• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

悠太郎Mのブログ一覧

2008年11月30日 イイね!

12ヶ月点検を受けてますます快調

12ヶ月点検を受けてますます快調 先日ご報告したカムカバー下のオイル滲みの修理を兼ね、購入後初めての12ヶ月点検を受けてきました。

 詳細は整備手帳に記しましたが、ガスケットの交換と、リアドアウインドウラバーガイドを交換してもらいました。
 ラバーガイドは、左リアドアウインドウの動きがなんとなく遅いと言ったことへの対策です。

 ついでに未だ一度も交換していないオイルのことを聞いたのですが、メッセージディスプレイに交換表示が出るか、2年が目処とのことです。
 走行が少ないので、間違いなく初期登録から2年目、つまり来年の5月が交換時期です。
 この時期に交換して2年ごとに交換するならば、点検時期とズレていきますので、来年の5月はオートバックスででも交換して、以後は定期点検時期に交換しようかと考えています。

 問題は何処で換えるかです。ディーラーではフィルター交換含め、やはり2万円もかかるようですが、車載CPUのリセットは、ディーラーでしか出来ないんでしょうねえ。

Posted at 2008/11/30 07:02:21 | コメント(9) | トラックバック(0) | BMW | クルマ
2008年11月29日 イイね!

紅葉に燃える京都

紅葉に燃える京都秋本番、紅葉真っ盛り。

 紅葉撮影なら京都なんですが、この時期の休日は、人、人、人。
 紅葉を撮っているのか、人の頭を撮っているのか分からない状態です。

 そこで訪問したのが宇治の三室戸寺。
 紫陽花で有名なお寺で、梅雨時期はものすごい人手ですが、紅葉のこの時期はぱらぱら。

 22日も朝のうちはガラガラでゆっくり撮影に勤しめましたが、昼前には観光バスの団体が押し寄せびっくり。ガイドさんの話を聞いていると、源氏物語ミュージアムと平等院へ行くとの事。

 写真をフォトギャラリにも掲載しましたので、ご覧ください。⇒ こちら

 さて、撮影後は三室戸駅前にあるイタリア食堂クアトロアミ―テでランチ。
サラダ、パン、パスタ、珈琲で\1,150。さすが口コミの評判が良かっただけあって、なかなかの美味。お奨めのお店です。

 ところで、今回も相変わらずのCONTAX G2での撮影ですが、ついにデジタル一眼を購入してしまいました。
 詳しくは到着してから、ご報告いたします。













Posted at 2008/11/29 17:03:30 | コメント(7) | トラックバック(0) | 紅葉 | 旅行/地域
2008年11月15日 イイね!

蘇った輝き



 購入時に7万円投資してG’ZOXコーティングをかけたのですが、未使用車なので塗装が全く痛んでいない為、1年後に分けて再度コーティングをかけましょう、ということにオークション代行やさんと約束してました。

 前回はルーフやボンネットには2回、サイドには1回コーティングをかけてもらい、今回も同じ回数コーティングをしてもらいました。

 もともと機械式駐車場の屋根付きなので、ほとんど劣化をしていないのですが、やはり再コーティングで物凄いピカピカになってしまいました。
 これで5年間は機械洗車でメンテナンスフリーです。



 ところで、まだ一度も点検に出していませんでしたので、そろそろ12ヶ月点検に出しますが、カムカバー下のオイル滲みをオークション代行やさんに指摘され、さっそく点検時に修理してもらいます。

 パワーウインドウの動きもちょっと鈍いのではないかと指摘されましたが、どうもすっかり輸入車慣れといいますか、マイナートラブルを全く気にしなくなってしまいました。

 良いことなのか悪いことなのか。。。
Posted at 2008/11/15 11:23:00 | コメント(5) | トラックバック(0) | BMW | クルマ
2008年11月08日 イイね!

失敗しないマイホームー5 (リスクを避けたマイホーム購入)

失敗しないマイホームー5 (リスクを避けたマイホーム購入) 4ヶ月ぶりのマイホームシリーズです。

 このテーマは以前から書こうとしていたのですが、このような経済危機が始まってしまいましたので、ちょうど切実なテーマではないかと思います。


 都心近郊の大規模な新興住宅地、綺麗に区画された宅地が並び、よく手入れされた植栽に囲われた綺麗な家並み。敷地も充分広く、庭の芝生では子供たちが走り回り、カーポートでは旦那がお気に入りの車を洗車している日曜日の昼下がり。
 とまあ、小生もずいぶん憧れ、夢にまで見た郊外の一戸建てですねえ。未だに、こういった分譲地へ行くと心がグラッときます。

 しかし、リスクという側面から考えると、こういった郊外の一戸建てを購入するより、都心のマンションを購入すべきなのです。それは何故か。

 マイホーム取得は男子一生の仕事、などと言われ、昔から馬車馬のように働いて家を持ったものですが、取得したマイホームは、単なる負債なのです。
 決して資産ではありません。単なる負債なのです。

 地価が右肩上がりで上昇していた時代は資産だったかもしれませんが、右肩下がりの今日、単なる負債なのです。
 一生をかけて、人生をかけて、命を懸けて、ローンを払い続けなくてはならないのです。

