• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

もげ.のブログ一覧

2012年10月30日 イイね!

「第3のエコカー」来たる。

「第3のエコカー」来たる。 6年前からディーゼルエンジン搭載の下駄車を乗り倒している身にしてみれば、「第3のエコカー」と言われてもナンノコッチャ、な気分ではありますが。。。

 家族の次期下駄車はダイハツ九州にてラインオフを済ませた頃ですが、そこから海路で東日本に運ばれ、ディーラに陸送されてOP装着・各種手続きとなります。
 買い換えの発端となった駐車場問題に関しては、来月から軽自動車に乗り換える旨を管理者に連絡済みであり、納車待ちの間くらいは大目に見てくれたと思います。しかしディーラのご好意により代車を出していただける事になり、お言葉に甘えさせて頂きました。

 タイトルでお解りの通り、代車はミライース。
 パワートレインは先日試乗したミラココアと共通の筈ですが、乗り出してすぐミラココアとはかなり制御が違っているのに気付きました。ミラココアはアクセル開度を変化させてからドライバーの真意を測るかのような妙な「間」があり、MTに慣れた私は正直かなりのもどかしさを覚えました。
 しかしミライースはアクセル操作に対する状態遷移が素早く、言ってみればCVTがいま何をしようとしているのかが非常に解り易い。アイドリング+αでトロトロ巡航している状態から、アクセルを離せば即座にシフトダウンして燃料カット+オルタネータ回生(音で判ります。)をかけにいき、それが停車直前まで続く。また踏めば直ちにシフトアップして要求駆動力ギリギリのところまでエンジン回転を下げにいき、ドライバーにブルブルというトルク変動を(僅かではあるが)伝えてくる。そして更に深く踏み込めば、徐々にしかし速やかにシフトダウンしてエンジン回転数を稼ぎ、少しずつ確実に駆動力を増してくる。。。

 ご覧の通りミライースにエンジン回転計は備わりませんが、(絶対的には充分静かではあるものの)それなりに音・振を伝えてくる事もあって全くその必要性を感じませんでした。ダイハツさんの英断を称えたいです。余談ですが全車ATの初代オデッセイが、「安っぽい」というユーザークレームで途中から回転計を追加させられた事を思い出しますね。。。
 何も考えずにアクセルをパカパカやる人には煩雑かもしれませんが、右足をじわりと動かしている間にもきちんと応答が返ってくるので、目標アクセル開度でピタリと止める運転がごく自然に出来ます。たぶんガツガツと燃費を稼ぐためにレスポンス良くCVT制御を切り替えている事が奏功しているのでしょう。その点ミラココアは若い女性ユーザが多い事などを考慮したのでしょうか?現車が手元に来たらもっと距離を走って確かめたいと思います。

 代車のミライースは初期型?らしく、停車前アイドルストップは備わらない様でした。したがって「ふんわりブレーキ」(カックン停車回避)してもエンジンが再始動してイライラさせられる事がありません。停車後にエンジンが停止しない場合でも、ほんの少しブレーキを踏み増せば停止してくれました。
 ディーラでアイドリング状態のまま操作系のレクチャーを受け、その後混雑した街中を10km程走っただけで燃費計は15.3km/Lまで伸びていました。借り物なんでアレですが、機会があればもうちょっと距離を乗ってみたいと思っています。
Posted at 2012/10/30 23:13:21 | コメント(3) | トラックバック(0) | 試乗記のようなもの。 | 日記
2012年10月29日 イイね!

FBM2012。

FBM2012。※画像のセレクトは私の趣味です。

 ディーゼル+MTの下駄車を探し求めてたまたまシトロエンC4 1.6HDiを購入した私は、フランス車のお祭りであるフレンチブルーミーティング(以下FBM)にも縁あって2006年より参加させて頂いておりました。
 元来社交的でない私のこと、年に一度このFBMでしかお会い出来ていない方々も少なからずいらっしゃいます(汗。BMW車に乗り替えフランス車とはご縁の無くなった私ですが、今年も参加させて頂くことにしました。

 DeepSkyさん、doe136さん、くま56さん、Kobatakuさん、びくびくkさん、今年も楽しくお相手して頂き、またお土産等頂戴しまして誠にありがとうございました。
 ひめ@207さん、ikaさん、今年はお会い出来ず残念でした。来年は是非またいらしてください。

【関連情報URL】フォトアルバム追加しました。

 月曜は休暇を頂いたので、イベント終了後は東急リゾートタウン蓼科にあるプティトオーベルジュ ステンドグラスにお邪魔して、暗くなる前にオーナーShinichiroさんのジムニーと120dを取りかえっこして試乗会(笑。その後は生ビールを飲みながらクルマや機械、エンジンについて談義。仕上げにポトフとラムチョップを頂きました。いつも素晴らしい料理をありがとうございます。。。
 今朝は宿を出てからR299麦草峠に上がり、そこから徒歩で北横岳まで往復してきました。山行記録は別途まとめてアップします。
Posted at 2012/10/29 21:55:26 | コメント(3) | トラックバック(0) | イベント。 | 日記
2012年10月23日 イイね!

