• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

徐徐?之1のブログ一覧

2020年03月26日 イイね!

れる、とかいうような失

エッセイブログ、姑の詩を読んだ。
隔世の感。
ほんの数十年前のことなのに。
日本昔話のような気がした。

笑う、笑われる、とかいうような失礼な、不謹慎なことでは決してない。
今は姑になりたくてもなれないのだ。
なぜなら、子供が結婚しないから。
しかも、それが嘆きだった時代もとうに過ぎた。
非婚は珍しいことではなく、普通の当たり前のことになっている。
なので、姑の概念、家の概念、お家存続の概念自体が、ころっとオセロゲームのように激変していると、わたしは感じる。

特に、その、過去の時代にどっぷり身を置いていた者にとっては、石で作られた通貨を見るかのごとく。
石器時代のギャートルズ。

時代が変わっても変わらないものも絶対にある。
人の命の尊さや、尊厳、人権などなど。

女性は、家庭の中だけでなく、社会の一構成員としての役割を持ち自立した。
自立してない女性も、男性もいるが。それはそれとして。

避けて通れない、わたしの人生のほとんどを左右していた絶対的な存在だった姑。
わたしは、第二次大戦の前と後のように、ころっと価値観や意識が変わった。
姉の姑も、すごかったが(悪い意味で)、その姑に(偏った思想を植え付けられ)育てられた息子が夫、となると、嫁はその葛藤やいかに。
壮絶なバトルだった。
自分のバトルを書かないで姉のバトルを書くのは、いかがなるものかと思うが、そのほうが面白いから。
(ごめん、姉。ネタにして)
Posted at 2020/03/26 11:48:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2020年03月26日 イイね!

豊かな人が使わない言葉

「簡単に稼げる方法教えます」「さくっと稼ごう!」「副業で効率的に稼ぐ方法」のような文言をよく見かける。そのたびに、何となく胆汁がこみ上げるような、奇妙な不快感をおぼえるようになった乳房抽針

「働く」と「稼ぐ」の違いは何か。「働く」は自分(もしくはある主体)を使って周囲を動かし、好循環を起こすこと、のように思える。仕事でも、家事でも、介護でも、お手伝いでも、ボランティアでも、 広くは「働く」の定義に属するのではないか。大自然の働き、生命の働き、神経の働き、そういう使い方もする。

一方「稼ぐ」は利潤を自分のモノにする、という意味合いが強い。循環や調和というよりも、我欲が勝っているような印象を受ける。多分、私がこの言葉を見るたびに不快感を催すのは、発信者が無意識に放散する「不足」「不満」「我欲」を浴びてしまうからかもしれない。ただし、言葉自体に悪い意味はない。昭和ドラマの「父ちゃんが稼いできたから、今夜はすき焼きね!」と母親が子どもに笑いかけるシーンは、本当に心温まるものだ。何も不穏なものは感じない保濕護理

もう少し突き詰めて考えてみた。大金持ちで、かつお金に不自由したことのない人は(私の知己に限り)誰も「稼ぐ」という言葉を使わない。人気の駅から自宅まで、他人の土地を踏まずに帰れる人。日本でも地価の高い某所に大きなマンションを所有している人。千代田区に大きなビルを持っている人。不動産業の間では有名な地主さん。生まれながらにお金の不自由をしたことのない彼らから、例の言葉を聞いたことはない。多分、皇室の皆様もこの言葉は使わないだろう脫毛邊間好
Posted at 2020/03/26 11:47:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2020年03月09日 イイね!

