• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

shidenのブログ一覧

2010年06月27日 イイね!

酷道を行く

酷道を行く最近、平日に休暇を取るのが難しくなってしまいました。
なので走行会へは当面参加できないと思います。

しかし、山奥への遠征は続けております。(^^;


山道といってもいろいろレベルがありますが、ざっと分類するとこんな感じでしょうか。


レベル1:大型車でもすれ違い可
レベル2:乗用車ならすれ違い可
レベル3:乗用車でもすれ違い不可の箇所あり
レベル4:ほとんどすれ違い不可
レベル5:レベル4でさらに路面悪しまたは急勾配 

GT-Rではレベル2の道までしか走りません。
いや、レベル2もイヤなので極力レベル1しか行かないようにしています。(^^;

FC君ならレベル4まで突入可能です。
なので、これまでたいていの場所はFC君で訪問しています。

しかし今回のテーマは国道352号。
奥只見湖から尾瀬方面へと抜けるルートです。

この道路は豪雪地帯にあるため、冬期は閉鎖されており、全線の閉鎖が解除されたのは今年は6月11日になってからのこと。
昨年11月11日からですから、一年の半分以上が閉鎖されていることになります。

事前情報によると相当の「酷道」とのことであり、レベル4~5が予想されます。
「これは、FC君でもちょっとつらいか・・・・・」

なので、我が家の山岳用最強マシン「AE86トレノ」登場です。(^^)

狭い山道ではFC君より70mm狭い1625mmの全幅と、150mm(ノーマル)という最低地上高が威力を発揮します。

というわけで、ハチロクに乗って関越道を北上。
天気は幸い曇りなので、ハチロクのエアコンでも快適に過ごせます。

そして小出ICから国道352号、奥只見シルバーラインを通って、一旦奥只見ダムを目指します。

このシルバーラインは全線約22kmの内18kmがトンネル。
しかも暗くて狭くて濡れているので、関越トンネルの4倍くらいの長さに感じます。

やっとトンネルを抜けてダムに到着。
ここは観光地なので、それなりの人出がありました。


ダム周辺を一通り見学した後、シルバーラインを途中まで戻り、いよいよ国道352号を尾瀬方面へ向かいます。

ほどなくセンターラインはなくなり、1~1.5車線の道路が出現。


そこからグネグネ、グニャグニャと連続するコーナーを快調に疾走します。
と言ってもブラインドコーナーが多いですから、対向車に備えて慎重に走る必要があります。

それにしても舗装は割りと良い。
そして退避スペースがあちこちにあるので、すれ違いもそれほど困難ではありません。

「さあ、どんなすごい道になるのかな」と期待と不安が入り混じりますが、道路はどこまでも同じ調子で続いていきます。

これは予想がはずれました。
「酷道」と言ってもレベル3~3.5ぐらいです。

ただし、距離はかなりあります。
なにせこんな感じで湖の岸に沿って延々とワインディングが続くので、耐久レースみたいです。


その内、クラッチを踏む左足が疲れてきました。
ここまで長いと、ワインディングもおなかいっぱいです。

途中こんな不思議な景色もあります。


でもなんとか完走しました。(^^)


今回540kmほど走って燃費は14.8km/L。
かなり長い距離のワインディングを走ったのに、やっぱりハチロクは燃費がいいです。(^^)
Posted at 2010/06/27 20:36:16 | コメント(5) | トラックバック(0) | AE86 | クルマ
2010年06月19日 イイね!

BMWのタイヤ交換

BMWのタイヤ交換4月の12ヶ月点検で「リヤがそろそろ交換時期」との指摘を受けていたBMW325iのタイヤですが、交換することにしました。

GT-RやFC君なら雨の日に乗らないので、「スリップサインが出るまで引っ張る」という手もあります。

しかしBMWはほぼ毎日稼動するので、そこまでやるのはちょっと不安。

なので、梅雨入りしたこの時期に交換しておくのが無難でしょう。

交換するとなるとランフラットにするか、普通のタイヤにするかの選択肢がありますが、いくつか候補を挙げて最終的な判断は親父殿に任せました。

そして出た結論は「ランフラット」

考慮した点は乗り心地と価格、そして安心感です。

一番気になる乗り心地ですが、2年前にこのクルマを購入した際には非常に硬く感じられ、「次に交換する時は普通のタイヤだな」なんてことを言っておりました。

しかしその後、距離を重ねるにつれだいぶマイルドになってきており、「いまぐらいの乗り心地ならいいかあ」と気持ちが変わってきたことがあります。
これは初期の硬さがとれたことと、人間が慣れてきたということもあるかと思います。

価格はランフラットの方が高いですが、思ったほどの差はありません。
そしてパンクなど滅多にないですが、やはり安心感はランフラットが上回ります。

まあそんな理屈もいくつかあるんですが、実は一番の理由は保守的な人間なんで「冒険はしない」というところみたいです。(^^;

