• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

shidenのブログ一覧

2019年04月29日 イイね!

ポロGTI退役

ポロGTI退役平成も残り2日となった本日、ポロGTI(9NBJX)が退役しました。

私のブログではクルマの年式は西暦で記載することが多いですが、平成最後にちなんで本日は年号表示とします。



このポロGTIの初年度登録は平成19年2月。従兄弟が新車で購入したものです。
そして23年10月、従兄弟のゴルフの買い替えにより私のところへやってきました。

当時はFC3S、ビート、R35 GT-Rの3台体制でしたが、いずれも2ドアで実用性が低いクルマばかりでした。

そこへやってきたのがクルマ。
小型の5ドアハッチバック車(VWは4ドアと呼んでますが)なので非常に使い勝手がよく、それ以来一番の実用車として活躍してくれました。

単なる実用車というわけでもなく、GTIを名乗るだけあって走りの方も十分満足いくもので、街中はもとより高速、ワインディングとどのステージでも一定レベルの走行性能を披露してくれました。

そんなポロも本日でお別れ。
走行距離は55,000km。私のところへ来た時は28,000kmでしたので、この7年半では約27,000km走行したことになります。


少ないようですが、これでも同時期の私のクルマの中では一番距離を伸ばしています。

クルマ屋さんに引き渡すに当たって、2週間くらい前から準備してきましたが、最後のひと作業。
ドラレコをはずします。


そして、ヒューズ電源をはずして全て完了です。


最後に入念に洗車をして、きれいにしてあげました。


昨年初代カローラが納車されてからは、ガレージに入りきらなくなってカーポート保管になってしまいましたが、それまでの11年間はずっとガレージ保管だったので、今でも状態は非常に良いと思います。


また、内装もあまり劣化は感じられません。
GTIのシートはバケットタイプなので乗り降りがしにくいのですが、私はシートが擦れないよういちいち一番後ろまで下げてから乗り降りするようにしていました。


これまで事故もなく、大きな故障もなく、本当によく活躍してくれました。
お疲れ様でした。

次のオーナーさんの下で活躍できることを祈っております。(^^;)
Posted at 2019/04/29 22:00:43 | コメント(2) | トラックバック(0) | ポロGTI | クルマ
2019年04月21日 イイね!

初代カローラ発見

初代カローラ発見本日は茨城で開催された「昭和のくるま大集合2019」を見学してきました。

今回も参加者ではなく単なる見学者なので、楽ちんなポロGTIで出撃。




場所は「サテライト水戸」という競輪場外車券売場の駐車場で、着いてみると時間が早かったせいか、広大な駐車場はまだスカスカでした。。


名前の通りの旧いクルマのイベントですが、ビート、NSXなど平成生まれのクルマもあったので、必ずしも昭和のクルマではないかもれしれません。

ただ、トヨタ2000GTなど、3月に見学した羽生のイベントより旧くて高価そうなクルマも多数ありました。


そんな中「1台くらいいないかなあ」と会場を一回りしてみると・・・・・ありました。


初代カローラ発見!!
昭和43年式(1968年式)の前期型(KE10)、「茨5」と1桁ナンバーです。

実は自分のクルマ以外で初代カローラを見るのはこれが初めて。
情報も全くないので、一度他のオーナーの方と話をしてみたかったのです。

オーナーさんがクルマの傍におられたので、クルマをじっくり拝見させて頂きました。

見てみると私の後期型(KE11)と、グリルやメーターコンソール、ラジオ、シートベルトの有無など結構変わっている部分があります。
2台並べたらきっと楽しそうです。


オーナーさんにお話を伺うと私よりかなりご年配の方で、ワンオーナーではないですがかなり以前から乗っているとのこと。
整備は昔から見てくれているクルマ屋さんがあるので、あまり心配ないそうですが、タイヤはリボン付きのバイアスタイヤは国内で入手困難なので、アメリカから輸入したそうです。

また、このような旧車イベントにも時々参加されているそうで「次回はご一緒に」とお誘いを受けました。
せっかくですから参加させて頂こうかと思っています。

あと意外と言っては何ですが、この初代カローラを興味深く見られているお客さんも結構多くおられました。「懐かしいなあ」というのが第一声の場合が多いですが。(^^;)

というわけで、いろいろなクルマが見られて楽しかったのですが、カローラオーナーさんにお話しを伺えたのが最大の成果です。
長時間拘束してしまいましたが、オーナーさん、ありがとうございました。

そして昼過ぎに会場を後にする頃には、広大な駐車場がほぼいっぱいになっていました。


旧車イベントって意外と人気あるんですね。(^^;)
Posted at 2019/04/21 21:42:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | ポロGTI | クルマ
2017年11月11日 イイね!