母鸡的嫉妒

天鹅大嫂下蛋了,母鸡前去道贺。当母鸡看到八个天鹅蛋排列的时候,非常惊奇,也很羡慕:“天鹅嫂子,你产的蛋真多呀!”天鹅大嫂笑了笑,没说什么。

花狗二嫂的孩子出生了,母鸡前去道贺。当母鸡看到六只小狗闭着眼睛依偎在狗二嫂怀里的时候,非常惊奇,也很嫉妒:“花狗嫂子,你的孩子好多、好可爱哟!”花狗二嫂笑了笑,没说什么。

肥猪三嫂产仔了。母鸡前去道贺。当母鸡看到一排小猪仔躺在窝里的时候,母鸡寒暄了几句,就急匆匆地跑到上帝那儿,质问道:“上帝啊,为什么你让它们下蛋产仔那么多,却让我只产一个呢?太不公平了!”

“你只看到它们产蛋产仔多,咋就不想想它们的生产周期呢。而你,虽然只产一枚蛋,但几乎天天有啊。其实,你的收获比它们任何一个都多啊!”

听了这话,母鸡竟无言以对,只好“咯——咯——咯——”地搪塞着,头也不回地离开了。
Posted at 2020/03/09 18:10:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2020年03月09日 イイね!

Ants and snails

Both ants and snails want to travel to the scenic spot on the back of the hillside. They are ready and set out on their own. Ants go to battle easily, and enjoy the beautiful scenery on the back of the hillside. After a few days, they return to their hometown. And snails, prepared a lot of food, but also back to their own small house, slowly moving to the hillside. The hillside is not far, but the house is heavy and the snail is slow. After walking for a while, he took a rest and hid in the house to rest and eat. Every time when he stops to rest and lies in his small house, the snail secretly congratulates himself on his cleverness: "if I don't carry the house on my back, I don't know how much crime I will suffer on the road!" the scenery behind the hillside is beautiful, but the snail, who is tired and panting, is not in the mood to enjoy the scenery. After more than a month, he moves on his back the way the house has always been. After the trip, ants describe the beauty of the hillside scenery when they meet people, and snails complain that "it's better to listen to the scenery than to see it".
Posted at 2020/03/09 18:09:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2020年03月09日 イイね!

大雁的见识

西伯利亚的天气开始由暖变冷,森林里的松鼠钻到树洞里避寒,而大雁却成群结队地向南方飞去。

大雁是最能飞、最耐飞的鸟儿,它们能飞越世界高峰珠穆朗玛峰,飞行高度近一万米,迁徙时间大约1-2个月。这群大雁,从西伯利亚开始高空飞行,经由阿尔泰、天山、青藏高原,最终在印度落脚越冬。第二年春天,当天气变暖的时候,大雁又从印度飞回了西伯利亚。

从树洞里钻出来的松鼠,看见了一只飞回来的大雁,问道:“冬季这半年,你去哪儿了?”

大雁昂着头,挺着胸,尖着嗓子说:“我嘛,去了好多国家和地区,最后在印度落脚。”

“哦,那你见识很广、知识很丰富吧?”松鼠非常羡慕,“给我讲讲你的见闻吧!”

“是的,常言道:‘读万卷书,不如行万里路。’那些国家和地区全都云山雾罩,好美丽啊!”大雁一直在万米高空飞翔,哪里看得见地面上的风光,“其实,外面的世界与咱们西伯利亚的森林一样。”

“应该有区别吧?”

“有,一定有区别。”大雁想了想,继续说,“就是印度那边的太阳太热,把人都晒黑了。你看,我的羽毛都被晒黑了许多。咱们这儿的太阳温和,能美白。”

“其他还有什么新鲜事儿吗?”

“除了外地的云多雾厚之外,似乎也没有什么特别的地方。”大雁实在不知道外面世界的具体情形,尽管它飞得高,也飞得远。

松鼠没有从这只见过世面的大雁身上获取更多的见闻与知识,便辞别了大雁,爬到另一个树上摘果子去了。
Posted at 2020/03/09 18:07:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「れる、とかいうような失 http://cvw.jp/b/3238006/43849844/
何シテル?   03/26 11:48
徐徐?之1rrrrrrです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/3 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

愛車一覧

トヨタ 86 トヨタ 86
トヨタ 86に乗っfffffています。

過去のブログ

2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.