• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

もげ.のブログ一覧

2018年05月22日 イイね!

Re: BMW アンケートにご協力お願いいたします

Re: BMW アンケートにご協力お願いいたします先月クランクプーリが壊れた下駄車の修理対応についてBMWからアンケートが届いた。私なんぞが真面目に回答した所で異常値扱いされて終わりでは(汗、と思いつつ、気を取り直して回答してみた。

**********

Q1:もしも今回のサービス入庫のご体験を知人の方に聞かれたら、BMWをどの程度薦める可能性がございますか。0点←薦める可能性が全くない ~ 薦める可能性がある→10点
A1:8点

Q2:その理由を教えてください。
A2:
【プラス評価の理由】
・破損したダンパープーリ以外の部品(ベルト、テンショナ、アイドラプーリ)の予防交換について、見積もり時に交換の打診があったことは良い。
・今回交換を見送ったウォーターポンプについて、見積もり時点で理由(メーカ本国で欠品中)の説明があったことも良い。
・工賃は国産車と同等レベルに感じられ、不満は無い。
・作業後のクオリティ(サービスの洗車を含む)に何ら問題は無く、満足。

【マイナス評価、または評価不能】
・部品費は国産車に比べ高く感じるが、BMW車を選ぶ様なユーザであれば大きな不満はないと思う。
・代車が出なかったが、TELで事前確認のうえ自ら故障当日に入庫したので止むを得ないと考える。
・内容の割に長納期(見積もり込み4.5wk)となったが、並行車であり部品国内在庫無しのためこれも止むを得ないと考える。

Q3:他にご要望・お問合せはございますか。
A3:欲しい車種にMTのラインナップが無くやむを得ず並行輸入車に乗っていますが、いつも正規輸入車と変わらず修理・部品手配対応頂けることに感謝しております。貴社のサービス内容に何ら不満は無くたいへん満足しております。
貴社のお力の及ぶ範囲ではないかもしれませんが、1シリーズのローエンドモデル(118iまたは118d)にMTモデルが設定されれば次もBMW車に乗り続けたい、というのが私の要望です。

**********

本アンケートの要望が日本におけるBMW車のラインナップにフィードバックされる可能性は0%ですので(涙、次期下駄車がトゥインゴGTになるのはこのまま確定でしょう。。。
2018年04月07日 イイね!

【5/12追記】クランクプーリ破損。

【5/12追記】クランクプーリ破損。パートナーと昼飯に出かけようと下駄車を走らせると、間もなくゴムの焼けるような匂いが漂い、エンコパの方から「ドン」と音がして充電警告灯が点灯。
 ベルトは目立つ摩耗もなく20万キロ持ちそうな感じでしたが、クランクプーリのダンパが千切れました。サーペンタインベルトだから水ポンプも止まってしまうし、隣町のBMWディーラまで自走できるかな。。。(汗

✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️
 パートナーのフィールダーから電気を貰って30分ぼど充電した後、冷や汗をかきながら一時間走って県内のBMW本社サービスに入庫しました。循環しない冷却水を少しでも冷やす為か?停車中ずっと電動ファンは回りっ放し。暑い時期じゃなくて助かった。。。

**** 4/16 追記 ****
 入庫から丸一週間、TELで見積もり連絡がありました。破損したクランクプーリと、予防整備でベルト・テンショナ・アイドラ一式交換で工賃込み概算15万との回答。走行距離を考えるとウォーターポンプも交換しておきたい所ですが、これはドイツ本国でも欠品状態との事で残念ですが見送り。
 なお部品はこれから本国発注のため修理完了は5月の連休明けになる模様。それまでシーズン残り少ない山スキーの予定も断念です。。。(涙

**** 5/12 追記 ****
 入庫から五週間、やっと直りました。。。
2018年01月07日 イイね!

初めての燃料凍結。。。

初めての燃料凍結。。。土曜日はパートナーと山の上の温泉宿に一泊しました。

 夜の気温は-10℃を下回り、朝下駄車に乗り込むと外気温は-9℃を示していました。予熱表示が消えるのを待ってスタートボタンを押します。一瞬始動しかけますが、その後は初爆も無く虚しくクランキングが続くのみ。。。やっちまいました。軽油の凍結です。
 私が住んでいる地域ではこの時期JIS2号軽油が流通していますが、今まで泊まりで山間部に出かけても一度もトラブルはありませんでした。ただし 目詰まり点:-5℃以下 という2号軽油の仕様を考えると、今までも結構危ない橋を渡ってきたのかもしれません(汗。航続距離の長さ(満タン1,000km以上)ゆえ給油のタイミングを計るのが難しいですが、用心して3号軽油を入れるに越した事はないですね。
JXTGエネルギー 石油便覧 第3編/第1章/第5節「軽油」