ポロの車検見積りに驚く

ポロの車検見積りに驚く本日はポロGTIの車検事前見積りのため、フォルクスワーゲンのディーラーへ。

うちのポロは2007年2月登録なので、来年2月で11年となります。

走行距離は5万km。現時点で特に不具合はありません。



2年前の車検時には事前見積りという制度は確かありませんでした。ただ、1年前の12か月点検の際のブログにも書いておりますが、例の排ガス事件以後対応が変わりました。
新車販売だけでは利益を確保するのが難しいので、アフターサービスにも力を入れるようになったのではないでしょうか。

で、待つこと約1.5時間。
出てきた概算見積りは、なんと34万円。(゚〇゚;)


内容を聞いてみると、現時点で大きな不具合はなくこのままでも車検は通るそうですが、劣化してきている箇所の交換をお勧めするとのこと。

エンジンオイル、ブレーキフルード、クーラントなど車検で通常交換するもの以外の主な整備内容としては
・ブッシュ交換
・バッテリー交換
・ブレーキホース交換
・エバポレーター洗浄
・フューエルフィルター交換
ということです。

2週間前にFC3Sの27年目の車検をいつものディーラーで受けましたが約18万円でした。
AE86スプリンタートレノの前回の車検は約15万円でした。

車検時の交換部品、整備内容によって金額は変わりますが、17万kmのFC、33万kmのハチロクでも大物が何もなければ13~15万円。何かあっても20~25万円くらいには収まります。

それに比べて11年で5万kmしか走っていないのに、この整備費用の高さ。
最近では輸入車も身近になり、メンテナンス費用もパック化されて販売されているので、新車から3~5年目までは国産車と変わらない維持費用で済みます。
しかし、旧くなると輸入車のメンテナンス費用は国産車と差が出てきます。

FCやハチロクなんかは維持費用がすごくかかるように思っている方もいるかもしれませんが、実はたいしてかかりません。

例えばバッテリーなんかはネットで1万円も出せば買えますし、交換も自分で簡単にできます。また寿命も最低でも5年はもちます。
一方、ポロは約4万円。しかも寿命は3年ぐらいしかありません。

というわけで金額には多少驚いたのですが、まあ仕方ないかということで、一応2月に車検の予約をしました。
が、もしかすると気が変わって手放してしまうかも。(^^;
Posted at 2017/11/11 23:13:43 | コメント(5) | トラックバック(0) | ポロGTI | クルマ
2016年12月24日 イイね!

ポロGTIの12か月点検とアンケート

ポロGTIの12か月点検とアンケート本日はポロGTIの12か月点検を受けました。

このクルマの初年度登録は2007年2月末。なので約10年です。
10年と言えば昔のクルマならそろそろ寿命という頃ですが、今のクルマは10年ぐらいでは何でもありません。

それにしても2月末登録のクルマが、何故今頃点検を受けているのか。

早くても1月に受けるのが普通でしょうが、これには訳があります。
実は数週間前にディーラーから電話がかかってきて「ぜひ12月に点検を受けてほしい。その場合は値引きする。」とのこと。

どうも2月、3月は販売台数が多く、その結果車検・点検で入庫するクルマが多くなるため、入庫時期を分散して作業量を平準化させたいという事情があるようです。
私としては点検時期にこだわりはなく、値引きしてくれるのならその方が有難い。なので本日となりました。

代車は写真のゴルフでしたが、静粛性や乗り心地はポロよりはるかに上。また、最新機能がてんこ盛り。ステアリングにスイッチ一つ付いていないポロと比べると、時代の違いを感じます。

すごくいいクルマであり完成度の高さは疑いようもないのですが、運転する楽しさはまた別です。私にとっては、やはりMTのポロGTIの方が楽しいのです。

点検の結果は特に異常なし。「前回の車検から1000kmも走っていないので、何も減ってません」とのこと。
あまり気にしていませんでしたが、確かに記録を見ると前回車検からの走行距離は1000km弱。
なので今回はエンジンオイル交換のみでした。

それから依頼されたのは、アンケートの回答。
後ほど送られてくるそうですが、こちらの評価をぜひ9点以上(10点満点)にしてほしいとのこと。なんでもこの評価が低いのが続くと、ディーラーは大変なことになるとのことです。

以前はこんなアンケートなかったですけどね。
そう言えば、以前は車検・点検の前後でも何の連絡もなかったのですが、前回車検の際は1週間後に「おクルマの調子はどうですか」と電話がきました。どうも昨年の排ガス事件以後、対応に変化があったように感じます。
まあ、いい傾向だと思います。今回の対応は良かったので、9点以上を差し上げましょうか。

最後にディーラー担当者から「これほど内外装の程度のいい9N GTIは滅多にありません。手放す際は、ぜひお声がけください」とのこと。
オーナーとして愛車が褒められるのはうれしいですが、いつまで所有するかなんて全く考えてません。(^^;)
Posted at 2016/12/24 23:31:05 | コメント(2) | トラックバック(0) | ポロGTI | クルマ
2016年02月20日 イイね!

