• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

shidenのブログ一覧

2019年07月21日 イイね!

久しぶりのFC3C洗車

久しぶりのFC3C洗車今年の夏は涼しいですね。

昨年と違って過ごしやすいのはいいのですが、雨が降ったりやんだりの天気が多いので、なかなかガレージ内のクルマを稼働させる機会がありません。



なるべく面倒な洗車の回数を増やしたくないので、雨天には乗らないからです(結果、ガレージ外にあるアルファ156の稼働率が高くなります)。

とはいえガレージ内保管と言っても、長い時間が経過すれば埃が蓄積していきます。

そして今、一番洗車から遠ざかっているのが、サバンナRX-7カブリオレ(FC3C)です。
今年はもちろん、昨年にも洗車した記録がないので、おそらく1年半以上洗車していないものと思われます。

自分で洗車しなくても、通常はディーラーに点検に出した際に洗車してくれるので、少なくとも1年毎には洗車されるはずです。
しかし、このFC3Cは前回の点検の際に「貴重なおくるまなので、洗車しない方がいいですよね」と言われて、洗車しなかった覚えがあります。
(イヤ、特に貴重なクルマでもないので、さっさと洗車してもらえばよかった)

その結果、埃が蓄積。


そして猫の足跡がついてる。
ガレージのドアを常に開け閉めしているわけではないので、私がいない時に猫が侵入したのでしょう。


そろそろなんとかしなくちゃと思っていたところ、本日はお天気がなんとかもちそうだったので、超久々に洗車することにしました。

と言っても特別入念にするわけでもなく、普通にシャンプー洗車。


今年の走行距離は114kmでしかないですし、泥とかがついているわけではないので、簡単に終了です。


十分きれいになりました。


やはりオープンにしてこそのカブリオレですね。


洗車後、水切り走行しようとエンジンをかけると、見慣れぬ警告灯が点灯。


RADIATOR?
ラジエター壊れた?
FC3Sも含めて14年乗ってますが、この警告灯は初めてです。

マニュアルを見てみると、冷却水警告灯で、冷却水不足の際に点灯するとのこと。
クーラントは車検毎に交換しているし、漏れてる形跡もないのになぜなんだろう。
リザーバータンクを見ても、クーラントほ規定内であるし。


でも、しばらく走っていたら消えました。
ん?気のせいか?
でも心配なので、ちょっとだけクーラントを足しておきました。(^^;)
Posted at 2019/07/21 22:53:41 | コメント(1) | トラックバック(0) | FC3C | クルマ
2019年03月09日 イイね!

点検そしてまた点検

点検そしてまた点検本日、FC3C(RX-7カブリオレ)の12カ月点検が終了しました。

法定点検がやってくるのは1年に1回ですが、うちの場合クルマがたくさんあるので、次から次へと点検が来てしまいます。




今年前半はこんな感じです。
1月 ポロGTIの12カ月点検
2月 R35(GT-R)の車検
3月 FC3C(RX-7カブリオレ)の12カ月点検
4月 AE86(スプリンタートレノ)の12カ月点検
5月 KE11(初代カローラ)の12カ月点検


点検結果は以下の通りです。なお()内は昨年の走行距離です。

ポロGTI(2,722km) 特に不具合なし


代車はパサートのディーゼルでした。実用車としてはいいクルマなのですが、いまいち刺激が足りない感じです。


GT-R(221km) 1年前の点検時に左ドアミラー格納不可が判明したので、今回修理しました。それ以外は不具合なし。


今年埼玉で唯一雪が降った日ですが、写真の通り積もるほどではなく、午後にはドライとなっておりました。

代車はフーガ。安全装備が多数ついてますが、インテリジェントペダルは違和感ありありなので、即オフにしました。


FC3C(962km) 特に不具合なし


ここまでは幸い何もありません(GT-Rのドアミラーは昨年から分かっていたことなので)。
あまり走行距離が伸びていなことも一因でしょう。

しかし、この後は34年落ちのハチロク、49年落ちのカローラと一番危ない2台が続くので、予断は許しません。
だいたい何か問題があると、部品がないんですよね。
何もないことを祈ります。(^^;)


Posted at 2019/03/09 22:34:54 | コメント(2) | トラックバック(0) | FC3C | クルマ
2017年02月26日 イイね!

