• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

もげ.のブログ一覧

2016年01月24日 イイね!

万座温泉。

万座温泉。Kobatakuさん+友人一名と三人で万座温泉に泊まって来ました。山の天気は荒れ気味でしたが程良い積雪量で雪のコンディションは上々!Kobatakuさん、ありがとうございました。
Posted at 2016/01/24 21:07:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | 分類不可能。 | モブログ
2016年01月22日 イイね!

9年ぶりの目覚め。

9年ぶりの目覚め。無事始動!
動かそうとしたら、流石にクラッチは抜けてた。。。
Posted at 2016/01/22 12:58:51 | コメント(1) | トラックバック(0) | 過去の下駄車。 | モブログ
2016年01月20日 イイね!

あれから9年。。。

あれから9年。。。私がジムカーナ競技継続を諦め、シトロエンC4に乗り換えたのが2006年の10月。
コレの車検は残っていたので、たま~に田舎に行って転がすこともあったけど、手持ちの画像データを確認すると最後に動かしたのは2007年の6月。つまり今年でもう9年。。。

今週末時間があったら、コレが今でも動くのか確認してこようと思う。
最後はハイオク満タンにしてタービュランス・リミテッドのガソリン劣化防止剤(現在もラインナップにあるかは不明)を入れておいた。メーカによれば「3年くらい放置しても大丈夫。」との話だったけど、流石に8年以上も放置する事は想定してないだろうな~。
仮に動いたとしても、今時フリーダムコンピュータを扱える人がいるんだろか。。。(^^;

あとデッドストックになっているルート6クロスミッション用のスペアギヤセット(シンクロナイザースリーブと噛み合う方)も引き上げてこよう。やっぱり機械・道具は使ってあげなきゃね。
Posted at 2016/01/20 22:33:16 | コメント(1) | トラックバック(0) | 過去の下駄車。 | 日記
2016年01月06日 イイね!

最近のドライバーは右足を踏み込む【速さ】で加速度を制御できるのか。。。(汗

最近のドライバーは右足を踏み込む【速さ】で加速度を制御できるのか。。。(汗過去日記からの再掲ですが、画像はとある自然吸気ガソリンエンジンのスロットル開度とエンジン回転数、トルクの関係を表した線図です。
 これが示すように、エンジンが発生するトルクはその時の回転数とスロットル開度で決まります(実際には僅かな応答遅れがありますが)。車を走らせるのはエンジンのパワーですが(パワー[W]=駆動力[N]×車速[m/s])、スロットルバルブがアクセルとケーブルで機械的に直結されていた頃、ドライバーはアクセル開度(踏み込む速さではなく、深さ)でエンジントルクを、ギヤ段数でエンジン回転数をコントロールし、必要なパワー(パワー[W]=トルク[Nm]×回転数[rad/s])を引き出していました。

 しかし我々人間はコンピュータ制御の機械ではないので、今乗っている車が何速で車速何km/hの時にアクセル開度を何%にしたら何m/s^2の加速度が得られる。。。なんていうマップを頭の中に持っている訳ではありません(汗。だから目標アクセル開度までカパッと開けるのではなく、車の応答を加速度で感じながら右足にフィードバックしていく訳です。つまり車の反応を見ながらじわっと踏んでいって、欲しい加速度に足りなければ徐々に踏み増す、逆に加速し過ぎだと感じたら少し右足を戻す・・・という操作(フィードバック制御)を、すべてのドライバーがごく自然に行っているのです。
 上記を鑑みれば、アクセルを「カパッ」と素早く踏み込むような操作は、サーキットの様な動力性能を存分に発揮できる場所で、駆動力に対しタイヤグリップが十分にあり、コーナー立ち上がりなどごく短時間で最大限の駆動力を引き出したい(つまりフィードバックが不要な)場面に限られます。

 これはちょっと余談になりますが、加速度のフィードバックが必要なこと以外にもアクセルを素早く開ける操作が無意味なもう一つの理由があります。画像を見れば解る様に、低回転では僅かなスロットル開度(20%とか)でほぼ全負荷に近いところまで吸気量が飽和してしまい、それ以上スロットルを開けてもトルクは増えないのです。我々ドライバーはそれを体感で把握していますから、特にスロットル急開時に空燃比が安定しないキャブレター仕様の旧車やバイクに乗っていた人ほど「エンジン回転上昇とリンクする様に徐々にアクセルを開けていく」操作が身についていて、下からアクセルを「カパッ」と開ける様な操作には抵抗があるのではないでしょうか。

