• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

シロナガスのブログ一覧

2014年12月16日 イイね!

首相は信任で国の根幹を正せ

首相は信任で国の根幹を正せ
首相は信任で国の根幹を正せ

ジャーナリスト・櫻井よしこ

2014.12.16

最新の記事から

以下引用


**********************************************************************************

自民党が圧倒的強さで勝利し、前回選挙で大量当選した1回生議員もほぼ全員再選を果たした。
かつてないこの勝ち方は安倍晋三首相と政権への信任を示すもので、政権基盤はさらに強化さ
れた。

 
≪戦後の病根に切り込む時期≫

民主主義国における選挙結果は国民の意思である。それは日本が直面する内外の諸問題-
中国の脅威と米国のアジア政策に関する不安、憲法改正の歴史的必然性、皇位継承と皇室
問題、経済成長のための改革-これらの重要課題の解決を安倍首相に期待する国民の声に
他ならない。戦後体制の病根に本質的に切り込む時期は、今を措(お)いてない。その大事な
局面で強固な政権基盤を与えられた首相は、まさに歴史的使命を担うべき宰相なのである。

 
中国の習近平国家主席が11月末の中央外事工作会議で重要方針を発表した。アメリカ一極
体制が多極化に向かっており、この流れは変わらない、既存の国際社会の制度や秩序に挑戦
し、中国の主張をより強く反映させていくという内容だ。国際法や国際秩序への中国の挑戦は
「南シナ海の中国の領有権は2千年前から確立されている」とする主張や、防空識別圏や排他
的経済水域に関する彼ら独自の法解釈によっても明らかだ。


にもかかわらず日本の国防意識は、怠惰な眠りの中にあるかのようだ。尖閣周辺海域に彼らは
日常的に公船を侵入させ、日本国民がとりたてて反応しない水準まで常態化させた。玄関の鍵
をこじ開けられ自宅の中にまで中国人の侵入を許すに等しい異常事態がほぼ毎日発生してい
るのにまだ、集団的自衛権の、それも極めて制限的な行使容認に反対の世論がある。

 
国防へのこの無頓着と非常識が中国の跋扈(ばっこ)を許し、小笠原諸島海域に220隻に上る
中国船が押し寄せた。最善を尽くしながらも、海上保安庁は対処できなかった。

 
理由は明らかだ。小笠原諸島と、南端の沖ノ鳥島、東の国境の島である南鳥島を結ぶ海域は、
世界第6位の広さを有する日本の排他的経済水域の3割強を占める。しかし、その広大な海を
守る現地の海保職員はわずか4人、船は小ぶりの1隻しかないのである。中国漁船群は、2012
年7月には五島列島福江島の玉之浦湾にも易々(やすやす)と侵入した。彼らは望めばいつでも
日本の海に侵入できるのだ。



 ≪日本の国柄を認識すべし≫

現在、わが国は尖閣諸島に船も人員も集中して投入しているが、守るべき領土は尖閣だけでは
ない。海洋大国としての防備の力を顕著に増やすべきだ。海保および自衛隊の、装備の充実と
隊員増のための予算の大幅増を英断し、国防力を強化することが中国の侵略を思いとどまらせ
る道である。

 
憲法、法律上の空白も急いで埋めなければならない。集団的自衛権に関する7月の閣議決定は
、安全保障に関する戦後の無責任体制と決別する偉業だった。

 
それはしかし、ポジティブリストの項目を増やし、実際の国防のための運用を複雑にしかねない。
ポジティブリストの自衛隊をネガティブリストの自衛隊へと、真の国防に向けた質的変換を図るこ
とを目指すべきだ。一連の作業を経て初めて、日本は歪(いびつ)な非戦国家からまともな普通
の国になれる。

 
日本が普通の民主主義国となるためにどうしても必要な大事なことは、わが国の国柄を認識す
ることである。日本国は、祭祀(さいし)を司(つかさど)り国民と国家の安寧を祈る天皇を国の基
(もとい)とする立憲国家である。国と国民が和の精神に基づいて一体となり、長い歴史を紡いで
きた。


歴史においては幾度かの戦いもあった。その戦いで日本国に殉じた人々がいて、現在の日本が
ある。その英霊を慰め、感謝をささげることは国民を代表する首相しか果たせない重要な責務で
ある。


 
≪戦後70年に国民が寄せた信頼≫

 
だが、日本の精神的支柱のひとつであるその大事な参拝を、中国は日本国内のメディアと連動し、
アメリカを巻き込み、対日歴史カードに仕立て上げた。戦後70年の来年を対日全面的歴史戦争
の年と定め、12月13日には、南京大虐殺記念館で習主席が日本軍の30万人虐殺説を根拠も
なく演説した。

