• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

suzumi9500の愛車 [ホンダ シビックタイプR]

クラッチマスターシリンダ、スレーブシリンダ、クラッチペダル交換

カテゴリ : 足廻り > 駆動系 > 取付・交換
目的修理・故障・メンテナンス
作業DIY
難易度
作業時間1時間以内
作業日 : 2020年02月07日
1
走行距離的に気になったので予防で交換。
ちょっとギコギコ鳴っていたのも気になったので。
写真を全然撮っていないので雑ですが、やったことを書きます。書き漏れもあると思いますが、とりあえず新品の部品と付いている部品を見比べて、外すために必要なものを外せば取れます。
詳しくはディーラーで整備書をコピーしてもらえればオッケーです。

最初にボンネットを開けて、邪魔なものを外します。
樹脂のパネルを2つと金属の板を取ります。
ラジエターの上のパネルとフロントガラス側のパネルは内装外しで取れます。
フロントガラス側のパネルの下にある金属の板は10mmとか12mmあたりのボルトで留まっています。
パネルを外したら、マスターシリンダを外すための手が入る隙間ができます。
また、クラッチフルードを全て抜いておきます。スレーブシリンダのエア抜きのところを緩めてペダルを踏みまくれば抜けます。
2
室内側から、クラッチペダルの取り外しとマスターシリンダを留めているナットを外します。
外すためにはディープソケットが必要です。
ペダルとフレームの締結ナットは4箇所、マスターシリンダとフレームの締結ナットは2箇所です。
また、マスターシリンダとペダルは金属のピンで留まっていて、それの抜け止めとして割りピンが付いています。
全て取れば外せます。
クラッチペダルはこれで取り外せました。
3
マスターシリンダがついていた部分をエンジンルームから撮った写真です。
エンジンルーム側からは、金属の配管とゴムの配管各1箇所の締結を外します。
マスターシリンダに付いている金属の配管はフレアナットレンチを使って外しました。エンジンルームの奥に手を入れてブラインドでした。
ゴムの配管の取り外しは、室内との締結ナットと金属の配管を外し、手前に取り出してからの方が楽です。
これでマスターシリンダが取り外せます。
4
次にスレーブシリンダの取り外しです。
エアクリーナーのパイプが邪魔なので、ある程度外します。
写真左下あたりに写っているボルト穴が、スレーブシリンダを留めているボルトの位置です。
スレーブシリンダは、配管との締結1箇所とミッションとの締結ボルト2箇所を外せば取れます。
5
ギコギコの原因はマスターシリンダ内部の劣化ですが、他にペダルについているスプリングの根本のパーツが破損していることも見つかりました。
こういうのがあるので、まとめて替えてしまう方がトータルで楽です。部品代がまとまった額になるのでしんどいですが…

新しい部品を取り付け、クラッチフルードの配管を全て繋いだら、漏れがないか確認しながらエア抜きをして、クラッチ動作に問題がないことを確認しましょう。
最初に外したパネルは、動作確認後に付けた方が、もし間違っていた時に楽です。

イイね!0件




関連整備ピックアップ

ドライブシャフト交換

難易度:

シフトブーツリング/J’sRacing

難易度:

EK9 クラッチ交換

難易度: ★★

EK9 クラッチ交換 ②

難易度: ★★

クラッチホース交換

難易度:

パワステオイル交換

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

リンダ(suzumi9500)です。よろしくお願いします。 振り返り用にYouTubeに動画をアップしています。 https://www.youtube.c...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

愛車一覧

ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
ようやく21世紀の車に乗ることができました。 買ったままの仕様ですがサーキットもジムカー ...
ホンダ インテグラタイプR ホンダ インテグラタイプR
シビックを売ったものの、やっぱり乗り物がない生活に面白みがない…と思っている時、ヤフオク ...
ホンダ シビック ホンダ シビック
元ラリー車で、ジムカーナに使っていました。 元々イケてたので、多少セッティングを変えたり ...
ホンダ シビック セビック (ホンダ シビック)
大学1年で手に入れた初所有の車です。 自動車部のOGの方から0円で譲っていただきました。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.