• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

もげ.のブログ一覧

2014年05月29日 イイね!

フィールダーのギヤ比を妄想する。その②

フィールダーのギヤ比を妄想する。その② 昨日の日記ではTRDのファイナルリングギヤ&ドライブピニオンキットを想定し、3.941⇒4.188へ6%ほどのローギヤード化を妄想してみました。しかしTRDのサイトを覗いてみるとファイナルギヤやトランスミッションギヤセット(クロスミッション)の類は尽く生産中止となり、もはや入手困難であることが判明。。。
 とりあえずTRD製は諦めて純正流用できそうなファイナルギヤを探してみます。とは言えNZ系エンジンを搭載しMTのラインナップがある車種といえばアクシオ/フィールダーの他にはヴィッツ1.5RS、プロボックス/サクシードくらいしかありません。

 調べてみると、アクシオ/フィールダーも先代のE140系はファイナルギヤが4.312であった事が解りました。E160系になってプラットフォームがBプラに格下げされ軽量化されたこと、無駄に低ギヤで引っ張る事を要求するJC08モード燃費を意識して3.941(約9%ハイギヤード)化されたと思われます。
 他にはプロボックス/サクシード1.5L FFモデル用の4.058というギヤがあります。3.941に比べると3%ほどローギヤード化になりますが、大枚叩いて確実な効果を得る事を考えるとやはり4.312化がベターと思われます。NZE141ならT/M型式も同じC51型ですし、部品互換性の面でトラブるリスクもより少なくて済みそう。

 さて、それでは早速妄想してみましょう。(笑

 2、3速がほぼプリメーラと同等になり、1、4速はそこから上下に散ったレシオ配分となります。坂道発進でのエンストの恐怖からは解放されるでしょう。C51は4~5速がクロス気味ですが、それでも5速100km/h時のエンジン回転数は2,810rpmとプリメーラに比べればまだ抑えられ、最高速も4速で出る(5速はオーバードライブ)でしょう。JC08モードの如くダラダラ引っ張らなければ、燃費への背反もそれほど心配ないと思われます。
 明日には某MファクトリーにTELして作業の相談&概略お見積もりを頂こうと思います。。。

 更にちょっと遊んでみます。

 C51はプリメーラに比べ4~5速がやけに近く、逆に1~4速がワイドに散っているのが気になります。そこで1~5速をプロボックスディーゼル(1ND-TV)のC53と同じにしてみました。
 燃費に貢献する5速のレシオはそのままで、2~4速が適度に接近し非常に乗り易そうです。4速が最高速付近で吹け切ってしまいますが日本では関係ないでしょう。まぁ欲をかいたらキリがないので、ファイナル変更のみに留めておくつもりですが。。。
Posted at 2014/05/29 23:34:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | パートナーの下駄車。 | 日記
2014年05月29日 イイね!

フィールダーのギヤ比を妄想する。。。

フィールダーのギヤ比を妄想する。。。 パートナーの新しい下駄車、フィールダー1.5X 5MT(NZE161型)が納車されてからほぼ1.5ヶ月が経ちました。

 基本的にパートナーは運転好きではないので、週末一緒に移動する際は私が運転します。それなりの距離を共にして気付いたのは、つい先日まで乗り回した旧下駄車:プリメーラワゴン1.8Gに比べ、明らかに加速時の活気が無いこと。。。
 排気量がプリメーラ比85%に縮小(1,769⇒1,496cc)したので当然と思えるかもしれませんが、車重だって同88%にまで軽く(1,270⇒1,120kg)なっています。それにフィールダーの搭載する1NZ-FEは連続可変VVTを備えるなど技術的にも進化しており、少なくともプリメーラと同等レベルの動力性能を見せてくれると期待していたのですが。。。

