• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

堅雪かんこのブログ一覧

2012年01月30日 イイね!

190E

190E   このクルマを初めてみた時は衝撃的だった。それまでベンツといえば大きいセダンというイメージが固定していた時代で、何を血迷って小型セダンを出すのかと多くのメルセデスファンは思った。Sクラスをそのまま寸詰まりにしたフォルムはお世辞にもかっこいいとは言い難く、リアに至っては不細工そのものに見えた。
  1982年に発表されたから、今から30年前の話である。日本デヴューがそれから2年後の1985年。その後、190Eはその価値が次第に認められ、やがてCクラスに発展し現在に至っている。
  今見るとこの190Eは色褪せないメルセデスの強靭な思想が具現化されているクルマであったと感じられる。変革者は登場した時は奇異に見られ、やがて時代が後から追いついて価値が認められるということか。






 この頃のメルセデスはロシアのマトリョーシカ人形みたいに、Sクラス、ミディアムクラス(Eクラス)、そして190Eとデザインの統一感があった。ヘッドライトの面積が大きいこと。お目々パッチリの顔。




  最初は違和感のあったリアだが、見慣れるとそうでもない。写真ではわかりにくいが、後ろに向かってボディが船のように絞り込まれていて、なかなか凝ったデザインだった。ただしトランクは上から開く。




  そして、これが次期Cクラス。(予想図)




 昔はつり目というと西洋人が東洋人を揶揄する時に用いられたが、今や世界の自動車界のトレンドになっている。





  ん?アウディですか!?と見間違うくらい似ている。





Posted at 2012/01/30 23:08:16 | コメント(9) | トラックバック(0) | クルマ
2012年01月29日 イイね!

冬の旅 

冬の旅    毎日寒い日が続く。暖かい地方に住む人がうらやましく思うが、一方北国の凍てついた冬景色は、活動的な生のエネルギーとは逆の静寂な死の世界を思わせる安らぎを感じさせる。ピアニストのグールドも「北」が好きだった。

 しかし、今日は晴天だったので明るい冬のイメージかな?







  防雪柵の影が道路に投影され、チェッカーフラッグみたいな道路になっている。





  雪煙をあげながら往来するクルマ達。  






  冬の天気は変わりやすい。今は晴れていても行く手には雪雲が立ち込めている。





  塩化カルシウム弾を被弾しながら、負けずにオーバーテイク態勢。





014

  これは過去画だが、こういう景色を見つけると冬もいいなと思ってしまう。



 ところで、シューベルトの歌曲で作品番号D911と呼ばれるものがあるが、それがなんと「冬の旅」なのである。もちろん偶然。




Posted at 2012/01/29 20:30:18 | コメント(4) | トラックバック(0) | クルマ
2012年01月26日 イイね!

タイヤは女の子と同じ

タイヤは女の子と同じ  昨日、NHKのEテレ「天才てれびくん」に小林可夢偉が出演した。番組自体は初めて観たのだが子供向け番組のようだった。ゲストへの質問の内容を子供たちが予め下調べをして、それを出川哲郎がカンペを見なが本人にインタヴューするというものだ。


 最近の日本の若者は、野球といいテニスといい世界のトップクラスの水準に到達しているから凄い。この可夢偉もそういう人だ。で、子供向きということで気を抜いて眺めていたら、けっこういい内容のことを彼はまじめに答えていた。要約すると下記の通りである。


  F1のレース中は怖いと感じることはなく、むしろ楽しい。どのくらいでクルマが滑り出すかは小さい頃から学んで知っているので不安はない。世界最速のレーシングカーに世界で24人しか乗れないものに乗っているのは嬉しいこと。

 オーバーテイクの時は、自分が抜けるということを信じていかなくてはならない。コンマ1秒の争いなので「いけるかな?」と考える時間がすでに遅い。レーサーは精密機械なんだ。

 タイヤは「女の子と同じ」で生き物。常にタイヤと話ながら、一つのコーナーを曲がったりする。その時にどうしてもこのタイヤと仲良くなれないなとかある。小学校の時に、この女の子とはどうしても仲良くなれないなというのと同じ感覚です。

 F1ドライバーになると億円はたぶんすぐにもらえます。




  「タイヤは女の子と同じ」というのは以前彼が片山右京との対談で語ったもののようだが、この時は「タイヤって女の子と同じで扱いが難しい。ある時突然態度が変わることがあるもの」と言ったそうだ。そんな感じでタイヤのグリップと対話しながら彼は限界を攻めている。



   助手席に座るのが女の子と思っている凡人とはまったく次元の違う話である。
Posted at 2012/01/26 22:03:44 | コメント(9) | トラックバック(0) | クルマ
2012年01月26日 イイね!

