランカの関税引き上げ、BREXITによる円高(ポンド安)
シンガポール向けに関しては、タイ生産のヴェゼル「HR-V」の併売がはじまり、日本からの中古車需要は減る傾向あり、ということで、特需は終了。



現時点での特徴は、

・ガソリン、ハイブリッド車も悪くない
・走行距離は、1万キロも5万キロも評価は変わらない
・純正ナビの有無は変わらない
・修復歴はダメ。マイナス30~40万円
・色は、シルバーだけマイナス20~30万円、・白・黒、ブルーはOK、ワインは20~30万円高い
平成28(2016)年式より、 27(2015)年式 ≦ 26(2014)年式が高い
スーパー特需を引き継ぎ、今だに“年数が経過した方が価値が上がる”という一般常識を覆す傾向

ヴェゼルのあと、2017年はトヨタC-HRにこの動きが移ります。CH-Rが高騰して沸いたそうで、納期が長くなると、デビュー当初の希少性がものをいうようです。


■高年式・高額車両の代表市場はスリランカ

中古車輸出月次統計(2017年3月) - 浜銀総合研究所によると、スリランカは高年式・高額車両の代表市場だそうです。ハイブリッド車やプラグインハイブリッド車など、新しい、値段の高いクルマが多く輸入されています。

ただし、政策が安定せず、コロコロ変わるので、関税によって需要も変わり、リスクは大きいと言われています。乗用車は新車登録日から2年以内の輸入に限られます。
【川崎大輔の流通大陸】日本車を求めるスリランカ、中古車輸入政策の変遷


Posted at 2017/07/23 19:56:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月17日 イイね!

古い中古車の価格が高騰する理由

普通は車齢があがると車の価値は下がるのですが、あがる例があるということで、色々調べてみました。

■日本からの中古車輸出に目を付けたパキスタン人
1989年ころ、ひとりのパキスタン人が富山県からロシア向けの中古車輸出を始めた。うわさを受け、多くのパキスタン人が富山県に終結、たった1人だったパキスタン人の数は、2002年に130人に増えた。 2003年7月21日(月)放送(第166話)『摩擦~中古車輸出日本一の街で~』

いまや、日本の中古車の輸出は、パキスタン人無しには語れない。1970年代に研修生として来日したライース・スィディキ氏が、本国に日本の中古車4台を送ったのが始まりと言われている。それを機にパキスタンでは日本車の需要が高まり、来日するパキスタン人も増加。今では、日本の中古車業者の5割を超えるという。  中古車支配するパキスタン人



■2016年の中古車輸出先トップ10

 1位  アラブ首長国連邦(UAE) 151,001台 UAEは左ハンドルのみ輸入可なのに、右ハンドルの輸入が多い。それは、大半が、イラン、イラク、インド、アフガニスタン、パキスタン、イエメンなどの近隣諸国、アフリカ諸国に再輸出されるためで、再輸出用中古車については、左ハンドル規制や排ガス・騒音等の条件は適用されず、最終仕向国の輸入規制が適用されている。
https://www.jetro.go.jp/world/qa/04A-001224.html

 2位  ミャンマー 124,212台 原則として1995年以降に製造された車両。各車種の年式ごとに関税の額が設定されているため、税金の高い高年式車はバイヤーが買わないため実質的にはミャンマーに売れる年式は限定されている。

 3位  ニュージーランド 122,329台 年式規制なし

 4位  チリ 74,069台 原則輸入禁止。内陸部の国へのゲートウェーになっている。

 5位  ケニア 57,130台 7年未満

参考サイト 7年目(3回目)の車検を迎えるあなたへ!ケニアの件知ってます!?