FCカブリオレで取材依頼対応

FCカブリオレで取材依頼対応本日は大虎さんからの取材依頼への協力のため、RX-7カブリオレ(FC3C)で神奈川県某所へ。

何の取材なのかも分からないまま、圏央道を西へ走ると約1.5時間で到着。埼玉から神奈川へ行くのは、かつてはものすごく遠く感じたのですが、今や圏央道のおかげであっという間です。



そしてFC3Cで高速を本格的に走るのは初めてだったのですが、やっぱりこのクルマは高速では快適ではありません。なにせうるさいので。

現地に着いてみると、約束時間よりだいぶ前だったので誰もおりませんでしたが、しばらくして先方の方が到着。
早速私のクルマから撮影を開始します。


カメラマンさんって、大変ですね。私もクルマの写真はよく撮りますが、さすがに地面に這って撮ろうとは思いません。

そうこうしている間に、すぎやま(仮)さん到着。
赤のセリカコンバーチブル(ST162)です。


街で見かけたことはありますが、こんなに間近で見るのは初めてかも。
普段の通勤にも使用されているそうですが、綺麗に維持されています。
エンジンがハイメカツインカムだったとは、知らなかったなあ。

さらにだいぶ遅れてシルビアコンバーチブル到着。


これはレアなクルマです。現物見るのは初めてかも。
新車からずっと乗られているそうで、当時のイメージカラーであったライムグリーンツートンが輝いています。
故障が怖いので、しばらくオープンにしたことがないそうですが、その気持ちはよく分かります。

以上3台が本日の取材対象。1990年前後生産のオープンカーということのようです。

さて、この時代のオープンカーは現代のオープンカーのように、運転席に座ったままボタン一つで楽々オープンなんてことはありません。3台とも「電動」ではあるものの、手動で対応しなければならない部分が多々あります。

そして3台を比較してみると、FCが最も電動の稼働部分がシンプル。逆に言えば手動部分が多い。座席を前に倒したりしなくてはならないのはFCだけです。その分、壊れにくそうではありますが・・・

その後、撮影続行。
内装を撮ったり


クルマを並べ替えたり


まあ、我々は要求通りにクルマを動かすだけですが。


撮影の方はトータルで4時間くらいかかりました。
この間、クルマ談義やお互いのクルマを試乗していたりしていたら、あっという間でした。

セリカとシルビアのオープンカーを運転する機会なんて、そうはないでしょう。ちょこっと運転しただけですが、同じオープンカーでも3車3様です。でも、この時代のクルマはどれも楽しいんですよね。

帰りは圏央道をバビューンと走っても楽しくないので、約90kmを一般道をのんびり走りました。
暖かで絶好の天気ということもあって、久しぶりにオープン走行を満喫。
FC3Cも約1年前の復帰からようやく2000kmに到達し、さらに調子が良くなってきた感じです。

というわけで、結局何の取材だったのかはよく分かりませんでしたが、クルマにたわむれて1日楽しめました。(^▽^)
Posted at 2017/02/26 22:34:04 | コメント(6) | トラックバック(0) | FC3C | クルマ
2016年11月04日 イイね!

FC3Cパッシングレンズ交換

FC3Cパッシングレンズ交換9月、10月に立て続けにトラブルが発生したFC3Cカブリオレですが、ようやく落ち着いてきた感じです。
天気も良いので、先延ばしにしていた整備を進めましょう。

このFC3C、基本はノーマルですが、いくつかモディファイされている箇所もあります。

その一つがパッシングレンズ。パッシング時にリトラが上がらず、ポジショニングレンズの部分がそのまま光るやつです。

以前からあるのは知っていましたが、このFC3Cで動作するのは初めて見ました。
個人的にはノーマルでいいのですが、わざわざ戻す必要もないでしょう。

しかし、問題が一つ。
このレンズが劣化して曇ってしまっているのです。
パッシングなんてほとんど使わないので、実用上は全く問題ないのですが、なんと言っても見た目が悪い。

右側は劣化してまだら模様。


左側はより曇っています。


ヘッドライトが樹脂になってから時間が経ったので、最近はライトが黄ばんで曇っているクルマが増えました。こういうクルマは、ボディはきれいでもぼろく見えるもの。
FCの場合、リトラなのでライトは目立ちませんが、パッシングレンズも同じ理屈でこのままだとぼろく見えます。

なので交換することにします。
こちらが交換用の新品。いつまで部品が手に入るのでしょうか。


作業は比較的簡単。ビスを2本はずすだけ。
左側は固着しており多少難儀しましたが、無事取り外し完了。


新旧比べると、やはり透明感が全然違います。


そして交換終了。


うーん、なんか引き締まった感じがしてGOODです。(^▽^)


Posted at 2016/11/04 22:08:32 | コメント(3) | トラックバック(0) | FC3C | クルマ
2016年04月09日 イイね!

