• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2014年04月21日

アマチュアとプロの違い

アマチュアとプロの違い   楽器をうまく弾ける人はけっこういる。その中からプロになれる人はどういう人か。今回はそれをジャズギターで聴き比べてみよう。曲は「枯葉」である。ジャズを聴かない人のために、一応簡単に説明しておくと、まず最初に聴き馴染んだメロディを演奏し、次にそれを崩して弾くアドリブ(インプロヴィゼーション)をなんコーラス(歌で言えば1番に続いて2番3番4番・・・と)か披露する。ここが腕のみせどころなのだが、まったくデタラメではなく、コード進行に沿った音を選び演奏しているのである。だからバックでの演奏はカラオケと同じ。それに合わせて“枯葉よ~~”と何回でも歌える。そしてアドリブが終わると最初のテーマに戻って終わる。



  では最初の演奏。これはきわめてオーソドックスで、コード進行に合わせた美しい演奏となっている。








  だが、これではジャズギターの講師や地元のミュージシャンになれても世界のトッププロにはなれない。もちろんCD化して売れることはない。なぜか?それは聴きやすいが当たり前すぎる演奏だからである。
 次の演奏者は、ジャズの世界では皆名の通ったトッププロである。タル・ファーロウという大ベテランを中心に5人のジャズギタリストが集まったのだが、皆スタイルが違う。








   最初のタル・ファーロウはすでに老いてしまって、昔はゴリゴリとドライブ感のある演奏をしていたが、今は面影は残っているものの音が骨粗鬆症のようにカスカスとなっている。次が、ラリー・コリエル。音がタルより伸びやかだ。だが途中から「ドヤ」演奏になっている。フュージョンギタリストの多くはこの「ドヤ」演奏が多かったゆえ、やがて飽きられてしまう運命にあった。その次は、より内省的でコンフォートモードのジョン・アバークロンビー。この柔らかい音色は、最近亡くなったジム・ホールの影響である。演奏もより崩して抽象的になっている。そして次がジョン・スコフィールド。マイルスのバンドを脱退したばかりで、彼の全盛時代とも言える時期だ。ここまでくると、常にドリフトしながら走っているクルマのように、スリリングなフレージングが次々と出てくる。最後はラリー・カールトン。さすがにチョーキングの使い方はうまいが、アドリブの展開の仕方は元々がジャズギタリストでないため創造性に欠ける。




  とまあ、このように皆個性的で誰一人として他のギタリストに似ていない。そこがプロのプロたる所以で、上手に真似をすることではなく「規範からの逸脱」こそがジャズの醍醐味なのである。
 だがジャズそのものは今は時代を切り開く新しいものを何も生み出すことはなく、古典芸能と同じ一つの「形式」になってしまった。それでも充分楽しめるのだけど。



  
   
ブログ一覧 | 音楽/映画/テレビ
Posted at 2014/04/21 21:57:15

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

居候2・・・・
人も車もポンコツさん

来週から通勤快速復活(^^)v
彼ら快さん

決算ベース1,500%成長と経常2 ...
ドライブへ行こうさん

怪しい料理を食しましょう。18禁カ ...
2TG怪さん

絵でわかるユーザー車検
LED・HID販売のfcl.さん

夜勤終わってからの・・・
masa坊主さん

この記事へのコメント

2014/04/21 23:34:04
落語ですね。^ー^
コメントへの返答
2014/04/21 23:39:52
 落語というか、川柳の「お読みなさい」とも似ていますね。
 プラットフォームはアメリカンポップスなので。
2014/04/22 08:21:54
面白くて動画コンプリートしてしまいました♪
コメントへの返答
2014/04/22 09:02:44
 ありがとうございます。皆、個性的で面白いでしょ?
2014/04/22 08:29:31
ラリ-・コリエルの「ドヤ顔」!!俺のテク、アドリブはどうだい!?

ただでさえギタリストは「ドヤ」演奏になりがちと思いますが、この状況なら尚更ですね!

ラリ-・カ-ルトンは元々がジャズギタリストじゃなかったのですか?初めて知りました。

アドリブ展開の仕方が創造性に欠けると言われるとなるほどです。
コメントへの返答
2014/04/22 14:16:24
  ラリー・カールトンなど比較的若い世代(今は若くないですが)は、ロックから入る人も多いので、やはりフュージョン系の曲で本領発揮しますね。Room 335なんか伸び伸びとやっています。


https://www.youtube.com/watch?v=47ysdThtXgw

  ラリー・カールトン、ジョン・アバークロンビーやジョン・スコフィールドの後でソロを取らされたのもまずかったです。後者二人のソロは凄かったですね。(^_^;)
2014/04/22 11:24:58
これは、ピアニストにも言えて、テクはあるけどハートやソウルがないみたいな人は好きになれませんね~
コメントへの返答
2014/04/22 14:21:06
 そうですね。だから子供でもめちゃくちゃ楽器うまい子がいますが、全然響いてきませんね。歌もそうです。人から良く思われたい、褒められたいという時点で芸が腐っています。
 カーステレオから、エディット・ピアフなんか突然流れると真剣に聴いちゃいますね。
2014/04/22 19:00:42
うん、これはいい演奏ですね。
カールトンの髪の量からしてかなり昔かな?
コメントへの返答
2014/04/22 21:04:06
これは、昔レーザーディスクで買っていました。それを引っ張り出して見てみるとコンサートの日時がどこにも書いていない。ただ、レーザーディスクの発売年が1987年となっているので、その頃のものと思われます。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「@terry997 人のクルマにのせられる時それを少し意識します。自分の運転の時はしないけど。(^_^;)」
何シテル?   05/02 14:49
  2007年型カレラ4に乗っています。オールシーズン、日常の足として使用し、すでに10万キロを越えました。  カレラ4の乗り味は、ゆっくり走ればメルセデス、...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/2 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

八戸のBMW正規ディラーであるアルファオートさんの試乗会! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/06/22 09:17:07
GT3のような犬 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/05/23 17:29:12
CCDL=Classic Car Driving Lesson by Takumi Yoshida、第3報! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/05/23 14:37:44

愛車一覧

ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
 見てのとおりのキャララホワイト。右ハンドル、Tiptronic。オプションはPASM、 ...
アウディ S3(セダン) アウディ S3(セダン)
A4の後継車です。
ホンダ プレリュード ホンダ プレリュード
私が白、弟が赤。クルマを所有して一番楽しい頃だったかな。
アウディ A4 (セダン) アウディ A4 (セダン)
2014年7月27日に退役しました。盛岡の冬もなんなく走り、非常に頼もしい家族車でした。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.