家族の下駄車を買い替え。②

家族の下駄車を買い替え。②(前回からの続きです。)
 突然の駐車場問題勃発により、軽自動車への乗り換えまたは駐車場所の変更の二者択一を迫られた我が家。ヴィッツを通勤に使用している母と協議した結果、(迷う時間すら与えられなかった事も奏功してか)割とあっさり軽に乗り換える事に決まってしまいました。
 車は「生活の道具」であり「移動の足」と割り切る私にとって、走行距離的にもまだまだ「これから」なヴィッツを手放してしまうことには抵抗がありました。しかし税額と年間走行距離を考えれば登録車を維持し続けるデメリットは大きく、致し方ありません。。。
 (100%それが理由ではないにせよ)自分の利便性の為に、母に軽へのダウンサイジングを強いることにも後ろめたさがありました。しかし久し振りの新車購入に母も満更でもなさそうな様子。個人的にはここにいちばん救われました。

 さて車種、グレード、オプションが決まったら商談です。社会に出てすぐ中古のAE86を購入して以来、新車を普通に売っているディーラとは縁が無かったのでちょっと緊張。。。(^^;
 ヴィッツを査定して貰っている時間を利用して試乗させて頂きます。余談ですがヴィッツの査定は予想通りゼロでした。ATでは輸出需要も期待できず、検切れまでディーラで代車として活躍した後はスクラップの運命でしょう。
 初代ヴィッツより30mm増しの全高1,530mmのボディに183cmの身体を滑り込ませます。幅方向のゆとりは確かに劣りますが、スクエアなキャビンのお陰で広々感はヴィッツ以上。シートポジションを合わせて後席に移動しても広々感は変わりません!カタログを見るとホイールベースはなんと2,490mm(初代ヴィッツは2,370mm)もあります。なるほどぉ。。。流石にラゲッジコンパートメントは狭いですが、三名以上乗る事はまず無いので問題ないでしょう。

 エンジンを始動して路上に出ます。平坦で比較的空いた市街地をぐるっと回って帰る、一周2.5kmほどのコース。前後の車間や信号のタイミングを測りつつ、無駄にアクセルを踏まない普段通りのドライビングを心掛けます。燃費重視のCVTは巡航時のエンジン回転数を1,500rpm程度に抑え、タイヤのロードノイズが耳につくもエンジン音はほとんど聞こえません。市街地での静粛性は初代ヴィッツに遜色ないと感じました。
 試しに深めにアクセルを踏み込むとCVTがエンジン回転数を上げに行きますが、流石に排気量に余裕がないせいか、SKYACTIVデミオの様に徐々にシフトダウンしつつもエンジントルクで押し出していく感じは希薄です。たぶんそのまま踏み続けていればエンジンが吹け上がって元気良く加速を始めるのでしょうが、この日はそこまで試せませんでした。
 アクセルを離すとCVTが僅かにシフトダウンして燃料カット回転数を維持し続け、MT乗りにも自然な減速感を与えてくれます。昔のトルコンATの様な嫌らしい空走感はもはや皆無です。

 巡航/緩加速(急加速は試せず)/エンジンブレーキとそれぞれの状態では違和感の少ないCVTですが、ハンチングを避けるためかアクセル操作後の状態遷移にちょっと時間がかかる(1秒くらい?)のが、エンジン回転数(ギヤ段数)とトルク(アクセル開度)を並列制御する事に慣れたMT乗りにはもどかしく思えます。燃費のために定常での余裕駆動力を極限まで削りつつ、ペダルの踏み加減ひとつでドライバーの意思(減速/車速維持/ホールドギヤで緩加速/シフトダウンして強加速)を汲まなくてはならないCVTに課された困難を思わずにはいられません。この点、低回転から大出力を出せる電気モータならアクセルペダルひとつで加減速は自由自在なのですが(日産リーフで体感済み。)。
 まぁ実際使うのはトルコンATに慣れた母ですし、現車がくれば私ももっと色々なシチュエーションで試す事が出来るでしょうから、ドライバビリティについての記述は以上に留めておきます。

