• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

悠太郎Mのブログ一覧

2008年02月28日 イイね!

やっと2000km到達

やっと2000km到達 ようやく到達しました2000km。今回は納車から3ヵ月半もかかってしまいました。

 若い頃は、納車の翌日に1000km点検に出してディーラーを驚かせるような無茶もやっていましたが、今回はゆっくりじっくりと慣らし、車の硬さが解れていく事を楽しんでいます。

 E36の時は有名な「こもだきよし」式の慣らしをやってみようと、がらがらの北陸自動車道で、回転を上げたり下げたり、孤独な調整にトライ。
 しかし、今回は全く凝らずに、少ない負荷で3000rpm前後をよく使う為に、DSモードで走るだけにしました。

 さあ、これでたがが外れましたので、心ゆくまで回してやるぞ!
今後はどんどん負荷をかけてやらないと回らないエンジンになりますので、何時もの生駒信貴スカイラインで、べた踏みです。
Posted at 2008/02/28 16:20:36 | コメント(9) | トラックバック(0) | BMW | クルマ
2008年02月27日 イイね!

新聞美女

 今朝の通勤電車で、何時ものように本を読みながら座っていました。視界の左端に新聞がチラッと映っていたのですが、今度は香水の匂いが左から。

 あれっ!と思って左をチラッと見たところ、歳の頃なら30ちょっとの美人がスポーツ報知を読まれているじゃありませんか。

 これは珍しいと思い、さりげなくチラチラと観察。スポーツ記事ではなく社会経済覧を読んでいる、風俗記事ではないな(当たり前か)。おっ、左手に指輪は無し。

 ということで、電車を下りるまで気になって仕方なかったのですが、大阪では珍しいですね、こういった典型的キャリアウーマン。東京には全国から仕事生きがい女性が沢山集まっていますが、それにしてもスポーツ新聞は珍しいかな?

 いずれにしても、大阪でスポーツ報知というのは許しがたく、デイリースポーツならもっと美人に見えたんですが。。。
Posted at 2008/02/27 18:49:31 | コメント(5) | トラックバック(0) | ヨタ話 | 暮らし/家族
2008年02月26日 イイね!

Lands’EndとL.L.Bean

Lands’EndとL.L.Bean Lands’EndやL.L.Beanによくお世話になります。特に、ネルの裏地が付いたチノパンとジーンズは欠かせません。こいつを穿くと冬でも冷えない必需品なのですが、どういうわけか日本製には無く、以前より海外通販で入手しています。
 数年前に両社とも日本のサイトが出来たのですが、如何せん価格が凄く高い為、ずっと米国から買っています。

 ユニクロが出来る前はこれ以外もいろいろ買っていたのですが、私服がアメカジ一辺倒になったのは、米国のアウトレットモールに行き始めたころ。
 ‘94だと記憶していますが、出張時の休日にボ~ッとしていたら、近くに面白いところが出来たから行こう、と駐在員の一人に誘われて行ったのが、出来たばかりのウッドベリーコモン・プレミアムアウトレット。どでかい敷地に有名ブランドショップが大きな店を構え、破格の値段でこれは凄い。トップブランドの店も沢山あったのですが、こちらはしがない庶民派サラリーマン。結局、ラルフローレンで半パンと、リーバイスでジーンズを買ったくらいでした。
 数年後にこのウッドベリーコモンを再訪した頃には、マンハッタンから日本人向けバスツアーまで登場してブランド好きの日本人に荒らされてしまい、ロクな商品がありませんでした。恐るべし、ジャパンパワー!
 ま、その最初の経験が強烈でして、それ以降出張に行く度に各地のアウトレットモールを回りました。特に、デンバーやナパといった日本人が行かないローカルのアウトレットモールは品揃えが豊富で、良かったです。
 それにしても、長期的には円安の方向なので何時までも輸入頼みはつらく、はやく裏地付きチノパンを作ってくれる日本メーカーが出てこないかなあ。
 齢とともに、冷え性になる昨今です。
Posted at 2008/02/26 22:00:47 | コメント(2) | トラックバック(0) | 買い物 | ショッピング
2008年02月25日 イイね!

金、ゴールド、金

 金、ゴールドがすごいことになっています。NY先物でなんと$1000/オンス近い金額。これは7年前の4倍!もの相場ですが、こんなことなら全財産(といっても雀の涙ですが)を投資していたら、M3でも買えたかも、というのは後の祭り。今こうなることが判っていたら、誰も苦労しません。

 米国のバブルが崩壊し、土地や株式から石油や金へファンドマネーが逃げ出していることも要因ですが、基本的には大きなインフレの流れを汲んでおり、すでに穀物は猛烈なインフレが始まっています。

 その反面、給料はサッパリ増えませんから、生活は切り詰めざるを得ず、真っ先にカットされるのは、大黒柱の小遣いであることは、間違いありません。

 あ~あ、どうやってクソ高いガソリン代を捻出しましょうかね。

 すみません、暗~い話題で。。。
Posted at 2008/02/25 19:27:33 | コメント(5) | トラックバック(0) | ヨタ話 | 暮らし/家族
2008年02月23日 イイね!