液晶、故障、保証はないでショー

液晶、故障、保証はないでショー  ノートパソコンの液晶画面がまた壊れて真っ暗になってしまった。これで二度目である。前の時に初めて知ったことだが、この液晶の故障に関しては保証対象外なのだという。しかも修理代は6万円~10万円はかかるという。これなら新品を買ったほうがよい。



 そこで、さっそくパソコンが壊れた当日の昼休みに、近くのケーズデンキに行った。平日ということもあって、ただっ広い店内にはお客がほとんどおらず店員が手持ち無沙汰で売り場に待機していた。パソコン売り場に行ってみると、初売の嵐の後という感じで、陳列棚には商品そのものもないのがあって、買い時を逸した感は否めなかった。普通ならスペックや値段を予め検討して購入に至るのが筋だが、どうせ半年すれば新しいのが出るし、こういう店だからはずれはあるまいと思って、目についたものを深く考えずに買うことにした。






 職場に持ち帰ってデスクの上に置いてみて初めて前のモデルより画面が小さいことに気づいたが支障はない。今のパソコンは本当に良く出来ている。昔は頭をひねりながら設定に半日かかっていたことがあった。値段も同等以上の性能で半額で買える。
 これで一件落着だが、ふと古いパソコンは液晶画面が壊れたけど、プロジェクターでは映せる、ということはモニターに接続すれば使えるのでは!?と閃いた。パソコンに詳しくない私にすればこんなことでも大発見である。そして驚いたのがモニターの安いことである。BENQというメーカーでは8200円位で買える。


 なんだ、初めからこれに気づいていたら1万円もかからずに壊れたパソコンをまた使うことができたのに。このモニターをAmazonで取り寄せてつないでみたら、ビンゴ!!
 新しいノートパソコンは自宅用にして職場ではこの組み合わせで使用することにした。





  今回の新しいパソコンを買うとき、店員さんが5年保証の加入の話をし始めたので「液晶は保証外ですよね?」と言ったら、苦笑いしながら頷いていた。もちろんそれには入らなかった。
 もっとも壊れやすいパーツが保証外。メーカーは想定内の故障で損益計算をしてそういう結論になったのだろうが、ユーザーをバカにした行為だと思う。


  
Posted at 2012/01/26 09:05:28 | コメント(7) | トラックバック(0) | パソコン/インターネット
2012年01月22日 イイね!

歌のうまい人、そうでない人

歌のうまい人、そうでない人  私はカラオケが苦手である。歌がヘタということが一番だが、人前で素直に歌に感情がこめられない。なので平板な歌い方で照れ隠しをしてしまう。
 それでいっしょに行った仲間の歌を聴く側にまわることも多いのだが、本当に聴かせる歌を歌える人は意外に少ない。うまいことはうまいのだが、心の琴線に触れないのである。昨日の女子アナの“のど自慢”番組もそうだった。
 聴かせる歌を歌えるというのは稀有な才能、あるいは資質の持ち主なのか?




  このビデオはご覧になったことがある人も多いと思うが、イギリスのオーディション番組で一躍脚光を浴びることになったポール・ポッツの伝説的なビデオである。自信無げな風体で現れ、歌いだした途端会場はどよめき、女性審査員は感涙にむせび、最後は喝采の嵐になるという、番組プロデューサーの思惑通りの展開になったが、歌の力の凄さを感じさせる。









  次のビデオは、オーストラリアの同じような番組の予選の模様である。最初にこの男の表情を見た時「あっ」と職業柄思ったが、たぶんそうだと思う。まずは見てください。



  彼なりにせいいっぱい歌ったのだろうが、ちょっと痛々しい。日本だったら配慮してこういうビデオは流さないだろう。だがここで歌の本質が垣間見える。鳥のさえずりは求愛行動として理解されているが、ヒトの歌も歌い手の精神状態や健康度を表す一つの指標であり、聴く側も鋭敏にそれを感じ取ることができる。


  「誰も寝てはならぬ」のあのカァ~ンと立ち上がって行くテノールは、まるでフェラーリ・サウンドのようでもあり、そういうものに向こうの群集は反応する。こういう伝統がクルマ文化の根底に根づいているからこそ、生きる喜びを与えてくれる刺激的なクルマの価値が理解できるのであろう。

 「誰も寝てはしまう」静かなプリウスもいいけどね。(ホントか?)
Posted at 2012/01/22 20:47:25 | コメント(7) | トラックバック(0) | 音楽/映画/テレビ

プロフィール

「@terry997 人のクルマにのせられる時それを少し意識します。自分の運転の時はしないけど。(^_^;)」
何シテル?   05/02 14:49
  2007年型カレラ4に乗っています。オールシーズン、日常の足として使用し、すでに10万キロを越えました。  カレラ4の乗り味は、ゆっくり走ればメルセデス、...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/1 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

八戸のBMW正規ディラーであるアルファオートさんの試乗会! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/06/22 09:17:07
GT3のような犬 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/05/23 17:29:12
CCDL=Classic Car Driving Lesson by Takumi Yoshida、第3報! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/05/23 14:37:44

愛車一覧

ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
 見てのとおりのキャララホワイト。右ハンドル、Tiptronic。オプションはPASM、 ...
アウディ S3(セダン) アウディ S3(セダン)
A4の後継車です。
ホンダ プレリュード ホンダ プレリュード
私が白、弟が赤。クルマを所有して一番楽しい頃だったかな。
アウディ A4 (セダン) アウディ A4 (セダン)
2014年7月27日に退役しました。盛岡の冬もなんなく走り、非常に頼もしい家族車でした。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.