 昼まで待つ訳にもいかないので、凍ってしまったものは溶かさなければなりません。ジャッキアップしてタイヤにスロープを噛ませ、アンダーカバーを外して燃料フィルタをストーブで炙ります。フィルタが暖まってから再度スタートボタンを押すと無事に始動しました。120dの場合はいったん始動してしまえば燃料ヒータの通電とコモンレールからの戻り燃料で燃温はどんどん上昇しますので、暖機運転のまま放置でアンダーカバーを復元し後片付けします。なんとか一時間もかからずにリカバリーできました。前下駄車の如く燃料フィルタがエンコパ内にあれば、宿でヤカンにお湯を貰ってぶっかければ済んだのですけどね。

 今回はパートナーと二人だけの旅行だったので、誰にも迷惑をかけずに済んだのが不幸中の幸いでした。ちなみに同じ宿に宿泊した国産ディーゼル車のお客さんが(たぶん)同じ理由で始動不能に陥ってましたが、既に救援を依頼したJAFの到着を待たれるとの事で、お先に失礼いたしました。。。
2017年04月14日 イイね!

走行20万キロオーバーを目指して。。。

走行20万キロオーバーを目指して。。。 自分にとって「理想の下駄車に限りなく近い!」と飛びついた120dですが、5年乗った現時点で走行13万キロと微妙な距離に達していること、魅力的な新しいパワートレインを搭載したノートe-POWERの登場並行物のヤリス1.4D4-Dの売り物を見つけてしまった事などから、最近になって俄かに雑念が増しつつあります。。。(汗

 現状で下駄車120dに不満を感じている事は下記の3点。
1.ヨーロッパ大陸仕様(LHD)ゆえ、パートナーが運転することができない。
2.最大出力130kW、最高速227km/hにも達する動力性能が、自分には些か持て余し気味。
3.中古なので仕方ない事ですが、スライディングルーフが装備されていない。

 上記のうち1.は別の車に乗換えない限り解消は有り得ません(汗。
 2.は普段使いだと高いギヤで「トルクの崖」の下に沈んだまま大人しく走り続ける時間が圧倒的に長く、アクセル踏んでもフルブーストの恩恵に浴する機会は殆どありません(汗。もっと小排気量なエンジン且つローギヤードなMTの組合せなら、街乗りでももっと「トルクの崖」の上で活発に走れる時間が増えると思うのですが。。。例の燃費計測モードにおけるシフトアップタイミングの縛り+厳しくなる一方のCO2排出量規制のお陰でMT車にとっては更に悲惨な状況となりつつあるのが現実であり、ギヤ比に関して言えば自分の120dの方が「まだ幾らかマシ」だと言わざるを得ません。残念ながら。。。
 3.ですが、現実的に対策が可能なのはこの1点だけとなります。地方在住で渋滞に巻き込まれる機会が殆ど無く、エアコンを常用しない私はスライディングルーフには大きな魅力を感じており、新車で設定の無かったシトロエンC4にも後付けで装着していました。

 来月のゴールデンウィークから夏休みまでを目処に、現下駄車120dにも装着を検討することにします。ちなみに画像はC4に装着した時のもの。
2016年09月25日 イイね!

4.5年10万キロ総括。

4.5年10万キロ総括。 現在の下駄車('07 BMW 120d)を手に入れてからの走行距離が10万キロを超えました。ここでは主に維持費について前下駄車('06 シトロエンC4 1.6HDi)と比較しながら振り返ってみたいと思います。

【走行距離】
・100,242km(購入時19,841km~120,083kmで給油)

【期間】
・54ヶ月(2012年3月26日~2016年9月25日)
 前下駄車に対し+6ヶ月かかりました。二度の事故により正味3ヶ月ほど修理入庫していたのと、齢を重ねると共にパートナーとハイキングに出かける機会が減った(涙)ためペースが落ちました。。。