 さて、短い試乗の中でも気になってしまったのが「エコアイドル」と呼ばれるアイドルストップ機能。停車の瞬間に車体が「カックン」とならない様に、停車直前にブレーキ踏力をフワッと抜くのは多くのドライバーが実践している事と思いますが、エコアイドルはこれをやるとエンジンが再始動してしまう!それでは。。。と停車と同時に強く踏みつけるとこれまた再始動してしまいます!どうもブレーキ踏力が弱すぎても強すぎてもダメな模様。私の下駄車120dにもアイドルストップは装備されていますが、こちらはMTなのでクラッチを踏んで明確な発進の意思を示さない限り再始動しません。納車されたらもうちょっと色々試したいと思っていますが、ちょっと気になるポイントです。
 隣で見ていた母はそもそも運転中にエンジンが停まること自体に抵抗があるようで、慣れない内はスイッチでOFFする事も出来るから活用するようにとアドバイスしておきました。

 最後になりましたが、現在のミラココアにはミライースより投入された第二世代KF型エンジンが搭載されています(画像はいつものMotor Fan illustrated誌より。)。63.0mmというスモールボアであることを考慮しても、89RONのレギュラーガスに対応したポート噴射の一般市販車でありながら11.3という高圧縮比を達成!その昔カルタスGT-iに搭載されたG13B型機関(ハイオク仕様)の圧縮比11.5に興奮した日々が懐かしいですね。。。(笑
 母はLHD車を運転できないので120dと「とりかえっこ」出来ないのがネックですが、ミラココアの燃費性能には私も興味津々。納車後は暇をみて私も運転させて頂きたいと思います。楽しみ!
Posted at 2012/10/23 23:32:34 | コメント(1) | トラックバック(0) | 試乗記のようなもの。 | 日記
2012年10月22日 イイね!

家族の下駄車を買い替え。

家族の下駄車を買い替え。 家族の下駄車を買い替えました。
 母の通勤車ヴィッツは共同住宅内の共有駐車場に保管していますが、入居時のくじ引きで割当てられた駐車ロットは他所より小さい小型車用でした。今まではその「小型車」という曖昧な文言に助けられ、登録車であるヴィッツを駐車していても特に指摘を受けた事はなく、家庭によっては同じ小型車用の駐車ロットにV6 2.5リッターの3ナンバー車を堂々と駐めている人も居るほどです。

 しかし二週間ほど前になって突然「この駐車場所は軽自動車専用だから、来月から軽に乗り換えるか、別の場所と交換するように。」と通告がありました。
 さて困った。。。ヴィッツは初回登録から12年を経過していますが、走行距離は5万キロにも満たず至って快調、母も気に入っているようです。ヴィッツに乗り続けるなら露天の普通車用ロットと入れ替えなければなりません(現在の小型車用ロットは屋根つき)。DIY整備をする私は駐車ロットの隅にジャッキやスロープ、スタンド、ケミカル類等を大量?に保管しており、それらが雨曝しになるのは困る。。。(汗

 母は今のヴィッツを気に入っていますが、一方で現在の駐車場所にも愛着があるようです。私も駐車ロットが露天になるのは困る旨を伝えると「今の駐車場所を維持するために、軽に乗り替えても構わない。」と言ってくれました。
 母はヴィッツを近距離の通勤&買い物のみに使用し、年間走行距離は3千キロにも満たず、毎年ガソリン代よりも高額な自動車税を払っている状況です。これは面白くないので数年前にも軽への乗り換えを勧めた事がありますが、当時は「ヴィッツがあるのに、なんで軽に乗り換えなくちゃなんないの。」と反対された記憶があります。昔の貧弱だった軽自動車を知る年代にとって、軽に乗り換える事はやはり抵抗があったのかもしれません。

 軽という規格、というか税制や燃費性能については言いたい事もありますが(個人的には自動車税など撤廃し、燃料税を大幅に引き上げて距離を走らない&実燃費に優れるユーザが恩恵を受けるようにすべきと考える。)、現在の軽自動車はもはやファーストカーとして何ら不足のない性能・機能を備えており、母が軽に乗ることに対して特に不安を感じてはいません。しかし私自身も恩恵を受ける「現状の利便性」を維持する為に軽に乗り替えてもらう事になり、正直言って申し訳ない気分です。せめてもの償いに、軽という制約の中から好みの新車を選んでもらう事にしました。母の年齢を考えると、新車を買ってあげられるのもこれが最初で最後になるかもしれないですし。。。

 二名を超えて乗車する機会はまず無いのでワゴンRやムーブの様なハイトワゴン系ではなく、全高1,500mm級のアルト、ミラクラスから選ぶ事にしました。燃費を考えればアルトエコやミライースとなりますが、既述の通り距離を走らないので純粋に外観の好みで選んでもらい、車種はミラココアに割とすんなり決まりました。
 必要な性能・機能を満足すれば外観はどうでも良い(洗車もほとんどしない)私と異なり、キレイ好きな母ではありますがメッキやシルバー塗装が施されたヒカリモノ、お飾りの類に興味が無いところは私と一緒らしく(笑)グレードはいちばんシンプルなLとなりました。ミラココアでは最廉価モデルですが、上位グレードとの性能・機能上の差異はエアコンがオート式からマニュアル式になり、キーが普通のリモコン式になる程度で外観を気にしなければほとんど差異はありません。

 購入前には試乗車にも乗せて頂きましたが、長くなったのでまた改めます。
Posted at 2012/10/22 00:39:59 | コメント(2) | トラックバック(0) | 家族の下駄車。 | 日記
2012年10月06日 イイね!

