• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

シロナガスのブログ一覧

2016年08月31日 イイね!

自動運転に懐疑的3

自動運転に懐疑的3国産9メーカーによる自動運転に

不可欠な高精度3次元デジタル

地図プロジェクトが動き出した

***********************************************************************

2016年5月、三菱電機、ゼンリン、パスコ、アイサンテクノロジー、インクリメント・ピー、
トヨタマップマスターの6社は、国内自動車メーカー全9社と「ダイナミックマップ基盤
企画 株式会社」を設立し、自動走行・安全運転支援システムの実現に必要となる
高精度3次元マップの整備や実証、運用に向けた検討を進める事に合意し、会社は
2016年6月末に登記されている。


高度運転支援システム(ADAS)や自動運転の実現のためには不可欠とされる3次元
デジタル地図だが、日本ではこれまで自動車メーカーが独自で、あるいはインクリメ
ント・ピー社が制作に着手するなど、スタートが立ち遅れ、各企業でばらばらに構想
されていたが、戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)の支援を受け、ようやく
コンソーシアム(共同事業体)から企業へと進化しようとしている。


高精度の3次元デジタル地図データは、もちろんクルマの運転支援システムや自動
運転のためだけではなく、防衛、防災、地形測量やインフラ整備など様々な分野で
活用が期待できる。

***********************************************************************



現状はやっとスタートしたところのようですが、仕様、構築、テスト、改良、実用化に

どれだけの期間が掛かるかも判りませんが、一番の問題点は、地図は生き物であり

日々道路や建物が変わり、工事による通行止めや迂回等、どうやってリアルに反映

できるかは、難解だと思います。


Posted at 2016/08/31 18:33:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2016年08月31日 イイね!

いい加減なJC08モードを改めない国交省の責任は

いい加減なJC08モードを改めない国交省の責任は
いい加減なJC08モード

カタログ値と実走行の乖離

が甚だしいと言われて久しい

一向にそのままで放置している

改めない国交省の責任は

***********************************************************************

まずはe-燃費というサイトで多くの人に登録されている実走行データですが

三菱の不正を矢面にしているようですが、エコカーと称するハイブリツトの登録

データは以下のようになっています。

-------------------------------------------------------------------------

                                      実燃費    カタログ値
第1位トヨタ プリウス
1800cc(ZVW51) CVT FF A / A プレミアム / E  プリウス  26.82km/L   37.2~40.8km/L

第2位 ホンダ インサイト
1000cc(ZE1) MT FF 初代 インサイト 25.81km/L --35.0km/L

第3位 トヨタ プリウス
1800cc(ZVW50)CVT FF S / Sツーリングセレクション プリウス 25.81km/L 37.2km/L

--------------------------------------------------------------------------

カタログ燃費の達成率に換算すると1位は65%,74%,69%です。



一方アメリカ仕様で輸出されている新型プリウスは

新型プリウスの米国EPA予想燃費は、市街地が約23km/リットル、高速が約21.3km/L、
複合モードが約22.1km/L。米国トヨタ販売によると、EVやプラグインハイブリッド車(PHV)
を除けば、米国の量産乗用車で最高燃費という。


また、新型には、「エコ」グレードを設定。軽量化やエアロダイナミクス性能向上を図り、
さらなる燃費性能を追求した。


このエコグレードの場合、米国EPA予想燃費は、市街地が約24.7km/L、高速が約22.5km/L
複合モードが約23.8km/Lと公表されている。


アメリカはこういう所はしっかりしていますね!

****************************************************************************

不正が明らかになったメーカの偽装は10%前後ですが、不正を行っていないHVの測定は
されていないものの、実燃費からカタログの7割以下、酷い車種になると6割となっている。


こんないい加減なカタログを工業製品で掲載とているのは、この業界だけ?