FC3Cエアコン修理などなど

FC3Cエアコン修理などなどFCカブリオレ(FC3C)が路上復帰してそろそろ1ヶ月になるのですが、最初はうれしくてガンガン乗っているかと思いきや、実はたいして稼働しておりません。

なにせ新車と違って、いろいろ手を入れなくてはならないので、なかなか運転を楽しむ方にはいけないのです。

今回もエアコン修理のため電装屋さんに預けておりました。
そして、ようやく本日帰還しました。

ご存知の通りこの世代のクルマのエアコンは、フロン(R12)を使用しているためガスが入手困難で、修理となればレトロフィットで総取替え、となる懸念があります。
以前ハチロクトレノをレトロフィットした時は、1ヶ月以上の期間と諭吉さんが30人以上かかりました。

このクルマは8年も不動であったわけですから、最悪総取替えも覚悟しておりました。
しかし、結果から言えばそこまでは至らず、ライン洗浄とOリングの交換、そしてガスの再チャージぐらいで済みました。

それと言うのも、このガス(次世代カーエアコンガスCOLD12)があるからです。


R134aのガスはR12のガスの入れ替えには使用できませんが、このガスはR12用の装置がそのまま使用できるとのことです。
まあ理屈はよく分かりませんが、エアコンが動けばどんなガスでもかまいません。

電装屋さんからの帰り道、今日は車内はエアコンがないと暑いくらいになってきたので早速使用してみると、冷える、冷える。


FC君(赤のFC3S)よりも冷たい風が出ている感じです。これなら十分OK。これで夏場も不動車にはならなくて済みそうです。

エンジンルームを見ても、何も変わってはいませんが、レシーバータンクを見ると、エアコン動作時は真っ白になってます(普通は透明だと思います)。まあ、冷えればなんでもかまいません。


ああそう言えば、電装屋さんに行った際にお友達を発見しました。


エアコン修理で長期入院中の後期GT-LIMITEDです。私以外にも、まだまだ修理する人もいるんですね。(^_^;)


それから、電装屋さんにエアコンの修理を頼んだ後に、ついでに2つ作業を追加でお願いしています。

一つ目はカーナビ取り替え。
現在はパイオニアのHDDナビが装着されているのですが、10年以上前のもの。まあそれはいいとしても、一番困ってしまうのが、2DINナビではなくスイッチオンで画面がせり出してくるタイプのものなのです。


これであると、ナビを動作させているとエアコンが操作できない。せっかく直したのに。
というわけで、交換することにしました。

機種をじっくり考える時間もなかったので、一番無難なパイオニアの楽ナビ。AVIC-RZ99となりました。


装着後の姿を見てみると、枠がブラックで出っ張りも少ないので、すっきりしていてなんかいい感じ。


これまでは後付感ありありでしたが、なんか純正品のようにフィットしています。これは良い。
まあ、機能の方は問題ないでしょう。多分。


このスマートコマンダーは、BMWのi-driveのように手元で拡大・縮小などできるので便利そうです。
でも、どこに装着するかですね。このフォグランプの横あたりでいいかな。


そしてもう一つは、リモコンドアロック。
これは便利であるだけでなく、ドアの鍵穴を壊さないようにするためにも、早く取り付けた方がいいでしょう。

特にこだわりはないので、お任せでつけてもらったら、こんなものになりました(メーカー不明)。


ちなみに、金属キーもスペアキーしかなかったので、新たにマツダに頼んだのですが。画像のようにオール金属のキーになってしまいました。

画像はFC君のキーですが、以前は手持ちの部分はプラスチックでした。こちらの方がよいですよね。


最近は金属キーなんて使わないクルマばかりなので、ここも簡素化されてしまったのでしょうか。残念です。

というわけで、一通りの整備が終わったFC3C。
今日は天気も良かったので、オープン走行をたっぷり楽しみました。


でもまだやりたいことはたくさんあるんですよね。
どこまでやろうかなあ。(^_^;)
Posted at 2016/04/09 22:19:48 | コメント(2) | トラックバック(0) | FC3C | クルマ

プロフィール

「ハチロクのウインカーバルブ交換 http://cvw.jp/b/323365/43264302/
何シテル?   09/15 01:00
shidenと申します。 スポーツカーが好きで、これまでロードスター、ポルシェカレラ2などに乗ってきました。 その後、しばらく車に乗らない時期がありましたが...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/9 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

無免許に追突されると言うこと。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/24 06:34:55
ホンダS660に乗る 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/06/10 08:36:35
不愉快です!(怒) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/05/26 07:51:10

愛車一覧

マツダ RX-7 マツダ RX-7
1990年式GT-Xです。 マフラー(フジツボ レガリスR)、ダンパーキット(BLITZ ...
日産 NISSAN GT-R 日産 NISSAN GT-R
ダークメタルグレーのPremium editionです。 待ったかいがありました。走る ...
ホンダ ビート ホンダ ビート
1995年式のVersion Zです。 とてもバランスのとれた車なので、基本はノーマルで ...
マツダ RX-7 マツダ RX-7
1992年式のサバンナRX-7カブリオレ(FC3C)、ファイナルバージョンです。 8年間 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.