ってなわけで、同じ銘柄のブリヂストンPOTENZA RE050(ランフラット)の4本交換となりました。

今回作業をお願いしたのはタイヤ館佐野店さんです。


これまで何度もお世話になっているものの、その店の名称にも拘わらず「タイヤ」を購入するのは初めてだったりします。(^^;

交換してみると、特にリヤタイヤは磨耗していたのが分かります。

交換前(リヤ)


交換後(リヤ)


フロントはまだまだ使えるかなあ、と思っていましたが、やはり新品と比べるとだいぶ違いますね。

交換前(フロント)


交換後(フロント)


さて、何か変わったのか・・・・・・・・大きな変化はないです。
タイヤの溝が厚くなった分、乗り心地がよくなったような気がしますが、その程度。
同じタイヤなので当然と言えば当然ですね。

でも、これでいいんです。
安心して梅雨を乗り越えられます。(^^)
Posted at 2010/06/19 12:55:14 | コメント(5) | トラックバック(0) | BMW325i | クルマ
2010年06月12日 イイね!

新型5シリーズ試乗他

新型5シリーズ試乗他ここ最近、仕事で疲れ気味のため、ブログの更新が滞っております。

まあ、ネタになるような事件がないのはいいことなのですが、今日は久しぶりにクルマ関係の事案をまとめてこなしました。

まずFC君。
先日、高速を走っていると、坂道でオイル不足のランプが点灯しました。

これまでオイルが減るようなことはほとんどなかったので、オイルレベルなんて普段全然気にしていません。
が、記録を見れば昨年11月に交換してから6,000kmくらい走っています。

なので、多少減っていたとしてもおかしくはないですね。
半年過ぎているので、これまででしたら交換してるところですが、「スピードマスターは1万kmもつ」という話を信じて、今回はまだ引っ張ります。

なので1Lほど追加しました。(^^;

続いてBMW325i。
こちらは毎度の「オイル継ぎ足せ」メッセージ。


なのでいつもの通りディラーへ向かいます。
オイルを補給するだけなので、作業はすぐに終わりましたが、せっかくですから新型5シリーズ(528i)に試乗することにします。


それにしても、最近のBMWはグレード名とエンジン排気量がリンクしていないので、分かりづらいですね。
この528iは直6 3LのNAエンジンです。

いつものコースに乗り出してみると快適なのは当たり前ですが、メーターパネルにカラー液晶が使われていたり、ATが8速になっていたりと、パワステが電動になっていたりといろいろ進化しています。

音はZ4などに比べればずっと静かな味付けですが、5千回転くらい回すと「クォーン」といい音がしてきます。
やっぱりどれ乗っても楽しいですわ、BMW。

でも、5シリーズは我が家の用途ではでかすぎますね。

さてその後は一旦帰宅し、今度はタイヤ館佐野店へ向かいます。、
乗るのはこの1ヶ月で50kmくらいしか走っておらず、バッテリーがやばそうなGT-Rです。(^^;


目的はBMWのタイヤ。交換は来週になります。

そしてまた一旦帰宅して、今度はこれまた「要充電ランプ」が点灯しているビートを動かすことにします。

GT-Rを降りてビートに近づくと、何か汚れているように見えます。

「アレッ、ガレージ内で汚れるはずがないのだが」
と思ってさらに近づくと・・・・

なんと、蜘蛛の巣がはっているではないですか。(゚〇゚;)


やっぱりたまには乗らないとアカンですね。(^^;
Posted at 2010/06/12 22:46:09 | コメント(4) | トラックバック(0) | BMW325i | クルマ

プロフィール

「ハチロクのウインカーバルブ交換 http://cvw.jp/b/323365/43264302/
何シテル?   09/15 01:00
shidenと申します。 スポーツカーが好きで、これまでロードスター、ポルシェカレラ2などに乗ってきました。 その後、しばらく車に乗らない時期がありましたが...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2010/6 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

リンク・クリップ

無免許に追突されると言うこと。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/24 06:34:55
ホンダS660に乗る 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/06/10 08:36:35
不愉快です!(怒) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/05/26 07:51:10

愛車一覧

マツダ RX-7 マツダ RX-7
1990年式GT-Xです。 マフラー(フジツボ レガリスR)、ダンパーキット(BLITZ ...
日産 NISSAN GT-R 日産 NISSAN GT-R
ダークメタルグレーのPremium editionです。 待ったかいがありました。走る ...
ホンダ ビート ホンダ ビート
1995年式のVersion Zです。 とてもバランスのとれた車なので、基本はノーマルで ...
マツダ RX-7 マツダ RX-7
1992年式のサバンナRX-7カブリオレ(FC3C)、ファイナルバージョンです。 8年間 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.