 
中国の仕掛ける政治的歴史戦争に屈服しない道はただひとつ、王道を歩み続けることの中にあ
る。首相は靖国参拝の心を世界に発信し続け、毎年静かに参拝を続けるべきである。

 
今回の選挙結果は、アベノミクスを含めた安倍政権2年間への総合評価である。戦後70年の道
のりで私たちが置き去りにしてきた大事な価値観を、安倍首相なら取り戻し、国の根幹を正せる
と、国民が信頼を寄せたのである。

 
内外の執拗(しつよう)な批判に加えて、志を同じくする次世代の党などの敗北という厳しい条件
はある。だが、もっと大事なことは、国民が安倍首相を圧倒的に支持した事実である。経済、国防
を強化し、憲法改正を説く中で、独立国の宰相としての姿を鮮明にしてほしい。

 
毎年、靖国神社を参拝し、英霊への感謝と礼節を示して国民の誇りを取り戻すことこそ、歴史が
安倍首相に託した使命である。(さくらい よしこ)

**********************************************************************************

まだ、性善説でめがさめていないという感じの人が多くいるかと思いますが、こちらから争わな

ければ、戦争にはならないとか、話し合いでとか思っているなら甘すぎます。


シナは確実にやってきます、米国の国債を大量に買っているので、それで脅かしてハワイから

西の太平洋はシナが統治すると、口出しするなと言っているのですから、そしていつか米国に

捨てられる可能性もあるわけですから、平和ボケのままでは、子や孫に平和手で綺麗な国土を

手渡すことができなくなるとを国家のリーダーであれば、想定外では済まされない、そういう視点

にたって防備を高めることは、至極当たり前で、責任のある行為です。


先般の200隻の漁船での脅かしが、実際にあったばかりですからね、そんなことは無いなとど

言える根拠なぞありません。


原発や基地の心配よりも、盗人や嘘つき、テロ国家に囲まれていることを心配するべきだと

おもいます。
Posted at 2014/12/16 19:31:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | 主張 | その他
2013年09月01日 イイね!

誇るべき日本人の「合力」

誇るべき日本人の「合力」
誇るべき日本人の「合力」


「災害列島」ゆえ?


2013.9.1 03:14


以下引用


**********************************************************************************

7月22日朝のJR南浦和駅(さいたま市)。停車中の電車から降りようとした女性が足を踏み外し、
電車とホームの間に挟まれた。これを見た車内とホームの客約40人が一斉に力を合わせて車両
を押し、隙間をつくって女性を引き上げた。女性に目立ったけがはなかった。

 
◆世界で称賛の声

たまたま現場に居合わせた読売新聞記者の撮った写真がニュースとともに海外に伝わり、各国で
日本への称賛の声が広がったと、26日付同新聞が報じている。「イタリア人だったら眺めるだけだ
ろう」「中国で同様の事故が起きれば、大多数の人はやじ馬見物するだけだ」「おそらく、日本だけ
で起こりうること」「とっさにこのような行動ができる日本人は、どのような教育を受けているのか」…。

 
他人の難儀も見て見ぬふりをする風潮が強いといわれる昨今だけに、日本人の道徳心をたたえる
声にはうれしくなった。そこでふと「合力」という言葉を思い出し、この「合力」の精神こそが日本人を
世界でも傑出した道徳的国民にしているのではないかと思ったのである。


◆災害を越えて生きる

戦後の日本では、個を尊重するあまり他を思うことが忘れられがちとなったが、それでも先の東日
本大震災のとき私は、日本人は決して合力の精神を失ってはいないと確信した。窮状のなかでも
被災者は礼節と品位を保ち、奪い合うことなく分け合い、与え合った。外国人にはこれが奇跡に思
えたという。

 
日本人がこのような徳を身につけることができたのも、わが国が災害列島だからかもしれない。日
本人は自然災害で多くの犠牲を払ってきはしたが、同時に、災害を乗り越えて生きるために助け
合い、与え合う合力の精神を養ってもきた。日常的には「相身互い」とか「向こう三軒両隣」、ときに
は「絆」と呼ばれたりもする情義とも相通ずる徳性といえるだろう。

 
「東京の下町では、となり近所が助け合い、たがいの不足をおぎない合うことも当然だった」。関東
大震災の年に生まれた池波正太郎の言葉である。日本人は合力して生きてきた。