それだけ国土交通省が手抜きをして、メーカーの試験結果を貰っているだけか、癒着して
いるとしか、消費者側からは見えない、


ついでにエコカーも実走行させて計測し、公表するべきでしょう。
何故なら、この燃費でエコカー減税やグリーン化減税等で自動車税が決定されている
わけですから・・・・


他の工業製品を作っている業界からしたら、こんな適当でいいんだーと感じます。

Posted at 2016/08/31 12:18:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | ニュース | ニュース
2016年08月31日 イイね!

救いようの無い体質 砕け散ったスリーダイヤ

救いようの無い体質 砕け散ったスリーダイヤ
国土交通省が現在販売されている

車の燃費を改めて測定した結果、

8車種で会社が公表していた値を

下回ったことが分かり

三菱自動車はこの 8車種を

販売一時停止へ

**********************************************************************

三菱自動車工業の燃費の不正問題で、国土交通省が現在販売されている車の
燃費を改めて測定した結果、8車種で会社が公表していた値を下回ったことが分
かり、会社側は対象となる車種の新車の販売を一時的に停止すると発表しました。


原因について、三菱自動車の益子会長は、不正発覚後の再試験でもよいデータ
だけを基に燃費を算出する不正があったことを明らかにしました。


三菱自動車は、主力の軽自動車で燃費を実際よりよく見せるため燃費データを改
ざんするなど、過去10年間に販売した合わせて29車種で不正を行っていたことが
明らかになっています。


このうち現在も販売されている9車種について、国土交通省が改めて燃費を測定
した結果、8車種で会社が公表している燃費の値を下回ったことから、会社側は
新車の販売を一時停止すると発表しました。


販売を停止するのは、「RVR」「デリカD:5」「ミラージュ」「パジェロ」「アウトランダー
PHEV」「i-MiEV」「ミニキャブ・ミーブバン」「ミニキャブ・ミーブトラック」の8車種。


また会社側は、販売を停止する車種を持つ顧客に対して、「ミニキャブ・ミーブバン」
を除いて1台あたり10万円から3万円の賠償金を支払うということです。「ミニキャブ
・ミーブバン」は会社が公表していた値とほぼ同じデータが確認されたため、賠償金
の対象から除くとしています。


会見で三菱自動車の益子修会長は、国土交通省が不正発覚後の再試験でも不正な
測定を行っていたと指摘したことについて、再試験でもよいデータだけを基に燃費を
算出していたことを認めたうえで、「法令違反ではないと認識しているが、測定はいい
とこ取りにならないよう即刻改めたい」と述べました。



■燃費値 最大で8.8%下回る

三菱自動車の燃費をめぐる一連の不正の問題を受け、国土交通省は正しい燃費を調
べるため、現在販売されている9車種について独自に試験を行い、結果を公表しました。


それによりますと、このうちの「RVR」「デリカD:5」など8車種で、公表している値に比べ
て最大で8.8%、平均で4.2%下回っていたことがわかりました。


さらに、不正の発覚後、会社側が行った再試験でも、燃費がよいデータを抽出する不正
な方法で測定が行われていたことも新たにわかりました。


三菱自動車は、これまで正しい方法で試験を行った結果、燃費の差は3%程度にとどま
るとしていました。これについて、三菱自動車は「現場が不正な測定が正しいものだと思
い込んでいた」と説明しているということです。


国土交通省は、対象の8車種の販売を停止するとともに、これらの燃費値を正しく改め
るよう指示しました。


一方、国土交通省は、同じように燃費の不正な測定を行っていたスズキの26車種につい
て、独自に検査した結果、いずれも公表値を上回っていて問題はなかったと発表しました。

***************************************************************************

もう何も言わなくても、消費者が判断するでしょうけど、物づくり日本の面目丸つぶれとか

業界品質も疑われる事態に陥りそうですねー


Posted at 2016/08/31 06:08:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | ニュース | ニュース
2016年08月30日 イイね!

「地獄からの馬」の「ラ フェラーリ」が4億7800万円で落札!

「地獄からの馬」の「ラ フェラーリ」が4億7800万円で落札!「地獄からの馬」

の文字が刻まれた

マットブラックの

「ラ フェラーリ」が

4億7800万円で落札!