E90 vs RX-8

E90 vs RX-8 この話題も3度目となりちょっとしつこいのですが、完結編としてお付き合い願います。
 この両車はクラスも価格も異なりますので比較の妥当性に疑問もあるところですが、なんといっても運転して楽しいFR車という点が最大の共通点です。FF車が増えてしまった昨今、家族持ちがファミリーカーに使え、一人のときは心ゆくまで峠を攻めて楽しめる車は選択肢が限られます。

 小生もE36でFR車の素晴らしさに目覚めましたが、庶民サラリーマンとして選択できるのは1シリーズ、3シリーズ、Cクラス、RX-8、スカイライン、くらいです。今回の乗換に当たり、FF含めて十数車を乗り比べましたが、はたして触手が動いたのは3シリーズとスカイラインでした。
 さて、RX-8から乗り換えて一番違いを感じるのが、高級感、精密感、乗用車感です。

1、高級感
 運転席に座ってまず目に飛び込んでくるのがダッシュボードの質感です。以前にも述べましたが、艶があって黒くてシボが深いBMWの革シボは、トヨタの高級車には負けていますが、トップレベルの高級感をかもし出しています。RX-8のダッシュボードは質感が低いとよく言われていますが、たしかにモールド成型の上に塗装しているパーツが多く、かかっているコストの違いを感じます。しかし、立体的な形状で上手く材質感をカバーしており、デザインは秀逸ですね。
 次に目に付くのはメーター。昨今の日本車や米国車に多いLEDを屈指したチャラチャラしたものではなく、古典的なメーターがトラッド好きの心をくすぐります。ただ、E90は2連メーターになってしまい、個人的には昔車の多連メーターが懐かしい。6連メーターなんぞを目にするとワクワクしてしまいます。
 さらに、ウインカーレバーの感触がしっとりとしていて良いですね。こういうところが安っぽいとガックリしますが、決して開発コストをケチらずに、きちんと人手をかけてこういう部品まで設計・評価をしていることが伺えます。

2、精密感
 停止状態からそっとアクセルを踏んだとき、きわめて濃密に組まれた歯車をギッチリと噛み合わせながら、なにか重々しい物が精密機械のようにゆったりと動き出します。このえも言われぬ感触は、未だBMW以外では味わったことがありません。ちなみに、今までで最もこの感触の近かったのが、驚くことに現行のスカイラインでした。
 この精密感を生み出している理由を考えてみたのですが、剛性のある車体と足回り、がたつきの無いステアリング、組み付け精度が高いエンジン、あたりが主要因ではないかと思います。特に、変な非線形特性にされた一部の国産車とは大違いのリニアなスロットルと、いかにもきっちりと組みつけられたエンジンが最大要因ではないかと考えています。
 同じエンジン屋であるホンダの4気筒エンジンは、クランクケースのノック穴がなんと10個もあるようですが、BMWも同様に組み付け精度を高めているのではないでしょうか。
 BMWの中では最も廉価版に属する4気筒でも味わえるのですから、上位エンジンではもっと精密感が凄いんでしょうね。
 さて、そうして走り出したわけですが、どうも3000rpmくらいまでは、なんというか苦しげに不満そうにエンジンが回ります。もっと回転を上げさせろ!アクセルをもっと踏め!とエンジンが訴えている声が聞こえます。それに応えて右足に力をこめてやると、エンジンは喜び勇んで回転を昇らせ、歓喜の雄叫びを浪々と鳴り響かせながら、レッドゾーンへ突入してゆきます。
 そのお陰でE36の時には、赤い大きな旗を持ったおじさんたちが目の前に飛び出して来、税金を寄付することになってしまいましたが。
 ホンダに永らく乗っていましたが、ホンダエンジンも喜び勇んで回転を昇らせてゆきますが、なんと言いますかモーターのように回るんですね。それに対してBMWはエンジンのように回る。ピストンの上下運動を通して生まれるビートを感じます。

3、乗用車感
 これはもう着座位置の高さから来る視界の違い、スプリングの柔らかさ、NVHの少なさなどから明らかです。E36のときはもっと着座位置が低く、センターコンソールがそそり立って運転席へ向いていましたので、もうすこしドライバーズカーの感じがあったのですが、E90はそれこそCクラスのように普通の乗用車になってしまいました。
 それともうひとつ、走行感が腰高でラバリーな感触なんです。つまり、分厚い緩衝材が路面との間にあって、E46(試乗レベルの感想ですが)のように、まるでタイヤを直接つかまえて左右へ回しているようなダイレクト感が乏しいのです。
 これはたぶんランフラットタイヤのせいで、この点が唯一残念なところですが、やっぱりBMWが一番ですね。


Posted at 2008/02/23 17:44:28 | コメント(9) | トラックバック(0) | BMW | クルマ

プロフィール

「家は大阪市内なのですが、毎時ちょうどに、拳銃を奪って逃走中の犯人に気を付けるよう、小学校屋上の拡声マイクから放送が入ります。怖いですねえ。」
何シテル?   06/16 15:17
社会人となって初めて車を所有し早や39年。その間11台所有しましたので、平均して4年程度の所有期間。3~4年経つと、どうしても別の車が欲しくなる「車欲しい病」が...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2008/2 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829 

リンク・クリップ

そういや先月は熊本に行ってた(笑) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/05/03 06:54:07

愛車一覧

スバル フォレスター スバル フォレスター
初めてのスバル。初めてのSUVです。 駐車場の関係で背の高いクルマを敬遠していたのですが ...
シトロエン C5 セダン シトロエン C5 セダン
かつて、BXを1回、エグザンティアを2回、合計3回も購入しかけたハイドロのシトロエン。 ...
BMW 3シリーズ セダン BMW 3シリーズ セダン
街中に住んでいるので車は生活に必要なし。大きなオモチャに過ぎない。運転したくなったら時々 ...
マツダ RX-8 マツダ RX-8
RWDのすっきりしたステアリングに戻りたい、という想いを抱いていた頃、仕事で広島のマツダ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.