 ところが、みんカラを徘徊していて驚きの記事にたどり着きました。
価格.comマガジン p3 新「アテンザ」は“マツダのすべて”を表現したフラッグシップ!
 ページの後半にこの様な記述があります。「アクセルペダルを踏むときに、じわっと加速したいときはゆっくり踏んでゆくんですね。速く加速したいときはパシャっと踏むんですよ。アクセルペダルの速さによって、人は望む加速度を表しているんです。」

 アクセルは踏み込む「量」をコントロールするものだと思っていた私は驚きました。最近ではこういう「速さ」でコントロールするアクセル操作が普通になっているのでしょうか!?
 心当たりはあります。私はケーブル直結スロットルの頃からMT車に乗り続けていますが、仕事や休日他人の車を借りる等でAT車を運転する事はあります。
 衝撃を受けたのが日産ノート(先代、CVT車)に初めて乗った時。たぶんエコモードのままだったと思いますが、初めて乗る車なのでパワートレインの応答をみながらじわりと右足に力を加えていきます。。。何も起こらない。もうちょっと踏み足す。。。まだ何も起こらない(汗。更にちょっと踏み足す。これを繰り返すうちにアクセルは相当な深さまで踏み込まれていく。。。すると突如CVTがギューンとシフトダウンを始めタコメータの針が急上昇、一拍おいてノートは猛然とダッシュ!!呆然とする私に追い討ちをかける様にカーナビから流れる「急加速デス。安全運転ヲオ願イシマス。」の無情なメッセージ。。。私はこれ以来CVT車を毛嫌いする様になりました。(涙

 ちょっと話は逸れますが前述のカーメーカは、高過給ディーゼルエンジンのトルク制御について「ドライバーがアクセル操作をし易くするために、意図的に応答遅れを付加している。」という様な趣旨のことを公言しています。
 ゲインを徐変させる(踏み始めの応答「量」を抑える)ならともかく、意図的に応答遅れをつけても人間のフィードバック操作を邪魔するだけで何も良い事は無い筈では?と思ってました。ターボラグでブーストが高まらず、十分な量のEGRを入れられないので燃料噴射量を増やせない言い訳に過ぎないのだろうと。しかし、最近のドライバーはこういう特性であっても器用に右足を使って(予測制御?)自分の欲しい加速度をコントロール出来ているのだろうか!もしかすると古いのは自分の考えの方なのかもしれない。。。(汗
2016年01月03日 イイね!

AE86前期純正リップスポイラー。

AE86前期純正リップスポイラー。これはAE86時代のお友達から頂いた年賀状からの抜粋なのですが、昨年夏に念願の前期モデル用リップスポイラーを装着したとのこと。
 写真をみて「どこかのショップのリプロ品かな、良く出来てるな~。」と感心してたら、なんとこれはトヨタ純正パーツで普通に部品共販で買えたらしい!生産終了からもう30年経つ車ですよ!AE86、恐るべし。。。

 さて自分のAE86どうするかな。。。場所はあるので保管し続けてるけどもうサーキットに行く事は無いし、かといって道具車としてはあまりにスパルタンな乗り物になってしまったし。久々に2ストのバイクも欲しくなってきたしなぁ。。。
Posted at 2016/01/03 23:49:42 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ全般。 | 日記

プロフィール

「初めて車で大河原峠に上がってみた。外気温-1℃。走りやすく景色も良く空いてて最高のルート!これからスズラン峠へ。」
何シテル?   10/21 07:19
ディーゼルのMT車に乗っていますがアンチハイブリッドという訳ではありません(いまMT降りるならノートe-POWERで一択)。ユーザが夫々の用途や好みに合った道具...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/1 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

もう何度でも書くぞぉっ! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/08 19:58:44
2015年現行モデルの「2速1000rpm速度」一覧 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/29 21:53:57
HID+レンズカットのグレア光対策① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/12/23 20:17:49

お友達

単なる私的備忘録としての利用のため、お友達は募集しておりません。
※『備忘録』の本分を弁え、現在巡回を自粛中です。

ファン

208 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 1シリーズ ハッチバック BMW 1シリーズ ハッチバック
FRでディーゼルでMTってだけの理由で偶々乗ってる下駄車。レンタカーの如き地味な外板色に ...
カワサキ スーパーシェルパ カワサキ スーパーシェルパ
 購入時ODO=14,148km。下駄車として快調に稼動していましたが、電気系トラブルで ...
その他 その他 その他 その他
モトクロスで足を怪我して手術し、退院後に運動不足解消を目的に購入。現在は専ら通勤車として ...
シトロエン C4 シトロエン C4
なぜか日本では入手困難なディーゼルエンジン搭載の生活MT車。安価なれども商用バンしか選べ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.