 
関東大震災の発生からちょうど90年となるきょうの防災の日、あらためてその美風を思い起こし、
今後ともそれを誇りとしていきたいものである。

**********************************************************************************

一部のおかしな国を除いて、賞賛されてもいる我が国、過去の大戦の反省も我々の先輩である

世代が驚異の復興を成し遂げ、ODAや技術協力、その他の支援で十二分に果たしてきていると

思います。だからアジアの各国では好感度が非常に高いのです。


軍備で脅しながら、首脳同士が会うのに条件を設定したり、反省がみられないなど上から目線の

基地外の輩とはこの際、個人的には絶縁でも良いと思います。真面目でずるくない東南アジアの

国々と共存してゆくという方向に大きく舵をきり、無理に首脳外交しなくても良いかと。


我々世代は加害者ではない、1000年たっても変わることが無いとのたまう南キムチ等、もういい

加減戦後レジュームから脱却し、自信を持って進むために、共に未来に友となりえる相手と進む

べき岐路に立ったと言えると思います。




Posted at 2013/09/01 17:21:29 | コメント(1) | トラックバック(0) | 主張 | ニュース
2013年08月01日 イイね!

歴史を捏造する国に未来はない

歴史を捏造する国に未来はない評論家・屋山太郎 韓国よ、


「歴史の真実」に目覚めよ


2013.7.17 03:12


最近の記事から以下引用

********************************************************************************* 

韓国の朴槿恵大統領は就任して以来、恒例の訪日を避けており、米国訪問の次には中国を
訪れている。日本には、「歴史認識について反省がない」という理由で、殊更、背を向け
ているようだ。韓国報道機関の論説委員たちとの会合で、「(日韓首脳)会談後に独島
(竹島=島根県隠岐の島町)、慰安婦問題が再燃するようなことになれば、関係が余計に
悪化しかねない」と語ったという。

 
≪卑下の姿勢が要求招く悪循環≫

中国政府も日本側に、「尖閣諸島(沖縄県石垣市)問題で譲歩がなければ首脳会談はしな
い」と打診してきた。安倍晋三首相は「問題があるなら向こうから話をすべきで、条件付
きの話し合いには応じられない」と断った。

 
民主党の菅直人政権下、中国漁船が日本の巡視船に体当たりしたビデオを公開せずに、船
長らを早々に特別便で帰国させた。これは胡錦濤国家主席の訪日を実現させるためだった
ことが後に判明した。菅首相がへつらうかのように「胡閣下」に口上を述べるテレビ画像
は全国民が目にしただろう。この卑下した態度こそ、戦後の日本が中韓両国に取ってきた
外交姿勢だった。日韓基本条約で全て解決しているにもかかわらず、文句を言われれば心
付けを出す。相手は日本が非を認めたのだと見て、「もっと出せ」と言い募る。


私は1965年の日韓基本条約締結時、外務省担当の記者をしていた。韓国側は「日帝
36年」の併合時代、「酷い目に遭ったから賠償は当たり前だ」との言い分である。私は
日教組教育を全身に浴びて育ったから、日本側代表が、「互いの財産を相殺すればそちら
側が莫大なカネを払うのだゾ」と反論したのには仰天した。当時の外交当事者は、言うべ
きことは言うという腹が据わっていた。

 
朴大統領は「歴史認識は千年たっても覚えている。変わらない」としばしば述べる。
「日帝36年の酷い時代」の前、朝鮮(南北)は千年にわたり中国の属国だった。近年に
は清の軍隊が漢城(現ソウル)に駐屯し、中国領になる寸前だった。それを阻止しようと
日本が起こしたのが日清戦争だ。戦争後の講和条約はほぼ例外なく、第1条で、負けた側
が支払う賠償や割譲する領土のことを記してあるものだが、下関条約第1条は、「(これ
により)朝鮮の独立を確認する」と謳(うた)っている。

 
◆≪仏人宣教師描いた漢城の混沌≫

しかし、朝鮮の独立は不確かで今度はロシアに傾いていく。朝鮮半島がロシアの植民地に
なったら、日本にとってはこの上ない脅威だ。日清戦争後、日本は富国強兵を一段と推し
進め、1905年にロシアを破って後、韓国を保護国とした。伊藤博文初代統監は当初、
併合には反対だったが、ハルビン駅で安重根に暗殺され、併合論が一気に勢いを増す。
併合は英米仏独のほかロシアも認めた。



漢城のフランス人宣教師、ダレ氏が帰国して後の1874年に、『朝鮮事情』という本を
著している。漢城はまさに糞尿まみれで足の踏み場もなく、肺結核、ハンセン病、肺臓ジ
ストマ、赤痢、チフスなどの疫病が流行していた。併合の前年に、日本が入って京城医専
やその付属病院を設立し、医師、看護師、衛生師を養成した。併合後に取りかかったのが
学校の建設で、1945年の終戦までに京城帝大のほか専門学校を約千校設置し、小学校
を5200も開校した。その結果、識字率は4%から61%に上がる。100キロだった
鉄道も6千キロに延伸された。