*******************************************************************

世界に3台のみ。特別なマットブラックの「ラ フェラーリ」が4億7800万円で落札!


フェラーリが世界で499台限定でリリースした特別なスーパーカー「ラ フェラーリ」

の中でも、わずか3台のみが生産されたというさらに特別なマットブラック

(艶消しブラック)カラーの車両のうちの1台が、先日オークションに出品され、

なんと470万ドル、日本円にして約4億7800万円で落札されたようです。

*******************************************************************



ほぼ4億8000万とはすごいんですねー

3台しかないというと、こうなっても売れるという事なんですねー
Posted at 2016/08/30 17:56:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | ニュース | ニュース
2016年08月30日 イイね!

アテンザ改良…G-ベクタリングコントロールを採用

 アテンザ改良…G-ベクタリングコントロールを採用
マツダ アテンザ

商品改良…

G-ベクタリング

コントロールを採用

************************************************************************

マツダは、フラッグシップモデル『アテンザ』を商品改良し、8月25日より販売を開始した。


今回の商品改良では、新世代車両運動制御技術「スカイアクティブ ビークル ダイナミ
クス」の第1弾となる「G-ベクタリング コントロール」を採用。ドライバーのハンドル操作
に応じてエンジンの駆動トルクを緻密に変化させることで、横方向と前後方向の加速
度を統合的にコントロールし、自然で滑らかな車両挙動を実現する。


また、クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」については、エンジンのトルク応答を
より緻密にコントロールする「DE精密過給制御」や、ノック音を抑制し、心地よいエンジン
サウンドを追求した「ナチュラル・サウンド・周波数コントロール」などの最新技術を採用
した。


さらに歩行者検知が可能になった「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート
(アドバンストSCBS)」など、先進安全技術「i-アクティブセンス」も機能を充実させた。

価格は276万4800円から400万1400円。

*************************************************************************

G-ベクタリング コントロール、SKYACTIV-DにはDE精密過給制御、ナチュラル・サウンド

・周波数コントロールに加えて、歩行者検知が可能になった「アドバンスト・スマート・シティ

・ブレーキ・サポートなど盛りだくさん、しかしマツダは惜しみなく量産車に新開発機能を

追加してくると、コスパは凄く高いのではと思います。

新型いいなぁーと現行オーナーも唸りそうですねー
Posted at 2016/08/30 12:34:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ

プロフィール

「イッズミーにて見かけた」
何シテル?   10/14 10:19
================================ Q7からBM535iGTにそして・・・ 今度はSUV→SAV→SUVに戻りました。 ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/8 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

HBESさんのマツダ アテンザ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/07 09:15:48
フルサイズ機って本当に必要か? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/06/14 09:51:39
まったりゆっくりの~んびり(*'▽') 旅ゆけば大洗 大笑いオフ♪(^O^)/ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/04/13 22:55:13

お友達

=================================

いきなりのお誘いはご遠慮ください。

ショップの方もご遠慮ください。

先ずわお互いコメントを数回かわして
からお誘いください。

================================
268 人のお友達がいます
yama (quattro &amp; up!)yama (quattro & up!) * 青葉裕紀青葉裕紀 *
のぶりんこのぶりんこ * こもみにこもみに *
岡山しげさん岡山しげさん * ksjetksjet *

ファン

133 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー メガーヌ ルノー・スポール ルノー メガーヌ ルノー・スポール
【2018/4/26納車】 MEGANE R.S. 273 FINAL EDITION ...
ホンダ フリード+ 福祉車両 (ホンダ フリード+)
フリード+ 車いす仕様車に更改しました。 FFの素のGの車両本体が200万ですがそれよ ...
ホンダ フリード ホンダ フリード
ラウムからの箱替えです。カミサンカーで、両側スライド、7人と拘りの末決まりました。
マツダ CX-5 マツダ CX-5
4月14日納車になりました。 XD-4WDにディスチャージパッケージとセーフティークルー ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.