• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

シロナガスのブログ一覧

2015年02月28日 イイね!

今月最後の集い

今月最後の集い今月最後の集い

今週は明日の天気が

予報で期待できないので

土曜の午後に某所に

しかしバッテリーが寒いとすぐ

なくなってしまい、自分はマイカーで転寝(^_^;)

参加の皆さんお疲れ様でしたー
Posted at 2015/02/28 21:29:47 | コメント(1) | トラックバック(0) | ラジコン | クルマ
2015年02月28日 イイね!

マーケティングの勝利なのか

マーケティングの勝利なのかマーケティングの勝利なのか

新型アルファード&

ヴェルファイアの受注が

1ヶ月で4万2000台と

好調な出だし

2015.2.27 最近の記事から

**********************************************************************************

トヨタは、1月26日に発売された新型アルファードならびに新型ヴェルファイアの1ヶ月での受注
状況を発表した。


1月26日~2月25日までの1ヶ月で、アルファードは約2万台、ヴェルファイアは約2万2000台、合計
で4万2000台を受注し、好調な立ち上がりを見せている。なおパワートレーン別では、アルファード
のガソリン車が1万3500台、ハイブリッド車が6500台、ヴェルファイアのガソリン車が1万7500台、
ハイブリッド車が4500台となっている。


売り上げ好調の要因としては、デザイン性や上質な乗り心地、走行安定性などが評価されている
ようだ。


月販目標はアルファードが3000台、ヴェルファイアが4000台となっている。

**********************************************************************************

マーケティングの勝利なのか、確かに豪華な仕様のミニバンんてそんなにないジャンルかも

アルファードが作ってきたジャンルとも言えますね!

ほとんどが総額500万円を超える車が1ヶ月で4万2000台とは脅威ですね(^_^;)


ところでふと思って調べてみたら、ハイブリットでない V63500CCを搭載するモデルがなんと

GF(7人乗り) 4WD 5,036,727円 (4,663,636円) というものから2500cc搭載のモデルまで
沢山あるようなのですがこれがなんと、エコカー減税対象車だったんですねー


でこのモデルのJC08 モードは9.5km/L なんですねー

自動車税約18,800円、取得税 約75,600円 クリーン税制は対象外でしたけど 合計 約94,400円

やるなー車に合わせて法律作った訳じゃないね・・・・内容に合わせて作った? す、すごいー


旧モデルのアルファードのe-燃費をサイトで見ると カタログ値が 8.6~11.6km/L に対して

実燃費登録が 7.78km/L となっていましたー


そういう・・・だったんですか (ご想像にお任せします)


*********************************************************************************

まったくもって比較対象とはなりませんがケイマンのデータはどうなのかというと


・2.7 右ハンドル (MT)    11.6 km/l 2706cc MR 6MT ハイオク 64 L

・2.7PDK 右ハンドル (AT)  12 km/l 2706cc MR 7AT ハイオク 64 L

・S 右ハンドル (MT)      10 km/l 3436cc MR 6MT ハイオク 64 L

・S PDK 右ハンドル (AT) 11.4 km/l 3436cc MR 7AT ハイオク 64 L

・GTS 右ハンドル (MT)   10.7 km/l 3436cc MR 6MT ハイオク 64 L

・GTS PDK 右 (AT)     10.9 km/l 3436cc MR 7AT ハイオク 64 L

とまー真偽は別としてこういうデータをみつけました。


自分のケイマンはSのMTで10 km/lとなっているので、実感では街中で8前後 市街地で9前後 

高速で10~11くらいでほほデータどおりです。


そー書くと、燃費気にする車じゃないでしょうーという突っ込みがくると思いますので、


郊外を気にしないで走っても8から9 高速でも9から10です。
TRGで異常なまでに廻すと8~9前後です。

凄いエンジンだと感心して乗っています(^_^;)

**********************************************************************************

エコカーの定義も難しいですが、衝突安全のように、世界標準にしたほうが判りやすく、

障壁と言われないで済むとふと思います。







Posted at 2015/02/28 19:33:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2015年02月28日 イイね!

大切にするプログラムを推進していく

大切にするプログラムを推進していく大切にするプログラムを推進していく

JAIA輸入車試乗会2015

注目すべきはニューモデルだけにあらず! 

インポーターに聞きました~

ポルシェ編~ (2015.2.25)

**********************************************************************************

2014年は日本で初めて年間販売台数が5000台を突破! 今年もSUVの「マカン」が絶好調と、

波に乗っているポルシェ。2015年の気になるニューモデルと、クラシックポルシェのオーナーを

支える新しい取り組みについて聞いた。


■大切なのは「クルマを売ること」だけではない

昨年の販売実績は、日本自動車輸入組合(JAIA)調べで5385台でした。年間で5000台を超えた

のは、日本では初めてのことです。


ポルシェのクルマは、これまでに生産された個体の70%以上が今も現役で走っており、海外では

本社の「ポルシェ クラシック」を中心に、こうしたクルマのメンテナンスやレストアに関するサービ

スが存在しています。


われわれにとっては、古いものも含め、お客さまのクルマが街を走っている姿自体がブランド

価値の大きな支えになっています。日本においても、今後はクラシックモデルをメインに扱う

サービス拠点を開き、クルマを売るだけではなく、クルマを大切にするプログラムを推進してい

きたいと考えています。

**********************************************************************************

確かにケイマン購入時延長保障は9年までと聞いて、嬉しい驚きでした。

メンテナンスやレストアに関するサービスもとは、力の入れようが、なんとなく日本的ですねー

Posted at 2015/02/28 13:07:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2015年02月28日 イイね!

