• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

さかなのすりみの愛車 [トヨタ MR-S]

整備手帳

作業日:2020年11月15日

ボンネットダンパー取り付け

他の整備手帳を見る 他の整備手帳を見る

目的 チューニング・カスタム
作業 DIY
難易度
作業時間 1時間以内
1
いつも通りエンジンフードを開けます

ダンパーと車体(ボディ)を繋ぐブラケットと呼ばれるパーツが4つ入っています。
エンジンフード用 2個
車体(ボディ)用 2個

エンジンフードと車体を繋げているヒンジ(蝶番?)を固定しているボルトを1個外して、ブラケットを挟んで締め直します。
2
反対側も同じ手順で取り付けます
3
頭径10mmのめがねレンチで締めました
4
車体(ボディ)側のブラケットを取り付けます

エンジンフード側用のブラケットは付属品のM6ボルトで締めましたが、ボディ側は元々純正で使っていた物を流用するみたいです。
僕のMR-Sの初度登録年月は1999年11月のもので、恐らく20年間1度も外していなかった為か、ネジ山は新品同様の金属光沢があり、車体側のボルトは緩めるのに苦労しました。

写真ではダンパーが付いていますが、この時点ではまだ取り付けません。
5
トヨタ指定の締め付けトルクは結構固いです。
ラチェットレンチの力を借りました(笑)
6
ダンパー本体をブラケットに繋げます

ダンパーは、
カーボン網目模様のアウターケースが上
インナーシャフトが下を向くようにします。

ここで注意なのが脱落防止クリップを外した時無くさないようにすることです。軽すぎて風で飛びますし、細くて小さいのでアスファルトの上では見えにくいです。
7
反対側も同様な手順で取り付けます

写真にあるつっかえ棒を外す前にボンネットを閉じると高圧の窒素ガスが充填されているケースを傷つけ、大変な事になるので、つっかえ棒を取り外すまで我慢しましょう(笑)
8
取り付けはこれで完了です

つっかえ棒で支えていた時より開く角度は大きくなります。
ガスダンパーの構造上、ヒンジの開度上限までいくようです

説明はかなり雑ですが、販売店から説明書が同封されるのでそれとにらめっこしながら取り付ければOKでした。
コーティング

イイね!0件




関連整備ピックアップ

折れたマフラーの修理その1

難易度:

スピーカー回収

難易度:

走行中のリアサスの動きを撮影

難易度:

傘ストッパー作成

難易度:

折れたマフラーの修理その2

難易度:

1(パッド交換も兼ねてます)

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

「[整備] #MR-S ボンネットダンパー取り付け https://minkara.carview.co.jp/userid/3243362/car/2921343/6104943/note.aspx
何シテル?   11/23 21:13
さかなのすりみです 神奈川でミッドシップの変な車に乗ってます
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

リンク・クリップ

2度目のソフトトップ交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/01/10 15:58:47
■MR-S純正フェンダーでのタイヤサイズ目安まとめ&簡易インナーフェンダー加工方法■ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/12/15 21:03:50
2ZZ-GE 換装 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/12/15 20:54:47

愛車一覧

トヨタ MR-S トヨタ MR-S
社会人になり免許も取れ念願の車デビュー! 人生初めての車はトヨタのミッドシップ! マジで ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.