• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

peko_の愛車 [シトロエン C6]

整備手帳

作業日:2020年9月8日

トラブル 1 (オイルが漏れる) 9月25日修理完了

他の整備手帳を見る 他の整備手帳を見る

目的 修理・故障・メンテナンス
作業 ショップ作業
難易度 ★★★
作業時間 6時間以内
1
先日入手した中古純正ホイールをガリ傷が付いていたホイールと入れ替えにイエローハットに行きました。
が、リフトアップ時に車高をハイにせずに上げたためリフトを下げた時にかなりの量のLDSオイルを噴き出してしまいました。
ディーラーに持ち込んで点検とオイル補充をして翌日に車は戻ってきましたが、その日から右フェンダー下にオイルが滴るようになってしまいました。
オイル漏れが全くない車だったのに…
2
LDSタンク上側からは漏れている気配は無い。
明らかにタンクの下側辺りから漏れている様子。
フェンダー裏のフクロ状の部分にオイルが溜まって滴るんだろうなー、と思ってましたが6日経過してもまだ垂れる。
明後日ディーラーに持ち込んでオイルラインとオイルタンクの破損が無いか点検のうえまた結果をアップします。
3
車高をローレベルに落として、ゆっくりLDSオイルタンクのキャップを開けて現在のオイルの量を確認。
以前はストレーナー下端に触れる位の量だったので、やや多めに入っている感じはします。
4
ディーラーに持ち込んだが結局オイル漏れの箇所は特定できず。
後日時間をかけて確認となる。
ある程度予想していた返答なので何とも思いませんが、今までオイル漏れが無かった車なのでホント悔しいなー。

切れていたBピラー下のウェザーストリップと、納車時に水が入っていた右ウインカーのバルブホルダーを交換。
取り外したバルブホルダーはツメが一本折れてました。
私が購入する前の整備で適当にこじって外されちゃったんだなー。
でも、バルブホルダーの在庫があって良かったです。
本国欠品パーツですもんね。
50,173km
5
9月18日、ディーラーに再入庫。
とあるショップの社長さんに電話で相談した際は、LDSタンクのリターン側ホースのジョイント部が怪しいかなぁ、というお話しでしたがさて治って帰ってくるでしょうか。
ちなみに、よくあるオイルプレッシャーセンサー部からの漏れではないようです。
オイル漏れ箇所の特定も興味深いところです。
早く治ってほしいなー
6
9月25日
修理完了。
良かったー、治って。
おニューになったLDSオイルのリザーブタンク。

結論としてはLDSオイルのリザーブタンクにクラックが入っていたのが原因でした。
ディーラーのメカの方に直接の原因は何なのでしょうか?とお尋ねしましたが、おそらくは経年劣化によるものだと思います、とのことでした。
13年前の車ですからねー
ヨーロッパのポリカーボネートの質は少なくとも日本のものに比べれば疑問がありますし。
7
余談ですが、私の地元のディーラーですがかなり工賃が良心的なんです。(と、私には思える)
新たに車を買うことは当分見込めない私に、修理の対応も実に良くシトロエンジャポンの入れた車を買って良かったと思いました。

車を探していた時はエンジンのパフォーマンス的にもディーゼルエンジンを第一候補にしてましたがC6を維持するということをトータルで考えるとパフォーマンスは些細な問題に思えてきました。
プジョーのV6のエンジンパフォーマンスは必要十分であり回転フィールはスムースですから。
50,578km

イイね!0件




関連整備ピックアップ

バルブボディ交換によるATオーバーホール 10月24日作業完了(11/15追記)

難易度: ★★★

エアコンガスチャージ、その他もろもろ

難易度:

車検整備

難易度: ★★★

右前タイヤ交換

難易度:

トラブル2 (浸水) 10月15日修理完了

難易度: ★★

X-ICE 2からX-ICE SNOWに交換

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

2020年9月8日 17:11
初めまして。
心配ですね。
車高ハイにしないとこんなことになるなんて取説には何も書いてないですよね。
配管やタンクが無事でありますように願っています。
コメントへの返答
2020年9月8日 20:24
はじめまして。
コメントありがとうございます。
ガレージの床にオイルが落ちることが無かった車なので正直なところ心配してます。
単にLDSオイルの量が多すぎてリリーフバルブから噴いているということだと良いんですけど。
どちらにせよ原因と対処が明らかになったらまたお知らせしますね。
2020年10月6日 22:09
今晩は。LDS漏れの原因が解って良かったですね。修理も最小限の費用で済んでそちらも嬉しいですよね。シトロエン車を長く乗り続けるのはやはり信頼できる整備をして戴けるお店に巡り会えるかだと思います。
地元でそのような場所があること自体が幸運ですね。どうぞ存分にシトロエンライフをお楽しみ下さい。
コメントへの返答
2020年10月7日 5:35
コメントありがとうございます。
はい、オイルラインの破損でなくて良かったです。
今まではディーラーの整備は信用していなかったのですけど、ハイドロは街中の整備工場ではできないのでディーラーに持ち込んだら思いのほか好印象でした。
すごくラッキーだと思っています。
私もC6は20万kmまで乗りたいと思っていますので、お会いできる機会があればいろいろお話しを聞かせて下さい。
よろしくお願いいたします。

プロフィール

「[整備] #C6 バルブボディ交換によるATオーバーホール 10月24日作業完了(11/15追記) https://minkara.carview.co.jp/userid/3253202/car/2936132/6053772/note.aspx
何シテル?   11/20 07:47
peko_です。よろしくお願いします。 フォルクスワーゲンタイプ1を3台、1303S、1200STD、1300 1972年アルファロメオスパイダー200...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

愛車一覧

シトロエン C6 シトロエン C6
ワニが心待ちにした雲ふとん。 45000km走行で購入しました。 2007年モデルなの ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.