 
朴氏の父親、朴正煕大統領の時代、韓国は民主主義国家としての発展を予感させた。が、
在任中に汚職に手を染めて罪に問われる、後の大統領は少なくなかった。

 
日本と協力して経済発展を遂げる方が容易だと思われるのに日本を脅してカネを取ろうと
いう姿勢は、北朝鮮と同じだ。

 
◆≪儒教の事大主義と大衆迎合≫

李明博前大統領は「未来志向の関係を築こう」と語り、期待を抱かせた。しかし、支持率
が落ちてくるや、政権末期の2012年、竹島に強行上陸し、「天皇の謝罪」を求める暴
言を吐いた。


後任の朴槿恵氏は、それ以上の反日姿勢を示さないと地位が危うくなるとでも思っている
のだろうか。朴氏は政治、経済を通じて中国にのめり込み、米国に行って日本の悪口を並
べ立てた。まさに、大衆迎合の政治を繰り広げているが、この姿こそが千年にわたる朝鮮
の歴史への回帰である。

 
韓国に染み渡っているのは儒教思想である。日本にも儒教思想はあるが、仏教の平等思想
で中和されて、それほど浸透していない。韓国の儒教は徹底して上下関係にこだわる事大
主義である。大きいものには従うということだから、中国、米国には従う。日本は、中華
思想からみて下の位置にいなければならないのである。

 
日本が下にいることの証明の第一が「独島占拠」、第二が慰安婦への謝罪だ。司法も日韓
基本条約を無視して、対馬の寺から盗んだ仏像を返さず、ユネスコ条約違反との声にも耳
を貸さない。これでまともな国といえるか

*********************************************************************************

17世紀初頭、伯耆国(ほうきこく=現・鳥取県)米子の海運業者だった大谷甚吉(おおやじんきち)
が、航海中に暴風に遭い、無人島になった鬱陵島に漂着した。彼は、新島の発見と考え、帰国後
同志の村川市兵衛とはかり、1618年に江戸幕府(1603-1868)から鬱陵島への渡航許可を受ける。

鬱陵島はその発見から「竹島」や「磯竹島」と呼ばれるようになった。大谷、村川両家はその後毎
年交替で鬱陵島に渡り、アシカ猟やアワビの採取、木材の伐採などを行い、両家の鬱による陵島経営
は78年間続けられた。当時鬱陵島へ渡るコースは、隠岐島から松島(現在の呼び方で竹島)を
中継地にしていた。

大谷、村川両家は、この竹島(旧・松島)の経営をも手がけていた。竹島が航路中の寄港地、
漁猟地として利用されアシカ猟を行っていた記録も残っている。江戸幕府は松島に対する渡航
許可も1656年に出している。(注意:竹島はむかし松島と呼ばれ、鬱陵島は竹島と呼ばれていた。)

日本が江戸時代から、竹島はおろか鬱陵島まで実行支配していたことは、当時の多くの文献や
測量技術による数々の図面が物語っているのです。


歴史を捏造して、金を要求する様は浅ましいを超えた行いです。

支那の属国に等しい環境であったことをひた隠にし、日本は下だという優越感に浸りたいため
劣等感の塊である過去の歴史を捏造しているのでしょうが、今後は関わり持ちたくないと言った
ところですねー

Posted at 2013/08/01 06:49:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | 主張 | ニュース

プロフィール

「今日は港へでも行って見ましょうか(^^ゞ」
何シテル?   09/24 12:52
================================ Q7からBM535iGTにそして・・・ 今度はSUV→SAV→SUVに戻りました。 ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

HBESさんのマツダ アテンザ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/07 09:15:48
フルサイズ機って本当に必要か? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/06/14 09:51:39
まったりゆっくりの~んびり(*'▽') 旅ゆけば大洗 大笑いオフ♪(^O^)/ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/04/13 22:55:13

お友達

=================================

いきなりのお誘いはご遠慮ください。

ショップの方もご遠慮ください。

先ずわお互いコメントを数回かわして
からお誘いください。

================================
269 人のお友達がいます
papanecopapaneco * ちんちん *
のぶりんこのぶりんこ * 青葉裕紀青葉裕紀 *
ゆめりす☆ゆめりす☆ * yama (quattro &amp; up!)yama (quattro & up!) *

ファン

133 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー メガーヌ ルノー・スポール ルノー メガーヌ ルノー・スポール
【2018/4/26納車】 MEGANE R.S. 273 FINAL EDITION ...
ホンダ フリード ホンダ フリード
ラウムからの箱替えです。カミサンカーで、両側スライド、7人と拘りの末決まりました。
マツダ CX-5 マツダ CX-5
4月14日納車になりました。 XD-4WDにディスチャージパッケージとセーフティークルー ...
ポルシェ ケイマン ポルシェ ケイマン
2013.2.10オーダー発注し2014.1.18に納車になりました。 ケイマンS 右 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.