欧州車と対決できる中身の濃さ

欧州車と対決できる中身の濃さ
ディーゼル車対決!

マツダ「アクセラ」vs

BMW「1シリーズ」vs

アウディ「A3」

**********************************************************************************

英自動車情報メディア『Auto Express』が、手頃な価格で買えるディーゼル・エンジン搭載ハッチ
バック3台を対決させるグループ・テストの映像を公開した。2万2,000ポンド(約410万円)以下と
いう基準で選ばれたのは、BMW「1シリーズ(116d)」、アウディ「A3スポーツバック 1.6TDI」、そし
てマツダ「マツダ3 SKYACTIV-D(日本名:アクセラ スポーツ XD)」。英国の雨に煙るサーキット
で行われたドラッグレースは、一体どんな結果になったのだろうか?


端的に言うと、この中の1台が圧倒的な勝利を収めた。ヒントは、マツダ3の最高出力は150hpで、
1シリーズの116hp、A3の110hpとは大きく差が開いていること。その上、マツダ3はエンジン音の
静粛性においても高ポイントを獲得(試乗した番組ホストも、「まるでガソリンエンジンのようだ」と
言っている)。さらにはパーキングセンサーやシートヒーターなどが標準で装備されており、1シリ
ーズとA3では、こういった装備はオプションとなってしまう点でも大きく差をつけた。もし1シリーズ
で同じ装備を付けようとすると、支払価格は2万5,000ポンド(約470万円)を超えてしまう。一方、
A3は荷室スペースの広さ、1シリーズは唯一の後輪駆動という点が注目されている。

**********************************************************************************



2.2リッターディーゼルそのものの速さとパンチ力は気持ち良さがあり、そしてMTでは6速1000rpm

程度でも、涼しげに走ってしまうほどらしいので、軽量のアクセラに積めば、怒涛(どとう)の

ように速いのは当然の成り行きなんでしょうねー


しかも他の燃費調査結果では市街地13.6km/L、郊外路16.6km/L、高速21.3km/Lと経済的で

毎月1000km程度走る人なら、余分に浮くであろう経費1万円程度を貯めると3年後の車検費用

と途中の2回自動車税にタイヤまで買えそうな勢いです。


これでサンルーフ、Boseのオーディオ、シート表皮などの贅沢品を省き20万円くらい値下げた

モデルがでると、さらにCPが上がる凄い事になるかもとか・・・・(^_^;)


Posted at 2015/02/28 07:35:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2015年02月27日 イイね!

今年もBMW Z4 GT3で参戦

今年もBMW Z4 GT3で参戦今年もBMW Z4 GT3で参戦

BMW Sports Trophy Team Studieが

15年体制発表…自信示す

最近の記事から

**********************************************************************************

26日、SUPER GTのGT300クラスに参戦する「BMW Sports Trophy Team Studie」の2015年体制
発表会があった模様ですね、今季も“BMWワークス”的な立場での参戦であること、ドライバー
はヨルグ・ミューラー&荒聖治の継続と発表されたようです。


「BMW Sports Trophy Team Studie」は昨シーズンからGT300への参戦を開始したチームだそう
で、14年からは独立参戦に移行したかたちにっていたそうです。

BMWの日本法人「ビー・エム・ダブリュー株式会社」(通称BMWジャパン)からの支援のもと、ドイツ
本国の「BMW Motorsport」の正式バックアップも受けての参戦ということで、カラーリングをめ
“BMWワークス”ともいえる体制を築いての独立新規参戦。近年はドイツメーカー各社が積極的な
関与の度を強めているGT300クラスだが、そのなかでも際立った存在としてデビューを飾ることに
なったのである。


チーム名に“BMW Sports Trophy”が付くことは、BMWの世界的モータースポーツ展開の一翼を担
う公認チームの証だそうで、事実上のBMWワークスとして戦っていくということなのでしょう。


参戦マシンも昨年同様「BMW Z4 GT3」だそうで、昨年以上の活躍が期待されますねー

**********************************************************************************



昨年の動画ですが、今年も楽しみですねー
Posted at 2015/02/27 18:15:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | スポーツ | クルマ

プロフィール

「イッズミーにて見かけた」
何シテル?   10/14 10:19
================================ Q7からBM535iGTにそして・・・ 今度はSUV→SAV→SUVに戻りました。 ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/2 >>

リンク・クリップ

HBESさんのマツダ アテンザ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/07 09:15:48
フルサイズ機って本当に必要か? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/06/14 09:51:39
まったりゆっくりの~んびり(*'▽') 旅ゆけば大洗 大笑いオフ♪(^O^)/ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/04/13 22:55:13

お友達

=================================

いきなりのお誘いはご遠慮ください。

ショップの方もご遠慮ください。

先ずわお互いコメントを数回かわして
からお誘いください。

================================
268 人のお友達がいます
クラビクラクラビクラ * papanecopapaneco *
mitu73mitu73 * mcgakumcgaku *
TakaJunTakaJun * リベレガリベレガ *

ファン

133 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー メガーヌ ルノー・スポール ルノー メガーヌ ルノー・スポール
【2018/4/26納車】 MEGANE R.S. 273 FINAL EDITION ...
ホンダ フリード+ 福祉車両 (ホンダ フリード+)
フリード+ 車いす仕様車に更改しました。 FFの素のGの車両本体が200万ですがそれよ ...
ホンダ フリード ホンダ フリード
ラウムからの箱替えです。カミサンカーで、両側スライド、7人と拘りの末決まりました。
マツダ CX-5 マツダ CX-5
4月14日納車になりました。 XD-4WDにディスチャージパッケージとセーフティークルー ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.