【駐車場代】
●\9,000×54ヶ月=\486,000
 前下駄車に対し+\54,000 のアップです。10万キロ走破するのにかかる期間が増えた分だけ、駐車場代も余計にかかっております。

【燃料費】
●軽油×4,137.20L=\473,064
(平均燃費24.23km/L、平均単価\114.3/L)
 前下駄車に対し排気量で28%、車両重量で10%のサイズアップとなりますが、意外にも平均燃費は24.8→24.2km/Lと僅か2%ほどの悪化で済みました。C4には無かった充電制御によるマイクロHV化の効果でしょうか。但し2014年までの燃料価格の高止まりが影響して、燃料費自体は+\51,791 と12%の増加となりました。

【仕様変更部品】
カーボンエンジンフード(VARIS VRSライトウェイトボンネット 塗装組付含む) \219,700
夏タイヤ(DL エナセーブプレミアム 205/55R16)4本 \57,280
冬タイヤ(YH アイスガードiG30 205/55R16)4本 \56,600
ステアリングホイール+エアバッグモジュール(E90純正 スポーツ・レザー) \53,790
左側通行用ヘッドランプ(E87純正品) \19,000
6.5J-16 スチールホイール(MINIクロスオーバー純正品)4本 \13,000
7J-16 鍛造アルミホイール(E46純正 エリプソイドスタイリング)4本 \12,600
タイヤチェーン(KONIG コンフォートマジック) \9,480
応急用タイヤ(E46型318i純正 T115/90R16) \6,000
機械式ブースト計(HKS φ60メカニカル連成計) \4,000
メーターステー(JURAN メーターホルダーEZ) \1,995
Fライセンスプレートブラケット(SEIWA アルミナンバーステー) \1,554
DPF再生カウンタ(トラスコ中山 TKS-3) \1,054
ラゲッジコンパートメント照明(amon 3連フラットLED 暖白) \980
リバース警告ブザ(パナソニック電工 器具用電子ブザ EB2122) \640
●小計 \457,673
 前下駄車に対し+\73,743 のアップとなりました。仕事のストレスから、必要も無いのに高価なカーボン製エンジンフードなど投入してしまった事が災いしています。。。(汗

【修理代】
ラックEPS故障修理(ディーラ作業) \333,455
燃料ヒータ+フィルタエレメント(純正品) \34,125
グローブボックスのドア(純正品) \18,900
給油口ドアフラップ(純正品) \5,117
テスター診断(ディーラ作業) \4,200
トランスミッションオイル(RED LINE D6ATF) \3,700
応急用タイヤ エアバルブ交換(ショップ作業) \1,350
バッテリーベントチューブエルボ(純正品) \410
●小計 \401,257
 事故による修理代は車両に原因は無いので集計から除外しています(汗。前下駄車C4は電装系の不具合が頻発し手を煩わされましたが、幸いにも部品交換無しで済ませられる程度のマイナートラブルが多く、(費やした工数はともかく)修理代はゼロ同然だったのが+\400,911 も高くなりました!これはひとえにラックEPS故障で30万円以上の高額修理となり、並行車ゆえ当然保証の対象ともならなかった事が痛いです。。。

【保険料】
・任意保険(54ヶ月) \205,740
・自賠責保険(2年×3)\24,950+\27,840×2=\80,630
●小計 \286,370
 前下駄車に対し+\81,020 の大幅アップとなりました。任意保険は10万キロ走破に半年余計にかかった事による上乗せですが、自賠責の方は中古購入のため初回の車検残期間が短く、正味3回の車検を受ける事になった事が響いています。

【税、印紙・証紙】
・自動車税 \39,500×5=\197,500
・自動車重量税(2年×3)\24,600×3=\73,800
・印紙+証紙代(車検3回)\1,800+\1,100×2=\4,000
●小計 \275,300
 こちらも10万キロ走破までに3回の車検を受ける事になった事が影響し+\77,700 の大幅アップとなりました。

