• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

草凪のブログ一覧

2020年05月15日 イイね!

4WDモデルの下回り


今までも車検のたびにパスタ(トヨタ用語ですね。シャシーブラックのこと。クリア版を選んでいたのでブラックじゃないですが)を塗ってもらっていたんですが今回はそれに加えてノックスドールを納車時にお願いしたのでした。

首都圏ではなぜノックスドール?と、いう疑問は甘んじて受けましょう。
それを言うならなぜ4WD? という疑問もあるかもしれません。
FF、4WD、FRと乗ってきていて、やっぱりリアにトラクションがかかると最後の最後まで安心できる…と、言うのがありますね。ブレイクしていてもコントロールに置いておける安心。
これはいざというときの選択肢があるというのが大事。

そして、首都高でも年に数回でも凍結防止剤が巻かれていることはあって、その影響の大きさは半端ないので。
ホント、凍結防止剤付着したまま放置するとボルトというボルトが錆びるし、雪国の車のサビが大量発生するのはこれが原因。

なので、納車時にリフトにあげてもらって確認したのでした。
その時に写真を撮っていたので公開。

alt

今どきの車らしくアンダーカバーだらけ。
スプリングの下にも整流板がついているのはコストかけているなーと思う。
alt

デフはジェクテイトのITCC。
ヤリスGRにも使われている電子カップリングデフ。
alt

プロペラシャフトを避けるようにアーチ状にトーションビームが配置されているのがわかりますね。
トルクで曲がるセッティングは感じます。踏んでしかも自然に曲がれる(=不用意にリアが出ない)のは良い。

alt

ブレーキフルードのバンジョーボルトは内側に。
これはフルード交換かなりめんどくさいのでは…

alt

ショックはTOKIKO製。
車高を落とすつもりは全然ないです。
最初縮み側の動きが悪いかな?と、思っていたんですが最近は大分スムーズに動くようになっきています。

alt

びっくりしたのが多分中間パイプにコントロールバルブ入っている。
想像ですが、これは低速で閉じてホットEGRの量を増やしているのかと。
高速エア・サプライ(=スーパーチャージャー)がついているのでSkyactiv-Gのようなタコ足の廃棄干渉が使えなかったと想像。
ここを載せている記事とか見たことがないので、詳細は不明ですが。

しかし、コストかかりまくりですね。
すごくコストがかかっている。
このコストは本気で官能性とCAFE規制の両立を目指しているんだなぁと想いました。
TOYOTAは別格として、小規模なメーカーは制裁金払って価格を上乗せするか、はたまたSUBARUのようにUS一本足打法にするか、日産や三菱のように新興国メインの販売にするか、色々手段は考えられるんですが、mazdaは一番愚直に正面突破を目指しているんだな、と。

この愚直さは嫌いではないです。
願わくばEUの理不尽なルール変更に巻き込まれませんように…
Posted at 2020/05/20 00:13:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「世良耕太先生のmazda3長期ロードテスト http://cvw.jp/b/3223989/45235822/
何シテル?   06/29 17:03
ようやく登録(^_^;;;
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/5 >>

     12
3456789
1011121314 1516
17181920212223
24252627282930
31      

愛車一覧

マツダ MAZDA3 ファストバックハイブリッド マツダ MAZDA3 ファストバックハイブリッド
大変よくできていると思う。 動きに対して不満が出ない車。

過去のブログ

2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.