 とりあえずエンジン回転数と車速の関係を比較してみました。それが本日記のTOP画です。
 一見して、プリメーラ(WQP11型)に比べ2速以上がハイギヤードかつワイド化されている事がわかります。3速ではプリメーラの3.5速とも言うべきレシオになり、5速は完全なるオーバードライブ。5速100km/h(メータ読み値ではなく、実車速)時のエンジン回転数は排気量ダウンにも関わらず2,900⇒2,570rpmに下げられ、4速に落としてもピークパワーを発生する6,000rpmに達する前に車速はサチッてしまうかもしれません。
 これでは全体的に加速がもっさりしてしまうのは仕方ありませんね。基本フラットトルクで排気量なりのトルクしか出せないNAエンジンのダウンスピーディングはドライバビリティ低下に直結する事を痛感します。「標準変速位置」に従い低ギヤでいつまでもダラダラ引っ張らされるJC08モード燃費にはメリットでしょうが、高速に上がれないパートナーは80km/h以上出す機会はほとんどなく、僅かな巡航燃費低減よりもハイギヤ&ワイドレシオ化によるデメリットの方が大きそうです。

 ちなみに高過給ディーゼルを搭載し、最高速227km/hにも達する一方で発進トルクがスカタンな120dは(ギヤが6段もあるにも関わらず)更に超スーパーワイドレシオですが、2速以上であれば1,000rpmそこそこからターボが仕事をしてくれるので、これほどギヤが散っているにも関わらず少なくとも平地ではかったるさを感じる事はないです。
 非常に残念に思うのは、久しぶりの新車を手にして喜んでいるパートナーが、無意識のうちにプリメーラより乗り辛いと感じているのではないかと言うこと。。。(涙

 さて、ここから先は妄想です。フィールダーのファイナルギヤを3.941⇒4.188(TRD品番:41201-AE031を想定)に約6%ほどローギヤード化してみました。

 2速がちょうどプリメーラと同じになり、そこから上下に散ったレシオになります。これでも5速はまだプリメーラよりすこし高いです(5速100km/h時のエンジン回転数は2,730rpm)。
 クラッチが馴染んできたのか新車時より改善されてきたとは言え、フィールダーは発進性もプリメーラに比べややシビアな為、1速がより低くなるのは好ましいです。高速巡航がほとんどないパートナーの使い方であれば燃費への背反もほとんど無いでしょう。

 フィールダーのMTはC51型ですが、これに適合する適当なファイナルギヤがラインナップされているかどうかは未調査。最近のクルマらしくVSCも標準で、よしんばファイナル交換出来たとしても車速信号とギヤ段数、エンジン回転数がアンマッチになってエラーを起こさないとも限りません。
 とりあえず、当分の間はひとり妄想を楽しむことにします。。。(汗
Posted at 2014/05/29 00:15:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | パートナーの下駄車。 | 日記
2014年05月20日 イイね!

滑り納め@燧ヶ岳。

滑り納め@燧ヶ岳。 月曜はプリメーラを解体業者に持ち込む為にお休みを頂きました(平日夜の引き取りはNGだったので。。。)。
 折角会社を休むのですから、引取りの時間は極力遅くして貰って、燧ヶ岳で滑り納めをしてきました。

 日曜夕方、地元のスーパーで買出しを済ませ下駄車を飛ばします。ヤマザキショップ会津高原店で冷えたビールを調達しR352を檜枝岐村へ。七入~御池間の夜間通行止めは既に解除され、夜10時過ぎに御池駐車場に入りました。外気温は1℃。寝袋に足を突っ込みながら晩酌し、あっという間に眠りに落ちます。。。
 翌朝6:00に起床、6:40行動開始。平日という事もあってハイカーの姿も疎ら。。。

 8:00 熊沢田代手前の1,986mピークを東から巻きます。ここは雪が腐っているとトラバースで苦労するのですが、行動時間の早かったきょうは雪も締まっており問題なし。

 8:05 熊沢田代の木道が姿を現します。先週日曜は雪の下に隠れてましたが。。。雪解けが進むこの時期、山の景色は毎週目まぐるしく変わります。

 9:05 俎嵓(まないたぐら、2,346m)。先週は真っ白だった尾瀬沼の湖面が露出しています。奥に見える奥白根山の頂上付近も雪が消えて黒くなってしまいました。。。