■ケニアにおける中古車の輸入規則  2016年12月現在の、より正確な情報では
 ・初回登録年月日より8年未満であること
 ・製造年月日から初回登録年月日までの期間が1年未満であること
 ・右ハンドル車であること
 ・路上走行車両検査の基準に合致していること
https://www.jetro.go.jp/world/qa/04A-001252.html

 6位  パキスタン 56,952台 乗用車:3年未満、商用車:5年未満

 7位  ロシア 48,244台 5年未満

 8位  南アフリカ 48,100台 原則輸入禁止。ダーバン港で陸揚げ後、ボツワナ、ナミビア、ジンバブエなどの隣国へ再輸出される。

 9位    タンザニア 39,408台 年式規制 10年未満。製造から10年以上経過した車両も輸入可能だが、割り増しの課税あり。

10位 ジョージア 37,769台


■アメリカ 車齢25年以上

安全基準や排ガス規制などが中古車にも適用されているのですが、25年以上経つと「旧車」扱いとなり、基準から外れるため、R32GT-Rのように異常な額になる例もあるそうです。

参考サイト シルビアやスープラ…かつての平成スポーツカーの中古車価格が高騰する3つの理由



■1年規制
新車登録から1年未満の中古車の関税が高い国では、1年経過後のクルマの需要が増える。

■2年規制
スリランカでは、中古車輸入は、右ハンドル車で乗用車は登録2 年以内に規制されているため、高年式車を中心に高めの価格のものが多い。

■3年規制
シンガポールカでは、中古車輸入は、右ハンドル車で乗用車は登録3 年以内に規制されている。

■5年規制
5年以内の中古車でないと輸入できない国 ペルー
https://www.jetro.go.jp/world/qa/04A-001226.html

■1.5L未満のクルマ
スリランカの1500cc 以下の環境対応車への税制優遇によるところが大きい。ただし、内線終結後の不安定な政策により、規制が頻繁に変わり、2015 年に関税が引き上げられ、2016 年は中古車輸入が減少した。ハイブリッド車や高年式車を中心に日本車の人気は高いらしい。


中古車(右ハンドル)の輸入を禁止している国
<アジア> 中国、タイ、インドネシア、ベトナム、インド、パキスタン、カンボジア
<中南米> チリ、ペルー、アルゼンチン、ブラジル、メキシコ、コスタリカ、パナマ、パラグアイ、ドミニカ共和国、エクアドル、コロンビア
<アフリカ> 南アフリカ共和国、エジプト
<その他の地域> ウズベキスタン
ただし、上記の国へ輸出できなくても、UAEなど日本から輸出実績がある場合がけっこうあって、近隣諸国に再輸出される場合や、パキスタンなどはデータが古いのかもしれない。
中古車の輸入が制度上困難な国々


参考サイト
中古車輸出の情報サイトPLANETCARS.JP

重要 〇年規制について
海外人気車種一覧
リセールバリューランキング!アホですか?というぐらい高い車まとめ
各国の中古車の輸入規制
Posted at 2017/07/17 21:48:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「社外品のホイールキャップ http://cvw.jp/b/318579/39567156/
何シテル?   04/05 20:18
■ここに来て、クルマに向き合う姿勢が変わって来ました。もう若くないのかもしれません。W213にしろ、ニュー5シリーズにしろ、新しい時代を見据えて確実に進化したモ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

w211 キャンバー調整ボルト取り付け 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/11 19:29:36
プロスタッフ シャインポリッシュにウレタンバフを装着する改造 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/14 17:24:22
車外の異音の「クセがすごい!」 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/08 16:30:37

ファン

13 人のファンがいます

愛車一覧

フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント
まさかのVW購入。ポロ(POLO)シルバーセレクションを購入したのが1998年、20年ぶ ...
メルセデス・ベンツ Eクラス セダン メルセデス・ベンツ Eクラス セダン
■ はじめてのメルセデス、はじめてのディーゼルです。 ■ W211後期(2007年)、6 ...
メルセデス・ベンツ Eクラス セダン メルセデス・ベンツ Eクラス セダン
■ W212後期(2014年)の2年落ちの中古を50,000kmで購入しました。 ■ W ...
三菱 デリカD:5 三菱 デリカD:5
2007年10月5日納車。FFのベース・グレードC2 Sです。 最小回転半径5.4mはこ ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.