ポロの9年目の車検とFC3Cの準備

ポロの9年目の車検とFC3Cの準備ポロGTIが9年目の車検から帰ってきました。

走行距離は47,500km。前回の車検では40,200kmだったので、この2年で7,300km。

これでも私の所有する4台の中では一番乗ってるクルマです。



さて点検結果ですが、特段大きな不具合はなかったのですが、エンジンオイルやクーラント、ブレーキフルードなど一般的な消耗品の交換以外に、今回いくつか交換部品がありました。

まず、スパークプラグ。
現物を見たところ確かに劣化している感じでした。5~6万kmが寿命とのことなので、ムリに引っ張る必要もないでしょう。

続いてブリーザーホース。
こちらはオイルが周辺ににじんでいました。この辺りは自分で見ることもないので、交換判断はディーラーさんにお任せです。


それから細かいところでは発煙筒。
これ、いつの間にかLED式に変わったのですね。
確かにこれなら使い捨てにもならいないし、使用時間も長いでしょうから、こちらの方がいいですね。


あとは部品交換ではないですが、センターパネルからの「ギシギシ」という異音対策。こういう異音ってやっかいです。なにせ音が出たり出なかったりでするので。


今回は幸いディーラーでも音が出たそうなので、クッション材で振動止めをしたとのこと。自宅までの帰り道、異音が出なくなっていたので直ったかな。

という感じでトータル21諭吉。
2年前の前回車検では16諭吉でしたから、交換部品が増えた分費用も増えてます。国産車よりはちょっと高いですよね。


輸入車も最近では信頼性も上がり、保証もあるので新車から5年くらいまでは、国産車との維持費の差はあまりなくなってきています。しかし、旧くなってくると部品の耐久性の違いと交換部品・工賃の高さから、国産車と差が出てくるでしょう。

まあポロの場合は、クルマの作りはシンプルですし、機械的に単純で壊れにくいMT車なので、まだましな方だと思います。どれだけ乗り続けるかは全く未定です。

さて、前回書きましたFC3Cの復活計画ですが、ディーラーで整備継続中です。
で、タイヤは持ち込み交換することにしたので調達してきました。

銘柄は、またまた「ミシュラン パイロットスポーツ3(MICHELIN Pilot Sport 3)」


FC君(FC3S)、ポロに続いて3台目。スポーツ性と快適性、耐久性がバランスした良いタイヤなので、お気に入りです。

ただFC君と異なるのは、FC君はリヤをワンサイズ太い225/50/R16にしているのに対し、こちらは前後とも標準サイズの205/55/R16にしました。
カブリオレはサーキットを走るつもりもないですし、まずは標準サイズでいこうということです。

そして戻ってきたばかりのポロGTIに搭載。やはりこいつが一番役に立つクルマです。


車庫証明等の関係書類も揃ったので、天気が回復したら明日ディーラーにもっていく予定です。(^o^)
Posted at 2016/02/20 16:48:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | ポロGTI | クルマ

プロフィール

「ハチロクのウインカーバルブ交換 http://cvw.jp/b/323365/43264302/
何シテル?   09/15 01:00
shidenと申します。 スポーツカーが好きで、これまでロードスター、ポルシェカレラ2などに乗ってきました。 その後、しばらく車に乗らない時期がありましたが...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/9 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

無免許に追突されると言うこと。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/24 06:34:55
ホンダS660に乗る 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/06/10 08:36:35
不愉快です!(怒) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/05/26 07:51:10

愛車一覧

マツダ RX-7 マツダ RX-7
1990年式GT-Xです。 マフラー(フジツボ レガリスR)、ダンパーキット(BLITZ ...
日産 NISSAN GT-R 日産 NISSAN GT-R
ダークメタルグレーのPremium editionです。 待ったかいがありました。走る ...
ホンダ ビート ホンダ ビート
1995年式のVersion Zです。 とてもバランスのとれた車なので、基本はノーマルで ...
マツダ RX-7 マツダ RX-7
1992年式のサバンナRX-7カブリオレ(FC3C)、ファイナルバージョンです。 8年間 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.