 9:10 柴安嵓(しばやすぐら)へ向かう鞍部。

 9:20 柴安嵓(2,356m)。懐に尾瀬ヶ原を抱く至仏山。

 10:00 滑走準備をしていると後から上がってきた方に声をかけられました。どうやら私の履いている年代物のビンディング(ジルブレッタ404)が目に留まったようです(笑。登攀用シールの最新動向などを情報交換した後、「テレマークスキーって格好良いですけどどうですかね~?」と尋ねてみた。「俺もトライしたけどいきなり山は無理。仲間と時間を作ってゲレンデで練習しないと…」との返答。どうやら私には無理そうだ。。。残念。

 10:05 気持ちの良いダウンヒルであっという間に高度を下げ、熊沢田代から東田代(画像左奥)に滑り込む。

 10:15 メラッパシ田代が見えたら進路を左寄りに取り、モーカケ沢に沿って北方向に滑る。

 10:25 楽しかった下りもあっという間に終わり、尾瀬沼山樹海ラインに出る。板をザックに括り付け、車道を御池に向かって歩きます。

 10:40 御池に到着。

 11:40 この日はいつもの「燧の湯」ではなく、数年ぶりに「古町温泉 赤岩荘」に立ち寄りました。この辺りでは珍しく塩分を多く含んだ酸化鉄泉で良く温まります。
Posted at 2014/05/20 00:57:16 | コメント(1) | トラックバック(0) | 山スキー。 | 日記
2014年05月11日 イイね!

5月11日(日) 燧ヶ岳。

5月11日(日) 燧ヶ岳。山行記録をサボっていたので写真のみUP。日記の日付を実際の山行に合わせて修正。














Posted at 2014/05/26 00:13:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | 山スキー。 | 日記
2014年05月04日 イイね!

女夫渕→日光沢温泉→鬼怒沼【撤退】。

女夫渕→日光沢温泉→鬼怒沼【撤退】。 連休後半は久々にパートナーと二人でハイキングに出かけました。
 満室で賑わう日光沢温泉を今朝7:20に出発。パートナーの脚力を考慮しゆっくりした足取りで高度を稼ぎます。しかし標高1,600mを超えた急登で残雪が増え、私の判断ミス(アイゼン+ストックが無いと安全に登れない)によりあえなく撤退。
 パートナーは「一人で登ってくればイイのに…」とこぼしますが、それだったら最初から一人で来るよ。。。今回は温泉宿に泊まって岩魚とビールを楽しんで来たことにします。
Posted at 2014/05/04 16:50:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | ハイキング。 | モブログ

プロフィール

「ヤマ発の155ccスクータにVTECみたいなの付いた。プレーンメタル軸受を支持する様な油圧源はないのでソレノイドコイルでピンを押して高回転時にロッカーアームを合体させる。切替え点は6000rpm。VTECは付かないが空冷なのにピストンクーラ装備でε=11を達成した125ccも凄い」
何シテル?   09/09 22:08
ディーゼルのMT車に乗っていますがアンチハイブリッドという訳ではありません(いまMT降りるならノートe-POWERで一択)。ユーザが夫々の用途や好みに合った道具...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/5 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

もう何度でも書くぞぉっ! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/08 19:58:44
2015年現行モデルの「2速1000rpm速度」一覧 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/29 21:53:57
HID+レンズカットのグレア光対策① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/12/23 20:17:49

お友達

単なる私的備忘録としての利用のため、お友達は募集しておりません。
※『備忘録』の本分を弁え、現在巡回を自粛中です。

ファン

208 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 1シリーズ ハッチバック BMW 1シリーズ ハッチバック
FRでディーゼルでMTってだけの理由で偶々乗ってる下駄車。レンタカーの如き地味な外板色に ...
カワサキ スーパーシェルパ カワサキ スーパーシェルパ
 購入時ODO=14,148km。下駄車として快調に稼動していましたが、電気系トラブルで ...
その他 その他 その他 その他
モトクロスで足を怪我して手術し、退院後に運動不足解消を目的に購入。現在は専ら通勤車として ...
シトロエン C4 シトロエン C4
なぜか日本では入手困難なディーゼルエンジン搭載の生活MT車。安価なれども商用バンしか選べ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.