他人の持ち物を壊し、非を認めようともしない大人。

他人の持ち物を壊し、非を認めようともしない大人。 また雑誌ネタです。
 カー&メインテナンス誌 12年10月号を読んでいて「これは酷い。。。」と思える記事を見つけてしまいました。

 概略はこうです。
 自動車修理を営む工場に、事故修理の為にある客のクルマが入庫してきました。あいにくATの代車は出払っていたのでしょう、MT車で問題ないか申し出ると「大丈夫。」とのことで代車を貸し、工場から見送って間もなく「代車が動かなくなった。」との連絡が入って現場に急行したそうです。
 客からは「坂を登っていたらオーバーヒートして煙が出て止まった。」と説明を受けたそうですが、IG-ONでの水温計の指示には問題なし。エンジンフードを開けるとクラッチフェーシングの焦げた強烈な匂いが鼻をつき、下を覗くとオイルが漏れており触ると焦げ臭い。積車で工場に持ち帰り分解するとフライホイールは真っ黒に焼け、クラッチカバーはバラバラ、クラッチディスクは跡形もない!高速回転しながら破損した破片がトランスミッションケースを突き破り、ミッションオイルが焼けたクラッチにかかり煙を上げたようです。

 MTに不慣れな客が登坂時にシフトダウンをサボって、半クラで無理に登ろうとしてクラッチを焼いて破損したのは間違いないですが、当時の状況を聞いても4速ギヤで登っていたと言うだけで、詳しい事は答えてくれなかったそうです。
 大半のユーザにとってクルマとは趣味の対象ではなく、生活の道具そして移動の足です。道具としてAT/MTの選択肢がある以上、MT車を運転しない、運転できないユーザを非難する気持ちは私にはまったくありません。MTを忌避するのも100%個人の自由だと思っております。
(余談ながら、少数派のユーザを切り捨て、この国の市場からMT車を抹殺していく各カーメーカには閉口ですが。。。)

 しかしながら、MT車をろくに運転できもしないのに「MT車でも大丈夫。」と見栄を張り、挙句の果てに借りたクルマを壊して自分の非を認めようともしない。こんな人間には絶対なりたくありません。
 この修理工場さんは、自腹でこの代車を修理したのでしょうか、それとも廃車して別なクルマを手配したのでしょうか。殊勝にも「車両火災、あるいは事故にならなくて良かった。」とのコメントを寄せられていましたが、とんだ災難でしたね。。。

**********
【おことわり】(10月8日追記)
この日記は該当する記事の記述に誤りが無く、代車貸し出し時にクラッチ滑り等の不具合が無かった事を前提に書いています(記事には「貸し出し前に一通り点検は行った」旨の記述あり)。なにとぞ、ご理解の程お願いいたします。

プロフィール

「MTで操るSKYACTIV- D 2.2、最高でした‼TNP大好き❗さん、本日はありがとうございました😆」
何シテル?   08/13 19:42
ディーゼルのMT車に乗っていますがアンチハイブリッドという訳ではありません(いまMT降りるならノートe-POWERで一択)。ユーザが夫々の用途や好みに合った道具...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

もう何度でも書くぞぉっ! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/08 19:58:44
2015年現行モデルの「2速1000rpm速度」一覧 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/29 21:53:57
HID+レンズカットのグレア光対策① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/12/23 20:17:49

お友達

単なる私的備忘録としての利用のため、お友達は募集しておりません。
※『備忘録』の本分を弁え、現在巡回を自粛中です。

ファン

209 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 1シリーズ ハッチバック BMW 1シリーズ ハッチバック
FRでディーゼルでMTってだけの理由で偶々乗ってる下駄車。レンタカーの如き地味な外板色に ...
カワサキ スーパーシェルパ カワサキ スーパーシェルパ
 購入時ODO=14,148km。下駄車として快調に稼動していましたが、電気系トラブルで ...
その他 その他 その他 その他
モトクロスで足を怪我して手術し、退院後に運動不足解消を目的に購入。現在は専ら通勤車として ...
シトロエン C4 シトロエン C4
なぜか日本では入手困難なディーゼルエンジン搭載の生活MT車。安価なれども商用バンしか選べ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.