 米国のサブプライムローンが問題となりましたが、彼ら米国のローンは我々日本人の悲惨なローンとは全く異なるのです。
 米国のローンはノン・リコース・ローンといい、ローンの返済をしなくても、家を返せば完済となるのです。つまり、ローンを払いきれなくなって家から追い出されても、それでローンの支払いから逃れられるのです。

 一方、日本のローンは借金をしたが最後、利息も含めた全額を返済しない限り、地獄の果てまで借金取りが追いかけてきます。家を手放そうが何をしようが、借金返済の義務が残るのです。
 自己破産でもしたら返済義務が免除されると思いますが、これほど日本の住宅ローンは過酷極まりないのです。

 通常、住宅ローンを組むと生命保険に加入させられますから、コロッと命を落とせばローンは完済されます。
 ところが問題なのは、病気か何かで働けなくなることです。そうなると家計の収入は激減し、ローンは払えなくなります。

 確率的には、こんな目に遭うことは滅多にないでしょうが、この経済恐慌ですから、いつ何時失業するかもしれません。

 では、そんな時どうすれば良いかです。

 家を売ってローンを返済する。頭金が相当多ければ、不動産の残存価値がローン残額を上回るかもしれませんが、家屋の価値は新築から10年経つとほとんどゼロになりますから、家を売ってもローンの一部が残ってしまいます。
 これじゃあ、激減した収入の中で、移り住んだ賃貸の家賃を支払いながらローンの残額を払えるはずがありません。

 一方、家は売らずに貸すのはどうか。
 いくら綺麗な街並みの新しい住宅でも、郊外の一戸建ては借り手が少なく、せいぜい5万~8万/月です。
 頭金が多く、ボーナス払い含めてローンの支払いが余程少ない方なら賃貸料でローンの支払いが出来るかもしれませんが、ほとんどのケースは駄目でしょう。

 ところで、都心のマンションならどうか。
 最寄駅から徒歩10分以内の交通の便なら(都心のマンションのほとんど)、85平米の4LDKクラスで15万円/月以上にはなります。
 分譲マンションは賃貸に比べて造りが良いですから、転勤族用の大手企業の借り上げ社宅需要が多いのです。
 これならなんとか賃貸料でローンの支払いが出来ますし、上手くすれば収入になるかもしれません。

 つまり、同じ費用をかけて郊外に一戸建てを立てるのと、都心のマンションを購入するのとでは、万が一の時のリスク回避力が段違いに異なるのです。

 こういった点も、マイホーム取得計画には、是非考慮に入れてください。
Posted at 2008/11/08 21:26:03 | コメント(4) | トラックバック(0) | 建築不動産 | 暮らし/家族
2008年11月08日 イイね!

Carl Zeiss SonnarT*90mm F2.8 一本勝負

Carl Zeiss SonnarT*90mm F2.8 一本勝負 デジタル一眼へ移行するにも、まずは腕を研かねばということで、我が家の庭である(と勝手に思ってますが)大阪城で修行してきました。
 CONTAXG2に取り付けたレンズはCarl Zeiss SonnarT*90mm F2.8。これ一本で風景写真を撮ろうという目論見です。
 風景写真は広角レンズが撮りやすく、こんな90mmのレンズはポートレートが主体で、景色を撮るのは大変難しい。
 しかし、写真の技術は空間を切り取る技術です。この技術を身につけないと写真は上手くなれない。
 そこであえて、こんな難しいレンズで挑戦した訳なんですが、CONTAX遣いの方には良く知られているように、このレンズの被写界深度は極めて浅く、おまけにピントが確認できないレンジファインダー機ということもあり、現像出来るまで半信半疑でした。
 現像と一緒に依頼したスキャナーのせいか、なんとなくピントが甘い気がするのですが、露出補正もロクに出来ていませんし、修行の道はまだまだ遠いですねえ。



桜門の手前、修道館の向かいにある菊です。今ちょうど菊花展をやっていますが、相変わらずアジアからの観光客や修学旅行生で一杯です。




夕陽を浴びた青屋門です。




西の丸庭園の入り口近くの石垣です。なんとなく木の容が気になって。




これも西の丸庭園の入り口近くで、この菊だけが朝日を浴びて光っていましたが、ちょっと露出オーバー気味でしょうか。




先ほどの青屋門の反対側です。
Posted at 2008/11/08 09:54:33 | コメント(7) | トラックバック(0) | カメラ・写真 | 趣味

プロフィール

「夏涼しく冬暖かい断熱材 http://cvw.jp/b/327243/42977575/
何シテル?   06/20 14:13
社会人となって初めて車を所有し早や39年。その間11台所有しましたので、平均して4年程度の所有期間。3~4年経つと、どうしても別の車が欲しくなる「車欲しい病」が...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2008/11 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

そういや先月は熊本に行ってた(笑) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/05/03 06:54:07

愛車一覧

スバル フォレスター スバル フォレスター
初めてのスバル。初めてのSUVです。 駐車場の関係で背の高いクルマを敬遠していたのですが ...
シトロエン C5 セダン シトロエン C5 セダン
かつて、BXを1回、エグザンティアを2回、合計3回も購入しかけたハイドロのシトロエン。 ...
BMW 3シリーズ セダン BMW 3シリーズ セダン
街中に住んでいるので車は生活に必要なし。大きなオモチャに過ぎない。運転したくなったら時々 ...
マツダ RX-8 マツダ RX-8
RWDのすっきりしたステアリングに戻りたい、という想いを抱いていた頃、仕事で広島のマツダ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.