【消耗部品】
夏タイヤ(TY ナノエナジー2 205/55R16)4本 \54,200
冬タイヤ(TY ガリットG5 205/55R16)4本 \49,000
ダンパ(アブソーバ)前後(ZF BOGE automatic) \43,200
・エンジンオイルフィルタエレメント(Hengst E122H D187/MANN HU721/5x)7個 \13,486
エンジン吸気フィルタエレメント(MANN C30 135)\3,549×2=\7,098
燃料フィルタエレメント(UFI 31 851 00) \3,307
エンジン始動用バッテリ(VALTA LN4AGM) \24,736
フロアマット(純正品) \19,440
ブレーキパッド前後(TRW純正相当品) \13,474
ワイパーブレード運転席+助手席(BOSCH エアロツイン)\2,900×2=\5,800
ワイパーブレード後(BOSCH エアロツイン) \1,950
発炎筒 \600×2本=\1,200
ヘッドランプ球(H7-55W)\0×2=\0
●小計 \246,501
 前下駄車の部品手配は基本的にすべてインポーターにお願いしていましたが、120dではeBayによる個人輸入、および国内流通の純正相当品を活用する事で▲\47,190 削減することが出来ました。キャブフォワードデザインの前下駄車C4は特にワイパーブレードが高価且つ劣化も早く、スタイリングと引替えに実用車としては大きなデメリットを感じざるを得ませんでしたが120dでは普通の出費になりました。

【車検整備代】
●点検整備代(車検3回)\42,840+\44,064×2=\130,968
 保険料、税、印紙・証紙代と同様に、3回の車検を受けた事で+\91,018 の大幅アップとなっております。

【油脂類】
・エンジンオイル(シェル RIMULA Signia/ENEOS サスティナ10W-40)33L \32,278
・ブレーキ作動液(ショップ手配、車検2回分)\1,995+\2,052=\4,047
・ブレーキ作動液(ミヤコ FC3000-1) \1,428
●小計 \37,753
 エンジン油の交換インターバルは1.5~1.6万キロ毎で変えていませんが、油量が3.6→5.5Lと大幅に増加した事の影響で+\11,579 のアップとなりました。

 以上より4.5年10万キロでの出費は合計 \2,794,886(前下駄車比+\794,572)となりました。1年当たりの出費は \621,086/年(同+\121,007/年)、走行距離当たりのコストは \279,489/万キロ(同+\80,284/万キロ)となりました。新車で購入した前下駄車に対し、車検残期間の関係で都合3回もの車検を受ける結果になった事と、ラックEPS交換という高額修理が発生した事が響いて年間の維持費は+24%、走行距離当たりでは+40%も増える結果となってしまいました。。。
 しかしながら販売台数の少なかったシトロエンC4に比べると、(パワートレイン系を除けば)部品の入手性は格段に良く、また並行車であるにも関わらず普通にディーラで部品手配や修理を受け付けて頂けるのは維持する上でたいへん助かっております。

 この先もこの国でFR+ディーゼル+MTのコンパクトな下駄車が現れることはまず無いでしょうから、初期型N47D20機関の懸念点であるタイミングチェーン切れに見舞われない限り、このまま20万キロオーバーまで働いてもらう予定です。

プロフィール

「2018モデルのMINI諸元表をダウンロードしてみたがギア比が載ってない(涙。NEDCモードのシフトアップ縛り+CO2排出量規制で苛められたギア比が、WLTC移行を見据えて是正されたかどうかを確認したかったが。。。」
何シテル?   06/22 21:11
ディーゼルのMT車に乗っていますがアンチハイブリッドという訳ではありません(MT降りるならノートe-POWER一択)。ユーザが夫々の用途や好みに合った道具を選択...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

もう何度でも書くぞぉっ! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/08 19:58:44
2015年現行モデルの「2速1000rpm速度」一覧 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/29 21:53:57
HID+レンズカットのグレア光対策① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/12/23 20:17:49

お友達

単なる私的備忘録としての利用のため、お友達は募集しておりません。
※【備忘録】の本分を弁え、巡回を自粛中です。

ファン

212 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 1シリーズ ハッチバック BMW 1シリーズ ハッチバック
FRでディーゼルでMTってだけの理由で偶々乗ってる下駄車。レンタカーの如き地味な外板色に ...
カワサキ スーパーシェルパ カワサキ スーパーシェルパ
 購入時ODO=14,148km。下駄車として快調に稼動していましたが、電気系トラブルで ...
その他 その他 その他 その他
モトクロスで足を怪我して手術し、退院後に運動不足解消を目的に購入。現在は専ら通勤車として ...
シトロエン C4 シトロエン C4
なぜか日本では入手困難なディーゼルエンジン搭載の生活MT車。安価なれども商用バンしか選べ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる